Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:エタネルセプト

私はこれがほしい、私に価格を与える

薬の商品名 - エンブレル

物質エタネルセプトのラテン語名

エタネルセプトム(エタネルセプチム

グロス式

C 2224 H 3475 N 621 O 698 S 36

薬理学的グループ:

免疫抑制薬

病因分類(ICD-10)は、

L40乾癬:びまん性慢性プラーク乾癬; 全身性乾癬; 頭皮の乾癬; 皮膚の毛むくじゃらの部分。 乾癬の一般化された形態; Psoriazoformny dermatitis; 紅斑を伴う乾癬; 乾癬を無効にする; 単離された乾癬性プラーク; Eksfolliativny psoriasis; 乾癬性赤芽球症; 湿疹を伴う乾癬; 乾癬における過角化症; 逆行性乾癬; 乾癬ekzemopodobnye; 皮膚病psoriazoformny; 乾癬性器; 皮膚の毛様領域を伴う乾癬病変; 赤芽球性乾癬; 頭皮の慢性乾癬; 慢性乾癬; 普通の乾癬; 難治性乾癬; ケブナー現象; 乾癬

M06.9未指定の関節リウマチ:慢性関節リウマチ; リウマチ性疾患における疼痛症候群; 関節リウマチの痛み; 関節リウマチにおける炎症; リウマチ性関節炎の変性型; 子供の関節リウマチ; 関節リウマチの悪化; 急性関節リウマチ; リウマチ性関節炎; リウマチ性多発性関節炎; 関節リウマチ; リウマチ性多発性関節炎; 関節リウマチ; 関節リウマチ; アクティブコースの関節リウマチ; リウマチ性関節炎; リウマチ様多発性関節炎; 急性リウマチ性関節炎; 急性リウマチ

M07.3他の乾癬性関節症(L40.5 +):乾癬性関節炎; 乾癬性関節炎の一般化された形態; 乾癬性関節炎

M08若年性[若年性]関節炎:若年性関節炎; 若年性慢性多発性関節炎; 若年性慢性関節炎; 若年性関節リウマチ; 関節炎若年性慢性

M45強直性脊椎炎:強直性脊椎関節症; マリー - ストランペル病; 強直性脊椎炎; 強直性脊椎炎; 筋骨格系の急性炎症性疾患における疼痛症候群; 筋骨格系の慢性炎症性疾患における疼痛症候群; ベフテレウス病; 強直性脊椎炎; 脊柱の病気; リウマチ性脊椎炎; Bechterew-Marie-Strumpel病

CASコード

185243-69-0

薬理学

モード動作 - 免疫抑制。

薬力学

TNFは、関節リウマチにおける炎症過程を支える主なサイトカインである。 TNFの濃度の増加は、強直性脊椎炎患者の血漿および滑膜組織と同様に、乾癬性関節炎患者の滑膜および乾癬プラークにおいても見られる。 エタネルセプトは、TNFの細胞表面上のその受容体への結合の競合阻害剤であり、したがってTNFの生物学的活性を阻害する。 TNFおよびリンホトキシンは、細胞表面上の2つの異なるTNF受容体-55-kDa(p55)および75-kDa(p75)に結合する前炎症性サイトカインに関連する。 両方の受容体は、体内に膜結合型および遊離型で存在する。 可溶性TNF受容体はその生物学的活性を調節する。

TNFおよびリンホトキシンは、主にホモ三量体として存在し、それらの生物学的活性は、細胞表面上に位置するTNF受容体の架橋に依存する。 エタネルセプトのような二量体可溶性受容体は、単量体よりもTNFに対する親和性が大きく、従って、それらの細胞受容体に対するTNF結合の有意に強い競合阻害剤である。 さらに、二量体受容体構造における結合要素としてのIgのFc断片の使用は、血清からのT1 / 2を延長する。

慢性関節リウマチおよび強直性脊椎炎との関節の病理学的変化の重要な部分、ならびに乾癬性プラークの形態の皮膚の変化は、TNFによって制御される系に関与する前炎症性分子の作用に起因する。 エタネルセプトの作用機序は、TNFの細胞表面上のその受容体への結合の競合阻害であるようである。 したがって、エタネルセプトは、TNFによって媒介される細胞応答を防止し、TNFの生物学的不活性化を促進する。 エタネルセプトは、シグナルを下方に伝達する追加の分子(例えば、サイトカイン、接着分子またはプロテイナーゼ)によって制御される生物学的応答を調節することもできる。 そして、これらの答えは、TNFを刺激するか、または制御することができる。

