Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:フェニルブタゾン(Phenylbutazonum)

私はこれがほしい、私に価格を与える

薬理学グループ

NSAIDs - ブチルピラゾリジン

病理分類(ICD-10)

G43片頭痛

片頭痛、片頭痛、片頭痛片頭痛、偏頭痛、片頭痛、持続性頭痛、ヘミナスネ

G54.6痛みのある四肢のファントム症候群

痛みのファントム、ファントムの痛み

I80静脈炎および血栓性静脈炎

末梢血管の病気、静脈の炎症性疾患、静脈血栓性静脈炎、静脈疾患、下肢静脈疾患、末梢血管の病変、静脈炎の移行、下肢静脈の不全、悪化の悪化白血球、静脈瘤表面、静脈表面上の炎症、表面静脈炎、表面静脈炎、血栓性静脈炎、深部静脈血栓性静脈炎、血栓性静脈炎、静脈洞炎、深部静脈の静脈炎、静脈洞静脈洞、静脈洞炎、慢性血栓性静脈炎、エンドフォリビティス

I84痔核

痛みのある痔、外痔核、内痔、痔核の炎症、痔核の悪化、慢性出血痔、急性痔核の攻撃

K08.8.0 *痛い歯痛

歯痛、歯痛、疼痛性炎症、歯科麻酔、歯痛の痛み症候群、歯石除去後の痛み、歯を抜く時の痛み、歯痛、歯科治療後の痛み

L30.9不特定の皮膚炎

肛門湿疹、細菌性成熟、静脈瘤、静脈皮膚炎、皮膚の炎症、植物との接触による皮膚の炎症、炎症性皮膚疾患、炎症性皮膚反応、皮膚の炎症過程、催奇形性肛門部の皮膚炎および湿疹、皮膚炎急性の接触、肛門周囲皮膚炎、皮膚病、頭皮の皮膚病、乾癬の皮膚病、持続的なかゆみを伴う皮膚病、皮膚病、皮膚病、かゆみ、皮膚病、皮膚炎、真菌性湿疹、その他のかゆみ皮膚病、顕著な湿疹症状、かゆみ、皮膚病、かゆみ湿疹、真性湿疹、虫刺されに対する皮膚反応、皮膚病による皮膚のかゆみ、滲出性湿疹、眠気性皮膚病、瀕死性感染性炎症性皮膚疾患、アレルギー性皮膚炎、ヌメラ性湿疹、急性接触湿疹、急性炎症 急性皮膚病、急性重症皮膚病、肛門周囲皮膚炎、表在性皮膚病、亜急性接触湿疹、単純皮膚炎、職業性皮膚炎、精神病性皮膚病、新生児の気泡皮膚炎、膿疱発疹、皮膚の刺激および発赤、低燃性湿疹、ドライ慢性湿疹、慢性皮膚病、慢性皮膚病、鱗状膿皮症、湿疹、湿疹肛門領域、手の湿疹、湿疹接触、湿疹苔状化、湿疹ヌムラーレ、急性湿疹、急性湿疹、乾性湿疹、乾癬、毒性皮膚炎、皮膚湿疹のような耳湿疹、湿疹急性接触、湿疹亜急性、湿疹皮膚炎、湿疹様発疹、外因性発熱、内因性湿疹、霊長類性皮膚炎、限られたかゆみがある皮膚炎

L40.5関節症乾癬(M07.0-M07.3 *、M09.0 *)

乾癬の関節炎、関節症の形態の乾癬

L55日焼け

太陽熱

L98.6皮膚及び皮下組織の他の浸潤性疾患

Dermopathy infiltrative、炎症性浸潤

M06.9他の特定関節リウマチ

関節リウマチ、リウマチ性関節炎、慢性関節リウマチ、リウマチ性多発関節炎、リウマチ様関節炎、リウマチ様関節炎、リウマチ性関節炎、リウマチ性関節炎、リウマチ性関節炎、リウマチ性関節炎、リウマチ様関節炎、リウマチ様関節炎、リウマチ性関節炎、関節リウマチ、能動的関節リウマチ、関節リウマチ、関節リウマチ、急性リウマチ、急性リウマチ

