Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:Phezipam

私はこれがほしい、私に価格を与える

剤形:錠剤

活性物質:ブロモジヒドロキシフェニルベンゾジアゼピン

ATX

N05BXその他の抗不安薬

薬理学的グループ:

不安緩解薬

nosological分類(ICD-10)は、

F29不特定の無機性精神病:小児精神病; 精神病における精神運動の興奮; 幻覚 - 妄想障害; 幻覚 - 妄想症候群; 中毒精神病; 躁病 - 妄想障害; 躁病の慢性精神病; 躁病精神病; 急性精神病; 妄想精神病; 妄想精神病; 亜急性精神病; プレナム精神病; 精神病; 積極性精神病; 精神病は妄想である。 子供の精神病; 反応性精神病; 慢性精神病; 慢性幻覚精神病; 慢性精神病; 慢性精神病性障害; 統合失調症

F40恐怖不安障害:恐怖の状態; 恐れ; 恐怖症; 恐怖症; 恐怖症; 不安神経症; 不安の不安; 強迫恐れ; 急性不安障害; 発作性恐怖症候群; 恐怖の感情; 夜の恐怖

F41他の不安障害:不安状態; 不安; 慢性警報; 不安感。 不安な仮説状態。 アラームを停止します。 非精神病性不安障害

F41.9不安障害:不安症候群を伴う神経障害; 重度の不安; 神経様の症候学; 神経様疾患; 神経様の状態; 不安症状を伴う神経症; 神経症は不安感を伴う。 急性状況およびストレス不安; 不安の急性発作; 重度の不安; 状況不安障害; 不安の状態。 不安と妄想の要素; アラーム状態。 不安; 不安障害; 不安症候群; 不安感。 アラーム条件。 慢性神経性不安; Susto;不安と不安の優位性を伴う精神障害; 神経性及び神経症様の状態における不安障害; 不安な神経症; 不安と妄想状態。 急性の状況ストレス警報; 不安の要素を伴ううつ状態

F45.2気分軟骨障害:下垂体肥大症およびアステノアイソフォーム病; ヒポコンドリア; セスト - うつ状態の病気; asthenoepochondrial現象; 低軟骨障害; 奇形性脊髄神経症; 下部軟骨 - 感性症候群

F48.9不特定の神経障害:神経症; 二次性神経症状; その他の神経症状; 増加した過敏性を伴う神経症; Neuroses; すべての種類の神経症; 遅延を伴う神経症; 心臓の神経症; アルコール依存症における神経障害; 遅延を伴う神経障害; 不安症候群を伴う神経障害; 神経性反応; アルコール依存症を伴う神経症症状; 神経性状態; 神経性症候群; 神経障害; 神経学的機能不全の攻撃; 学校の神経症; 感情的ストレス

F60.3感情的に不安定な人格障害:気分の揺れ; 精神的不安定。 感情的なフェンス; 感情的な分離; 気分の変化; 気分の不安定さ; 感情的背景の不安定さ。 混合感情障害; 感情的ストレスの状態。 感情的不安定性; 感情的緊張; 感情的不安定性; 感情的不安定性; 気分障害; 気分障害; 気分の低下。 気分の悪化; 気分のむら

F63習慣とドライブの障害:衝動的なドライブと行動

F90超運動障害:超運動神経症; 高カリウム血症; 多動症候群

F95ティアキ:ティークの子供。 子供のチーク; 子供の神経の鼓動; 神経質な咳; チーク

G40てんかん:非定型痙攣性発作; アポトーシス発作; 大発作; 大規模な痙攣発作; 一般化された欠席; ジャクソンのてんかん; 拡散する大発作; ジンセファリン性てんかん; 皮質および非痙攣形態のてんかん; 一次 - 全般性発作; 原発全般性強直間代発作; 睡眠不全; てんかん発作を繰り返した。 攻撃は一般化された。 発作にフィットする。 小児における難治性てんかん; 複雑な痙攣発作; 混合発作; てんかんの混合形態; 痙攣状態; 痙攣発作; 痙攣; 癲癇の痙攣型; てんかん大怪我; てんかん発作; 子供の大発作

G47.0眠りと睡眠の維持の障害[不眠症]:不眠症; 不眠症、特に眠りにくい。 脱同期化; 長時間の睡眠障害; 眠りの難しさ; 短期および一時的な不眠症; 短期および慢性睡眠障害; 短いまたは浅い睡眠; 睡眠の違反; 睡眠障害、特に眠りの段階で。 侵害は眠る。 睡眠障害; 神経性睡眠障害; 浅い浅い睡眠。 浅い睡眠。 睡眠の質が悪い。 夜の目覚め; 睡眠病理; ポストソニック違反; 一時的な不眠症; 眠りにつくトラブル。 早起き。 早朝の目覚め。 早起き。 睡眠障害; 睡眠薬; 持続性不眠症; 眠りにくい。 眠りにくい。 子供の中で寝るのが難しい。 持続性不眠症; 悪化する睡眠; 慢性不眠症; 頻繁な夜間および/または早朝の覚醒; 頻繁な夜間の目覚めと非睡眠の深さの感覚; ナイトウィーク