活動性乾癬性関節炎を有する患者において、エタネルセプトは、構造病変の進行を抑制し、身体活動を改善し、末梢関節損傷を発症する可能性を低減する。

月中にエタネルセプトで治療を中止した後、この疾患は悪化する可能性があります。 治療を中止してから24ヶ月以内に再任の有効性は、治療を中断しなかった患者のそれに匹敵する。

薬物動態

エタネルセプトは注射部位から徐々に吸収され、単回投与の約48時間後にCmaxに達する。 絶対バイオアベイラビリティーは76%です。 エタネルセプトの用量を週に2回投与すると、Cssは単回投与後に観察される値の2倍である。 25mgの単回投与後、血漿中の平均Cmaxエタネルセプトは(1.650.66)μg/ ml、AUC - (23596.6)μg・h / mlであった。 線量限界におけるクリアランスの見かけの飽和は観察されなかった。

時間に対するエタネルセプト濃度の依存性は、二乗指数曲線によって記述される。 Vdの平均値は7.6リットルであり、Vssは10.4リットルである。

身体からエタネルセプトをゆっくりと抜き取る。 T1 / 2は約70時間である。 関節リウマチの患者では、クリアランスは約0.066l / hであり、健康なボランティアでは0.11l / hよりわずかに低い。 慢性関節リウマチ、強直性脊椎炎および乾癬の患者におけるエタネルセプトの薬物動態学的特徴は類似している。

1回投与されたエタネルセプト50mgの用量は、ほぼ同時に2回の25mg注射によって得られた用量と生物学的に同等である。 急性腎または肝不全の患者では、ラベルされたエタネルセプトの導入後の患者および健康なボランティアでは、放射性標識が腎臓を介して排除されるという事実にもかかわらず、血漿中のエタネルセプト濃度は増加しない。 急性腎不全または肝不全の患者では、エタネルセプトの濃度の増加は観察されない。

男性と女性のエタネルセプトの薬物動態には明確な違いはない。

高齢者の患者。 65〜87歳の患者群におけるクリアランスおよび見かけのVdエタネルセプトは、65歳未満の患者と同様であった。

子供

若年性特発性多発関節炎。 血清濃度のプロファイルは、リウマチ性関節炎を有する成人患者のプロファイルと類似している。 モデル化は、高齢の子供(10〜17歳)および成人患者では、血清中のエタネルセプト濃度がほぼ同じであり、若年児では有意に低くなることを示唆している。

乾癬。 乾癬を伴う4歳から17歳の小児の血清中のCNSエタネルセプトおよびエタネルセプトをそれぞれ週1回0.8mg / kgおよび週2回0.4mg / kgの用量で投与した若年性特発性多発性関節炎の小児(最大用量50 mg /週)は48および12週で同様であった(1.6-2.1μg/ ml)。 この指標の値は、乾癬を有する成人患者の値と一致し、エタネルセプトは25mgの用量で週に2回投与された。

物質エタネルセプトの適用

関節リウマチ:

メトトレキセートを含む基本的な抗炎症薬に対する反応が不十分であった中程度および重症の活動性関節リウマチの治療におけるメトトレキセートとの併用。

メトトレキセートの無効または不耐性の場合の単剤療法の形態;

- 以前はメトトレキセートで治療されていない成人の重度の活動的かつ進行性の関節リウマチ。

若年性特発性多発性関節炎:

- メトトレキセートに対する不十分な効率または不耐性を有する小児および青年における活動的な若年性特発性多発性関節炎(血清陽性および血清陰性);

- メトトレキセートに対する不十分な有効性または不耐性を有する小児および青年の一般的な小関節症;

- メトトレキサートに対する有効性または不耐性が不十分であった12歳以上の青年における乾癬性関節炎。

- 関節炎は、12歳以上の青年において、標準的な治療に対して不十分な効力または不耐性を有する、腱炎に関連する。

乾癬性関節炎:

- 基本的な抗炎症薬による治療への不十分な応答を有する成人における活動的かつ進行性の乾癬性関節炎。

脊柱関節症の軸方向形態:

伝統的治療の結果として有意な改善がない場合、成人における重度の積極的強直性脊椎炎;

