Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:Vaccinum parotitidi-morbillorum culturarum vivum siccum

私はこれがほしい、私に価格を与える

投与形態:懸濁液の調製のための凍結乾燥物

活性物質: Vaccinum ad prophylaxim morbillorum、パロティティディス

ATX

J07BD51麻疹ウイルスと組み合わせて麻疹ウイルス、弱毒化生きている

薬理学グループ

ワクチン、血清、ファージ、トキソイド

病理分類(ICD-10)

B05麻しん:コピクスポット; 粘液頬のコリャヤヤ発疹

B26流行性耳下腺炎:パロット炎; 感染性耳下腺炎(かゆみ)

Z27.8他の感染症の組み合わせに対する予防接種の必要性

組成および放出形態

SC投与用溶液の調製のための凍結乾燥粉末の1用量は、1000個のTCD50以上の麻疹ウイルス、20,000個のTCD50以上のムンプスウイルスおよび25mkg以下のゲンタマイシン硫酸を含む。 1回分のアンプルで、10アンプルの厚紙パックに入れます。

特性

吸湿性のピンク色の均一な多孔性の塊。

薬理学的効果

行動様式 - 免疫刺激。

それは、麻疹および流行性耳下腺炎に対する抗体の産生を刺激し、ワクチン接種後最大レベル3〜4週間および6〜7週間に達する。

Vaccinum parotitidi-morbillorum culturarum vivum siccumの適応症

麻疹およびかゆみの予防および緊急予防。

禁忌

過敏症(アミノグリコシド、ウズラの卵タンパク質を含む)、先の用量、原発性免疫不全状態、悪性血液疾患、新生物、妊娠に対する顕著な反応または合併症。

妊娠と母乳育児の応用

妊娠中の禁忌。

投与と投与

SCを使用する直前に、ワクチンを溶媒(ワクチン接種量1回につき0.5mlの溶媒)と混合し、肩甲骨の下または肩領域(肩の下三分の一の間の境界上、外側に)。 麻疹や流行性耳下腺炎を発症していない小児の場合、定期的な予防接種が12ヵ月と6才の時に2回行われます。

12ヶ月齢の小児、麻疹や流行性耳下腺炎に罹患した小児、成人、これらの感染症に感染しておらず、ワクチン接種スケジュールに従ってワクチン接種されていない小児に緊急予防が与えられる(ワクチン接種は72患者との接触後数時間)。

予防措置

ワクチン接種は、感染性および非感染性疾患の急性症状の発現、慢性疾患の悪化、 急性呼吸器ウイルス感染症または急性腸疾患の非重症型による体温の正常化後; 免疫抑制療法の3-6ヶ月後。 ヒト免疫グロブリン製剤の投与後、麻疹およびかゆみに対する接種は2ヵ月後に行われる。 ムンプス - 麻疹ワクチンの導入後、免疫グロブリン製剤は2週間後に投与される。 この時間より前に免疫グロブリンが必要な場合は、麻疹やかゆみに対する予防接種を繰り返す必要があります。

薬剤Vaccinum parotitidi-morbillorum culturarum vivum siccumの保存条件

JV 3.3.2.028-95に従って、8℃を超えない温度で行う。

子供の手の届かないところに保管してください。

薬剤Vaccinum parotitidi-morbillorum culturarum vivum siccumの有効期間

1年。

パッケージに記載された有効期限を超えて使用しないでください。

Someone from the Spain - just purchased the goods:
Mastodynon 60 pills