M10痛風

痛風の悪化、痛風による急性関節痛、急性痛風発作、痛風発作、再発性痛風発作、慢性痛風

M13.9未指定の関節炎

関節炎、凝固性関節炎(非感染性)、急性関節炎、筋骨格系の急性炎症性疾患における疼痛、筋骨格系の慢性炎症性疾患における疼痛、変形性関節症における疼痛、変形性関節症における炎症、炎症性関節症、炎症性および変性性関節疾患炎症性関節症、筋骨格系の炎症性疾患、破壊性関節炎、筋骨格系の疾患、筋骨格系の疾患、筋骨格系および結合組織の疾患、筋骨格系の感染症、モノアミン、リウマチ性関節炎、変形性関節症、筋骨格系の急性炎症、筋骨格系の急性炎症性疾患、筋骨格系の急性炎症状態、急性関節炎、急性変形性関節症、外傷後変形性関節症、反応性関節炎、C 慢性関節炎、慢性炎症性関節炎、関節嚢の内層の慢性炎症、関節嚢の慢性炎症、関節の慢性炎症性疾患、滲出性関節炎

M14.8他の分類された特定疾患の関節症

関節周囲炎症

M19.9無制限の関節症

変形性関節症、骨関節炎、大関節の関節症、骨関節炎の疼痛症候群、筋骨格系の急性炎症性疾患における疼痛症候群、筋骨格系の慢性炎症性疾患における疼痛症候群、変形性関節症、変形性関節症、変形性関節症急性期の変形性関節症、大関節の変形性関節症、変形性関節症を伴う急性疼痛症候群、外傷後の変形性関節症、リウマチ性変形性関節症、脊椎関節症、慢性変形性関節症

M25.5関節の痛み

筋骨格系の慢性炎症性疾患の疼痛症候群、関節の痛み、関節の痛み、関節炎の痛み、関節炎の痛み症候群、関節炎の慢性炎症性疾患の痛み症候群、関節痛、関節痛、関節痛の痛み症候群、骨関節炎の痛み症候群、変形性関節症の疼痛症候群関節の痛み、関節の痛み、関節の痛み、関節の痛み、関節の痛み、関節の痛み、重度の物理的な運動の関節の痛み、痛みを伴う炎症性関節の損傷、筋骨格系の痛みの状態、痛いジョイント条件、関節の痛みを伴う外傷性の愛、筋骨格系の痛み、関節痛、関節リウマチの痛み、慢性変性性骨疾患の痛み、慢性変性性関節疾患の痛み、骨関節痛、関節痛、関節炎の痛み関節リウマチ、関節痛症候群、関節痛、リウマチ痛、リウマチ性疼痛

M45強直性脊椎炎

ベクテレウス病、強直性脊椎炎、脊柱管疾患、リウマチ性脊椎炎、ベクテレフ病、慢性関節リウマチ、慢性関節リウマチ、強直性脊椎炎、強直性脊椎関節症、マリー - ストランペル病、強直性脊椎炎、筋骨格系の急性炎症性疾患における疼痛症候群、マリー - ストランペル病

M65滑膜炎および腱鞘炎

急性腱鞘炎、糸球体腎炎、テントシノビット、糸球体炎、筋肉関節疾患における変形性関節症、軟部組織の炎症性疾患、非特異的腱鞘炎、Tendosinovit

M71他のbursopathies

滑液包炎、滑液包炎、軟部組織の疾患、筋肉関節疾患の変形性関節症、軟部組織の炎症性疾患、亜急性滑液包炎

M79.1筋痛

筋・骨格系の疼痛症候群、筋骨格系の慢性炎症性疾患における疼痛症候群、筋肉の痛み、筋肉の圧痛、重度の身体運動における筋肉痛、筋骨格系の痛み、筋骨格系の疼痛筋肉痛、筋痛、筋肉痛、筋肉痛、安静時の筋肉痛、筋肉痛、非リウマチ起源の筋肉痛、リウマチ起源の筋肉痛、急性筋痛、リウマチ性疼痛、リウマチ性疼痛、筋筋膜炎症候群、線維筋痛

