Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:Phenorelaxan

私はこれがほしい、私に価格を与える

投与形態:静脈内投与および筋肉内投与のための溶液; 錠剤

活性物質:ブロモジヒドロキシフェニルベンゾジアゼピン

ATX

N05BXその他の抗不安薬

薬理学的グループ:

不安緩解薬

nosological分類(ICD-10)は、

F29不特定の無機性精神病:小児精神病; 精神病における精神運動の興奮; 幻覚 - 妄想障害; 幻覚 - 妄想症候群; 中毒精神病; 躁病 - 妄想障害; 躁病の慢性精神病; 躁病精神病; 急性精神病; 妄想精神病; 妄想精神病; 亜急性精神病; プレナム精神病; 精神病; 積極性精神病; 精神病は妄想である。 子供の精神病; 反応性精神病; 慢性精神病; 慢性幻覚精神病; 慢性精神病; 慢性精神病性障害; 統合失調症

F40.9不特定不快感:恐怖症; 不安神経症; 不安の神経症; 急性不安障害; 発作性恐怖の症候群; 恐怖の状態。 恐怖症; 恐怖症; 恐怖感

F41.9不安障害:不安症候群を伴う神経障害; 重度の不安; 神経様の症候学; 神経様疾患; 神経様の状態; 不安症状を伴う神経症; 神経症は不安感を伴う。 急性状況およびストレス不安; 不安の急性発作; 重度の不安; 状況不安障害; 不安の状態。 不安と妄想の要素; アラーム状態。 不安; 不安障害; 不安症候群; 不安感。 アラーム条件。 慢性神経性不安; Susto;不安と不安の優位性を伴う精神障害; 神経性及び神経症様の状態における不安障害; 不安な神経症; 不安と妄想状態。 急性の状況ストレス警報; 不安の要素を伴ううつ状態

F45.2気分軟骨障害:下垂体肥大症およびアステノアイソフォーム病; ヒポコンドリア; セスト - うつ状態の病気; asthenoepochondrial現象; 低軟骨障害; 奇形性脊髄神経症; 下部軟骨 - 感性症候群

F48.9不特定の神経障害:神経症; 二次性神経症状; その他の神経症状; 増加した過敏性を伴う神経症; Neuroses; すべての種類の神経症; 遅延を伴う神経症; 心臓の神経症; アルコール依存症における神経障害; 遅延を伴う神経障害; 不安症候群を伴う神経障害; 神経性反応; アルコール依存症を伴う神経症症状; 神経性状態; 神経性症候群; 神経障害; 神経学的機能不全の攻撃; 学校の神経症; 感情的ストレス

F60.2社会的人格障害:反社会的人格; 精神病性人格; 精神病; 興奮性タイプの精神病; 精神病および精神病の状態; ヒステリシスタイプの精神病; 不安と不安の優位性を伴う精神障害; ブレーキングの人格

F60.3感情的に不安定な人格障害:気分の揺れ; 精神的不安定。 感情的なフェンス; 感情的な分離; 気分の変化; 気分の不安定さ; 感情的背景の不安定さ。 混合感情障害; 感情的ストレスの状態。 感情的不安定性; 感情的緊張; 感情的不安定性; 感情的不安定性; 気分障害; 気分障害; 気分の低下。 気分の悪化; 気分のむら

F95.9不特定のチック:一般化されたチック; コプロラリア

G25.9錐体外路および運動障害、不特定:ブラジキネジア; 運動不安; 運動障害; 筋肉剛性; 筋肉痙性; ピラミッド障害; ピラミッド経路の敗北; 筋肉の剛性; 錐体外路症候群; 痙性麻痺; 錐体外路系異常; 筋肉のストレス; 明治症候群

G40.0限局性(限局性)(部分的)特発性てんかんおよび痙攣性発作症候群(焦点のある発作を伴う):一時的てんかん; 一時的な発作癲癇の部分的な形態; 部分癲癇; 部分的なけいれん; 部分的フィット; 部分的な攻撃。 部分的な強直間代発作; 部分的なてんかん適合; 部分的なてんかん発作; 焦点痙攣; 焦点痙攣; 焦点合わせ; 焦点性てんかん

