Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:Relanium

私はこれがほしい、私に価格を与える

投与形態:静脈内および筋肉内注射のための溶液

有効成分ジアゼパム*

ATX

N05BA01ジアゼパム

薬理学的グループ:

不安緩解薬

抗てんかん薬

nosological分類(ICD-10)は、

A35他の形態の破傷風:局所破傷風; 破傷風; 破傷風における筋痙攣; クロストリジウム症の創傷; 破傷風; 疎水性嫌気(疎水性)

F10.4せん妄による禁酒状態:アルコール性せん妄; 白熱アルコール性; せん妄; アルコール依存症と麻薬中毒の精神状態

F41.9不安障害:不安症候群を伴う神経障害; 重度の不安; 神経様の症候学; 神経様疾患; 神経様の状態; 不安症状を伴う神経症; 神経症は不安感を伴う。 急性状況およびストレス不安; 不安の急性発作; 重度の不安; 状況不安障害; 不安の状態。 不安と妄想の要素; アラーム状態。 不安; 不安障害; 不安症候群; 不安感。 アラーム条件。 慢性神経性不安; Susto;不安と不安の優位性を伴う精神障害; 神経性及び神経症様の状態における不安障害; 不安な神経症; 不安と妄想状態。 急性の状況ストレス警報; 不安の要素を伴ううつ状態

F48その他の神経障害:神経症; 神経学的疾患; 神経障害; 神経性疾患; 精神神経症; 不安神経症の状態; 慢性神経障害; 感情反応障害

G24.8.0 * Hypertonus muscular:増加した筋肉の緊張; 増加した筋肉の調子; 中枢神経系の有機性疾患による線条筋痙攣; 筋肉の痙攣; 脊椎の病気の筋肉の痛い痙攣; 増加した骨格筋緊張

G40てんかん:非定型痙攣性発作; アポトーシス発作; 大発作; 大規模な痙攣発作; 一般化された欠席; ジャクソンのてんかん; 拡散する大発作; ジンセファリン性てんかん; 皮質および非痙攣形態のてんかん; 一次 - 全般性発作; 原発全般性強直間代発作; 睡眠不全; てんかん発作を繰り返した。 攻撃は一般化された。 発作にフィットする。 小児における難治性てんかん; 複雑な痙攣発作; 混合発作; てんかんの混合形態; 痙攣状態; 痙攣発作; 痙攣; 癲癇の痙攣型; てんかん大怪我; てんかん発作; 子供の大発作

G45一時的な一過性脳虚血発作[発作]および関連症候群:虚血性神経障害; 急性脳血管機能不全; 一過性の脳虚血を繰り返す。 一過性虚血性発作; 一過性虚血状態; 一過性虚血性発作; 一過性虚血性発作; 一過性虚血; 一過性脳虚血発作; 一過性脳虚血; 一過性虚血性発作; 慢性脳虚血; ドロップ攻撃; 一過性虚血性発作; 一過性虚血性脳血管障害; 虚血性脳損傷;鎖骨下スティル症候群

I10必須(原発性)高血圧:高血圧; 動脈性高血圧; 動脈性高血圧症の経過コース; 本質的な高血圧。 本態性高血圧; 本態性高血圧; 本態性高血圧; 本態性高血圧; 原発性高血圧; 動脈性高血圧、糖尿病の合併症; 血圧の突然の上昇。 血液循環の高血圧障害; 高血圧状態; 高血圧の危機; 動脈性高血圧; 悪性高血圧; 高張性疾患; 高血圧の危機; 高血圧の加速; 悪性高血圧; 高血圧症の悪化; 一時的な高血圧; 隔離された収縮期高血圧

I15二次性高血圧:動脈性高血圧、糖尿病の合併症; 高血圧; 血圧の突然の上昇。 血液循環の高血圧障害; 高血圧状態; 高血圧の危機; 高血圧; 動脈性高血圧; 悪性高血圧; 高血圧の危機; 高血圧の加速; 悪性高血圧; 高血圧症の悪化; 一時的な高血圧; 高血圧; 動脈性高血圧; 動脈性高血圧症の経過コース; 血管新生高血圧; 高血圧症候群; 腎性高血圧; 血管新生高血圧; 血管新生高血圧; 症状のある高血圧