- 標準治療に対する応答または耐性が不十分な成人患者の脊椎関節症の軸索形態のドーノゲ病期の重度の経過、およびC反応性タンパク質濃度および/またはMRIスキャンの増加によって確認される疾患活性の客観的徴候があるデータ。

乾癬:

- シクロスポリン、メトトレキセート、またはPUVA療法を含む他の全身療法に対する禁忌または不耐性を有する成人患者において、中等度から重度の乾癬;

- 他の全身療法または光線療法に対する不耐性または不十分な反応を経験した小児および青年における重篤な重症の慢性乾癬。

禁忌

エタネルセプトに対する過敏症; 敗血症または敗血症のリスク; 慢性または局所性を含む活動的な感染症; 妊娠と母乳育児の時期。

2歳未満の小児における特発性多発性関節炎(血清陽性および血清陰性)および進行性小関節症の治療のためのエタネルセプトの有効性および安全性は研究されていない。

6歳未満の小児における乾癬の治療のためのエタネルセプトの有効性および安全性は研究されていない。

12歳未満の小児における乾癬性関節炎および腱炎に関連する関節炎の治療のためのエタネルセプトの有効性および安全性は研究されていない。

制限事項

脱髄疾患; CHF; 免疫不全の状態; 感染症(糖尿病、肝炎)の発症または活性化を素因とする疾患; 中等度および重度のアルコール性肝炎; C型肝炎; 血液の解離。 神経疾患(多発性硬化症、視神経炎、横断性脊髄炎)。

妊娠と母乳育児の応用

妊娠中のエタネルセプトの安全性は確立されていない。 利用可能なデータは、胎児の先天性奇形の頻度の増加を示さなかった。 さらに、子どもの子宮内または出生後の成長障害または出生後発達遅延の発生率の増加はなかった。 エタネルセプトの使用は、妊娠中の女性および妊娠予定の女性には禁忌である。なぜなら、妊婦にその使用経験がないからである。

エタネルセプトは胎盤に浸透する。 母親が妊娠中にエタネルセプト療法を受けた新生児では、血漿中でそれを検出した。 これの臨床的意義は不明であるが、そのような子供は感染症に対する感受性を高めているかもしれない。 新生児への生ワクチンの導入は、母親がエタネルセプトの最後の投与を受けてから16週間は推奨されない。 妊娠可能年齢の女性は、治療中、またその中止後3週間以内に確実な避妊方法を使用すべきである。

エタネルセプトは、SC注射後に母乳中に排泄される。 母親の治療の重要性と赤ちゃんの危険性を考慮して、授乳中に母乳育児をやめるか、エタネルセプトを服用するべきです。

物質エタネルセプトの副作用

副作用は、発生頻度に応じて、以下のように分類された。非常に頻繁に(≧1/10)。 頻繁に(≥1/100、<1/10); まれに(1/1000、<1/100); まれに(≧1/10000、<1/1000); ごくまれに(<1/10000)、単一のケース(頻度を特定することはできません)。

感染症(寄生虫感染症、気管支炎、膀胱炎、皮膚感染症を含む)。 まれに - 重度の感染症(肺炎、痰、敗血症性関節炎、敗血症および寄生虫感染を含む)。 結核、日和見感染症(侵襲性真菌、原生動物、細菌、非定型抗酸菌、ウイルス性感染症およびレジオネラ感染症を含む)を含むまれなマイコバクテリア感染症; シングル症例 - リステリアによる感染、B型肝炎の活性化

良性、悪性および特定されていない新生物(嚢胞およびポリープを含む):まれに黒色腫に関連しない皮膚癌(FCNM); まれに - リンパ腫、メラノーマ; シングル症例 - 白血病、メルケル癌。

血液およびリンパ系から:まれに - 血小板減少; まれに - 貧血、白血球減少症、好中球減少症、汎血球減少症; 非常にまれに再生不良性貧血です。

免疫系の部分で:しばしば - アレルギー反応( "皮膚と皮下組織から"参照)、自己抗体の形成; まれに - 全身性血管炎(ANCA関連を含む); まれに重篤なアレルギー/アナフィラキシー反応(気管支痙攣を含む)、サルコイドーシス; 単一症例 - マクロファージの活性化の症候群。

神経系の側から:視神経炎および横断性脊髄炎(「予防措置」を参照)などの多発性硬化症または局所脱髄で観察されるものと同様に、まれに - 痙攣、CNSにおける脱髄。 ごくまれに - 末梢性脱髄疾患(ギラン・バレー症候群、慢性炎症性脱髄性多発神経障害、脱髄性多発神経障害、多巣性運動ニューロパチーを含む)。