G40.8てんかんの他の特定の形態:アルコール性てんかん; てんかんの局所形態ミオクローヌスてんかん; ミオクローヌス - てんかん; 若年性ミオクローヌスてんかん

G47.0眠りと睡眠の維持の障害[不眠症]:不眠症; 不眠症、特に眠りにくい。 脱同期化; 長時間の睡眠障害; 眠りの難しさ; 短期および一時的な不眠症; 短期および慢性睡眠障害; 短いまたは浅い睡眠; 睡眠の違反; 睡眠障害、特に眠りの段階で。 侵害は眠る。 睡眠障害; 神経性睡眠障害; 浅い浅い睡眠。 浅い睡眠。 睡眠の質が悪い。 夜の目覚め; 睡眠病理; ポストソニック違反; 一時的な不眠症; 眠りにつくトラブル。 早起き。 早朝の目覚め。 早起き。 睡眠障害; 睡眠薬; 持続性不眠症; 眠りにくい。 眠りにくい。 子供の中で寝るのが難しい。 持続性不眠症; 悪化する睡眠; 慢性不眠症; 頻繁な夜間および/または早朝の覚醒; 頻繁な夜間の目覚めと非睡眠の深さの感覚; ナイトウィーク

G90自律神経系の障害:血管攣縮; 血管収縮徴候; 血管運動性筋ジストニア; 栄養不良。 自律神経機能不全; 植物性不安定性; 植物性血管障害; 自律神経機能不全; 血管新生; 植物性ジストニア; 栄養血管障害; 植物性血管障害; ジストニア葉血管; ジストニア神経循環; 神経障害; Cardiopsychoneurosis; 高血圧型の神経循環性ジストニア; 原発性神経興奮性症候群; 栄養性ジストニア症候群

R25.8.0 * Hyperkinesis: ChoreicのHyperkinesis; 中央起源の動揺; リウマチ性高カリウム血症; 超音速; 浮動微動

R45.0緊張感:緊張を緊張させる。 精神的ストレス; 緊張の状態。 ストレス状態。 神経障害; 電圧; テンション; 心理的ストレス; ストレス状態。 感情的緊張; 内側の緊張感。 ストレスの多い状況での心理感情的ストレス; 神経ストレス反応; 内部ストレス; 永続的な精神的ストレスの状態。 涙

R45.4過敏性および怒り:増加した過敏性を伴う神経症; 怒りの爆発; 怒り; 憤慨; 増加した過敏症; 神経系の過敏性の増加; 過敏性; 神経症の過敏症; 精神障害の過敏症; 過敏症の症状; 不快感

組成および放出形態

錠剤 - 1つのテーブル。

ブロモジヒドロクロロフェニルベンゾジアゼピン(100%無水物に関して)0.5mg; 1 mg

補助物質:ラクトース一水和物(乳糖); ジャガイモでんぷん; ゼラチン; ステアリン酸カルシウム; ステアリン酸

10の平面セルパックにおいて、 段ボール5個のパッケージで。

静脈内および筋肉内注射用溶液1 ml

ブロモジヒドロクロロフェニルベンゾジアゼピン1mg

補助物質:ポビドン(低分子量ポリビニルピロリドン) - 9mg; グリセロール(グリセロール)-100mg; 二亜硫酸ナトリウム(メタ重亜硫酸ナトリウム)-2mg; Tween-80(ポリソルベート80)-50mg; 水酸化ナトリウム1M溶液 - pH6〜7.5; 注射用水 - 1 mlまで

中性ガラスから1mlまでのアンプルで、PVCフィルム5アンプルの輪郭セルパックに入れます。 ダンボールアンプルを備えたダンボール2パックのパックで; または、ダンボール10アンプルの箱に入れてください(スクワリファアンプル付き)。 アンプルに点線または破線のリングを使用する場合、スクラファイアは挿入されません。

剤形の説明

錠剤:ベベル付きの白い平らな円筒形。

IVおよびIM導入のための溶液:透明、無色またはわずかに着色した液体。

特性

ベンゾジアゼピン系の抗不安薬(精神安定薬)。

薬理学的効果

行動様式 - 抗けいれん、抗不安薬、筋弛緩、睡眠、鎮静。

薬力学

神経インパルスの伝達に対するGABAの阻害効果を増加させる。 シナプス後部GABA受容体のアロステリック中心に位置するベンゾジアゼピン受容体を刺激して、脊髄の側方角の脳幹および門脈ニューロンの上昇する活性化網状形成; 脳の皮質下構造(辺縁系、視床、視床下部)の興奮性を低下させ、多シナプス性脊髄反射を抑制する。

