Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:ヘパリンカルシウム

私はこれがほしい、私に価格を与える

薬の商品名 - カルシパリン

物質のラテン名ヘパリンカルシウム

ヘパリナスカルシウム(Heparinum calcii)

化学名

ポリ硫酸のムコ多糖エステル

薬理学的グループ:

抗凝固剤

病因分類(ICD-10)は、

I74塞栓症および動脈血栓症:努力のストレス(ストレス); 動脈血栓症; 動脈血栓症; 亜急性および慢性動脈血栓症; 末梢動脈の亜急性血栓症; 術後血栓症; 血管血栓症; 血管塞栓症; 大動脈シャントの血栓症; 動脈血栓症; 動脈の血栓症; 冠動脈血栓症; 冠動脈血栓症; 血管の血栓症; 虚血性脳卒中を伴う血栓症; 一般的な外科手術による血栓症; 腫瘍治療における血栓症; 血管血栓症; 術後の血栓形成 血栓合併症; 血栓塞栓症; 血栓塞栓性症候群; 術後期間における血栓塞栓性合併症; 動脈の血栓塞栓症; 部分血管血栓症; 塞栓症; 動脈の塞栓症

I80静脈炎および血栓性静脈炎:末梢血管の疾患; 表在静脈の炎症; 静脈の炎症性疾患; 深部静脈血栓性静脈炎; 静脈の病気; 下肢の静脈の病気; 末梢血管の疾患; 静脈炎の移行; 下肢の静脈の不全; 慢性血栓性静脈炎の悪化; 急性血栓性静脈炎; 表在静脈の急性血栓性静脈炎; Periphlebitis; 周皮細胞表面; 静脈の表在性炎症; 表面血栓性静脈炎; 表面静脈炎; 血栓性静脈炎; 深部静脈血栓性静脈炎; 血栓性静脈炎は表面的である; 静脈炎; 深部静脈の静脈炎; 表面静脈の静脈炎; 瀉血; 慢性血栓性静脈炎; エンドホリビシス

CASコード

37270-89-6

薬理学

作用様式 - 抗凝固剤。

アンチトロンビンIII(ヘパリンの補因子)の分子と複合体を形成し、血液凝固のIX、X、XIおよびXII因子の活性化を阻害する後者の能力を増強する。 第Xa因子の含有量を低下させると、トロンビンの形成および血液凝固が阻害される。 靱帯トロンビン - アンチトロンビンIIIの形成を促進し、フィブリノーゲンのフィブリンへの変換およびフィブリン凝塊の出現を防止する。 肺換気および冠動脈血流を増加させ、炎症を阻害し、リポタンパク質リパーゼを活性化する。 皮下注射後、Cmaxは30〜60分後に測定される。 T1 / 2-60-90分。それは、組織学的および胎盤的障壁を貫通しない。 ヘパリナーゼによって部分的に破壊される。 それは尿中で変わらず排泄される。

物質ヘパリンカルシウムの使用

血栓症、血栓塞栓症。

禁忌

過敏性、出血または出血傾向(血小板減少、低フィブリノーゲン血症、血友病、血管透過性障害)、胃および十二指腸潰瘍、急性細菌性心内膜炎、脳出血、脳および脊髄への介入を伴う術後期間。

物質の副作用ヘパリンカルシウム

出血現象、骨粗鬆症(長期間の治療)、血液中のトランスアミナーゼレベルの増加、好酸球増加症、血小板減少症、注射部位での反応:血腫、結節、皮膚壊死。

インタラクション

抗凝固効果はNSAIDを強化します。 サリチル酸、チクロピジン。

過剰摂取

症状:凝固低下。

治療:プロタミン(アンタゴニスト)のIV注射をゆっくりと行う。

投与経路

SC(皮下)。

本物質の使用上の注意ヘパリンカルシウム

出血の危険性があるため、腎臓や肝臓の不全、高血圧、消化管潰瘍(血管形成術)、血管脈絡膜症、間接的な抗凝固剤、グルココルチコイド、デキストランとの併用が注意されています。

Someone from the Argentina - just purchased the goods:
Oftan Catachrom eye drops 10ml