視力器の側面から:まれに、ブドウ膜炎、強膜炎。

呼吸器系では、胸部および縦隔の器官:まれに - 間質性肺疾患(肺炎および肺線維症を含む)。

肝臓や胆管から:まれに肝酵素の活性が増加し、自己免疫性肝炎。

皮膚および皮下組織から:しばしば皮膚のかゆみ; まれに - 血管浮腫、じんま疹、発疹、乾癬様の発疹、乾癬(病気のデビューや悪化した病変、主に足裏や手のひらを含む)。 まれな皮膚炎、脈管炎、スティーブンスジョンソン症候群、多形性紅斑; ごくまれに毒性の表皮壊死。

筋骨格系および結合組織から:亜急性エリテマトーデス、円盤状エリテマトーデス、ループス様症候群のまれな皮膚症状。

注射部位の一般的な障害および障害:注射後の局所反応(出血、皮下血腫、紅斑、掻痒、痛み、腫脹を含む)。 しばしば発熱。

CASの側では、めったにCHFの経過が悪化しています(「注意事項」参照)。

追加情報

成人における有害反応。 リウマチ性関節炎の患者におけるコントロールされた臨床試験中の有害反応の発生による離脱の頻度は、エタネルセプトおよびプラセボを受けた患者において同様であった。 エタネルセプト療法の背景に対して、最も一般的な反応は注射部位であった。 これらの反応の頻度は、使用の最初の月にピークに達し、次いで徐々に減少した。臨床試験では、これらの反応は主に一時的であり、平均4日間持続した。 投与部位で反応の進行を経験した一部の患者では、以前の投与の部位でも反応が認められた。 エタネルセプトの追跡後の観察の間に、出血の発生および注射部位における血腫の出現が注目された。

子供の副作用。 一般的に、小児における有害反応の頻度およびタイプは、成人患者で観察されたものと同様であった。 感染は最も頻繁な副作用であった。 2〜18歳の若年性特発性多発性関節炎の小児の臨床試験で観察された感染症は、軽度から中等度の重症度であり、その種は外来患者によく見られるものと矛盾しなかった。 重篤な有害事象の報告には、合併症(「予防措置」を参照)、虫垂炎、胃腸炎、うつ病/人格障害、皮膚潰瘍、食道炎/胃炎、A群連鎖球菌による敗血症ショック、タイプ1真性糖尿病および軟部組織感染症および術後創傷が含まれる。

これらの患者にマクロファージ活性化症候群に関する4件の報告が記録された。

炎症性腸疾患の症例は、治療の再開時の症状の再発の観察が非常に少数であるなど、エタノセライト療法を受けている若年性特発性多発性関節炎の患者で報告されている。 若年性特発性関節炎の治療を受けていない患者にも炎症性腸疾患の症例が発生したため、明確な因果関係はなかった。

乾癬の小児における有害反応の頻度およびタイプは、成人患者で観察されたものと同様であった。

インタラクション

アナキンラ。 エタネルセプトおよびアナキンとの併用療法の背景に対して、エタネルセプトまたはアナキンのみを投与された患者と比較して、重篤な感染および好中球減少の発生率が有意に増加した。

エタネルセプトとアナキンラの併用は、臨床上の利点を示さず、したがって推奨されない。

アバタセプト。 アバタセプトとエタネルセプトの同時使用は、重篤な有害事象の発生率の増加を伴った。 このような薬剤の組み合わせは、臨床上の利点を実証しておらず、したがって推奨されない。

スルファサラジン。 スルファサラジンによる治療中にエタネルセプトを投与された患者は、エタネルセプトのみまたはスルファサラジンのみを服用した患者と比較して、白血球数の有意な減少を報告した。

相互作用の欠如。 エタネルセプトとGCS、サリチレート(スルファサラジンを除く)、NSAID、鎮痛薬またはメトトレキセートの同時使用では、望ましくない相互作用は観察されなかった。

メトトレキサート。 メトトレキセートはエタネルセプトの薬物動態に影響しない。 ヒトにおけるメトトレキサートの薬物動態に対するエタネルセプトの効果は研究されていない。