M79.2未知の神経学および神経炎

神経痛、神経痛、神経痛、肋間神経の神経痛、後脛骨神経痛、神経炎、神経炎、外傷、神経炎、神経学的疼痛症候群、痙攣を伴う神経拘縮、急性神経炎、慢性疼痛、末梢神経炎、外傷後神経痛、神経性の重度の痛み、慢性の神経炎、本態性の神経痛

N94.6月経困難症

月経中の痛み、月経中の痛み、月経中の痛み、月経中の痛み、痛みを伴う月経不順、腹痛、アルゴメリア、痛みの平滑筋痙攣、平滑筋の痛み(腎臓および胆道疝痛、腸のけいれん、月経困難症) (腎臓および胆道疝痛、腸の痙攣、月経困難症)、Disalgomenoreya、月経困難症、(月経困難症、月経異常、月経異常、月経障害、月経困難症、月経周期の違反、月経不順、Prolaktinzavisimoe月経障害、月経不順症候群、内臓の平滑筋の痛み痙攣、痙攣性月経困難症、原発性脱髄疾患

R50発疹が知られていない

悪性温熱、悪性高熱

R51頭痛

頭痛、頭部の痛み、副鼻腔炎の痛み、頭の後ろの痛み、痛みのある頭痛、血管運動の頭痛、血管運動の起源の頭痛、血管運動障害の頭痛、頭痛、神経性頭痛、

R52.2その他の一定の痛み

痛み症候群、リウマチ起源、脊柱病変部の痛み、室内痛、火傷の痛み、疼痛症候群弱または中等度、周術痛、中程度から重度の痛み、中程度または弱く発現する疼痛症候群、中程度から重度の痛み、耳炎、神経因性疼痛、神経因性疼痛

R68.8.0 *炎症性症候群

末梢神経系の炎症性病変を伴う疼痛症候群、肩関節の痛みのある炎症、外傷または手術後の痛みのある炎症、手術後の痛みを伴う炎症、痛みを伴う痔核の節、鼓膜の炎症、喉頭の炎症、歯肉の炎症、炎症、リンパ節の炎症、扁桃炎、筋肉の炎症、軟組織の炎症、口の炎症、手術後の炎症および外傷、整形外科後の炎症関節リウマチの炎症、中耳の炎症、炎症性グラム病、眼瞼炎症、軟部組織の炎症腫脹、炎症過程、外科的介入後の炎症過程、炎症過程、外傷後の炎症過程、炎症性症候群、インフラ 炎症性病因の肝機能の侵害、筋骨格系組織の急性炎症、炎症性軟部組織炎症(前炎症性軟部組織炎症)、慢性関節リウマチ

T14不特定サイトの傷害

傷害および外科的介入後の痛み症候群、傷害、皮膚および軟部組織に対する広範囲の外傷、筋肉および靱帯傷害、傷害、線維柱トラウマ、急性スポーツ傷害

T14.0不特定身体領域の表面損傷

血腫、傷、皮膚創傷、軟部組織の創傷、血腫、外傷性血腫、血腫、筋肉腫、軟組織の血腫、皮膚の癒合、挫傷、捻挫および挫傷による挫傷、微小外傷、外傷皮下血腫、外傷後血腫、微小循環の外傷後外傷、皮膚の皮膚、外傷性叢様病変、傷害、軟部組織の挫傷、関節挫傷、外傷性挫傷(外傷性胸膜炎) 、外傷性傷害、表面汚染された創傷の一次治療、擦過傷、挫傷

