Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:フィブリノライシン(ヒト)

私はこれがほしい、私に価格を与える

薬物の商品名 - フィブリノリジンフィルムアイ、フィブリノリジン

物質フィブリノライシン(ヒト)のラテン名は、

フィブリノリシヌム(ホミニス)(フィブリノリシニ属(ホミニス)属)

薬理学的グループ:

線維素溶解剤

病因分類(ICD-10)は、

H34網膜の血管閉塞:眼の血管の動脈血栓症; 目の血管の静脈血栓症; 網膜循環の違反; 眼内循環の障害; メッシュおよび脈絡膜への不十分な血液供給; 中心網膜血管の閉塞; 網膜動脈の急性閉塞; 網膜または眼の脈絡膜における亜急性および慢性の循環不全; 網膜の血管疾患; 眼の網膜における血管障害; 網膜の血管血栓症; 網膜中心静脈血栓症; 網膜およびその枝の中心静脈の血栓症; 目の網膜およびその枝の中心静脈の血栓症

H57.8眼および附属腺のその他の不特定疾患:眼内出血; 目の炎症; 目の副次的な充血; 目の灼熱感。 目の前面の保護; 目のかゆみ; Xerosis; かゆみや炎症の目の感覚; ドライアイ症候群; ドライアイ; 眼瞼炎

I21急性心筋梗塞:急性期の心筋梗塞; 急性心筋梗塞; 病的なQ波を伴う心筋梗塞および心不全を伴わない心筋梗塞; 心筋梗塞は心原性ショックにより複雑化する。 梗塞左心室; 経心筋梗塞; 心筋梗塞の網膜下(心内膜下); 網膜虚血心筋梗塞; 心内膜心筋梗塞; 心筋梗塞の急性期; 急性心筋梗塞;急性心筋梗塞;急性心筋梗塞;急性心筋梗塞; 心筋梗塞の亜急性期; 冠動脈(動脈)の血栓症; 脅かされた心筋梗塞; Q波なしの心筋梗塞

I26.9急性肺炎の記載なしの肺塞栓症:肺梗塞

I66.9不特定の大脳動脈の閉塞および狭窄:脳動脈の血栓症 ; 脳血管の血栓症; 脳血管の血栓症; 脳血管血栓症; 脳血管の血栓塞栓症; 脳血管の塞栓症; 脳血管の塞栓症; 脳動脈の狭窄

I74塞栓症および動脈血栓症:努力のストレス(ストレス); 動脈血栓症; 動脈血栓症; 亜急性および慢性動脈血栓症; 末梢動脈の亜急性血栓症; 術後血栓症; 血管血栓症; 血管塞栓症; 大動脈シャントの血栓症; 動脈血栓症; 動脈の血栓症; 冠動脈血栓症; 冠動脈血栓症; 血管の血栓症; 虚血性脳卒中を伴う血栓症; 一般的な外科手術による血栓症; 腫瘍学の手術における血栓症; 血管血栓症; 術後の血栓形成 血栓合併症; 血栓塞栓症; 血栓塞栓性症候群; 術後期間における血栓塞栓性合併症; 動脈の血栓塞栓症; 部分血管血栓症; 塞栓症; 動脈の塞栓症

I80静脈炎および血栓性静脈炎:末梢血管の疾患; 表在静脈の炎症; 静脈の炎症性疾患; 深部静脈血栓性静脈炎; 静脈の病気; 下肢の静脈の病気; 末梢血管の疾患; 静脈炎の移行; 下肢の静脈の不全; 慢性血栓性静脈炎の悪化; 急性血栓性静脈炎; 表在静脈の急性血栓性静脈炎; Periphlebitis; 周皮細胞表面; 静脈の表層炎症; 表面血栓性静脈炎; 表面静脈炎; 血栓性静脈炎; 深部静脈血栓性静脈炎; 血栓性静脈炎は表面的である; 静脈炎; 深部静脈の静脈炎; 表面静脈の静脈炎; 瀉血; 慢性血栓性静脈炎; エンドホリビシス

CASコード

9004-09-5

物質の特性フィブリノライシン(ヒト)

フィブリノライシン(プラスミン)は、体の天然の抗凝固剤系の生理学的成分である酵素である。 ヒトフィブリノリシン由来の天然のフィブリノリシンは、トリプシンによる酵素活性化によって得られる。

白色吸湿性粉末。 等張塩化ナトリウム溶液に可溶である。

薬理学

モード作用 - 線維素溶解性。

それは直接的な線維素溶解効果を有し、組織(血栓の溶解)および全身性(フィブリノーゲンの破壊)線維素溶解を刺激し、その結果、その使用の間に低フィブリノゲン血症および出血が発生する可能性がある。 フィブリノライシンの選定により、フィブリン凝塊の溶解が外部から行われ、フィブリノライシンは組織化された血栓に浸透しない。

物質のフィブリノライシン(ヒト)

輸液用粉末:肺塞栓症、脳血管、心筋梗塞、急性血栓性静脈炎、慢性血栓性静脈炎の悪化。

フィブリノライシンによる眼科用フィルム:網膜血管の血栓症、眼内出血。

禁忌

胃および十二指腸の消化性潰瘍、腎炎、低フィブリノーゲン血症、肺結核(急性型)、放射線病。

制限事項

高血圧:悲しい - > 200、DAD - > 110-120 mm Hg。 アート。 (脳病変あり)。

物質の副作用フィブリノライシン(ヒト)

タンパク質に対する非特異的反応(顔面充血、溶液で注入される静脈に沿った痛み、胸骨および腹部の後ろの痛み、悪寒、発熱、蕁麻疹を含む); IV導入時には出血; 目のフィルムを使用する場合 - 燃焼、結膜充血。

投与経路

IV。

物質の注意事項フィブリノライシン(ヒト)

フィブリノライシンの使用は、血液凝固系の指標の制御に従う。 フィブリノライシンのIV注入の終了後、プロトロンビンの含有量を決定し(40〜30%に減らす)、全血液凝固の時間(2倍を超えてはならない)およびフィブリノーゲン含有量を血漿(減少すべきであるが、1G / lより低くない)。 タンパク質上で非特異的反応が起こると、より顕著な反応を伴って投与速度が低下し、投与が停止される。 抗ヒスタミン剤も使用してください。

Someone from the Qatar - just purchased the goods:
Akatinol Memantine 20mg 56 pills