Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:Tisercin

私はこれがほしい、私に価格を与える

剤形:錠剤

活性物質:レボメプロマジン*

ATX

N05AA02レベメプロマジン

薬理学的グループ:

神経弛緩薬

nosological分類(ICD-10)は、

F20統合失調症:統合失調症状態; 統合失調症の悪化; 統合失調症; 慢性統合失調症; 認知症プラクセックス; ブリーダー病; 精神病の不一致; 初期の認知症; 統合失調症の発熱型。慢性統合失調症; 統合失調症型の精神病; 急性形態の統合失調症; 急性精神分裂病; 統合失調症における脳機能不全; 統合失調症の急性発作; 統合失調症精神病; 急性統合失調症; 遅い統合失調症; 無症状の統合失調症; 激越する精神分裂病の急性期

F28他の無機精神病性障害:感情的精神病; 激しい精神病; 心理音楽的; Psycho senile; 霊性老人性痴呆; 老人性精神病; 構造的不安定精神病; 静的な精神病

F29不特定の無機性精神病:小児精神病; 精神病における精神運動の興奮; 幻覚 - 妄想障害; 幻覚 - 妄想症候群; 中毒精神病; 躁病 - 妄想障害; 躁病の慢性精神病; 躁病精神病; 急性精神病; 妄想精神病; 亜急性精神病; プレナム精神病; 精神病; 中毒精神病; 精神病は妄想である。 子供の精神病; 反応性精神病; 慢性精神病; 慢性幻覚精神病; 慢性精神病; 慢性精神病性障害; 統合失調症

F31両極性情動障害:気分障害双極性; 感情的な双極性精神病; 躁うつ病精神病; 間欠性精神病; 円形精神病; サイクロプレス; 双極性障害; 双極性障害; 双極性精神病; 感情的な狂気;躁うつ病症候群; サイコ躁病 - うつ病; 双極性障害のうつ病エピソード

F40.9不特定嫌気性不安障害:恐怖症; 恐怖症; 不安神経症; 不安の不安; 強迫恐れ; 恐怖の感情; 急性不安障害; 発作性恐怖症

F41.0パニック障害[発作性発作性不安]:パニック状態; パニック発作; パニック; パニック障害

F41.9不特定不安障害 :不安症候群を伴う神経障害; 重度の不安; 神経症様の症状; 神経様疾患; 神経様の状態; 不安症状を伴う神経症; 神経症は不安感を伴う。 急性状況およびストレス不安; 不安の急性発作; 突然の不安。 状況不安障害; 不安の状態。 心配な要素。 アラーム状態。 不安; 不安障害; 不安症候群; 不安感。 アラーム状態。 慢性神経性不安;Susto; 不安と不安の優位性を伴う精神障害; 神経性及び神経症様の状態における不安障害; 不安な神経症; 不安と妄想状態。 急性状況ストレス警報; 不安の要素を伴ううつ状態

F51.0無機病因の不眠症:状況不眠症; 状況睡眠障害

F79精神遅滞、不特定:精神遅滞; インファンティズム精神; 精神活動の違反; 貧血症; 精神発達の遅れ。 小児および青年の知的能力の発達の遅れ; 子供の遅れた精神発達;Maloumia; Oligopsia; 精神障害; 精神機能障害。 精神発達に遅れをとる。 子供の知的発達の欠如; 子供の精神発達の欠如; 精神遅滞; 子供の精神発達の欠如; 精神遅滞

F99不特定の精神障害:子供の精神病; 精神障害。 精神活動の違反; 子供時代の精神病

G47.0睡眠障害および睡眠障害[不眠症]:不眠症; 不眠症、特に眠りの難しさ。 脱同期化; 長期の睡眠障害; 眠りの難しさ; 不眠症; 短期および一時的な睡眠障害; 短期および慢性睡眠障害; 短いまたは浅い睡眠; 眠りの外乱; 睡眠障害、特に眠っている段階での睡眠障害; 睡眠障害; 睡眠障害; 神経性睡眠障害; 浅い浅い睡眠。 浅い睡眠。 不十分な睡眠の質; 夜の覚醒; 睡眠の病理; ポストモダン違反。 一時的な不眠症; 眠りの問題。 初期覚醒; 早朝の目覚め。 初期の目覚め; 睡眠障害; 持続性不眠症; 眠りがつかない。 子供の中で寝るのが難しい。 眠りの難しさ; 持続性不眠症; 睡眠の低下慢性不眠症; 頻繁な夜間および/または早朝の覚醒; 頻繁な夜間の目覚めと浅い睡眠の感覚; 夜の目覚まし

G50.0三叉神経痛:三叉神経炎; 痛いチック; 三叉神経の特発性神経痛; 三叉神経の神経痛; 三叉神経の本態性神経痛; 三叉神経痛における疼痛症候群; 痛いチック; 三叉神経痛; 三叉神経の神経痛

