Best deal of the week
DR. DOPING

ドーピング場博士

デキサメタゾン点眼液0.1%10ml

USD 11.99

在庫あり

- +
 カートに追加

 

この商品を見た後に買っているのは?

デキサメタゾン点眼薬 - 抗炎症および抗アレルギー作用を有するコルチコステロイド薬です。これは、眼の急性および慢性の炎症プロセスの処置、アレルギー性眼疾患のため、外傷または眼科手術後の炎症の予防および治療のために使用される。

デキサメタゾンは、合成グルココルチコステロイド(副腎皮質およびその類似体のホルモン群)である。1滴の薬剤を滴下してから4〜8時間以内に、迅速かつ顕著な抗炎症および抗アレルギー効果が目に発達する - デキサメタゾンは、機械的外傷、化学的攻撃のために眼の組織に発生した炎症過程を抑制するまたはアレルギー反応。

点眼薬デキサメタゾンは、角膜および結膜の上皮によく浸透し、粘膜の損傷または炎症を伴い、組織中の活性物質の浸透率が増加する。眼の房水では、治療濃度の薬物が観察される。少量では全身の血流に入り、肝臓で代謝され、腸から排出されます(半減期:3時間)。

眼科における局所適用のためのGCS。顕著な抗炎症性、抗アレルギー性および抗滲出性作用を有する。

標的組織中の特定のタンパク質受容体と相互作用し、コルチコイド依存性遺伝子の発現を調節し、したがってタンパク質合成に影響を及ぼす。炎症メディエーター(ヒスタミン、キニン、プロスタグランジン、リソソーム酵素を含む)の形成、放出および活性を低下させる。

炎症部位への細胞の移動を抑制する。炎症の焦点にある血管拡張および血管透過性の低下。白血球膜のリソソーム酵素を安定化させる。抗体の合成を抑制し、抗原の認識を妨げます。リンパ球およびマクロファージからのインターロイキン1およびインターロイキン2、γ-インターフェロンの放出を阻害する。それはリポコルチンの形成を誘導し、炎症メディエーターによる好酸球の放出を阻害し、肥満細胞の膜を安定化させる。これらの全ての効果は、機械的、化学的または免疫的損傷に応答する組織における炎症応答の抑制に関与する。

1滴の溶液を滴下した後の薬物の抗炎症作用の持続時間は4〜8時間である。

薬物動態

吸引および分配

結膜嚢への点眼後、デキサメタゾンは角膜上皮および結膜によく浸透し、眼の房水で治療濃度が達成される。炎症または粘膜の損傷により、浸透率が増加する。

薬物の全身吸収は最小限である。全身循環に入るデキサメタゾンの約60〜70%が血漿タンパク質と通信する。

代謝と排泄

デキサメタゾンは、シトクロム含有酵素の作用によって肝臓で代謝される。代謝物は糞便で排泄される。T1 / 2は平均3時間です。

適応症:

  • 結膜炎(非炎症性およびアレルギー性);
  • 角膜炎;
  • 角膜結膜炎(上皮損傷なし);
  • 眼瞼炎;
  • スクレライト;
  • 上咽頭炎;
  • 脈絡髄炎;
  • ブドウ膜炎;
  • 眼瞼結膜炎;
  • 視神経炎;
  • 交感神経性眼炎;
  • 手術および外傷後の炎症の予防および治療;
  • 角膜炎の後の角膜の透明性の回復および新生血管形成の減少、火傷。

禁忌:

  • 目のウイルス性疾患;
  • 目の真菌性疾患;
  • 化膿性眼疾患(付随する抗菌療法なし);
  • トラコーマ;
  • 増加した眼内圧;
  • 角膜上皮の完全性への損傷;
  • 目の結核;
  • 6歳までの子供の年齢。
  • 妊娠;
  • 授乳期間(母乳育児)。
  • 薬物の成分に対する過敏症。

特別な指示:

この薬は局所使用のみを目的としています。眼内注射には使用しないでください。

使用前に、製剤を振盪する必要があります。

治療の3〜4日後に改善がない場合は、追加の局所療法または全身療法を処方する必要があります。

調製物には、ソフトコンタクトレンズによって吸着され得る塩化ベンザルコニウムの抗菌防腐剤が含まれる。したがって、ソフトコンタクトレンズを着用している間は薬を使用しないでください。薬剤を使用する前にレンズを取り外し、点眼後15分以上経過してから確立する必要があります。

他の点眼薬と組み合わせて使用する場合は、点眼間隔を少なくとも15分間維持する必要があります。

薬物による治療は、細菌性または真菌性の感染症の画像を隠すことができるので、感染性眼疾患を治療する際には、適切な抗菌療法と組み合わせる必要があります。

デキサメタゾンは、ドーピングについての偽陽性の試験結果につながる可能性がある。

車両の運転能力とメカニズムの管理能力への影響

薬を点滴した後に涙を流す可能性があることを考慮して、車両を運転する前に、またはメカニズムを用いて作業する前に、直接適用しないでください。薬を点滴してから30分以内に、注意が必要な職業を控えるべきである。

提案した使用:

急性炎症過程を有する成人は、薬物を結膜嚢に1〜2滴ずつ2〜4回/ 5回点眼し、将来的には、薬は1日1-2回3〜4回、4-6日間使用されます。

慢性炎症過程では、薬物を3〜6週間に2回点眼する。

薬物の最大有効期間は6週間です。

アレルギー性眼疾患では、薬剤は結膜嚢に1〜2滴、4〜5回/日を2日間服用し、徐々に1-2週間以内に撤回する。

眼球が傷害の結果として損傷した場合、または抗緑内障濾過手術後に手術介入中に手術の日または翌日に使用される場合。

白内障手術、斜視手術、網膜剥離、傷害後の手術の後、8日目から薬剤を使用する。炎症の徴候の程度に応じて、薬物は2〜4週間、1日に2〜4回、1〜2回点滴されるべきである。

アレルギーおよび炎症状態の治療における6歳から12歳の小児は、7〜10日間、1日2〜3回点滴される。必要であれば、10日目にフルオレセイン試験を行った後(角膜上皮の完全性を確認するため)、治療を継続する。

パッケージング:

  • オリジナルのパッケージに入っています。商品は新品未開封です。

ストレージ:

  • 直射日光を避けて保管してください。
  • 子供たちに縛られないようにしてください。
  • 乾燥した場所に室温で保管してください。
  • 保管温度が25℃を超えないようにしてください

重要なお知らせ - 外箱のデザインは事前の予告前に変更される場合があります。

 

Dexamethason eye drops 0.1% 10ml buy corticosteroid drug online

Someone from the United Kingdom - just purchased the goods:
Cipromed eye drops 0.3% 5ml