Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:Voltaren rapid

私はこれがほしい、私に価格を与える

活性物質ジクロフェナク

ATXコードM01AB05ジクロフェナク

薬理学グループ

非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs - 酢酸誘導体および関連化合物)

病理分類(ICD-10)

G43片頭痛

片頭痛、片頭痛、片頭痛片頭痛、偏頭痛、片頭痛、持続性頭痛、ヘミナスネ

H66.9中耳炎、不特定

慢性耳炎、中耳炎、中耳炎、中耳炎、小児中耳炎

J02急性咽頭炎

鼻咽腔の炎症、口腔咽頭炎症、咽頭炎症過程、ENT臓器感染症、咽頭炎感染、咽頭および口腔の炎症性疾患の悪化、咽頭炎、急性咽頭炎、咽頭炎、咽頭炎炎

J03急性扁桃炎[咽頭痛]

J31.2慢性咽頭炎

咽頭および咽頭の炎症性疾患の悪化肥厚性咽頭炎、咽頭炎症過程、咽頭炎症、咽頭炎症性疾患、口腔および咽頭の伝染性炎症性疾患、萎縮性咽頭炎

J35.0慢性扁桃炎

慢性扁桃炎、扁桃の炎症性疾患、慢性狭心症、慢性肥厚性扁桃炎、扁桃狭心症

M35.3リウマチ性多発筋痛

関節リウマチ、関節周囲リウマチ症候群、関節周囲リウマチ疾患、関節周囲リウマチ軟部組織損傷、関節外関節リウマチ、リウマチ性関節リウマチ、関節リウマチ、関節リウマチ、リウマチ性関節リウマチ、リウマチ性関節リウマチ、リウマチ性関節リウマチ、軟組織のリウマチ、軟組織のリウマチ性疾患、関節周囲軟部組織のリウマチ性疾患、軟部組織のリウマチ性疾患、リウマチ性膠原病

M54背痛

背部の痛み、背骨の痛み、背中の痛み、背骨の様々な部分の痛み、背中の痛み、脊柱の苦痛の痛み症候群、筋骨格系の痛み

M79.0その他の未指定リウマチ

リウマチ、関節リウマチ、関節リウマチ、関節リウマチ、リウマチ、リウマチ、リウマチ、リウマチ性疾患、リウマチ性疾患、リウマチ性疾患、リウマチ性疾患、リューマチ性疾患、リウマチ性疾患、リューマチ性疾患、リューマチ性疾患関節リウマチ、関節リウマチ、関節リウマチ、関節リウマチ、関節リウマチ、慢性関節リウマチ、慢性関節リウマチ、リウマチ性疾患、椎間板リウマチ疾患、リューマチ性関節リウマチ、関節リウマチ、関節リウマチ

N70卵管炎および卵巣炎

卵巣炎、卵巣炎、卵巣炎、急性副腎炎、卵管炎、卵管炎、卵巣の慢性炎症性疾患、炎症性卵巣の炎症

N94.6月経困難症

月経中の痛み、月経中の痛み、月経中の痛み、月経中の痛み、痛みを伴う月経不順、腹痛、アルゴメリア、痛みの平滑筋痙攣、平滑筋の痛み(腎臓および胆道疝痛、腸のけいれん、月経困難症) (腎臓および胆道疝痛、腸の痙攣、月経困難症)、Disalgomenoreya、月経困難症、(月経困難症)、月経異常、月経障害、月経痛、月経困難症、月経周期の違反、月経不順、Prolaktinzavisimoeの滑らかな筋肉の痛みの痙攣月経障害、月経不順症候群、内臓の平滑筋の痛み痙攣、痙攣性月経困難症、原発性脱髄疾患

