Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:テネクテプラーゼ

私はこれがほしい、私に価格を与える

薬物の商号 - Metalyse

物質のラテン名Tenecteplase

Tenecteplasum(Tenecteplasi属)

グロス式

C 2561 H 3919 N 747 O 781 S 40

薬理学的グループ:

線維素溶解剤

CASコード

105857-23-6

モデル臨床薬理学的論文1

特徴 。 プラスミノーゲンの天然組織アクチベーターの誘導体で、3つのセクションに分けられています。

薬物療法 。 組換えフィブリン特異的プラスミノーゲン活性化因子。 これは、血栓のフィブリン成分に結合し、血栓のフィブリン塩基を破壊するプラスミンへの血栓プラスミノーゲンの形質転換を選択的に触媒する。 テネクテプラーゼは、天然組織プラスミノーゲンアクチベーターと比較して、より高いフィブリン親和性およびプラスミノーゲンIアクチベーターの内因性インヒビターの不活性化作用に対する耐性を有する。 テネクテプラーゼの導入後、α2 - 抗プラスミン(液相中のプラスミン阻害剤)の用量依存的な摂取が観察され、続いてプラスミノーゲン活性化の予想される効果に対応するシステムプラスミンの濃度の増加が観察される。 比較試験において、テネクテプラーゼ(10,000mg、50mgに相当)の最大用量を受けた患者は、フィブリノーゲン濃度の15%未満の減少およびプラスミノーゲン濃度の25%未満の減少を示し、アルテプラーゼの使用は、フィブリノゲンおよびプラスミノーゲンの濃度は約50%であった。 薬物の使用開始後30日後、テネクテプラーゼに対する抗体は検出されなかった。 テネクテプラーゼの単回静脈内注射は、急性心筋梗塞が発症した血栓のため動脈の再疎通を促進する。 この効果は用量依存的である。 テネクテプラーゼの使用は、心筋梗塞による死亡率を低下させる(30日後に6.2%)。 テネクテプラーゼを使用した場合、出血頻度(頭蓋内を除く)は26.4%(アルテプラーゼの使用時よりも低い28.9%)である。 したがって、テネクテプラーゼの使用による輸血療法の必要性は、有意に低い(テネクテプラーゼ群では4.3%、アルテプラーゼ群では5.5%)。 頭蓋内出血の発生率はテネクテプラーゼ群で0.93%、アルテプラーゼ群で0.94%であった。 心筋梗塞の症状発現後6時間以降に治療が開始された場合、テネクテプラーゼ(アルテプラーゼと比較して)の使用は、30日間の死亡率(テネクテプラーゼ群で4.3%、群Alteplazy)、脳卒中の発生率(それぞれ0.4%および3.3%)および頭蓋内出血の頻度(それぞれ0%および1.7%)。

薬物動態。 Tentexteplaseは、肝臓の受容体に結合し、分解して小さなペプチドを形成することによって血流から排泄される。 急性心筋梗塞の患者におけるテネクテプラーゼの単回投与後、血漿からのテネクテプラーゼ抗原の二相排泄が認められた。 治療用量で薬物を使用する場合、投与された用量からのテネクテプラーゼの排泄特性に依存しない。 最初のT1 / 2は245.5分であり、これはT1 / 2天然組織プラスミノーゲン活性化因子の5倍である。 最後のT1 / 2は12987分である。 血漿クリアランスは11949ml /分である。 体重が増加すると、血漿クリアランスが適度に増加し、年齢の増加に伴いこの指標が減少する。 女性では、血漿クリアランスは通常、男性のそれよりも低く、これは女性の体重がより低いことに起因する可能性がある。 テネクテプラーゼは胆汁で排泄されるので、腎機能障害は薬物動態の変化につながるものではないと推定される。 肝不全の場合の薬物動態の研究は行われなかった。

