Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:トリメプラノール

私はこれがほしい、私に価格を与える

薬物の商品名 - トリメプラノール

剤形:錠剤

有効物質: Metipranololum

薬物療法グループ:ベータ遮断薬

病因分類(ICD-10)は、

C74副腎の悪性新生物:グリコステロイド; コルチコステロイド; 手術不能なコルチコステロイド; 副腎の腫瘍

E05甲状腺中毒[甲状腺機能亢進症]:フォンバセドウ病 バセドウ病; 甲状腺機能亢進症; ゴイトレ拡散毒性; 増加した甲状腺機能; タイヤトキシクスキー反応; 有毒な拡散性甲状腺腫; goiter; 甲状腺機能亢進症の症状を伴う甲状腺の拡大; ヨウ素系の現象

F41その他の不安障害:アラーム状態。 不安; 慢性不安; 不安感。 怪しげな状態。 不安の救済; 非精神病性不安障害

I10必須(原発性)高血圧:高血圧; 動脈性高血圧; 動脈性高血圧症の経過コース; 本質的な高血圧; 本態性高血圧; 本態性高血圧; 本態性高血圧; 本態性高血圧; 原発性高血圧; 動脈性高血圧、糖尿病の合併症; 血圧の突然の上昇。 血液循環の高血圧障害; 高血圧状態; 高血圧の危機; 動脈性高血圧; 悪性高血圧; 高張性疾患; 高血圧の危機; 高血圧の加速; 悪性高血圧; 高血圧症の悪化; 一時的な高血圧; 隔離された収縮期高血圧

I15二次性高血圧:動脈性高血圧、糖尿病の合併症; 高血圧; 血圧の突然の上昇。 血液循環の高血圧障害; 高血圧状態; 高血圧の危機; 高血圧; 動脈性高血圧; 悪性高血圧; 高血圧の危機; 高血圧の加速; 悪性高血圧; 高血圧症の悪化; 一時的な高血圧; 高血圧; 動脈性高血圧; 動脈性高血圧症の経過コース; 血管新生高血圧; 高血圧症候群; 腎性高血圧; 血管新生高血圧; 血管新生高血圧; 症状がある高血圧

I20狭心症[狭心症]:ヘーバーデン病; 狭心症; 狭心症の発作; 再発狭心症; 自発性狭心症; 安定狭心症; アンギナ休息; アンギナが進行中。 アンギナ混合; アンギナ自発性; 安定狭心症; 慢性安定狭心症; アンギナ症候群X

I20.0不安定狭心症:ヘーバーデン病; 狭心症; 狭心症の発作; 再発狭心症; 自発性狭心症; 安定狭心症; アンギナ休息; アンギナが進行中。 アンギナ混合; アンギナ自発性; 安定狭心症; 慢性安定狭心症; アンギナ症候群X

I25.2移送された最後の心筋梗塞:心臓症候群; 心筋梗塞; ポストMI 心筋梗塞後のリハビリテーション; 操作された船の再閉鎖; アンギナpostinfarctnaya; 心筋梗塞後の状態; 心筋梗塞後の状態; 心筋梗塞

I27他の形態の心肺疾患:慢性肺心疾患; 高血圧肺循環; 肺高血圧症; 肺の心臓病; 肺心疾患; 心肺機能不全; 二次性肺高血圧; 慢性肺心臓; アイゼンメンガー症候群

I42.1閉塞性肥大型心筋症:心室中隔の非対称肥大; 肥大性閉塞性心筋症; Obliteriruschaya制限的な心筋症; 肥大性心筋症; 肥大性閉塞性心筋症; 障害のある心筋肥大

I49.9不規則な心拍、不特定:発作性上室性頻脈; 胸部外陰部不整脈; 心房細動;頻脈; 上室性頻脈性不整脈; 上室性不整脈; AV往復性頻拍; AV結節往復動性頻拍; 心室細動; 不規則な心拍; 抗菌性の往復性頻拍; 心不整脈; 不整脈; 不整脈; 心臓のアリーティミー; 低カリウム血による不整脈; 心室頻脈性不整脈; 心室収縮の頻度が高い。 心不整脈; 発作性上室性不整脈; 発作性上室性不整脈; 発作性不整脈; 発作性心房 - 心室リズム; 心不整脈; 上室性頻脈; 頻脈性不整脈; 胸腔前異常脈動