I73.8他の指定された末梢血管疾患:間欠性跛行の症候群; 閉塞性動脈炎; アクロシアニン症; 血管収縮; 閉塞性疾患; 断続的跛行; 血管の神経支配の障害; 末梢動脈の痙攣; 動脈塞栓症; 静脈不全およびその合併症; 末梢血管の痙攣; 冠状動脈の攣縮。 内動脈炎; 冷却停止; 末梢循環の咬合障害; 末梢血管閉塞

N94.6未指定の月経困難症:月経の痛み; 月経周期の機能障害; 月経周期の機能障害; 月経痙攣; 月経障害; 月経中の痛み; 痛い不規則な月経; Algodismenorea; Algomenorea; 平滑筋攣縮を伴う疼痛症候群; 平滑筋攣縮(腎および胆道疝痛、腸攣縮、月経困難症)を伴う疼痛症候群; 内臓の平滑筋の痙攣を伴う疼痛症候群(腎臓および胆道疝痛、腸の痙攣、月経困難症); Disalgomenorrhea; 月経困難症; 月経困難症(必須)(剥離性); 月経障害; 月経が痛い; 不眠症; 月経周期の違反; 月経異常; 月経周期のプロラクチン依存性障害; プロラクチン依存性月経機能障害; 内臓の平滑筋の痙攣を伴う疼痛症候群; 痙攣性月経困難症; 原発性胆汁性肝硬変

N95.1女性の更年期および閉経状態:エストロゲン欠乏に起因する下部生殖管の粘膜の萎縮; 膣の乾燥; 女性の自律機能不全; gipoestrogeniya状態; 更年期の女性におけるエストロゲンの欠乏; 閉経における粘膜の変性変化; 自然な更年期障害; インタクトな子宮。 更年期; 閉経女性; 女性の更年期; 更年期のうつ病; 更年期性卵巣機能不全; 閉経; 更年期性神経症; 閉経; 更年期症状は複雑な精神的感情を引き起こす。 更年期症候群; 更年期の栄養障害; 更年期の心身症; 更年期障害; 女性における更年期障害; 更年期症状; 更年期性血管障害;閉経; 更年期の血管運動症状; 更年期; エストロゲンの欠如; 熱を感じる。 病的閉経; 閉経周辺期; 閉経; 閉経後。 早期閉経; プレムノパウズノ期; 潮; ほてり; Menoおよび閉経後の潮紅; 閉経時の熱いフラッシュ/ホットフラッシュ; 閉経時の心臓発作; 女性の早期閉経; 閉経の障害; 更年期症候群; 閉経の血管合併症; 生理的閉経; エストロゲン欠乏症状態; 早漏

R25.2痙攣および攣縮:破傷風における筋痙攣; 平滑筋攣縮を伴う疼痛症候群; 平滑筋攣縮(腎および胆道疝痛、腸攣縮、月経困難症)を伴う疼痛症候群; 内臓の平滑筋の痙攣を伴う疼痛症候群; 内臓の平滑筋の痙攣を伴う疼痛症候群(腎臓および胆道疝痛、腸の痙攣、月経困難症); 痛い筋肉痙攣; 擬似痙攣; 筋肉痙性; 筋肉のけいれん; 中心的起源の筋肉痙攣;筋肉痙性; 筋肉のけいれん; 痙攣を伴う神経学的拘縮; 四肢の夜の痙攣 脚の中に夜間の痙攣があります。 夜は仔牛の筋肉を痙攣させる。 症状のある痙攣状態; ベスタ症候群; 平滑筋の痙攣; 滑らかな血管筋肉の痙攣; 筋肉の痙攣; 中枢神経系の有機性疾患による線条筋痙攣; 骨格筋けいれん; 内臓の平滑筋の痙攣; 骨格筋痙攣; 線条体の痙攣状態; 痙攣性疼痛症候群; 平滑筋の痙攣状態; 骨格筋の痙性; 筋痙攣; 痙攣; ふくらはぎの筋肉の痙攣; 中央起源の痙攣; 痙攣状態; 痙攣性症候群; 子供の痙攣状態; トニック痙攣; 脳痙攣症候群; クラスプナイフ現象