T14.3身体の不特定領域の関節の莢膜靱帯装置への脱臼、捻挫および損傷

筋肉の痛みを伴うストレッチ、緊張の痛みや炎症、転位の脱臼、靭帯の変性、捻挫や挫傷による浮腫、捻挫の介入後の浮腫、靭帯の損傷と破裂、筋骨格系の損傷、靭帯の損傷、関節の損傷、靭帯破裂、テンドン腱、筋肉の腱の破裂、ストレッチ、クリック、筋肉の伸展、捻挫、腱の緊張、伸展、筋肉の伸展、捻挫、腱の緊張、骨関節系の傷害、靱帯への損傷関節への損傷、関節の傷、靱帯装置の伸展、習慣的な伸展および引き裂き

T30不特定の熱および化学的な火傷

火傷の痛み、火傷の痛み、火傷の痛み、火傷の痛み、癒された後の傷、湿った痂皮の深い火傷、豊富な区画の深い火傷、深い火傷、レーザーの火傷、直腸および会陰の火傷、軽度の火傷灼熱感、熱傷、熱傷、熱傷、灼熱感、灼熱感、灼熱感、灼熱感、灼熱感、熱傷病変、熱傷、栄養後潰瘍、化学的火傷、外科的火傷

W57非毒性の昆虫および他の非静脈節足動物によるかまいまたは刺す

虫刺されに対する皮膚反応、虫刺されに対する反応、蚊刺咬、血まみれ昆虫の咬傷、昆虫の咬傷、尻の咬傷

コードCAS 50-33-9

フェニルブタゾンの特性

ピラゾロンの誘導体であるNSAID(非ステロイド性抗炎症薬)。 白色または白色で、わずかに黄色がかった結晶質の粉末。 水および酸溶液中では実質的にネラストボリムであり、エタノールに溶解しにくく、水酸化ナトリウム、クロロホルム、エーテル、アセトンの溶液に溶解する。

薬理学

薬理作用 - 抗炎症、解熱、鎮痛。

シクロオキシゲナーゼ(COX(シクロオキシゲナーゼ)-1およびCOX-2)の活性を無差別に阻害し、PGの合成を低下させる。 血液中の尿酸値を低下させます。

摂取が消化管(消化管)から急速に吸収されるとき。 1~2時間後に達成されるCmaxバイオアベイラビリティー85~90%は、長期間の入院で減少する。 血漿タンパク質への結合は95%以上である。 肝臓では、2つの主要代謝産物の形成により生体内変換される。 有意な量の母乳中に排泄される。 T1 / 2 - 18-21時間尿中に排泄され、70%(5% - 変化なし)、胃腸管を通じて - 30%(代謝産物の形態で)。

フェニルブタゾンの応用

全身性使用の場合:筋骨格系の炎症および変性疾患 - 慢性関節リウマチ、痛風、乾癬性関節炎、強直性脊椎炎(ベーチェレフ病)、変形性関節症、全身性エリテマトーデスの関節炎(複合療法の一部として)。 疼痛症候群:滑液包炎、腱嚢炎、関節痛、筋肉痛、神経痛、偏頭痛、歯痛および頭痛、紅斑性狼瘡; 痛み、けが、火傷。 熱血症(「風邪」および感染症)。

局所適用の場合:痛風、関節リウマチ、変形性関節症、強直性脊椎炎の悪化を伴う関節症候群。 疼痛症候群(軽度および中等度) - 関節痛、筋肉痛、神経痛、幻痛; 様々な化学的および機械的作用、熱傷(日焼けを含む小面積のIおよびII度)、/ mおよび/または注射による皮膚の炎症、虫刺され、表在性血栓性静脈炎、痔核の炎症、外傷性軟部組織の傷害、炎症性浸潤、血腫、筋肉および腱の伸展、滑液包炎、腱嚢炎である。