R07.2心臓の痛み:心臓の神経症; 心筋虚血性疼痛; 心筋梗塞における疼痛症候群; 心筋症; cardioneurosis; 心臓症候群; 心臓の患者の痛み; 背景性難聴性心筋ジストロフィーの心筋症; 機能性心筋症; Psevdostenokardiya; 心膜痛

R25.1振戦、不特定:振れ; 老人性振戦; 振戦; 筋振戦; 門脈 - 全身性脳症のときの振戦; 本質的な振戦家族。 ティトバチヤ

組成(錠剤あたり):メチプラノロール1錠は10または40mgを含有する。 10枚のカードまたは50枚のガラス製バイアルに入れます。 カートン1または5のブリスターバイアル中でそれぞれ測定した。

トリメプラノールの薬理学的性質

薬理学的効果 -抗狭心症、抗高血圧、抗不整脈

β-アドレナリン受容体遮断。

薬力学

洞結節の自動性を低下させ、心拍数を遅くしてAV伝導、心筋収縮を遅らせ、心筋酸素要求量を減少させ、心拍出量および血圧を低下させる。 これは、心筋の興奮性を低下させ、心臓の異所性活動を減少させ、心筋細胞の活動電位にヒンジジノドボニー効果をもたらす。

薬物動態

完全に(ほぼ100%)胃腸管から吸収される。 肝臓を最初に通過するとき、ほとんどの薬物が代謝される。 血漿アルブミンにわずかに結合する。 。 T1 / 2 - 4-6時間、それは胎盤障壁を横切る; 母乳中に排泄される。

トリメプラノールの適応症

心筋梗塞後の状態、不整脈、肥大性心筋症、不安、多動性症候群(甲状腺機能亢進症、褐色細胞腫を含む)、リチウム薬を服用している患者の震えなどが含まれる。

トリメプラノール禁忌

気分障害、気管支閉塞、気管支喘息および新鮮な心筋梗塞、一般的な進行性アテローム性動脈硬化症、低血糖、代謝性アシドーシスを含むが、これらに限定されない。

妊娠と授乳

妊娠中の禁忌は、授乳中に母乳育児を止めるべきです。

トリメプラノールの副作用

うつ病、幻覚、めまい、頭痛、体重増加、低血圧、うっ血性心不全、末梢循環障害、肺水腫症候群解消アレルギー反応。

インタラクション

それはd-ツボクラリン、シムパトリチコフ、インスリンおよびスルファ抗糖尿病薬、血管拡張薬、エルゴタミン、弱化 - アドレナリン、ジギタリス薬、アセチルサリチル酸の効果を高める。 フェニトイン、フロセミド、シメチジンおよびヒドララジンを増加させ、NSAIDを減少させる。 MAO阻害剤、ハロゲン化麻酔薬、アマニヌク、キニジン、ベラパミル、クロニジン、マジンドール、アルコールとは相容れない。

投与量および投与

内部(食前)、個々の投与量(患者の感受性および疾患の性質に依存する)。 仰臥位の心拍数は50〜60拍/分(但し、1分あたり45〜50拍)以上でなければならないが、通常は10mgを処方し、10mgに徐々に増加する。 狭心症の1日の平均投与量は、高血圧では80-120mgであり、不整脈および過剰運動症候群では40-80mgであり、10-40mgである。 過敏な心臓で - 10〜30 mg; 振戦の治療では、毎日の用量は30mgを超えてはならない。

トリメプラノールの保存条件

15〜25℃の暗所で

子供の手の届かないところに保管してください。

賞味期限

3年。

パッケージに記載された有効期限を超えて使用しないでください。

Someone from the Belgium - just purchased the goods:
Akatinol Memantine 10mg 30 pills