Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:Vasocardin

私はこれがほしい、私に価格を与える

薬の商品名 - バソカルディン

剤形:錠剤

活性物質:メトプロロール

ATX

C07AB02メトプロロール

薬物療法グループ:ベータ遮断薬

病因分類(ICD-10)は、

E05甲状腺中毒[甲状腺機能亢進症]:フォンバセドウ病 バセドウ病; 甲状腺機能亢進症; ゴイトレ拡散毒性; 増加した甲状腺機能; タイヤトキシクスキー反応; 有毒な拡散性甲状腺腫; goiter; 甲状腺機能亢進症の症状を伴う甲状腺の拡大; ヨウ素系の現象

G43片頭痛:片頭痛の痛み。 片頭痛; 片麻痺性片頭痛; 片頭痛; 片頭痛発作; 継続的な頭痛; 半月板

I10必須(原発性)高血圧:高血圧; 動脈性高血圧; 動脈性高血圧症の経過コース; 本質的な高血圧; 本態性高血圧; 本態性高血圧; 本態性高血圧; 本態性高血圧; 原発性高血圧; 動脈性高血圧、糖尿病の合併症; 血圧の突然の上昇。 血液循環の高血圧障害; 高血圧状態; 高血圧の危機; 動脈性高血圧; 悪性高血圧; 高張性疾患; 高血圧の危機; 高血圧の加速; 悪性高血圧; 高血圧症の悪化; 一時的な高血圧; 隔離された収縮期高血圧

I15二次性高血圧:動脈性高血圧、糖尿病の合併症; 高血圧; 血圧の突然の上昇。 血液循環の高血圧障害; 高血圧状態; 高血圧の危機; 高血圧; 動脈性高血圧; 悪性高血圧; 高血圧の危機; 高血圧の加速; 悪性高血圧; 高血圧症の悪化; 一時的な高血圧; 高血圧; 動脈性高血圧; 動脈性高血圧症の経過コース; 血管新生高血圧; 高血圧症候群; 腎性高血圧; 血管新生高血圧; 血管新生高血圧; 症状がある高血圧

I20狭心症[狭心症]:ヘーバーデン病; 狭心症; 狭心症の発作; 再発狭心症; 自発性狭心症; 安定狭心症; アンギナ休息; アンギナが進行中。 アンギナ混合; アンギナ自発性; 安定狭心症; 慢性安定狭心症; アンギナ症候群X

I21急性心筋梗塞:急性期の心筋梗塞; 急性心筋梗塞; 病的なQ波を伴う心筋梗塞および心不全を伴わない心筋梗塞; 心筋梗塞は心原性ショックにより複雑化する。 梗塞左心室; 経心筋梗塞; 心筋梗塞の網膜下(心内膜下); 網膜虚血心筋梗塞; 心内膜心筋梗塞; 心筋梗塞の急性期; 急性心筋梗塞;急性心筋梗塞;急性心筋梗塞;急性心筋梗塞; 心筋梗塞の亜急性期; 冠動脈(動脈)の血栓症; 脅かされた心筋梗塞; Q波なしの心筋梗塞

I22続く心筋梗塞:アテローム性動脈硬化症および再梗塞の可能性; 心筋梗塞が再発する; 心筋梗塞を再発させる

I25慢性虚血性心疾患:高コレステロール血症の背景にある冠状動脈性心疾患 ; 冠状動脈性心疾患は慢性疾患である。 冠状動脈性心疾患; 安定した冠状動脈疾患; 経皮経管脈管形成術; 心筋虚血、動脈硬化症; 再発性心筋虚血

I49.9不規則な心拍、不特定:発作性上室性頻脈; 胸部外陰部不整脈; 心房細動;頻脈; 上室性頻脈性不整脈; 上室性不整脈; AV往復性頻拍; AV結節往復動性頻拍; 心室細動; 不規則な心拍; 抗菌性の往復性頻拍; 心不整脈; 不整脈; 不整脈; 心臓のアリーティミー; 低カリウム血による不整脈; 心室頻脈性不整脈; 心室収縮の頻度が高い。 心不整脈; 発作性上室性不整脈; 発作性上室性不整脈; 発作性不整脈; 発作性心房 - 心室リズム; 心不整脈; 上室性頻脈; 頻脈性不整脈; 胸腔前異常脈動

組成(錠剤あたり):錠剤1錠はメトプロロール酒石酸塩100mgを含有する。 ブリスター10個入り、ボックス5ブリスターで。

バソカルジンの薬理学的性質

薬理学的効果 -抗狭心症、抗高血圧、抗不整脈

ベータ1-アドレナリン作動性受容体を選択的に遮断する

薬力学

それは心筋酸素消費を減少させ、不応期を延ばし、収縮期(動脈性高血圧)を低下させ、拡張期(治療の数週間後)、血圧は血漿レニン活性を低下させる。

洞結節の自動性を抑制し、心拍数を遅くしてAV伝導を遅らせ、心筋収縮性および心拍出量の興奮性を低下させる。

薬物動態

摂取量が95%を吸収したとき。 生体利用率は50%である。 血漿タンパク質への結合 - 10%。 分布容積 - 5.5リットル/ kg。 母乳に浸透する。 T1 / 2 - 。 腎臓(95%)から主に代謝物(わずか10% - 変化しない)として3.5時間排泄される。

バソカルジンの適応症

高血圧、心臓過剰症候群、心筋梗塞、甲状腺機能亢進症、不整脈。 狭心症の予防、片頭痛。

バソカルジンの禁忌

過敏症。 AVブロック、心原性ショック、代償不全心不全、末梢血管疾患、洞静脈炎、慢性閉塞性肺疾患、不安定インスリン依存性糖尿病、代謝性アシドーシス。

バソカルジンの副作用

下痢、頭痛、めまい、疲労、不眠症、うつ病、息切れ、徐脈、低血圧、心不全、レイノー症候群、視力障害、アレルギー反応。

インタラクション

抗高血圧薬および低血糖薬の効果を高める。 抗不整脈薬は、低血圧と徐脈、三環系抗うつ薬、バルビツール酸、ニトログリセリン、利尿薬、経口避妊薬を深める - 抗高血圧効果のみ。 リファンピシンは減少し、シメチジンは血液中の濃度を増加させる。 血中アルコール濃度が上昇し、その作用が持続する。

投与量および投与

内部(同じ時間を食べた後)に、2回に分けて100mg(200mg)を1日に投与する。

心筋梗塞:200mg /日(朝と夕方)の維持用量。

甲状腺機能亢進症では、3〜4回に分けて150-200mg /日。

最大一日量400mg。

過剰摂取

症状:低血圧、うっ血性心不全、心原性ショック、徐脈、呼吸困難、気管支痙攣、嘔吐、意識喪失、全般性痙攣。

治療:症状がある。 もし徐脈および伝導障害が、0.5〜2mgの用量でアトロピンの/ボーラス投与に示されれば; 心筋収縮性を低下させる - 最初の用量は1-10mgで、次に--2.5.5mg / hの注入; 発作 - ジアゼパムで遅くなる。

予防措置

バソカルディンは、精神的および肉体的反応の高い速度を必要とする仕事を運転し、実行する能力に悪影響を与えることに留意すべきである。

バソカルジンの保存条件

乾燥した暗い場所で、15〜21℃の温度

子供の手の届かないところに保管してください。

賞味期限

2年。

パッケージに記載された有効期限を超えて使用しないでください。

Someone from the Austria - just purchased the goods:
Pantocalcin 500mg 50 pills