R45.1不安とかき混ぜ:激越 ; 不安; 爆発的興奮性; 内部刺激; 興奮性; 励起; 興奮急性; 精神運動の興奮; 過敏性; モーター興奮; 精神運動の停止; 神経質な興奮。 落ち着き、 夜のトラブル。 興奮を伴う統合失調症の急性期; 急性の精神的煽動; 興奮の発作; 過励み; 興奮性の向上。 神経興奮性の増加; 感情および心臓興奮性の増加; 増加した興奮; 精神的な覚醒; 精神運動の興奮; 精神病における精神運動の興奮; てんかん性の精神運動の興奮; 精神運動性発作; 精神運動のフィット; 興奮の症状; 精神運動の興奮の症状; 攪拌の状態。 不安の状態。 興奮状態; 懸念が高まった状態。 精神運動の興奮の状態。 不安の条件; 興奮条件; 体性疾患の興奮の状態; 興奮度; 不安の感情; 感情的な覚醒

Z100 *クラスXXII外科手術:腹部手術; 腺切除術; 切断; 冠動脈形成術; 頸動脈の血管形成術; 創傷のための消毒皮膚治療; 消毒用ハンド; 虫垂切除術; アテレクトミー; バルーン冠動脈形成術; 膣の子宮摘出術; 冠状動脈バイパス; 膣および子宮頸管内の介入; 膀胱の介入; 口の介入; 修復および再建手術; 医療従事者の手指衛生。 婦人科手術; 婦人科介入; 婦人科手術; 手術中の血液量減少ショック; 化膿性創傷の消毒; 創傷端の消毒; 診断介入; 診断手順; 子宮頸部の凝固異常症; 長時間手術; 瘻孔カテーテルの交換。 整形外科手術における感染; 人工心臓弁; 膀胱摘除術; 短期外来手術; 短期間のオペレーション; 短い外科処置; クリコテイロトミヤ; 手術中の失血; 手術中および手術後の出血; Kuldotsentez; レーザー光凝固; レーザー凝固; 網膜レーザー凝固; 腹腔鏡検査; 婦人科における腹腔鏡検査; CSF瘻; 小さな婦人科手術; 小さな外科手術; 乳房切除術およびその後のプラスチック; 縦隔切開術;耳に対する顕微手術; Mukogingivalnye操作; 縫合; マイナー手術; 神経外科手術; 眼科手術における眼球の固定化; 睾丸切除術; 膵切除術; Perikardektomiya; 手術後のリハビリ期間; 手術後の回復期; 経皮経管冠動脈形成術; 胸膜胸腔; 術後および外傷後の肺炎; 外科手術の準備; 手術の準備; 手術前の外科医の手の準備; 外科的処置のための結腸の準備; 脳神経外科および胸部手術における術後吸引性肺炎; 術後悪心; 術後出血; 術後肉芽腫; 術後ショック; 術後早期。 心筋血行再建術; 放射線摘出; 胃切除術; 腸切除術; 子宮切除; 肝切除;enterectomy; 胃の一部切除。 操作された船舶の再閉鎖。 手術中に組織を結合する; 縫合糸の除去; 眼科手術後の状態; 手術後の状態; 鼻腔内手術後の状態; 胃切除後の状態; 小腸の切除後の状態; 扁桃切除後の状態; 十二指腸の除去後の状態; 静脈切除後の状態; 血管手術; 脾摘出; 手術器具の滅菌; 手術器具の滅菌; 胸骨切開術; 歯科手術; 歯周組織における歯科的介入; 椎間板切除術; 扁桃切除術; 胸腔鏡手術; 胸腔鏡手術; 総胃切除術; 経皮血管内冠動脈形成術; 経尿道切除術; Turbinektomiya; 歯の除去; 白内障手術; 嚢胞の除去; 扁桃切除術; 子宮筋腫の除去; 可動の一次歯を取り外す。 ポリープの除去; 壊れた歯を取り除く。 子宮体の除去; 縫合糸の除去; 瘻孔likvoroprovodyaschih方法;Frontoetmoidogaymorotomiya; 外科感染; 慢性四肢潰瘍の外科的処置; 手術; 肛門部の手術。 結腸の手術; 外科手術; 外科的処置; 外科的介入; 胃腸管上の手術; 尿路の手術手順;泌尿器系の外科的処置; 泌尿生殖器系の外科的介入; 心臓の手術手技; 手術操作; 手術; 静脈の手術; 外科的介入; 血管手術; 血栓症の外科的処置; 手術; 胆嚢摘出術; 部分胃切除術; 子宮摘出術; 経皮経管冠動脈形成術; 経皮経管脈管形成術; 冠動脈バイパス; 歯の摘出; 乳歯の摘出; 脈管切除術; 脈拍的心肺バイパス; 抜歯; 歯抽出; 白内障抽出; 電気凝固; 尿管内治療; 切開切開術; エトモイドトミヤ; 歯の抜去後の合併症

