Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:Euphylong

私はこれがほしい、私に価格を与える

投薬形態:カプセル遅延

活性物質:テオフィリン

ATX

R03DA04テオフィリン

薬理学グループ

アデノシン作動薬

nosological分類(ICD-10)は、

I27他の形態の心肺疾患:慢性肺心疾患; 高血圧肺循環; 肺高血圧症; 肺の心臓病; 肺心疾患; 心肺機能不全; 二次性肺高血圧; 慢性肺心臓; アイゼンメンガー症候群

J42慢性気管支炎、不特定:再発気管支炎; 喘息性気管支炎; 喘息性気管支炎; 慢性気管支炎; 炎症性呼吸器疾患; 気管支の病気; カタール喫煙者; 肺や気管支の炎症性疾患で咳をする。 慢性気管支炎の悪化; 慢性気管支炎; 慢性閉塞性肺疾患; 慢性気管支炎; 喫煙者の慢性気管支炎; 慢性痙性気管支炎; アレルギー性気管支炎; アレルギー性気管支炎

J43肺気腫:間質性肺気腫; 肺の気腫; 慢性肺疾患; 慢性閉塞性肺疾患; 肺の閉塞性肺気腫; 肺の慢性肺気腫; 慢性閉塞性肺気腫

J45喘息:身体的努力の喘息; 喘息症状; 気管支ぜんそく; ライトコースの気管支喘息; 痰の排出が困難な気管支喘息; 厳しいコースの気管支喘息; 気管支喘息の物理的努力; 過分泌性喘息; 気管支喘息のホルモン依存型。 気管支喘息で喘息発作を抑える; 非アレルギー性気管支喘息; 夜間喘息; 気管支喘息の悪化; 気管支喘息発作; 内因性型の喘息; 喘息の夜間発作;気管支喘息による咳

J98.8.0 *気管支痙攣:気管支喘息を伴う気管支痙攣; アレルゲンに暴露されたときの気管支痙攣; 気管支痙攣反応; 気管支痙攣状態; 気管支痙攣症候群; 気管支痙攣症候群を伴う疾患; 可逆性気管支痙攣; 痙攣性咳

R60浮腫、他の分類されていないもの:傷害または外科手術後の痛みを伴う浮腫; 手術後の痛みの腫れ; ドロップシティー。 ジストロフィー性消化性浮腫; 乳癌の治療後のリンパスタシスおよび腫脹; 浮腫および挫傷による浮腫; 憲法によって引き起こされる浮腫; 腎臓起源の浮腫; 末梢浮腫; 肝硬変を伴うオセツノ - 腹水症候群; 浮腫症候群; 腸中毒症候群; 二次性高アルドステロン症の背景にある浮腫; 肝臓発生のOedemia; 心疾患を伴う浮腫症候群; うっ血性心不全を伴う浮腫症候群; 心不全を伴う浮腫症候群; 心不全または肝硬変を伴う浮腫症候群; ペーストシティ; 末梢うっ血性浮腫; 末梢浮腫; 肝性浮腫症候群; 月経前の浮腫; 心臓浮腫性症候群; 医原性浮腫

組成および放出形態

徐放性の1カプセルは、テオフィリン無水物375mgまたは250mg(ダニ)を含有する。 20,50または100個のパッケージで。

薬理学

行動様式 - 気管支拡張薬。

Euphylongの兆候

気管支喘息、慢性気管支炎、気腫の閉塞性疾患、呼吸器の障害、右心不全(慢性閉塞性肺疾患による)、心臓および腎浮腫。

禁忌

急性期の心筋梗塞、過敏性、動脈性高血圧、甲状腺機能低下症、てんかん、肝機能障害、妊娠、年齢(6歳まで)、頻脈性不整脈、肥厚性閉塞性心筋症、胃および十二指腸潰瘍。

副作用

不安、興奮、振戦、睡眠障害、頭痛、動悸、不整脈、胃腸障害。

インタラクション

利尿薬、β2アドレノミミックス、他のメチルキサンチン、エフェドリン、還元リチウム塩、ベータアドレナリン遮断薬の効果を強化(相互に)します。 クリアランス(テオフィリン)は、ニコチン(喫煙者)、フェノバルビタール、リファンピシン、フェニトイン、利尿薬、マクロライド系抗生物質、βアドレナリン遮断薬、シメチジン、経口避妊薬を増加させます。

投与量および投与

体重60-70kg、テオフィリン12mg / kg(720-840mg)、18mg / kg(1080-1260mg)の増加した(例えば、喫煙者)の正常な代謝を有する成人。 体重40-60-18 mg / kg(720-1080 mg)の小児。 多量の水分を飲む。 Eufilongは長期間使用することを意図しています。

Euphylongの貯蔵条件

光から保護された乾燥した涼しい場所。

子供の手の届かないところに保管してください。

Euphylongの賞味期限

3年。

パッケージに記載されている有効期限が過ぎても使用しないでください。

Someone from the Singapore - just purchased the goods:
Honluten intensive course 180 capsules