Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:メチルエチルピリジノール

私はこれがほしい、私に価格を与える

エモキシピン、エモキシビン、エモキシビル、エモキシ - オプティック、カルジオキシピン、エモキシピン-AKOS、メチルエチルピリジノール-Eskom、メチルエチルピリジノール塩酸塩、メチルエチルピリジノール、ビキシピン、エモキシピン-Akti

この物質のラテン名は、メチルエチルピリジノール

メチルエチルピリジノラム(Methylaethylpiridinolum)

化学名

2-エチル-3-ヒドロキシ-6-メチルピリジン

グロス式

C8H11NO

薬理学的グループ:

血管保護剤および微小循環補正剤

抗凝集剤

抗酸化剤および抗酸化剤

眼科用製品

病因分類(ICD-10)は、

H11.3結膜出血:目の出血

H16.8他の形態の角膜炎:アレルギー性角膜炎; 外傷性角膜炎; パンヌス

H26その他の白内障:白内障; 白内障の放射線; 放射状白内障; 外傷性白内障; 白内障

H32.8他の分類された病気における他の脈絡叢疾患

H34網膜の血管閉塞:眼の血管の動脈血栓症; 目の血管の静脈血栓症; 網膜循環の違反; 眼内循環の障害; メッシュおよび脈絡膜への不十分な血液供給; 中心網膜血管の閉塞; 網膜動脈の急性閉塞; 網膜または眼の脈絡膜における亜急性および慢性の循環不全; 網膜の血管疾患; 眼の網膜における血管障害; 網膜の血管血栓症; 網膜中心静脈血栓症; 網膜およびその枝の中心静脈の血栓症; 目の網膜およびその枝の中心静脈の血栓症

H36.0糖尿病性網膜症(E10-E14 +一般的な第4の特徴.3):出血性糖尿病性網膜症; 糖尿病性網膜症; 糖尿病患者における黄斑変性

H52.1近視:近視 。 近視; 複雑な近視; 近視性脈絡髄膜炎; 進行中の近視; 複雑な高度近視

H57.8眼および附属腺のその他の不特定疾患:眼内出血; 目の炎症; 目の副次的な充血; 目の灼熱感。 目の前面の保護; 目のかゆみ; Xerosis; かゆみや炎症の目の感覚; ドライアイ症候群; ドライアイ; 眼瞼炎

H59医療処置後の眼の病変およびその付属器:眼球の手術後の状態; 眼瞼の整形手術後の状態; 角膜手術後の状態。 手術眼科手術後の状態; 散瞳器の点滴後の瞳孔の拡張

I20.0不安定狭心症:ヘーバーデン病; 狭心症; 狭心症の発作; 再発狭心症; 自発性狭心症; 安定狭心症; アンギナ休息; アンギナが進行中。 アンギナ混合; アンギナ自発性; 安定狭心症; 慢性安定狭心症; アンギナ症候群X

I21.9急性心筋梗塞、不特定:心筋梗塞を伴う左心室の変化; 心筋梗塞を伴う左心房の変化; 心筋梗塞; Q波なしの心筋梗塞; 慢性心不全の徴候のない心筋梗塞; 不安定狭心症を伴う心筋梗塞; 心筋梗塞を伴うピロエット頻脈

I61脳内出血:アポピソリックショック; 脳の卒中; 血液悪性腫瘍; ヘマトーマ硬膜外; 出血性脳卒中; 脳卒中発作; 出血性脳卒中; 脳の出血; 脳内出血; 脳内出血; 出血を延期する; 硬膜下血腫; 硬膜外血腫

I63脳梗塞:虚血性脳卒中; 虚血性脳疾患; 虚血性脳卒中; 虚血性脳卒中およびその結果; 虚血性脳卒中; 虚血性脳血管障害; 虚血性脳損傷; 虚血性脳損傷; 虚血状態; 脳虚血; 急性低酸素脳; 急性脳虚血; 急性虚血性脳血管障害; 急性脳梗塞; 急性虚血性脳卒中; 急性期の虚血性脳卒中; 焦点大脳虚血; 虚血性脳卒中; 再発脳卒中; Morgagni-Adams-Stokesの症候群。 慢性脳虚血; 脳血管発作; 塞栓性脳卒中; 虚血性脳損傷

