Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:ヘパリンナトリウム

私はこれがほしい、私に価格を与える

ヘパリン、ヘパリンナトリウム、ヘパリンナトリウム、ヘパリンナトリウム、ヘパリンナトリウム、ヘパリン - フェリン、ヘパリンサンドズ、ビアトロム、トロンボフォビア、ヘパリンナトリウム、ヘパリンナトリウム、ヘパリンナトリウム、ヘパリンナトリウム、ヘパリンナトリウム、 Tromblex(登録商標)Plus、ヘパリンナトリウム塩、Heparin J、Heparin Lechiva、Heparin-Akrikhin 1000、Heparin

物質のラテン名ヘパリンナトリウム

ヘパリナム・ナトリウム(Heparinum natrium)(ヘパリニ・ナトリエ(Heparini natrii)属)

化学名

ポリ硫酸のムコ多糖エステル

薬理学的グループ:

抗凝固剤

病因分類(ICD-10)は、

D65播種性血管内凝固[除細動症候群]: DIC症候群; 血管内凝固; 高線溶血性出血; 除細動症候群; 高線溶血性出血; 高脂血症性出血後出血; DIC症候群の低凝固期; 血管内播種の播種; 播種性血管内分泌症候群; 脱繊維症症候群; 取得された凝固障害

I21急性心筋梗塞:急性期の心筋梗塞; 急性心筋梗塞; 病的なQ波を伴う心筋梗塞および心不全を伴わない心筋梗塞; 心筋梗塞は心原性ショックにより複雑化する。 梗塞左心室; 経心筋梗塞; 心筋梗塞の網膜下(心内膜下); 網膜虚血心筋梗塞; 心内膜心筋梗塞; 心筋梗塞の急性期; 急性心筋梗塞;急性心筋梗塞;急性心筋梗塞;急性心筋梗塞; 心筋梗塞の亜急性期; 冠動脈(動脈)の血栓症; 脅かされた心筋梗塞; Q波なしの心筋梗塞

I74塞栓症および動脈血栓症:努力のストレス(ストレス); 動脈血栓症; 動脈血栓症; 亜急性および慢性動脈血栓症; 末梢動脈の亜急性血栓症; 術後血栓症; 血管血栓症; 血管塞栓症; 大動脈シャントの血栓症; 動脈血栓症; 動脈の血栓症; 冠動脈血栓症; 冠動脈血栓症; 血管の血栓症; 虚血性脳卒中を伴う血栓症; 一般的な外科手術による血栓症; 腫瘍治療における血栓症; 血管血栓症; 術後の血栓形成 血栓合併症; 血栓塞栓症; 血栓塞栓性症候群; 術後期間における血栓塞栓性合併症; 動脈の血栓塞栓症; 部分血管血栓症; 塞栓症; 動脈の塞栓症

I77.1動脈硬化症:閉塞性動脈疾患; 末梢動脈閉塞性疾患;フォンテインのIII〜IV期における末梢動脈閉塞症

I80静脈炎および血栓性静脈炎:末梢血管の疾患; 表在静脈の炎症; 静脈の炎症性疾患; 深部静脈血栓性静脈炎; 静脈の病気; 下肢の静脈の病気; 末梢血管の疾患; 静脈炎の移行; 下肢の静脈の不全; 慢性血栓性静脈炎の悪化; 急性血栓性静脈炎; 表在静脈の急性血栓性静脈炎; Periphlebitis; 周皮細胞表面; 静脈の表在性炎症; 表面血栓性静脈炎; 表面静脈炎; 血栓性静脈炎; 深部静脈血栓性静脈炎; 血栓性静脈炎は表面的である; 静脈炎; 深部静脈の静脈炎; 表面静脈の静脈炎; 瀉血; 慢性血栓性静脈炎; エンドホリビシス