表示。 急性心筋梗塞(血栓溶解療法)。

禁忌。 (国際標準化指数が1,3以上)、CNS疾患の既往歴(新生物、動脈瘤、脳および脊髄手術)、過敏症、過去6ヶ月間の著しい出血を伴う疾患、出血性素質、 (急性心筋梗塞と組み合わせた外傷を含む)、最近のBTT、長期または外傷性の心肺蘇生(より多くの心肺蘇生2週間)、肝機能の重篤な障害、 肝硬変、門脈高血圧(食道の静脈瘤を含む)および活動性肝炎、糖尿病性出血性網膜症など出血性眼疾患、消化性潰瘍または十二指腸潰瘍。 悪化、動脈の動脈瘤または血管の動脈/静脈奇形の存在、出血の発症の危険性が高まる新生物、急性心膜炎および/または亜急性細菌性心内膜炎、急性膵炎。

慎重に 収縮期血圧が160mmHgを超える、脳卒中または一過性虚血性脳卒中、消化管または尿生殖器系からの最近の出血(過去10日間以内)、最近/ m注射(過去2日間以内)、高齢75歳以上)、体重60kg未満、脳血管疾患、妊娠、授乳。

投薬 。 IV、一回、5〜10秒間。

用量は体重に応じて計算されます。 最大用量は10,000 AD(テネクテプラーゼ50 mg)を超えてはならない。

必要とされる用量のための溶液の量:60kg未満の体重を有する6ml(ED 6000またはテネクテプラーゼ30mg)、体重60kg〜70kg(7000 EDまたは35体重70-80kg、9ml(9000単位または45mg)、体重80-90kg、1ml(1万(ED)mg)、8mlの8000ADまたは40mg)または50 mg) - 体重が90 kgを超えるもの

唯一の0.9%NaCl溶液の静脈内投与用に予め設置されたカテーテルを用いてテネクテプラーゼを投与することができる。 薬物の投与後、他の薬物の投与のためのさらなる使用の前にカテーテルをすすいでおくべきである。 薬物を投与するには、デキストロースを投与したカテーテルを使用しないでください。 未使用の溶液は処分する必要があります。

テネクテプラーゼによる治療の有効性のためには、ASAおよびヘパリンの使用が必要であり、これは急性心筋梗塞の診断の直後に血栓形成を予防するために投与されるべきである。

ASAの使用は、急性心筋梗塞の症状の検出直後に開始し、少なくとも患者が退院するまで続けるべきである。 経口投与のために推奨される初回用量は、150〜325mg /日である。患者が錠剤を飲み込むことができない場合、150-250mg ASAの初期用量を静脈内投与することができる。 次の日のASAの用量は主治医によって決定される。

ヘパリンの投与は、急性心筋梗塞の診断を確認した直後に開始し、少なくとも24時間継続しなければならない。 ヘパリンの投与量は、体重に応じて計算されます。 67kg以下の体重では、IV注射用のヘパリンの最初の一回量は4,000Dを超えてはならず、ヘパリンを800U / hの速度で注入し、67kg~5000DADを超え、1千。 U / hである。 すでにヘパリンを投与されている患者にIV投与のためのヘパリンの初期投与を行わないでください。 ヘパリンの注入速度は、APTTを50〜75秒(コントロール時間の1.5〜2.5倍または血漿ヘパリン濃度0.2〜0.5U / ml)に維持するように調整されるべきである。

副作用 。 ほとんどの場合、出血:外部(通常、血管の穿刺部位から)。 内臓(胃腸管、肺、泌尿生殖路、心外膜、後腹膜腔および脳の出血、抑制、失語症、痙攣などの適切な神経症状の発症)。 脳卒中および頭蓋内出血の患者では、死亡および持続性障害の症例が記載されている。