L55日焼け:日焼け

S06頭蓋内傷:外傷性脳損傷; 主に茎病変レベルの頭蓋冠損傷; 外傷性脳損傷後の状態; 脳傷害; 頭蓋骨の怪我; 脳傷害; 脳傷害; 脳の挫傷; 脳の外傷; 脳脊髄損傷; TBI(外傷性脳損傷); 外傷性脳傷害; TBIの結果。 頭蓋脳損傷の結果; TBIの結果; 傷害; 外傷性脳損傷; 外傷性大脳; 震動

T30不特定の部位の熱および化学的な熱傷:火傷を伴う疼痛症候群; 火傷の痛み; 火傷の痛み; ゆっくりと治癒後の創傷; 湿った痂皮で深く熱傷する。 豊富な区画で深く燃える。 深い熱傷; レーザー燃焼; 燃やす; 直腸および会陰の火傷; 穏やかな浸出を伴って燃焼する。 病気を燃やす; 火傷を負う。 表面的な火傷; IおよびII度の表在焦。 表面的な皮膚の火傷;アフターバーン栄養性潰瘍および創傷; 火傷後の合併症; 熱傷の間の液体の損失; 敗血症; 熱傷 熱皮膚病変; 熱燃焼; 栄養アフターバーン潰瘍; 化学燃焼; 外科的熱傷

T88.8他に分類されていない外科的および治療的介入の他の特定の合併症:ダンピング症候群

Z100 *クラスXXII外科手術:腹部手術; 腺切除術; 切断; 冠動脈形成術; 頸動脈の血管形成術; 創傷のための消毒皮膚治療; 消毒ハンド; 虫垂切除術; アテレクトミー; バルーン冠動脈形成術; 膣子宮摘出術; 冠動脈バイパス; 膣および子宮頸管内の介入; 膀胱の介入; 口の介入; 修復および再建手術; 医療従事者の手指衛生。 婦人科手術; 婦人科介入; 婦人科手術;手術中の血液量減少ショック; 化膿性創傷の消毒; 創傷端の消毒; 診断介入; 診断手順; 子宮頸部の凝固異常症; 長時間手術; 瘻カテーテルの交換; 整形外科手術における感染; 人工心臓弁; 膀胱摘除術; 短期外来手術; 短期間のオペレーション; 短い外科処置; クリコテイロトミヤ; 手術中の失血; 手術中および術後の出血; Kuldotsentez; レーザー光凝固; レーザー凝固; 網膜レーザー凝固; 腹腔鏡検査; 婦人科における腹腔鏡検査; CSF瘻; 小さな婦人科手術; 小さな外科手術; 乳房切除およびその後のプラスチック; 縦隔切開術; 耳に対する顕微手術; Mukogingivalnye操作; 縫合; マイナー手術; 脳神経外科手術; 眼科手術における眼球の固定化; 睾丸切除術; 膵切除術; Perikardektomiya; 手術後のリハビリの期間。 手術後の回復期; 経皮経管冠動脈形成術; 胸膜胸腔; 術後および外傷後の肺炎; 外科手術の準備; 手術の準備; 手術前の外科医の手の準備; 外科的処置のための結腸の準備; 神経外科および胸部手術における術後吸引性肺炎; 術後悪心; 術後出血; 術後肉芽腫; 術後ショック。 術後早期。 心筋血行再建術; 放射線摘出; 胃切除術; 腸切除術; 子宮切除; 肝切除; enterectomy;胃の一部の切除。 操作された船の再閉鎖; 手術中に組織を結合する; 縫合糸の除去; 眼科手術後の状態; 手術後の状態; 鼻腔内手術後の状態; 胃切除後の状態; 小腸の切除後の状態;扁桃摘出後の状態; 十二指腸の除去後の状態; 静脈切除後の状態; 血管手術; 脾摘出; 手術器具の滅菌; 手術器具の滅菌; 胸骨切開術; 歯科手術; 歯周組織における歯科的介入; 椎間板切除術; 扁桃切除術; 胸腔鏡手術; 胸腔鏡手術; 総胃切除術; 経皮血管内冠動脈形成術; 経尿道切除術; Turbinektomiya; 歯の除去; 白内障手術; 嚢胞の除去; 扁桃切除術; 子宮筋腫の除去; 可動の一次歯を取り外す。 ポリープの除去; 壊れた歯を取り除く。 子宮体の除去; 縫合糸の除去; 瘻孔likvoroprovodyaschih方法; Frontoetmoidogaymorotomiya; 外科感染症; 慢性四肢潰瘍の外科的処置; 手術; 肛門部の手術。 結腸手術; 外科手術; 外科的処置; 外科的介入; 胃腸管の外科手術; 尿路に関する外科処置; 泌尿器系の外科的処置; 泌尿生殖器系の外科的介入; 心臓の外科処置; 手術操作; 手術; 静脈の手術; 外科的介入; 血管手術; 血栓症の外科的処置; 手術; 胆嚢摘出術; 部分胃切除術; 子宮摘出術; 経皮経管冠動脈形成術;経皮経管脈管形成術; 冠動脈バイパス; 歯の摘出; 乳歯の摘出; 切開術; 拍動性心肺バイパス; 抜歯; 歯抽出; 白内障抽出; 電気凝固; 泌尿器科の介入; 切開切開術; エトモイドトミヤ;歯の抽出後の合併症