I82他の静脈の塞栓症および血栓症:再発静脈血栓症; 術後血栓症; 静脈血栓症; 急性静脈血栓塞栓症; 再発性静脈血栓症; 静脈血栓症; 内部器官の静脈の血栓症; 静脈血栓症; 深部静脈血栓症; 血管の血栓症; 血管血栓症; 静脈の血栓症; 深部静脈血栓症; 血栓塞栓症; 静脈の血栓塞栓症; 重度の静脈血栓症; 塞栓症; 静脈の塞栓症; 血栓塞栓症の合併症

H83その他の内耳障害:内耳機能の障害; 血管発生の内耳機能の侵害; 内耳への血液供給の妨害; 内耳の機能障害

M77.9その他の特定腸症:カプセル; 関節炎; 腱炎; Tendopathy; 骨関節炎

T14.0身体の不特定領域の表面傷害:擦傷; スクラッチ; スキン・ウィンズ 軟組織の創傷; 血腫; 外傷性起源の血腫; 血腫; 筋肉の血腫; 軟組織の血腫; 皮膚の癒し; 打撲傷; 捻挫や挫傷による傷み; Microtrauma; 外部の打撲傷; 小さなくしゃみ; 表在血腫; 皮膚および粘膜の表在性損傷; 皮下血腫; 外傷後血腫; 微小循環の外傷後障害; 皮膚の皮膚; 外傷性叢腫病変;損傷; 軟組織の挫傷; 関節傷; 外傷性挫傷; 外傷性損傷; 表面汚染された創傷の一次治療; 摩耗; 打撲

T14.9不特定の傷害:外傷後の疼痛症候群; 傷害を伴う疼痛症候群; 傷害および手術後の疼痛症候群; 傷害の場合の痛み; 外傷性の痛み。 けがを伴う関節痛; 術後および外傷後の痛み; 傷害の場合の痛み; 外傷性の痛み。 外傷性の重篤な疼痛症候群; 深部組織損傷; トランクの深い傷; 閉鎖傷害; マイナー世帯の傷害; 軽度の皮膚損傷; 軟組織の完全性の侵害; 複雑でないトラウマ; 広範囲の外傷; 外傷性の起源の急性疼痛症候群; 外傷を伴う浮腫; 延期されたスポーツ傷害; 外傷後の痛み; 軟部組織傷害; 関節傷; スポーツ傷害; 損傷; 外傷性疼痛;外傷性の痛み; 外傷性浸潤; スポーツに負傷