R52.9不特定の痛み

術後の痛み、整形外科手術後の痛み、炎症起源の痛み、癌発生より痛み、診断手技後の疼痛症候群、痛みの徴候、術後の痛み、手術後の痛み診断、手術後の痛み、整形外科手術後の痛み、傷害後の痛み、痔核の除去後の痛み、自然の非リウマチ性炎症の痛み、末梢神経系の炎症性病巣の痛み、糖尿病性神経障害の痛み、筋骨格系の急性炎症性疾患の疼痛、腱病変の痛み、痛みの平滑筋攣縮、平滑筋の痛み(腎臓および胆道疝痛、腸の痙攣、月経困難症)、内臓の平滑筋の痛み痙攣、 (腎臓および胆道疝痛、腸の痙攣、月経困難症)、外傷性疼痛の疼痛、傷害を伴う痛み 十二指腸潰瘍の痛み、胃潰瘍の疼痛症候群、胃潰瘍および十二指腸潰瘍の疼痛症候群、痛み、月経中の痛み、痛み症候群、痛みを伴う状態、痛みを伴う足痛み、義歯装着時の痛みの歯茎、脳神経口の痛み、痛みを伴う月経不順、痛みを伴う包帯、痛みを伴う筋肉痙攣、痛みを伴う歯の成長、メラソージア、手術傷の領域の痛み、術後の痛み身体、診断手技後の痛み、整形外科手術後の痛み、手術後の痛み、インフルエンザの痛み、糖尿病性多発神経障害の痛み、火傷の痛み、性交中の痛み、診断手技中の痛み、 、副鼻腔炎の痛み、外傷の痛み、痛みの外傷、術後期間の痛み、診断手技後の痛み、瘢痕後の痛み 術後疼痛、術後疼痛、術後疼痛および外傷後疼痛、外傷後疼痛、嚥下時の疼痛、上気道の感染性および炎症性疾患における疼痛、火傷の痛み、外傷性筋肉傷害における痛み、外傷性疼痛、外傷後疼痛、後頭部痛症候群、トルピッド疼痛、外傷性疼痛、外傷性疼痛、外傷性疼痛、外傷性疼痛、外傷性疼痛、軽度疼痛、中程度疼痛、中等度疼痛、多発性筋炎を伴う多関節痛

R60.0局所的腫脹

アレルギー性喉頭浮腫、局所腫脹、局所浮腫、限局性腫脹、下肢腫脹、腱鞘炎の発症による腫脹、歯科手術後の腫脹、鼻咽頭粘膜の腫れ、外傷性腫脹、外傷性浮腫、傷害による腫脹、外傷後の腫脹、外傷後の浮腫、外傷後の軟部組織浮腫、外傷性の浮腫、口腔浮腫

R68.8.0 *炎症性症候群

末梢神経系の炎症性病変を伴う疼痛症候群、肩関節の痛みを伴う炎症、外傷または手術後の痛みを伴う炎症、手術後の痛みを伴う炎症、痛みを伴う痔、炎症喉頭の炎症、歯肉の炎症、セルロースの炎症、リンパ節の炎症、扁桃炎、筋肉の炎症、軟組織の炎症、口の炎症、手術後の炎症および外傷、整形外科手術後の炎症、外傷後の炎症、慢性関節リウマチの炎症、中耳の炎症、炎症性歯肉炎、眼瞼炎症、炎症性眼疾患、軟部組織の炎症性腫脹、炎症過程、外科的介入後の炎症過程、炎症過程、炎症症候群、Inflammat 手術後の炎症性症候群、膿性感染症、炎症病因の肝機能の侵害、筋骨格系の急性炎症、前炎症性軟部組織炎症

T14.3身体の不特定領域の関節の莢膜靱帯装置への脱臼、捻挫および損傷

筋肉の痛みを伴うストレッチ、緊張の痛みや炎症、転位の脱臼、靭帯の変性、捻挫や挫傷による浮腫、捻挫の介入後の浮腫、靭帯の損傷と破裂、筋骨格系の損傷、靭帯の損傷、関節の損傷、靭帯破裂、テンドン腱、筋肉の腱の破裂、痙攣、筋肉の伸展、捻挫、腱の緊張、伸展、筋肉の伸展、捻挫、腱の張力、骨関節系の傷害、靱帯への損傷関節への損傷、関節の傷、靱帯装置の伸展、習慣的な伸展および引き裂き

T14.6不特定の身体領域の筋肉および腱の損傷

炎症性軟部組織炎症、筋破裂、皮膚の完全性を損なうことなく筋肉の破裂、筋破裂、軟部組織傷害、筋腱組織の損傷、筋肉損傷、腱の痛み、軟部組織傷害、腱への損傷

T14.9傷害不明

外傷後の痛み症候群、外傷後の痛み症候群、外傷および手術後の痛み症候群、傷害の場合の痛み、外傷性の痛み、傷害を伴う痛み、術後および外傷後の痛み、傷害の場合の痛み外傷性起源、深刻な外傷性疼痛症候群、深部組織損傷、胴体の深い傷、閉鎖傷害、軽度の家庭傷害、軽度の皮膚損傷、軟部組織の完全性の侵害、単純な外傷、広範囲の外傷、急性疼痛症候群外傷後の痛み、外傷後の痛み、軟部組織の傷害、関節の傷害、スポーツの傷害、傷害、外傷性の痛み、外傷性の痛み、外傷性の痛み、スポーツへの負傷