抗不安作用は、辺縁系の扁桃体への影響によって引き起こされ、感情的緊張の低下、不安、恐怖、不安の緩和に現れる。

鎮静効果は、脳幹の網状形成および視床の非特異的核への影響によるものであり、神経起源(不安、恐怖)の症候の減少によって示される。

精神病起源(急性妄想、幻覚、情動障害)の生産的な症候学は、事実上、精神的緊張の低下、妄想障害にほとんど影響しない。

睡眠の効果は、脳幹の網状形成の細胞の抑制に関連する。 感情的、栄養的および運動的刺激の影響を軽減し、眠りのメカニズムを妨げる。

抗けいれん作用は、シナプス抑制を強化し、痙攣インパルスの広がりを抑制することによって実現されるが、焦点の興奮状態を緩和しない。

polysynaptic spinal afferent inhibitory pathwaysの阻害による(より少ない程度では、単シナプス)中枢性のmiorelaksiruyusuce効果。 おそらく運動神経と筋肉機能の直接阻害。

薬物動態

錠剤

経口摂取が消化管から十分に吸収された後、TCmax - 1-2時間肝臓で代謝される。 T1 / 2-6-10-18時間。 それは主に代謝産物の形で腎臓によって排泄される。

IVおよびIM投与のためのソリューション

体の中に広く分布しています。 肝臓で代謝される。 T1 / 2は6から10-18時間に排泄され、薬物の排泄は主に代謝産物の形で腎臓を介して行われる。

薬物フェノレラクサンの適応症

神経性、神経性、精神病性および精神病性および他の状態(過敏性、不安、神経緊張、情緒不安定性);

反応性精神病および新生児期 - 心調律障害(他の抗不安薬(トランキライザー)の作用に耐性を有するものを含む);

自律神経機能不全および睡眠障害;

恐れや感情的なストレスの状態の予防;

抗けいれん剤として - 一時的および筋緊張性てんかん;

神経学的練習では - 運動の高頻度、チック、筋肉の剛性、栄養不安定性。

禁忌

過敏症(他のベンゾジアゼピンを含む)。

コマ;

ショック;

重症筋無力症;

閉鎖隅角緑内障(急性発作または素因);

急性アルコール中毒(生命機能の弱化)、麻薬性鎮痛薬および睡眠薬;

重度のCOPD(恐らく呼吸不全の増加);

急性呼吸不全;

重度のうつ病(自殺傾向が現れることがある)。

妊娠(特に私は妊娠);

泌乳期間;

18歳未満の年齢(安全性と有効性は未定)。

慎重に:

肝臓および/または腎不全;

脳脊髄運動失調;

歴史における薬物依存;

精神活性薬の乱用傾向。

超音速;

有機性脳疾患;

精神病(逆説的反応も可能);

低蛋白質血症;

夜間無呼吸(確立または推定);

高齢。

妊娠中および授乳中のアプリケーション

妊娠中は、生命予兆にのみ使用してください。 胎児に毒性作用を及ぼし、妊娠の第1三半期に適用されると先天性奇形のリスクを増加させる。 妊娠の後期に治療用量を投与すると、新生児の中枢神経系がうつ病になることがあります。 妊娠中の継続的な使用は、新生児の離脱症候群の発症に伴う身体的依存を招くことがあります。

子供は、特に若年時に、ベンゾジアゼピンのCNS抑制作用に対して非常に敏感である。

出産直前または労働中の使用は、新生児の呼吸抑制、筋緊張の低下、低血圧、低体温、および吸引行動の弱化(鈍い小児症候群)を引き起こす可能性がある。

副作用

錠剤

時には記憶障害、注意集中、運動の調整(特に高用量)、眠気、筋力低下、運動失調、時には逆説的興奮、めまい、頭痛、口渇、吐き気、下痢、月経不順、性欲減退、皮膚発疹、かゆみ。