Z98.8他の指定された術後状態:術後期間における膿胸合併症; 外科手術の膿瘍合併症; 術後の肝機能障害; 術後嘔吐; 術後合併症; 術後期間; 術後早期

CASコード

2364-75-2

モデル臨床薬理学的論文1

薬物療法。 血管壁の透過性を低下させ、フリーラジカルプロセスの阻害剤、抗ヒポキサントおよび抗酸化剤である。 血液粘度および血小板凝集を減少させ、血小板および脳組織における環状ヌクレオチド(cAMPおよびcGMP)の含量を増加させ、線維素溶解活性を有し、血管壁の透過性および出血を発症する危険性を減少させ、 心筋梗塞の急性期に冠状動脈を拡張し、壊死の焦点の大きさを制限し、心臓の収縮性およびその導電性システムの機能を改善する。 増加した血圧には抗高血圧効果がある。 脳循環の急性虚血性障害が神経症状の重篤度を低下させる場合、低酸素および虚血に対する組織抵抗を増加させる。 それは、網膜保護特性を有し、高輝度光の損傷効果から網膜を保護し、眼内出血の再吸収を促進し、眼の微小循環を改善する。

表示。 複雑な治療の一環として、虚血性および出血性の脳血管障害、TBI、術後の硬膜下血腫および硬膜下血腫の結果; 急性心筋梗塞、再灌流症候群、不安定狭心症の予防。 (糖尿病を含む)、網膜脈絡叢ジストロフィー(アテローム性動脈硬化症を含む)、ジストロフィー性角膜炎、網膜血管血栓症、近視の合併症、角膜の保護(コンタクトレンズを装着した場合)、および眼の網膜からの暴露外傷、炎症および角膜の熱傷、白内障(40歳以上の個体における予防を含む)、外科的眼の介入、術後緑内障などの治療に使用することができる。

禁忌。 過敏症、妊娠。

投薬。 神経学および心臓学では、ドリップ(20-40キャップ/分)で、5〜15日間、1日1〜3回の20%~30mlの3%溶液(600-900mg) 200μlの0.9%NaCl溶液または5%デキストロース溶液)で洗浄した。 治療期間は疾患の経過に依存する。 その後、彼らは/ m投与に切り替える - 3〜5mlの3%溶液を1日2〜3回、10〜30日間投与する。

眼科では、結膜下またはパラボールは、1日1回または1日おきに1回。 結膜下 - 0.2%〜0.5mlの1%溶液(2-5mg)、パラ - 0.5-1mlの1%溶液(5-1mg)。 治療期間 - 10-30日; 1年に2〜3回コースを繰り返すことができます。

必要に応じて、1〜0.5mlの1%溶液を10〜15日間、1日1回、レトロバルブルニングする。

凝固の24時間前および1時間前に、0.5%の1%溶液について、迷走神経凝固(腫瘍の限定的および破壊的凝固を含む) - パラボールまたはレトロブルバルノを保護するため; 次に同じ用量(0.5%の1%溶液)で2〜10日間1日1回。

副作用。 短期興奮、眠気、血圧上昇、アレルギー反応(皮膚発疹など)、局所反応 - 痛み、灼熱感、かゆみ、充血、嗅覚組織の緻密化(それ自体解決)。

インタラクション。 薬学的に他の薬物との相溶性がない。

特別な指示。 血圧や血液凝固能のコントロール下で治療を行うべきである。

Someone from the Norway - just purchased the goods:
Gotratix 20 capsules