Z100 *クラスXXII外科手術:腹部手術; 腺切除術; 切断; 冠動脈形成術; 頸動脈の血管形成術; 創傷のための消毒皮膚治療; 消毒ハンド; 虫垂切除術; アテレクトミー; バルーン冠動脈形成術; 膣子宮摘出術; 冠動脈バイパス; 膣および子宮頸管内の介入; 膀胱の介入; 口の介入; 修復および再建手術; 医療従事者の手指衛生。 婦人科手術; 婦人科介入; 婦人科手術;手術中の血液量減少ショック; 化膿性創傷の消毒; 創傷端の消毒; 診断介入; 診断手順; 子宮頸部の凝固異常症; 長時間手術; 瘻カテーテルの交換; 整形外科手術における感染; 人工心臓弁; 膀胱摘除術; 短期外来手術; 短期間のオペレーション; 短い外科処置; クリコテイロトミヤ; 手術中の失血; 手術中および術後の出血; Kuldotsentez; レーザー光凝固; レーザー凝固; 網膜レーザー凝固; 腹腔鏡検査; 婦人科における腹腔鏡検査; CSF瘻; 小さな婦人科手術; 小さな外科手術; 乳房切除およびその後のプラスチック; 縦隔切開術; 耳に対する顕微手術; Mukogingivalnye操作; 縫合; マイナー手術; 脳神経外科手術; 眼科手術における眼球の固定化; 睾丸切除術; 膵切除術; Perikardektomiya; 手術後のリハビリの期間。 手術後の回復期; 経皮経管冠動脈形成術; 胸膜胸腔; 術後および外傷後の肺炎; 外科手術の準備; 手術の準備; 手術前の外科医の手の準備; 外科的処置のための結腸の準備; 神経外科および胸部手術における術後吸引性肺炎; 術後悪心; 術後出血; 術後肉芽腫; 術後ショック; 術後早期。 心筋血行再建術; 放射線摘出; 胃切除術; 腸切除術; 子宮切除; 肝切除; enterectomy;胃の一部の切除。 操作された船の再閉鎖; 手術中に組織を結合する; 縫合糸の除去; 眼科手術後の状態; 手術後の状態; 鼻腔内手術後の状態; 胃切除後の状態; 小腸の切除後の状態;扁桃摘出後の状態; 十二指腸の除去後の状態; 静脈切除後の状態; 血管手術; 脾摘出; 手術器具の滅菌; 手術器具の滅菌; 胸骨切開術; 歯科手術; 歯周組織における歯科的介入; 椎間板切除術; 扁桃切除術; 胸腔鏡手術; 胸腔鏡手術; 総胃切除術; 経皮血管内冠動脈形成術; 経尿道切除術; Turbinektomiya; 歯の除去; 白内障手術; 嚢胞の除去; 扁桃切除術; 子宮筋腫の除去; 可動の一次歯を取り外す。 ポリープの除去; 壊れた歯を取り除く。 子宮体の除去; 縫合糸の除去; 瘻孔likvoroprovodyaschih方法; Frontoetmoidogaymorotomiya; 外科感染症; 慢性四肢潰瘍の外科的処置; 手術; 肛門部の手術。 結腸手術; 外科手術; 外科的処置; 外科的介入; 胃腸管の外科手術; 尿路に関する外科処置; 泌尿器系の外科的処置; 泌尿生殖器系の外科的介入; 心臓の手術手技; 手術操作; 手術; 静脈の手術; 外科的介入; 血管手術; 血栓症の外科的処置; 手術; 胆嚢摘出術; 部分胃切除術; 子宮摘出術; 経皮経管冠動脈形成術;経皮経管脈管形成術; 冠動脈バイパス; 歯の摘出; 乳歯の摘出; 切開術; 拍動性心肺バイパス; 抜歯; 歯抽出; 白内障抽出; 電気凝固; 泌尿器科の介入; 切開切開術; エトモイドトミヤ;歯の抽出後の合併症

CASコード

9041-08-1

物質の性質ヘパリンナトリウム

抗凝固薬直接作用。

牛の肺または豚の小腸の粘膜から得られる。 ヘパリンナトリウムは、白色から灰色がかった茶色、無臭、吸湿性の無定形粉末である。 水および生理食塩水に可溶、pH 1%水溶液6-7.5。 エタノール、アセトン、ベンゼン、クロロホルム、エーテル中でほぼ完全に反応する。 活性は、血液の凝固時間を延長する能力による生物学的方法によって決定され、作用の単位で表される。

薬理学

行動様式 - 抗凝固剤。

それはアンチトロンビンIIIと結合し、その分子内の構造変化を引き起こし、抗トロンビンIIIと凝固系のセリンプロテアーゼとの統合を促進する。 結果として、トロンビンは遮断され、活性化された因子IX、X、XI、XII、プラスミンおよびカリクレインの酵素活性が阻害される。