T88.9外科および医療の合併症、不特定

整形外科手術後の痛み、診断手技後の痛み症候群、手術後の痛み診断後の痛み、整形外科手術後の痛み、痔核除去後の痛み、エキシマレーザー照射時の痛み、歯科治療における痛み症候群、痛みを伴う診断介入、痛みを伴う診断操作、痛みを伴う器具診断手技、痛みを伴う器具操作、痛みを伴う治療、痛みを伴う治療、痛みを伴う治療、痛みを伴う治療的介入、術後の痛み、整形外科手術後の痛み、診断手技中の痛み、治療中の痛み、整形外科の痛み、術後の痛み、診断手技後の痛み、硬化療法後の痛み、歯科手術後の痛み、ポー 術後疼痛、術後疼痛および術後疼痛、歯の痛み、手術後の炎症、整形外科手術後の炎症、手術後の炎症、手術後の炎症症候群、手術後の瘻孔、手術創、手術後の合併症

Z100 *クラスXXII外科手術

腹腔鏡手術、切除術、切除術、冠動脈形成術、頸動脈の血管形成術、創傷のための防腐皮膚治療、防腐ハンド、虫垂切除術、アテローム切除術、バルーン冠動脈形成術、膣子宮摘出術、冠動脈バイパス、膣および子宮頸管内介入、膀胱、口腔内の介入、回復および再建手術、医療従事者の手指衛生、婦人科手術、婦人科介入、婦人科手術、手術中の血液循環ショック、膿疱性創傷の消毒、傷口の消毒、診断介入、診断処置、人工心臓弁、膀胱摘除術、短期外来手術、短期手術、短期手術、クリコテレトミヤ、手術中の失血、手術中の出血、術後の出血期間、Kuldotsentez、レーザー 腹腔鏡検査、婦人科腹腔鏡検査、小婦人科手術、小規模な外科手術、乳房切除術およびその後のプラスチック、縦隔切開術、耳上の顕微手術、Mukogingivalnye手術、縫合、軽度手術、神経外科手術、手術後の回復期間、手術後の回復期、経皮経管冠動脈形成術、胸腔穿刺、手術後および外傷後の肺炎、外科手術の準備、外科手術の準備、眼科手術のための眼球の固定化、睾丸摘除術、膵管切除術、Perikardektomiya手術前の外科医の準備、外科手術のための結腸の準備、脳神経外科および胸部手術における術後の吸引肺炎、術後の悪心、術後の出血、術後の肉芽腫、術後のショック、 d、心筋血行再建術、放射線摘出術、胃切除、腸切除、子宮切除、肝切除、浸潤切除、胃の一部の切除、手術術後の組織の接着、縫合の除去、手術後の状態、術後の状態、胃切除後の状態、小腸切除後の状態、扁桃切除後の状態、十二指腸切除後の状態、瀉血後の状態、血管手術、脾臓摘出術、手術器具の滅菌、胸骨切除術、胸腺切除術、総胃切除術、経皮的血管内冠動脈形成術、経尿道切除術、Turbinektomiya、歯の切除、白内障手術、嚢胞の除去、扁桃切除術、切除術子宮筋腫、可動性一次歯の除去 、ポリープの除去、壊れた歯の除去、子宮体の除去、縫合糸の除去、尿道切開術、瘻孔症候群、外科感染症、慢性四肢潰瘍の外科的処置、手術、肛門部の手術、結腸手術外科手術、手術手技、外科手術介入、胃腸管手術、泌尿器の手術手技、泌尿器系の手術手技、尿生殖器系の手術介入、心臓の手術手技、外科手術、手術、手術経皮経管冠動脈形成術、経皮的冠動脈形成術、冠動脈バイパス術、冠動脈バイパス術、乳歯の摘出術、脈管切開術、拍動性心肺バイパス術、歯の抽出、歯 抽出、白内障抽出、電気凝固、内視鏡的介入、切開切開、エトモイドトミヤ、歯の抽出後の合併症

組成

経口投与用溶液用粉末50mg、1袋

活性物質:

ジクロフェナクカリウム50 mg

補助物質:グリセリルジベヘネート; サッカリンナトリウムナトリウム; 芳香族アニス; 炭酸水素カリウム; フレーバーミント; アスパルテーム; マンニトール

コーティングでコーティングされた錠剤。

活性物質:

ジクロフェナクカリウム50 mg

賦形剤:

コア:リン酸カルシウム; コーンスターチ; ナトリウムカルボキシメチルデンプン; 二酸化ケイ素コロイド状無水物; ステアリン酸マグネシウム; PVP(ポビドン)

シェル:スクロース; タルク; ポリエチレングリコール; ICC; PVP; 酸化鉄赤; 二酸化チタン

薬理学的効果

薬理作用 - 抗炎症、解熱、鎮痛。

投与と投与

内部。

Voltaren®Rapidはできるだけ短期間、最低有効用量で個別に投与する必要があります。

錠剤はカバーで覆われており、噛むことなく完全に飲み込む必要があり、液体で洗い流す必要があります。食事前には望ましいです。

経口投与用の溶液用の粉末、好ましくは食事前に服用する。

サシェの内容物は、(炭酸化されていない)水の入ったガラスの中に、撹拌しながら溶解させるべきである。 この溶液はわずかに濁っていてもよいが、これは薬物の有効性に影響しない。

成人の場合、推奨薬物の初回用量は100-150 mg /日です。 中等度の症状の場合、経口投与のための溶液の調製のためには、コーティングされた錠剤の場合は75〜100mg、粉末の場合は50〜100mgの1日量を使用することが通常十分である。 1日の用量は、コーティングでコーティングされた錠剤の場合は2〜3回の受容用量に、溶液の調製の場合は3回の用量で分割しなければならない。 薬物の最大一日量は150mg /日を超えてはならない。

原発性月経困難症では、Voltaren®Rapid薬のすべての剤形の1日量を個別に選択する必要があります。 それは通常50〜150mgである。 初期用量は50〜100mgである。 必要であれば数回の月経周期のために、用量を200mg /日に増加させることができる。 最初の症状が現れたら、薬物を服用しなければなりません。 臨床症状の動態に依存して、数日間治療を続けることができる。

片頭痛発作では、Voltaren®Rapid薬のすべての剤形の初期用量は50mgです。 この薬は、接近する攻撃の最初の症状を伴うべきである。 最初の用量を服用してから2時間以内に痛みを軽減することができない場合、50mgの用量で薬剤を再服用することが可能である。 さらに、4〜6時間ごとに、Voltaren®Rapid 50mgの追加サプリメントが可能です。 薬物の総投与量は200mg /日を超えてはならない(2日以内)。 小児および青年の片頭痛発作の治療におけるVoltaren Rapidの有効性は確立されていない。

14歳以上の小児および青年の場合、経口投与用の溶液を調製するために、被覆錠剤の場合は1日量75〜100mg、粉末剤の場合は50〜100mgの薬物が処方される慢性関節リウマチの治療のために0.5〜2mg / kg /日の割合で、1日量を最大で3mg / kgに増加させることができる)。

1日の用量は、コーティングでコーティングされた錠剤の場合は2〜3回の受容用量に、溶液の調製の場合は3回の用量で分割しなければならない。 薬物の最大一日量は150mg /日を超えてはならない。

Voltaren®Rapidは、14歳未満の小児および青年には使用しないでください。 このカテゴリーの患者を治療する必要がある場合、Voltaren®製剤は12.5または25 mgの坐剤で投与することができます。

問題の形式

コーティングでコーティングされた錠剤、50mg。 10個。 ブリスターパックに入れます。 2枚のブリスターを段ボール箱に入れる。

経口投与用溶液のための粉末、50mg。 密封された紙/アルミニウム/ PEのサッシェの900mg。 3,6,9,12,21,24または30個のサッシェを段ボール箱に入れる。

薬局からの休暇の条件

処方せん。

保管条件

乾燥した場所で、30℃以下の温度で

子供の手の届かないところに保管してください。

賞味期限

50mg〜5年のコーティングでコーティングされた錠剤。

経口投与用溶液のための粉末50mg〜2年間。

パッケージに記載された有効期限が過ぎた後は使用しないでください。

Someone from the Mexico - just purchased the goods:
Hepatrombin H Suppositories rectal 10 pieces