G90自律神経系の障害:血管攣縮; 血管収縮徴候; 血管運動性筋ジストニア; 栄養不良。 自律神経機能不全; 植物性不安定性; 植物性血管障害; 自律神経機能不全; 血管新生; 植物性ジストニア; 栄養血管障害; 植物性血管障害; ジストニア葉血管; ジストニア神経循環; 神経障害; Cardiopsychoneurosis; 高血圧型の神経循環性ジストニア; 原発性神経興奮性症候群; 栄養性ジストニア症候群

R25.8.0 * Hyperkinesis: ChoreicのHyperkinesis; 中央起源の動揺; リウマチ性高カリウム血症; 超音速; 浮動微動

R45.4過敏性および怒り:増加した過敏性を伴う神経症; 怒りの爆発; 怒り; 憤慨; 増加した過敏症; 神経系の過敏性の増加; 過敏性; 神経症の過敏症; 精神障害の過敏症; 過敏症の症状; 不快感

Z100 *クラスXXII外科手術:腹部手術; 腺切除術; 切断; 冠動脈形成術; 頸動脈の血管形成術; 創傷のための消毒皮膚治療; 消毒用ハンド; 虫垂切除術; アテレクトミー; バルーン冠動脈形成術; 膣の子宮摘出術; 冠状動脈バイパス; 膣および子宮頸管内の介入; 膀胱の介入; 口の介入; 修復および再建手術; 医療従事者の手指衛生。 婦人科手術; 婦人科介入; 婦人科手術; 手術中の血液量減少ショック; 化膿性創傷の消毒; 創傷端の消毒; 診断介入; 診断手順; 子宮頸部の凝固異常症; 長時間手術; 瘻孔カテーテルの交換。 整形外科手術における感染; 人工心臓弁; 膀胱摘除術; 短期外来手術; 短期間のオペレーション; 短い外科処置; クリコテイロトミヤ; 手術中の失血; 手術中および手術後の出血; Kuldotsentez; レーザー光凝固; レーザー凝固; 網膜レーザー凝固; 腹腔鏡検査; 婦人科における腹腔鏡検査; CSF瘻; 小さな婦人科手術; 小さな外科手術; 乳房切除術およびその後のプラスチック; 縦隔切開術;耳に対する顕微手術; Mukogingivalnye操作; 縫合; マイナー手術; 神経外科手術; 眼科手術における眼球の固定化; 睾丸切除術; 膵切除術; Perikardektomiya; 手術後のリハビリ期間; 手術後の回復期; 経皮経管冠動脈形成術; 胸膜胸腔; 術後および外傷後の肺炎; 外科手術の準備; 手術の準備; 手術前の外科医の手の準備; 外科的処置のための結腸の準備; 脳神経外科および胸部手術における術後吸引性肺炎; 術後悪心; 術後出血; 術後肉芽腫; 術後ショック; 術後早期。 心筋血行再建術; 放射線摘出; 胃切除術; 腸切除術; 子宮切除; 肝切除;enterectomy; 胃の一部切除。 操作された船舶の再閉鎖。 手術中に組織を結合する; 縫合糸の除去; 眼科手術後の状態; 手術後の状態; 鼻腔内手術後の状態; 胃切除後の状態; 小腸の切除後の状態; 扁桃切除後の状態; 十二指腸の除去後の状態; 静脈切除後の状態; 血管手術; 脾摘出; 手術器具の滅菌; 手術器具の滅菌; 胸骨切開術; 歯科手術; 歯周組織における歯科的介入; 椎間板切除術; 扁桃切除術; 胸腔鏡手術; 胸腔鏡手術; 総胃切除術; 経皮血管内冠動脈形成術; 経尿道切除術; Turbinektomiya; 歯の除去; 白内障手術; 嚢胞の除去; 扁桃切除術; 子宮筋腫の除去; 可動の一次歯を取り外す。 ポリープの除去; 壊れた歯を取り除く。 子宮体の除去; 縫合糸の除去; 瘻孔likvoroprovodyaschih方法;Frontoetmoidogaymorotomiya; 外科感染; 慢性四肢潰瘍の外科的処置; 手術; 肛門部の手術。 結腸の手術; 外科手術; 外科的処置; 外科的介入; 胃腸管上の手術; 尿路の手術手順;泌尿器系の外科的処置; 泌尿生殖器系の外科的介入; 心臓の手術手技; 手術操作; 手術; 静脈の手術; 外科的介入; 血管手術; 血栓症の外科的処置; 手術; 胆嚢摘出術; 部分胃切除術; 子宮摘出術; 経皮経管冠動脈形成術; 経皮経管脈管形成術; 冠動脈バイパス; 歯の摘出; 乳歯の摘出; 脈管切除術; 脈拍的心肺バイパス; 抜歯; 歯抽出; 白内障抽出; 電気凝固; 尿管内治療; 切開切開術; エトモイドトミヤ; 歯の抜去後の合併症