ジゴキシン。 エタネルセプトおよびジゴキシンの薬物動態に臨床的に有意な相互作用はなかった。

ワーファリン エタネルセプトおよびワルファリンの薬物動態に臨床的に有意な相互作用はなかった。

予防接種。 生ワクチンはエタネルセプト治療の背景に対して投与すべきではない。 エタネルセプトを受けている患者に生ワクチンを介して感染が二次感染しているという証拠はない。 エタネルセプトでの治療開始前に、可能であれば小児および青年は、現在の全国予防接種カレンダーに従って必要な予防接種を受けることが推奨されます。

エタネルセプトを受けている乾癬性関節炎を有するほとんどの患者において、肺炎球菌多糖ワクチンに対するB細胞免疫応答の増加が観察されたが、力価は一般に幾分低かった。 力価の二倍の増加が、エタネルセプトを受けていない患者よりも少ない患者で観察された。

過剰摂取

エタネルセプトの最大投与量は確立されていない。 臨床試験では、健康なボランティアは60mg / m 2の用量を1回服用しましたが、これは用量制限毒性の発生につながりませんでした。

関節リウマチ患者の治療では、毒性線量限度を超えた症例はなかった。 静脈内投与された最高用量は32mg / m 2であり、次いで16mg / m 2のSC投与は週2回であった。

エタネルセプトの特異解毒剤は不明である。

投与経路

SC。

物質の注意事項エタネルセプト

エタネルセプトの使用終了後、この疾患の症状が再発することがあります。

感染症。 患者は、約70時間(7〜300時間)に等しいT1 / 2エタネルセプトの平均持続時間を考慮して、エタネルセプトの使用開始前、治療中および治療経過後の感染についてスクリーニングされるべきである。

エタネルセプトを使用した場合、敗血症、結核、寄生虫感染(原生生物によって引き起こされる感染を含む)および重度の感染について報告されている。 (潜伏性真菌感染を含む)、リステリア症およびレジオネラ症(一部は致命的な結果を伴う)、ウイルス感染(帯状疱疹によって引き起こされるものを含む)が挙げられる。 最も頻繁に記録される浸潤性真菌感染症は、カンジダ、ニューモシスチス、アスペルギルスおよびヒストプラスマによって引き起こされた。 これらの感染症、特に真菌およびその他の日和見感染症の誤った診断は、必要な治療の遅れた任命に至り、場合によっては致命的な結果につながった。 多くの場合、患者は、を含む他の薬物で治療を受けた。 免疫抑制薬。 患者を検査する場合、日和見性真菌症などの日和見感染を発症する可能性を考慮する必要があります。 エタネルセプト療法の背景に対して新たな感染症が発症した患者は注意深く監視する必要があります。エタネルセプトの使用は、患者が重度の感染を発症した場合には中止するべきである。 エタネルセプトの使用は、歴史の中で頻繁または慢性の感染症を有するか、感染の進行に寄与する共存症(例えば、重度または貧弱に制御された真性糖尿病)を有する患者においては注意が必要である。

慢性感染患者のエタネルセプトの安全性と有効性は評価されていない。

結核。 エタネルセプト療法の背景には、胆道および肺外局在を含む活動性結核の症例が報告されている。 関節リウマチの患者では、結核感染の発生率が高いようです。

結核感染の発症は、潜伏感染の再活性化および新たな感染の発生と関連し得る。

治療開始前に、すべての患者に能動的または潜在的な結核があるかどうかを調べるべきである。 検査には、過去に結核病や結核患者との接触の詳細な履歴、過去または現在の免疫抑制療法に関するデータが含まれている必要があります。 すべての患者は、地域の要件を満たし、必然的にツベルクリン皮膚検査および肺X線検査を含む必要なスクリーニング検査を受けなければならない。 偽陰性のツベルクリン検査の可能性が考慮されるべきであり、特に重度の状態の患者または免疫不全の患者の場合は考慮する必要がある。 また、エタネルセプト療法の開始前に結核感染の徴候を有していない患者に結核を発症させる可能性も考慮する必要がある。 主治医は、患者の状態を監視して、結核の兆候がないかどうかを調べるべきである。 当初、結核感染の有無に関する検査の結果が陰性であった患者では、

患者に活動的な結核がある場合は、エタネルセプトを使用しないでください。 エタネルセプトによる治療開始前の不活動性結核の存在下では、標準的な抗結核療法は現地の推奨に従って処方されるべきである。 この場合、エタネルセプトによる治療の利点とリスクの関係を慎重に分析する必要がありま

Someone from the Malaysia - just purchased the goods:
Pinealon intensive course 180 capsules