長期間の使用(特に高用量で) - 中毒、薬物依存。

IVおよびIM投与のためのソリューション

神経系から:眠気、疲労、めまい、集中力の低下、運動失調、方向転換、精神的および運動的反応の遅延、混乱の治療開始時(特に高齢患者における); まれに頭痛、幸福感、うつ病、震え、記憶喪失、(特に高用量での)動きの調整障害、気分の低下、膀胱鏡奇形反応(眼を含む制御不能な動き)、無力症、重症筋無力症、 非常にまれに - 逆説的な反応(積極的なアウトブレイク、精神運動の興奮、恐怖、自殺傾向、筋痙攣、幻覚、不安、睡眠障害)。

造血から:白血球減少症、好中球減少症、無顆粒球症(悪寒、高熱、咽頭痛、異常な疲労または衰弱)、貧血、血小板減少症。

消化器系では、口渇や唾液分泌、胸やけ、吐き気、嘔吐、食欲不振、便秘や下痢があります。 肝機能の障害、肝臓トランスアミナーゼおよびアルカリホスファターゼの活性の増加、黄疸。

尿生殖器系から:尿失禁、尿閉、腎機能障害、リビドーの増加または増加、月経困難症。

アレルギー反応:皮膚発疹、かゆみ。

母親が薬剤を服用した新生児の胎児への影響:催奇形性(特にI trimester)、CNSうつ病、呼吸不全および反射反射の抑制。

その他:嗜癖、薬物依存、血圧低下、 まれに - 視力障害(複視)、体重減少、頻脈。 睡眠障害、不快な反応、内臓および骨格筋の平滑筋の痙攣、脱個人化、発汗の増加、うつ病、吐き気、嘔吐、震え、過敏症を含む知覚障害の用量または中止の急激な減少により、羞明、頻拍、痙攣、まれに精神病反応)。

局所反応:静脈炎または静脈血栓症(発赤、腫脹または注射部位の痛み)。

インタラクション

Phenorelaxan®は、中枢神経系(睡眠薬、抗けいれん薬、神経弛緩薬など)の機能の低下を引き起こす他の薬物と適合性がありますが、複雑な適用の場合、機能の相互強化を考慮する必要があります。

パーキンソニズム患者のレボドパの有効性を低下させる。

ジドブジンの毒性を高めることがあります。

ミクロソーム酸化の阻害剤は、毒性作用のリスクを高める。

ミクロソームの肝臓酵素の誘導物質は、効力を低下させる。

血清中のイミプラミン濃度を上昇させる。

降圧薬は、血圧低下の重症度を高めることができる。

クロザピンの同時投与の背景に対して、呼吸抑制の増加が可能である。

さらに、錠剤の場合:中央筋弛緩薬、麻薬性鎮痛薬、エタノールの同時投与による効果の相互増強がある。

投与と投与

タブレット:内部。

睡眠障害の場合、就寝前に20-30分間0.25-0.5mg。

神経症、精神病、神経症様および精神病の症状の治療のためには、最初の用量は0.5〜1mgで1日2〜3回である。 2〜4日後、薬剤の有効性および忍容性を考慮して、用量を4〜6mg /日に増加させることができる。

重度の激越、恐怖、不安、治療は3mg /日の用量から開始し、急速に治療効果を得るために用量を増加させる。

てんかんの治療 - 2〜10mg /日。

アルコール離脱の治療のために、2.5〜5mg /日。

平均日用量は1.5〜5mgであり、それは2〜3回の用量に分けられ、通常朝と午後は0.5〜1mg、夜は2.5mgまでに分けられる。 筋性高血圧の病気での神経学的練習 - 2-3 mg 1日1〜2回。

最大一日量は10mgです。

もちろん、フェノレラザン(登録商標)は、他のベンゾジアゼピンと同様に2週間(場合によっては2ヶ月まで延長することができる)、薬物療法の開発を避けるためである。

薬物の回収により、用量は徐々に減少する。

静脈内および/または静脈内投与のための溶液:IMまたはIV(ジェットまたは点滴)。

恐怖、不安、精神運動、ならびに自律発作および精神病の症状の急速な軽減のために、最初の用量は0.5〜1mg(0.5〜1mlの0.1%溶液)、1日の平均用量は3〜5mg、In重度の症例 - 最大7-9 mg。