トロンビンに結合します。 この反応は静電的性質であり、ヘパリン分子の長さに大きく依存する。 ヘパリン分子のわずかな部分のみが基本的にその抗凝固活性を提供するATIIIとの親和性を有する。 アンチトロンビンによるトロンビン阻害は遅いプロセスである。 ヘパリン-ATIII複合体の形成は、ATIII分子のγ-アミノリジル部分とのヘパリンの直接結合および(セリンを介した)トロンビンと(アルギニンを介した)ヘパリン-ATIII複合体との間の相互作用に起因して著しく促進される。 トロンビンの制動反応が完了した後、ヘパリンはヘパリン-ATIII複合体から放出され、体によって再び使用され、残りの複合体は内皮系によって除去される。 血液の粘性を低下させ、血管の浸透性を低下させ、ブラジキニン、ヒスタミンおよび他の内因性因子を刺激し、したがってスタシスの発生を防止する。 内皮細胞の表面上に、内在性ヘパリン類似体のための特別な受容体が見出された。 ヘパリンは、内皮細胞および血液細胞の膜表面に吸着することができ、負電荷を増加させ、血小板、赤血球、白血球の接着および凝集を防止する。 ATIIIとの親和性が低いヘパリン分子は、平滑筋の過形成の抑制を引き起こす。 これらの細胞の増殖因子の放出の阻害による血小板接着の阻害により、リポタンパク質リパーゼの活性化を抑制し、それによりアテローム性動脈硬化症の発症を予防する; ヘパリンは、補体系のいくつかの成分に結合し、その活性を低下させ、リンパ球の協調を妨げ、免疫グロブリンの形成を妨げ、ヒスタミン、セロトニンに結合し、抗アレルギー作用を引き起こす。 界面活性剤と相互作用し、肺におけるその活性を低下させる。 内分泌系に影響を与える - 副腎皮質におけるアルドステロンの過剰合成を抑制し、アドレナリンに結合し、卵巣のホルモン刺激に対する応答を調節し、副甲状腺ホルモンの活性を増加させる。 酵素との相互作用の結果として、脳、ペプシノゲン、DNAポリメラーゼのチロシンヒドロキシラーゼの活性を増加させ、ミオシンATPアーゼ、ピルビン酸キナーゼ、RNAポリメラーゼ、ペプシンの活性を低下させることができる。

IHD(アセチルサリチル酸との併用)患者では、急性冠動脈血栓症、心筋梗塞および突然死のリスクを低下させる。 心筋梗塞の患者の再発性心筋梗塞および死亡率の頻度を減少させる。 高用量では、静脈血栓塞栓症の予防のための小用量で、肺血管および静脈血栓の塞栓症に有効である。 手術後に。 IV注入の場合、血液凝固はほぼ即座に遅くなります。吸入後、40〜60分後にはp / kが15〜30分後に/ m - 1日で最大になります。 抗凝固効果の持続時間は、それぞれ4〜5時間、6時間、8時間、1〜2週間であり、治療効果を妨げる血栓症は、かなり長期間持続する。 血漿または血栓の場所におけるアンチトロンビンIIIの欠乏は、ヘパリンの抗血栓効果を制限し得る。

最も高いバイオアベイラビリティはIV導入で示されている。 生物学的利用能の導入が低い場合、血漿中のCmaxは2〜4時間後に達成される; プラズマからのT1 / 2は1〜2時間である。 血漿中では、主にタンパク質関連の状態にある。 内皮細胞および単核マクロファージ系の細胞によって集中的に捕捉され、肝臓および脾臓に濃縮される。 投与の吸入経路では、それは肺胞マクロファージ、毛細管内皮、大血液およびリンパ管に吸収される。これらの細胞はヘパリン沈着の主な場所であり、そこから徐々に放出され、血漿中のあるレベルを維持する。 後の段階でヘパリンの代謝に関与するN-デススルファミダーゼおよび血小板ヘパリナーゼの影響下で脱硫される。 腎臓エンドグリコシダーゼの影響下の脱硫酸化分子は、低分子断片に変換される。 排泄は、代謝産物の形で腎臓を介して起こり、高用量の導入によってのみ変化しない形で排泄することができる。 母乳中に排泄されずに胎盤障壁を通過しないでください。