組成および放出形態

静脈内投与およびIM投与のための溶液1ml

ジアゼパム5 mg

補助物質:プロピレングリコール; エタノール; ベンジルアルコール; 安息香酸ナトリウム; 酢酸; 注射用水

2mlのアンプルで; 5,10または50アンプルの箱。

剤形の説明

透明な無色または黄緑色の液体。

薬理学的効果

行動様式 - 抗けいれん、筋弛緩、鎮静、睡眠、鎮静。

薬力学

主に視床、視床下部および辺縁系において実現される中枢神経系にうつ病の影響を有する。 中枢神経系における神経インパルスの伝達のシナプス前およびシナプス後の阻害の主要メディエーターの1つであるGABAの阻害効果を増加させる。

超分子GABA-ベンゾジアゼピン - クロロノフォア受容体複合体のベンゾジアゼピン受容体を刺激し、脳の皮質下構造の興奮性の低下、多シナプス脊髄反射の抑制を引き起こす。

薬物動態

IM投与後、ジアゼパムは(投与部位に依存して)不完全かつ不均一に吸収される。 三角筋に導入されると、吸収が迅速かつ完全である。 生体利用率は90%である。 / m投与後の血漿中のCmaxは、投与時から0.5〜1.5時間後およびIV導入時に0.25時間以内に達成される。 平衡濃度は1〜2週間後一定の摂取量で達成される。

ジアゼパムおよびその代謝産物はBBBおよび胎盤バリアを通過し、血漿中濃度の1/10に相当する濃度で母乳中に見出される。 タンパク質への結合 - 98%。

肝臓で代謝され、酵素系CYP2C19、CYP3A4、CYP3A5、CYP3A7が薬理学的に非常に活性なデスメチルジアゼパムに関与し、活性の低いテマゼパムおよびオキサゼパムに代謝される。

それは腎臓によって排出される - 70%(グルクロニドの形で)、未変化の形態で - 1〜2%および10%未満 - 子ウシと排泄される。 T1 / 2デスメチルジアゼパム-30-100時間、テマゼパム-9.5-12.4時間およびオキサゼパム-5-15時間。 新生児(30時間まで)、高齢者および老人(最大100時間)および肝不全(4日間まで)の患者ではT1 / 2が延長されることがあります。

繰り返し使用すると、ジアゼパムおよびその活性代謝物の蓄積が顕著である。 長いT1 / 2のベンゾジアゼピン類を指し、治療の中止後の排泄が遅い、tk。 代謝産物は数日または数週間血中に持続する。

Relianceの適応

不安発現(治療)を伴う神経性および神経症状の障害。

不安に関連した精神運動の激動の対処。

てんかん発作や様々な病因の痙攣症状の対処。

筋肉の緊張(破傷風、脳循環の急性障害など)の増加を伴う症状。

アルコール中毒症における離脱症候群およびせん妄のカッピング。

外科的および産科的な練習における種々の診断処置のための鎮痛薬および他の神経栄養薬と組み合わせた前投薬およびataralgesia。

不安、興奮性の増加、高血圧の危機、血管痙攣、更年期障害および月経障害を伴う本態性高血圧の複雑な治療において。

禁忌

ベンゾジアゼピン誘導体の過敏症、重症重症筋無力症、昏睡、ショック、角膜閉塞緑内障、罹患歴(アルコール離脱症候群および譫妄の治療を除く麻薬、アルコール)、睡眠時無呼吸、アルコール中毒の重症度、急性中毒薬(麻薬、催眠薬、向精神薬)、重度のCOPD(呼吸不全の進行リスク)、急性呼吸不全乳幼児(30日まで)、妊娠(特にIおよびIII期)、母乳育児。

