Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:Trasylol 500000

私はこれがほしい、私に価格を与える

剤形:輸液用溶液

活性物質:アプロチニン

ATX

B02AB01アプロチニン

薬理学グループ

フィブリン溶解阻害剤

発酵および抗菌剤

病因分類(ICD-10)は、

R58出血、他に分類されていないもの:腹部卒中; 出血; 食道の出血; 出血; 一般出血; びまん性出血; びまん性出血; 持続性出血; 失血; 外科手術介入中の失血; 手術中および術後の出血; 労働中の出血; 血友病Bにおける出血および出血; ガムからの出血; 術中腹部出血; クマリン抗凝固剤のバックグラウンドに対する出血; 肝炎; 血友病Aにおける出血; 血友病Aでの出血; 血友病AおよびBの抑制型との出血; 白血病による出血; 白血病患者の出血; 出血; 門脈圧迫による出血; 高線溶による出血; 薬物出血; 局所出血; フィブリン溶解の活性化による局所出血; 大量の失血; 急性失血; 実質性出血; 肝出血; 術後出血; 腎臓出血; 血管 - 血小板止血; 外傷性出血; 出血を脅かす。 慢性的な失血

T81.0他の分類されていない手技を複雑にする出血および血腫:術後の出血; 輸血中の出血; 脳の手術中に出血; 外科的介入時の出血; 結腸直腸介入後の出血; 前立腺切除術後の出血;手術中および術後の出血; 前立腺および尿路の手術による出血

Z100 *クラスXXII外科手術:腹部手術; 腺切除術; 切断; 冠動脈形成術; 頸動脈の血管形成術; 創傷のための消毒皮膚治療; 消毒ハンド; 虫垂切除術; アテレクトミー; バルーン冠動脈形成術; 膣子宮摘出術; 冠動脈バイパス; 膣および子宮頸管内の介入; 膀胱の介入; 口の介入; 修復および再建手術; 医療従事者の手指衛生。 婦人科手術; 婦人科介入; 婦人科手術;手術中の血液量減少ショック; 化膿性創傷の消毒; 創傷端の消毒; 診断介入; 診断手順; 子宮頸部の凝固異常症; 長時間手術; 瘻カテーテルの交換; 整形外科手術における感染; 人工心臓弁; 膀胱摘除術; 短期外来手術; 短期間のオペレーション; 短い外科処置; クリコテイロトミヤ; 手術中の失血; 手術中および術後の出血; Kuldotsentez; レーザー光凝固; レーザー凝固; 網膜レーザー凝固; 腹腔鏡検査; 婦人科における腹腔鏡検査; CSF瘻; 小さな婦人科手術; 小さな外科手術; 乳房切除およびその後のプラスチック; 縦隔切開術; 耳に対する顕微手術; Mukogingivalnye操作; 縫合; マイナー手術; 脳神経外科手術; 眼科手術における眼球の固定化; 睾丸切除術; 膵切除術; Perikardektomiya; 手術後のリハビリの期間。 手術後の回復期; 経皮経管冠動脈形成術; 胸膜胸腔; 術後および外傷後の肺炎; 外科手術の準備; 手術の準備; 手術前の外科医の手の準備; 外科的処置のための結腸の準備; 脳神経外科および胸部手術における術後吸引性肺炎; 術後悪心; 術後出血; 術後肉芽腫; 術後ショック; 術後早期。 心筋血行再建術; 放射線摘出; 胃切除術; 腸切除術; 子宮切除; 肝切除; enterectomy;胃の一部の切除。 操作された船の再閉鎖; 手術中に組織を結合する; 縫合糸の除去; 眼科手術後の状態; 手術後の状態; 鼻腔内手術後の状態; 胃切除後の状態; 小腸の切除後の状態;扁桃摘出後の状態; 十二指腸の除去後の状態; 静脈切除後の状態; 血管手術; 脾摘出; 手術器具の滅菌; 手術器具の滅菌; 胸骨切開術; 歯科手術; 歯周組織における歯科的介入; 椎間板切除術; 扁桃切除術; 胸腔鏡手術; 胸腔鏡手術; 総胃切除術; 経皮血管内冠動脈形成術; 経尿道切除術; Turbinektomiya; 歯の除去; 白内障手術; 嚢胞の除去; 扁桃切除術; 子宮筋腫の除去。 可動の一次歯を取り外す。 ポリープの除去; 壊れた歯を取り除く。 子宮体の除去; 縫合糸の除去; 瘻孔likvoroprovodyaschih方法; Frontoetmoidogaymorotomiya; 外科感染症; 慢性四肢潰瘍の外科的処置; 手術; 肛門部の手術。 結腸手術; 外科手術; 外科的処置; 外科的介入; 胃腸管の外科手術; 尿路に関する外科処置; 泌尿器系の外科的処置; 泌尿生殖器系の外科的介入; 心臓の手術手技; 手術操作; 手術; 静脈の手術; 外科的介入; 血管手術; 血栓症の外科的処置; 手術; 胆嚢摘出術; 部分胃切除術; 子宮摘出術; 経皮経管冠動脈形成術; 経皮経管脈管形成術; 冠動脈バイパス; 歯の摘出; 乳歯の摘出; 切開術; 拍動性心肺バイパス; 抜歯; 歯抽出; 白内障抽出; 電気凝固; 泌尿器科の介入; 切開切開術; エトモイドトミヤ; 歯の抽出後の合併症