非常に頻繁に(1/10以上)、しばしば(1/100以上1/10未満)、まれに(1/1000以上1/100未満)、まれに(1/10 000以下1/1000より)。

神経系から:まれに - 頭蓋内出血。

CVSから:非常に頻繁に - 再灌流不整脈、血管からの出血、しばしば斑状出血、まれに - 血栓塞栓症、まれに血小板。

呼吸器系ではしばしば鼻血、まれに肺出血。

消化器系から:しばしば - 胃腸出血、吐き気、嘔吐、まれに - 後腹膜腔への出血。

尿生殖器系の部分では、しばしば、尿生殖路からの出血。

その他:非常に頻繁に - 外部の出血、通常は穿刺部位または損傷した血管から。

特別研究で確認された反応:非常に頻繁に - 血圧の低下、しばしば体温の上昇。

頻繁に起こるアナフィラキシー様反応(発疹、蕁麻疹、気管支痙攣、喉頭浮腫を含む)、ごくまれにコレステロール結晶による塞栓症など、薬物の使用に伴う手技による損傷、毒性作用および合併症。

外科的および治療的処置:しばしば - 輸血の必要性。

過剰 。 症状:出血。

治療:重大な出血が長期間続く場合、輸血が必要になることがあります。

相互作用 。 テネクテプラーゼと急性心筋梗塞の患者によく使用される他の薬物との臨床的に有意な相互作用の証拠はない。

血液の凝固特性を変化させ、血小板の機能に影響を及ぼす薬物は、テネクテプラーゼの投与前、同時または後に使用される場合、出血のリスクを増加させる可能性がある。

デキストロース溶液との相溶性が低い。 他の薬と混合しないでください。

特別な指示 。 この薬剤は、血栓溶解療法の経験があり、その有効性をモニターする能力を有する医師によって管理されるべきである。 これは、入院前段階でテネクテプラーゼを使用する可能性を排除するものではない。 標準的な蘇生装置および薬剤が入手可能な状態で、薬物を投与することが推奨される。

出血は、薬物を使用する際の最も一般的な合併症である。 ヘパリンの同時使用は、出血の一因となる可能性がある。 テネクテプラーゼの使用の結果としてフィブリンが溶解した後、最近行われた穿刺および注射の場所で出血が起こり得る。 したがって、血栓溶解治療は、出血の可能性のあるゾーン(カテーテルの挿入部位、動脈および静脈の穿刺、切開および注射を含む)のゾーンを注意深く監視する必要がある。 治療中は、硬質カテーテルの使用、静注、および不当な操作を避けてください。

重度の出血、特に頭蓋内出血の場合、ヘパリンの同時投与は直ちに中止すべきである。 ヘパリンが出血が起こる4時間以内に投与された場合、プロタミンを投与する可能性について覚えておくべきである。 まれなケースでは、リストされた保存的治療法が有効でない場合、輸血薬の合理的な投与が示され得る。 寒冷沈降物、新鮮凍結血漿および血小板の輸血投与は、各投与後に繰り返し決定される臨床および実験室のパラメーターに従って処方することができる。 寒冷沈降物の注入は、フィブリノゲンの濃度が約1g / lになるまで行うことが望ましい。 抗線維素溶解剤を使用することも可能である。

冠状動脈血栓溶解は、再灌流に伴う不整脈の発生を伴うことがある。

処置の開始後最初の24時間の間に糖タンパク質IIb / IIIaのアンタゴニストを使用する経験はない。

テネクテプラーゼの使用は、左心臓の血栓症を有する患者における血栓塞栓性合併症の危険性の増加を伴い得る。 僧帽弁狭窄または心房細動を伴う。

治療後のテネクテプラーゼ分子に対する抗体の形成は明らかにされなかったが、テネクテプラーゼの反復使用の経験はない。

妊娠している女性の薬での経験は欠けている。 母乳とテネクテプラーゼの排泄に関するデータはない。 妊娠中および授乳中の急性心筋梗塞の発症の場合には、薬を処方する際のリスクの可能性と意図される利益とを関連付ける必要がある。

調製された溶液の物理的および化学的特性は、2〜8℃の温度で24時間、および30℃の温度で8時間安定である。微生物学的観点から、溶液は調製直後に使用されるべきである。 その解決策がすぐに使用されなかった場合、使用前の保管期間および条件は、薬を処方する医師の責任になります。

Someone from the Netherlands - just purchased the goods:
Heptor 400mg 20 pills