てんかん状態および連続性てんかん発作の場合、薬剤は0.5mgの用量で開始してIMまたはIVで投与される。

アルコール離脱 - IMまたはIVの治療には、1日あたり2.5-5mgの用量。

増加した筋緊張を伴う疾患における神経学的練習 - 0.5mgの1日1回または1日2回。 IVの術前の調製のために、0.003〜0.004g(0.1%溶液3〜4ml)をゆっくりと導入する。

平均日用量は1.5〜5mgである。 最大一日量は10mgです。

持続可能な治療効果を達成した後、経口投与剤型に切り替えることが推奨される。

コースの治療における薬物依存の発生を避けるために、フェノレラキサン(登録商標)の持続時間は、他のベンゾジアゼピンと同様、2週間である。 しかし、場合によっては、治療期間を3〜4週間に延長することもできます。

薬物の回収により、用量は徐々に減少する。

過剰摂取

錠剤

症状:重度の眠気、長期間の混乱、反射の減少、構音障害の長期、眼振、振戦、徐脈、息切れまたは息切れ、血圧低下、昏睡。

治療:胃洗浄、活性炭の受け入れ。 症状の治療(呼吸と血圧の維持)、フルマゼニルの投与(病院環境で)。 血液透析は効果がない。

IVおよびIM投与のためのソリューション

症状:中程度の過剰摂取 - 治療効果と副作用の増加; 重大な過剰 - 意識、心臓および呼吸活動の顕著な低下を伴う。

治療:重要な身体機能のモニタリング、呼吸器および心臓血管活動の維持、対症療法。 Phenorelaxan®の筋弛緩作用のアンタゴニストとして、硝酸ストリシンニン(1mlの0.1%溶液を1日2〜3回注射する)を推奨します。 特定のアンタゴニストとして、フルマゼニル(anexat)-IV(5%グルコース溶液(デキストロース)または0.9%塩化ナトリウム溶液)を0.2mgの初期用量で使用することができる(必要ならば、1mgの用量まで)。

特別な指示

深刻なうつ病の中でフェノレラキサン®を選ぶ際には、特別な注意を払う必要があります。この薬は自殺企図の実施に使用できます。 高齢者や弱体化した患者には注意して使用する必要があります。

腎臓/肝臓不全および長期間の治療では、末梢血および肝臓酵素のパターンのモニタリングが必要である。

副作用の頻度および性質は、個々の感受性、用量および治療期間に依存する。 Phenorelaxanの投与量の減少または中止により、副作用が消失する。

他のベンゾジアゼピンと同様に、長期投与(4mg /日以上)での薬物依存を誘発する能力を有する。

突発的な受診の中断により、離脱症候群(うつ病、過敏症、不眠症、発汗の増加など)、特に長期間の入院(8-12週以上)が認められる。

この薬はアルコールの効果を強めるので、Fenorelaxan®による治療中のアルコールの使用はお勧めしません。

18歳未満の患者における薬物の有効性および安全性は確立されていない。

Phenorelaxan®は、輸送中のドライバーや、迅速な反応と正確な動きを必要とする作業を行う他の人のドライバーによって、作業中禁忌されています。

さらに、錠剤

以前に精神活性薬を服用していなかった患者は、抗うつ薬、抗不安薬またはアルコール依存症を服用している患者と比較して、より低用量で薬物に「応答する」。

急性興奮、恐怖、自殺思考、幻覚、筋肉痙攣の増加、眠りにくい、浅い睡眠などのような異常な反応が患者に起こる場合、治療を中止する必要があります。

薬局の休暇の条件

処方せん。

薬フェノレラクサンの保存条件

乾燥した暗所で、2〜25℃の温度で

子供の手の届かないところに保管してください。

薬物フェノレラクサンの貯蔵寿命

静脈内および筋肉内注射のための溶液1mg / ml〜2年間。

錠剤0.5mg〜3年。

錠剤1mg〜3年。

パッケージに記載された有効期限が過ぎた後は使用しないでください。

Someone from the Argentina - just purchased the goods:
Polyoxidonium injection 6mg 5 vials