Best deal of the week
DR. DOPING

ドーピング場博士

Cipromed点眼液0.3%5ml

USD 11.99

在庫あり

- +
 カートに追加

 

この商品を見た後に買っているのは?

CipromedCiprofloxacin点眼剤 - 眼科での局所適用のためのフルオロキノロン群からの抗菌薬です。結膜炎、角膜炎、眼瞼結膜炎などの眼疾患を引き起こす広範囲の微生物(細菌および原生動物)に対して活性である。二次感染を防ぐために術後期間に使用されます。これは、目のウイルス性疾患の複合療法の一部として処方されています。

眼科での局所適用のためのフルオロキノロン群からの抗菌薬。抗菌作用の広いスペクトルを持って、殺菌効果があります。作用機序は、細菌DNAのDNA酵素を阻害する能力に関連しており、DNAの複製の破壊および細菌細胞タンパク質の合成をもたらす。シプロフロキサシンは、増殖する微生物および休息中の両方に作用する。

それは、グラム陰性微生物に対して活性である:大腸菌、サルモネラ種、シゲラ種、プロテウス種。(インドール陽性株およびインドール陰性株)、モルガネラ・モルガニ、シトロバクター属種、クレブシエラ属種、エンブロバクター種、ビブリオ種、、ガルデネラ属(Gardnerella spp。)、レジオネラニューモフィラ(Legionella pneumophila)、ナイセリア種(Neisseria spp。)、モラクセラカタラーリス(Moraxella catarrhalis)、アシネトバクター属種、ブルセラ属種、

シプロフロキサシンは、グラム陽性微生物にも感受性である:スタフィロコッカス属種、ストレプトコッカス・ピオゲネス属、ストレプトコッカス・アガラクティエ、コリネバクテリウム・ジフテリア属、リステリア・モノシトゲネス。

この薬は低毒性である。

薬物動態

吸引

薬物の局所適用により、シプロフロキサシンは眼の組織によく浸透する。1回の点滴後、10分後に眼の前房の水分中のシプロフロキサシンの濃度に達し、100μg/ mlである。1時間後の前眼房水分中のCmaxは190μg/ mlである。2時間後、薬物の濃度は減少し始め、角膜の組織におけるその抗菌作用は、前房の水分中で最大6時間、最大4時間まで維持される。

点滴後、薬物の全身吸収が可能である。

両眼で4回/日の投与で7日間処置した場合、平均濃度は2ng / ml未満である。

排泄

プラズマからのT1 / 2の局所適用は4-5時間である。この薬物は、腎臓によって未変化の形態で(最大50%まで、代謝産物の形態では最大10%まで)排泄される。腸を通って - 約15%。

薬物の一部は母乳中に排泄される。

適応症:

眼およびその付属器の細菌性炎症性疾患:

  • 急性および亜急性結膜炎;
  • 角膜炎;
  • 前部ブドウ膜炎;
  • 眼瞼炎および眼瞼の他の炎症性疾患;
  • 涙嚢嚢炎;
  • 眼の傷およびその付属物の後および眼球の手術後の感染合併症の予防および治療。

禁忌:

  • 薬物の成分または他のキノロンに対する過敏症、
  • 妊娠、
  • 母乳育児の期間、
  • 1歳未満の子供。

特別な指示:

ソフトコンタクトレンズを着用するときは、点眼剤を使用しないでください。それらの組成物に含まれる防腐剤は、ソフトコンタクトレンズに沈着され、眼組織に悪影響を及ぼすことがある。硬質のコンタクトレンズは、薬を点眼する前に取り出し、15分後に再度セットする必要があります。

他の眼用薬を使用する場合、投与間隔は少なくとも5分でなければなりません。

車両の運転能力とメカニズムの管理能力への影響

薬物の投与直後には、視力の透明性を低下させ、精神運動反応を遅くすることが可能であり、注意喚起を必要とする潜在的に危険な活動(特にアルコールの同時使用)に関与する能力を低下させる可能性がある。

副作用:

視覚器の側面から:点滴直後 - 1〜2分間のわずかな燃焼の感覚、かゆみ、痛み、目の粘膜の充血;アレルギー反応の可能性、眼瞼腫脹、光恐怖症、涙液漏れ、目の異物感、点眼直後の不快な後味、視力低下、角膜潰瘍患者における角膜潰瘍、角膜炎、角膜症、角膜の染色または浸潤、重複感染の発生。

提案した使用:

この薬は罹患した目の結膜嚢に1-2滴処方されています。点滴注入の頻度は、炎症プロセスの重症度に依存する。

急性細菌性結膜炎、単純鱗屑および潰瘍性眼瞼炎では、Cipromedは炎症過程の重症度に応じて1日4〜8回処方される。治療の経過は5〜14日です。

角膜炎では、1日に少なくとも6回、1滴が処方される。肯定的な効果がある場合、治療期間は角膜病変の重篤度に依存し、通常2〜4週間です。

角膜病変が緑膿菌によって引き起こされた場合、膀胱穿孔は少なくとも8〜12回/日で1滴処方される。治療の期間は、疾患の経過に依存し、通常約2〜3週間である。

前部ブドウ膜炎の場合、この薬は1日8〜12回1滴処方されます。

急性の涙嚢炎および涙小管炎は、慢性的には1日6〜12回、1日に4〜8回点滴する。

目の傷害およびその付属物の場合に二次感染を防ぐために、鼓膜は1〜2週間に1回4-8回/日で処方される。

眼球の穿孔による外科手術後の炎症性疾患の予防のために、術後1〜4回/日の術後術後1〜5ヵ月(通常5日〜1ヵ月)が処方される。

パッケージング:

  • オリジナルのパッケージに入っています。商品は新品未開封です。

ストレージ:

  • 直射日光を避けて保管してください。
  • 子供たちに縛られないようにしてください。
  • 乾燥した場所に室温で保管してください。
  • 保管温度が25℃を超えないようにしてください

重要なお知らせ - 外箱のデザインは事前の予告前に変更される場合があります。

 

Cipromed eye drops 0.3% 5ml buy Ciprofloxacin complex therapy for eyes

Someone from the Netherlands - just purchased the goods:
Irifrin eye drops 2.5% 5ml