外用では、少量のヘパリンが皮膚の表面から体循環に吸収される。 血液のCmaxは、適用後8時間で記録される。

物質 ヘパリン ナトリウムの適用

非経口:不安定狭心症、急性心筋梗塞; 心筋梗塞、心臓および血管操作、肺塞栓症(末梢静脈を含む)、冠状動脈血栓症および脳血管疾患、血栓静脈炎(予防および治療)における血栓塞栓合併症; DIC-症候群、微小血栓形成および微小循環障害の予防および治療; 深部静脈血栓症; 腎静脈の血栓症; 溶血性尿毒症症候群; 心房細動(塞栓術を伴うものを含む)、僧帽弁不全(血栓症の予防) 細菌性心内膜炎; 糸球体腎炎; ループス腎炎。 体外療法(心臓手術における体外循環、血液吸入、血液透析、腹膜透析、シタラフェレシス)中の血液凝固の予防、強制的な利尿; 静脈カテーテルのフラッシング。

外部:静脈移動(慢性静脈瘤および静脈瘤潰瘍を含む)、表在静脈の血栓性静脈炎、局所浮腫および無菌浸潤、静脈手術後の合併症、皮下血腫(静脈切除術後)、外傷、関節の傷、腱、筋肉組織。

禁忌

過敏性、出血または出血傾向(血小板減少、低フィブリノーゲン血症、血友病、血管透過性障害)、胃および十二指腸潰瘍、急性細菌性心内膜炎、脳出血、脳および脊髄への介入を伴う術後期間。

制限事項

外部使用:出血傾向の増加、血小板減少症。

妊娠と授乳

妊娠中および母乳育児中は、厳しい適応がある場合のみ可能です。

FDAによる胎児の行動カテゴリーはCです。

物質の副作用ヘパリンナトリウム

物質の副作用ヘパリンナトリウム

システムエフェクト

神経系や感覚器官から:めまい、頭痛。

心血管系と血液(造血、止血)から:血小板減少(患者の6%) - 早期(治療の2-4日)および後期(自己免疫)、まれなケースでは致命的な結果; 出血性合併症 - 胃腸管または尿路からの出血、卵巣の後腹膜出血、副腎(急性副腎不全の発症)。

消化器系では、食欲の低下、吐き気、嘔吐、下痢、血中のトランスアミナーゼレベルの増加。

アレルギー反応:皮膚充血、薬物発熱、蕁麻疹、発疹、かゆみ、気管支痙攣、アナフィラキシー様反応、アナフィラキシーショック。

その他:長期使用 - 脱毛症、骨粗鬆症、軟部組織の石灰化、アルドステロン合成の阻害; 注射反応 - 刺激、血腫、投与時の痛み。

外部適用:皮膚充血、アレルギー反応。

インタラクション

ヘパリンナトリウムの有効性は、アセチルサリチル酸、デキストラン、フェニルブタゾン、イブプロフェン、インドメタシン、ジピリダモール、ヒドロキシクロロキン、ワルファリン、ジクマロールによる出血(心配あり)、強心配糖体、テトラサイクリン、ニコチン、抗ヒスタミン薬、

ヘパリンナトリウム(ゲルの形態を含む)と間接的な抗凝固剤との併用は、PVの延長を引き起こす可能性がある。 出血のリスクは、非経口的に投与した場合にジクロフェナクおよびケトロラクと組み合わせた場合に増加する(低用量のヘパリンを含む併用を避ける)。 クロピドグレルは出血のリスクを高める。

投与経路

SC(皮下注射)、IV(静脈注射)、外部。

物質の注意事項ヘパリンナトリウム

凝固時間の常時監視が必要です。 キャンセルは徐々に行う必要があります。

外用の場合は、開いた創傷、粘膜には適用しないでください。 ゲルは、NSAID、テトラサイクリン、抗ヒスタミン薬と同時に処方されない。

Someone from the Denmark - just purchased the goods:
Betaserc 24mg 20 pills