ケアペタル(プチマール)またはレノックスガストー症候群(IV導入時に強直性てんかん状態の発症を引き起こすことがある); 肝臓および/または腎不全、脳または脊髄運動失調症、高カリウム血症、向精神薬の乱用傾向、有機性脳疾患(脳卒中または脳卒中の発症を促進する可能性があるジアゼパムによる治療の開始または突然の離脱は、発作またはてんかんの発症を加速する可能性がある) (可能性のある逆説反応)、低蛋白質血症、高齢、うつ病(「特別な指示」を参照)。

妊娠中および授乳中のアプリケーション

妊娠中の禁忌(IおよびIIIトリメスター)。 治療時には母乳育児をやめるべきである。

副作用

神経系から:特に高齢患者では、眠気、めまい、疲労が増えます。 注意の集中の違反; 運動失調、方向転換、感情の鈍化、精神および運動反応の減速、前向き健忘(他のベンゾジアゼピンよりも頻繁に発症する); まれに、頭痛、幸福、うつ、振戦、カタレプシー、混乱、ジストロム錐体外路反応(無秩序な身体運動)、無力症、筋力低下、過小収縮、構音障害、 非常にまれな - 逆説的な反応(積極的なアウトブレイク、精神運動の興奮、恐怖、自殺傾向、筋痙攣、幻覚、不安、睡眠障害)。

造血から:白血球減少症、好中球減少症、悪性白血病(悪寒、温熱、咽頭痛、異常な疲労または衰弱)、貧血、血小板減少症。

腸の部分では、口が乾燥したり、過敏症、胸やけ、かゆみ、胃痛、吐き気、嘔吐、食欲不振、便秘; 肝臓機能の違反、肝臓トランスアミナーゼおよびアルカリホスファターゼの活性の増加、黄疸。

心臓血管系から:動悸、頻脈、血圧低下。

尿生殖器系の部分では、尿失禁または保持、腎機能の障害、リビドーの増加または減少、月経困難症。

アレルギー反応:皮膚発疹、かゆみ。

胎児への影響:母親がその薬剤を使用した新生児の催奇形性(特に第1期)、CNSうつ病、呼吸不全、および吸う反射の抑制。

局所反応:注射部位では、静脈炎または静脈血栓症(発赤、腫脹および注射部位の痛み)。

その他:中毒、薬物依存、まれに - 呼吸器の中心うつ病、視力障害(複視)、過食症、体重減少。

睡眠障害、不快感、内臓および骨格筋の平滑筋の痙攣、脱個人化、発汗の増加、うつ病の発症および急性の低下、睡眠障害、睡眠障害、頭痛、過敏症、感覚異常、光恐怖症、頻脈、痙攣、幻覚、まれに精神病性障害を含む知覚障害)を含むが、これらに限定されない。 産科 - 新生児 - 筋肉低血圧、低体温、呼吸困難で使用される場合。

インタラクション

MAO阻害剤、呼吸器系鎮痛薬および精神刺激薬は、Relanium®の活性を低下させます。

催眠薬、鎮静薬、麻薬性鎮痛薬、その他の精神安定薬、ベンゾジアゼピン誘導体、筋弛緩薬、全身麻酔薬、抗うつ薬、神経弛緩薬、アルコール - 中枢神経系の阻害効果が急激に増加します。

シメチジン、ジスルフィラム、エリスロマイシン、フルオキセチン、ならびに経口避妊薬およびエストロゲン含有薬物(肝臓代謝(酸化プロセス)を競合的に阻害する)を使用すると、Relanium®の代謝を遅らせ、その血漿濃度を高めることができます。