禁忌

過敏症。 経口投与の場合:気管支喘息、再発性鼻ポリープ症および副鼻腔副鼻腔およびアセチルサリチル酸および薬剤(薬物)ピラゾロン系への不耐性の組み合わせ)、悪化の段階における胃腸管のびらん性および潰瘍性病変(消化性潰瘍骨粗鬆症、十二指腸潰瘍、潰瘍性大腸炎、消化性潰瘍)、骨髄うつ病、代償不全慢性心不全または肺心不全、重度の肝臓および/または腎不全が挙げられる。

局所適用のため:栄養性潰瘍、皮膚の完全性の侵害、湿疹。

使用の制限

経口投与の場合:高ビリルビン血症、気管支喘息、慢性心不全、浮腫、動脈性高血圧、血友病、低凝固症、肝不全、慢性腎不全、難聴、前庭器病理、血液疾患、糖尿病、全身性エリテマトーデス、リウマチ性多麻痺、動脈炎、消化管の炎症性および潰瘍形成性疾患、口内炎が挙げられる。

妊娠および泌乳

妊娠と授乳に注意してください。

フェニルブタゾンの副作用

摂取

消化不良、NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬) - 胃病、腹痛、吐き気、嘔吐、胸やけ、下痢/便秘。 胃腸管の粘膜の潰瘍、アフタ性口内炎、舌炎、びらん性食道炎、胃腸管からの出血、胃腸管からの出血、 歯肉、肝機能障害。

心血管系および血液(造血、止血)から:血圧の上昇、頻脈、無顆粒球症、白血球減少、貧血、血小板減少症。

神経系や感覚器官から:頭痛、めまい、眠気、うつ、激越、難聴、耳鳴り。

アレルギー反応:皮膚発疹、かゆみ、蕁麻疹、気管支痙攣、浮腫症候群、血管浮腫。

その他:発汗の増加、子宮出血。

局所適用:アレルギー反応(皮膚発疹を含む)。

インタラクション

間接抗凝固剤、抗血小板剤、線維素溶解剤の効果を高める。 モルヒネ、PASK(パラアミノサリチル酸キシリトール)、ペニシリン、経口抗凝固剤、抗糖尿病薬などの各種腎臓の排泄を遅延させ、体内蓄積を促進し、副作用を引き起こす可能性があります。 薬物Li +、メトトレキサートの血中濃度を上昇させる。 フェニルブタゾンは、尿酸排泄、降圧薬および利尿薬の有効性を低下させる。 制酸薬およびコレスチラミンは吸収を減少させる。 骨髄毒性薬は、血液毒性の発現を増加させる。

過剰摂取

症状:指先、唇、皮膚、めまい、頭痛、血圧の上昇/下降(BP)、肺の過換気、意識の混濁のチアノーゼ; 腹部の痛み、出血、肝臓および腎臓機能の障害が含まれるが、これらに限定されない。

治療:胃洗浄、活性炭の導入、対症療法、生体機能の維持。 強制的な利尿と血液透析は効果がありません。

投与経路

内部、外部。

フェニルブタゾンの使用上の注意

治療中、末梢血の像と肝臓と腎臓の機能状態をモニターする必要があります。 17-ケトステロイドを決定する必要がある場合は、試験の48時間前に薬物を中断すべきである。

治療中、精神的および運動的反応の注意力およびスピードの増加を必要とする潜在的に危険な活動に関与することを控えるべきである。

軟膏は、深部静脈血栓静脈炎の治療には使用されない。 表在性血栓性静脈炎の治療の場合、抗凝固剤による治療に代わるものではないことに留意すべきである。 傷ついた皮膚に薬物を長期間塗布すると、2〜4週間ごとに末梢血画像の対照研究を行うことが推奨される。

Someone from the Singapore - just purchased the goods:
Phenotropil 10 pills