組成および放出形態

錠剤 - 1つのテーブル。

ブロモジクロロフェニルベンゾジアゼピン0.5mg; 1 mg

補助物質:ラクトース(乳糖); ジャガイモでんぷん; 医療ゼラチン; ステアリン酸カルシウム; ステアリン酸

10個の等高線セルパック。 段ボール2または5の等高線パックのパック。

剤形の説明

錠剤は、白い、平らな円筒形であり、斜角を付けている。

特性

ベンゾジアゼピン誘導体の群からの抗不安薬。

薬理学的効果

行動様式 - 抗けいれん、抗不安薬、筋弛緩、睡眠、鎮静。

薬力学

顕著な抗不安薬、抗けいれん薬、筋弛緩薬、鎮静剤および催眠剤の効果があります。 睡眠薬、麻薬、抗けいれん薬、エチルアルコールの効果を強化します。 抗不安効果は、感情的緊張の軽減、不安、恐怖、不安の緩和に現れます。 鎮静効果 - 神経起源の症状を軽減する。

薬物動態

経口投与後、消化管からよく吸収されます。 Cmaxに達する時間 - 1〜2時間肝臓で代謝される。 T1 / 2-6-10-18時間。 それは主に代謝産物の形で腎臓によって排泄される。

ペジパムの適応症

不安、恐怖、興奮性、緊張感、情緒不安感を伴った様々な神経症、神経症、精神病、精神病などの症状;

反応性精神病;

(他の抗不安薬の作用に耐性を含む)低軟骨性センテステンス症候群;

自律神経機能障害;

睡眠障害;

恐れや感情的なストレスの状態の予防;

前投薬については、 導入麻酔の成分として。

てんかん状態の停止、様々な病因の連続発作;

過運動およびチックの治療;

筋肉の剛性。

禁忌

重症重症筋無力症;

肝臓や腎臓の著しい違反。

妊娠;

他の抗不安薬、神経遮断薬、睡眠薬、麻薬、エチルアルコール中毒。

慎重に - 高齢者。

妊娠中および授乳中のアプリケーション

妊娠中の禁忌。

副作用

時には眠気、筋力低下、めまい、頭痛、悪心、運動失調、記憶障害および運動の調整(特に高用量)、薬物依存がある。 アレルギー反応が発症することがあります(皮膚発疹、かゆみ)。

インタラクション

睡眠薬、麻薬および抗痙攣薬、エタノールの効果を強化します。

投与と投与

内部。 薬物による治療方法は、他の抗不安薬の治療方法と同様である。

ペジパムの単回投与量は、通常0.0005~0.001g(0.5~1mg)であり、睡眠障害については、就寝前に20~30分間0.00025~0.0005g(0.25~0.5mg)である。

神経性、精神病性、神経症様および精神病様の状態の治療のために、薬物は通常0.0005〜0.001g(0.5〜1mg)の1日2〜3回の初期用量で処方される。 2〜4日後、薬剤の有効性および忍容性を考慮して、用量を0.004〜0.006g /日(4-6mg /日)に増加させることができ、朝および昼間の用量は0.0005〜0.001g、夜 - 0, 0025

重度の激越、恐怖、不安、治療は0.003g /日(3mg /日)の用量で開始され、急速に増加して治療効果を得る。

てんかんの治療において、用量は、1回の用量で0.002-0.01g /日(2-10mg /日)である。

アルコール離脱を治療するために、Phezipamは0.0025-0.005g /日(2.5-5mg /日)の用量で処方される。

増加した筋肉緊張を伴う疾患の神経学的プラクティスにおいて、薬物は1日1回または2回0.002-0.003g(2〜3mg)の用量で処方される。

ペジパムの平均1日量は0.0015-0.005g(1.5-5mg)で、2回または3回に分けられ、通常朝と午後では0.5-1mg、夜間では2.5mgまでに分けられます。 最大一日量は0.01g(10mg)です。

内科開業予定期間は2ヶ月まで、非経口投与は3〜4週間まで。 薬物の回収により、用量は徐々に減少する。 Phezipamは他の薬物(睡眠薬、抗けいれん薬など)と適合性がありますが、相互作用の増強を考慮する必要があります。

予防措置

したがって、治療中に迅速な反応、正確な動きおよび注意の集中が必要な作業を行う輸送運転者および他の人の作業中には禁忌であるため、そのような作業を控えるべきである。

副作用の頻度および性質は、個々の感受性、用量および治療期間に依存する。 投与量の減少またはPhezipamの使用を止めると、副作用が消滅します。

この薬はアルコールの効果を高めるので、Phezipamでの治療中にアルコールを使用することはお勧めしません。

薬の保存条件Phezipam

乾燥状態では、暗所は25℃以下の温度である。

子供の手の届かないところに保管してください。

薬Phezipamの有効期間

3年。

パッケージに記載された有効期限が過ぎた後は使用しないでください。

Someone from the Luxembourg - just purchased the goods:
Diuver 10mg 60 pills