イソニアジド、ケトコナゾール、メトプロロール - Relanium®の代謝を遅らせ、血漿中濃度を上昇させます。

プロプラノロールとバルプロ酸は、血漿中のRelanium®のレベルを上昇させます。

リファンピシンは、Relanium®の代謝を高め、結果として血漿中のその濃度を低下させることができます。

ミクロソームの肝臓酵素の誘導物質は、効力を低下させる。

降圧薬は、血圧低下の重症度を高めることができる。

クロザピン - 呼吸抑制を増加させる可能性があります。

強心配糖体と同時に使用する場合、血清中の後者の濃度を高め、ジギタリス中毒の発生を(血漿タンパク質との競合結合の結果として)可能にする。

パーキンソニズム患者のレボドパの有効性を低下させる。

オメプラゾールはジアゼパム排泄時間を延長する。

ジドブジンの毒性を高めることが可能です。

テオフィリン(低用量)は、Relanium®の鎮静作用を軽減することができます。

1つの注射器に他の薬剤と薬学的に適合しない。

ジアゼパムによる前投与は、導入全身麻酔に必要なフェンタニルの投与量を減少させ、全身麻酔の発症時間を短縮する。

投与と投与

IVを徐々に5mg(1ml)/分の速度で大きな静脈に注入する; IM。

不安に関連した精神運動の激越の重複 - 必要に応じて10-20mgを3~4時間で反復投与する。

破傷風:IMまたはIV(ジェットまたはドリップ) - 10〜20 mg、2〜8時間ごと。

てんかんの状態 - 必要に応じて3〜4時間後に用量を10〜20 mgで繰り返す。

骨格筋の痙攣を除去するため:手術前1-2時間、IM - 10mg。

産科では:IM - 10〜20mgの子宮頸が開き2〜3本の指。

新生児(生後5週目):IVが0.1-0.3mg / kgで最大5mgまで、必要に応じて2-4時間後に繰り返し注射される(臨床症状によって異なる)。

5歳以上の小児:静脈注射は2〜5分ごとに1mg、最大投与量は10mg、 必要であれば、2〜4時間後に投与を繰り返す。

過剰摂取

症状:眠気、さまざまな重症度の意識低下、逆説的な刺激、虚脱に対する反射の減少、痛みを伴う刺激への反応の低下、構想障害、運動失調、視界の乱れ(振戦)、振戦、徐脈、血圧の低下、虚脱、呼吸器(無呼吸まで)、昏睡状態。

治療:胃洗浄、強制利尿、活性炭の任命、対症療法(呼吸と血圧の維持)、人工換気。 フルマゼニルは、病院の設定において特定の拮抗薬として使用される。 血液透析は効果がない。

フルマゼニルは、ベンゾジアゼピンで治療されたてんかん患者には示されていない。 そのような患者では、フルマゼニルはてんかん発作の発症を引き起こす可能性がある。

予防措置

深刻なうつ病のジアゼパムの任命に特別な注意が必要です - それは自殺意図の実施のために薬を使用することは可能です。

連続的な静脈内注入を行うことは推奨されません。輸液シリンダーおよびチューブのPVC材料で製剤の沈降および吸着を形成することが可能です。

腎臓/肝臓不全および長期治療では、末梢血および肝臓酵素のパターンを制御する必要がある。

以前はアルコールや薬物を乱用していた患者では、薬物依存を形成するリスクは、大量の投与(有意な治療期間の使用)で増加する。 特別な指示なしで長期間使用しないでください。

「キャンセル」症候群のリスクに起因するが、その症状の身体からのジアゼパムの緩慢な排除に起因する、容認できないほど急激な使用の停止は、他のベンゾジアゼピンのそれよりも顕著ではない。

そのような異常な反応を持つ患者がいる場合、積極性、激越、不安、不安、自殺思考、幻覚、筋肉痙攣の増加、眠りにくいなどの睡眠時の治療を中止する必要があります。

ジアゼパムによる治療の開始、または癲癇患者における急激な離脱、または肛門炎における癲癇発作による発作は、発作またはてんかん状態の発症を加速させる可能性がある。

胎児に毒性作用を及ぼし、妊娠の第1三半期に適用されると先天性奇形のリスクを増加させる。 妊娠後期に治療用量をとることは、胎児性CNSの圧迫を引き起こす可能性がある。 妊娠中の継続使用は肉体的依存を引き起こす可能性があります。新生児に「中止」の症状があるかもしれません。

子供は、特に若年時に、ベンゾジアゼピンのCNS抑制作用に対して非常に敏感である。

新生児は、ベンジルアルコールを含む製剤には推奨されません。代謝性アシドーシス、中枢神経系抑鬱、呼吸困難、腎不全、低血圧、発作および頭蓋内出血の可能性があります。

配達前または配達中の15時間以内に30mgを超える用量を使用すると、新生児呼吸抑制(無呼吸)、筋緊張および血圧の低下、低体温、吸引の弱い行動(いわゆるフロッピーベビー症候群) )。

高齢の患者Relanium®は、慎重に投与し、推奨用量を超えないようにしてください。

壊疽の発症の可

Someone from the Chile - just purchased the goods:
Ovagen intensive course 180 capsules