組成および放出形態

輸液用ソリューション - 1 fl。

アプロチニン濃縮溶液500 000 KIE 10 g

補助物質:塩化ナトリウム、水酸化ナトリウムまたは塩酸1M溶液、注射用水

50 mlのボトルで; 厚紙1本または5本のボトルに入れます。

薬理学的効果

作用様式 - 抗フィブリン溶解性。

投与と投与

IV、ゆっくりと(「最高位の投与量は5〜10ml /分」)、「背中の上に」横たわっている。 トランク静脈を通って50,000になります。これは他の薬剤の投与には使用しないでください。

アレルギー/アナフィラキシー反応のリスクが高いため、Trisylol®500000を主に投与する10分前に、すべての患者に1ml(10,000 IUU)の試験用量を投与する必要があります。陰性反応がない場合、治療用量の薬物が投与される。 トラシロール(登録商標)500,000の投与の15分前に、ヒスタミンH1およびH2受容体の遮断薬を使用することが可能である。いずれにしても、アレルギー/アナフィラキシー反応を治療するための標準的な緊急措置が講じられるべきである。

成人患者は、以下の投薬レジメンを推奨する。

初期投与量は、1~2000万KIEであり、麻酔の開始から胸骨切開前までに20~30分かけてゆっくりと静脈内投与される。 次の140万のKIEが、心肺装置の主要なボリュームに追加されます。 薬剤の十分な希釈を保証し、ヘパリンとの相互作用を防止するために、再循環期間中にアプロチニンを一次ボリュームに添加する必要がある。

ボーラス注射の終了後、手術の終了時まで250〜500000 KIE / hの投与速度で一定の注入が確立される。 コース中に投与されるアプロチニンの総量は、700万KIEを超えるべきではない。

腎機能障害患者:臨床試験によれば、投与計画を修正する必要はない。

小児:小児および青年におけるアプロチニンの有効性および安全性は確立されていない。

高齢患者:投薬レジメンの変更は必要ない。

薬剤の保存条件Trasylol 500000

乾燥状態では、暗所は25℃以下の温度である。

子供の手の届かないところに保管してください。

薬剤Trasylol 500000の有効期間

3年。

パッケージに記載された有効期限を超えて使用しないでください。

Someone from the Japan - just purchased the goods:
Artelac balans eye drops 10ml