G51顔面神経の病変:顔面神経痛の神経痛; 顔面神経の神経炎; 顔面神経の麻痺; 顔面神経の神経炎を伴う疼痛症候群; 顔面神経の末梢麻痺; 顔面神経の麻痺

R45.1不安とかき混ぜ:激越 ; 不安; 爆発的興奮性; 内部刺激; 興奮性; 励起; 興奮急性; 精神運動の興奮; 過敏性; モーター興奮; 精神運動の停止; 神経質な興奮。 落ち着き、 夜のトラブル。 激越する統合失調症の急性期; 急性の精神的煽動; 興奮の発作; 過励み; 興奮性の向上。 神経興奮性の増加; 感情および心臓興奮性の増加; 増加した興奮; 精神的な覚醒;精神運動の興奮; 精神病における精神運動の興奮; てんかん性の精神運動の興奮; 精神運動性発作; 精神運動のフィット; 興奮の症状; 精神運動の興奮の症状; 攪拌の状態。 不安の状態。 興奮状態; 懸念が高まった状態。 精神運動の興奮の状態。 不安の条件; 興奮条件; 体性疾患の興奮の状態; 興奮度; 不安の感情; 感情的な覚醒

R52.9不特定疼痛:胆嚢摘出術後の疼痛 ; 痛みを伴う撮影。 非悪性疼痛症候群; 産科と婦人科の痛み; 疼痛症候群; 術後の疼痛症候群。 整形外科手術後の術後疼痛症候群。 炎症起源の痛みを伴う症候群; 非腫瘍起源の疼痛症候群; 診断手技後の疼痛症候群; 診断介入後の疼痛症候群; 手術後の疼痛症候群; 手術後の疼痛症候群; 整形外科手術後の疼痛症候群; 外傷後の疼痛症候群; 痔核除去後の疼痛症候群; 手術後の疼痛症候群; 非リウマチ性の炎症を伴う疼痛症候群; 末梢神経系の炎症性病変を伴う疼痛症候群; 糖尿病性神経障害における疼痛症候群; 筋骨格系の急性炎症性疾患における疼痛症候群; 腱の病理学における疼痛症候群; 平滑筋攣縮を伴う疼痛症候群; 平滑筋攣縮(腎臓および胆道疝痛、腸痙攣、月経困難症)を伴う疼痛症候群; 内臓の平滑筋の痙攣を伴う疼痛症候群; 内臓の平滑筋の痙攣を伴う疼痛症候群(腎臓および胆道疝痛、腸の痙攣、月経困難症); 傷害を伴う疼痛症候群; 傷害および外科的介入後の疼痛症候群; 筋骨格系の慢性炎症性疾患における疼痛症候群; 十二指腸潰瘍を伴う疼痛症候群; 消化性潰瘍疾患の疼痛症候群; 胃及び十二指腸の消化性潰瘍を伴う疼痛症候群; 痛い感覚; 月経中の痛み; 疼痛症候群; 痛い状態; 痛い脚の疲れ; 義歯を着用したときのガム痛み; 脳神経の出口点の痛み; 痛い不規則な月経; 痛みを伴う包帯; 痛い筋肉痙攣;痛みを伴う歯の成長; 痛み; 下肢の痛み; 手術傷の領域の痛み; 術後の痛み。 体の痛み。 診断介入後の疼痛; 整形外科手術後の痛み; 手術後の痛み; インフルエンザの痛み。 糖尿病性多発性神経障害の痛み; 火傷の痛み; 性交渉の痛み; 診断手技中の痛み; 治療中の痛み; 風邪のための痛み; 副鼻腔炎の痛み; 傷害の場合の痛み; 外傷性の痛み。 術後の痛み。 診断介入後の痛み; 硬化治療後の痛み; 手術後の痛み; 術後疼痛; 術後および外傷後の痛み; 外傷後の痛み; 嚥下時の痛み; 上気道の感染性炎症性疾患における疼痛; 火傷の痛み; 外傷性筋損傷を伴う痛み; 傷害の場合の痛み; 歯を抜く時の痛み。 外傷性の痛み; 滑らかな筋肉の攣縮によって引き起こされる痛み; 重度の疼痛症候群; 外傷性の重篤な疼痛症候群; 術後疼痛;術後疼痛症候群; 外傷後の痛み; 外傷後疼痛症候群; トルピッド疼痛症候群; 外傷性疼痛; 中等度の痛み; 中程度に発現した疼痛症候群; 中等度疼痛症候群; 多発性筋炎のポリアルトリジア

Z100.0 *麻酔学および前投薬:腹部手術; 腺腫切除術; 切断; 冠状動脈の血管形成術; 頚動脈血管形成術; 創傷の皮膚の消毒治療; 手の消毒治療; 虫垂切除術; アテローム切除術; バルーン冠動脈形成術; 膣の子宮摘出術; 静脈バイパス; 膣および子宮頸管の介入; 膀胱の介入; 口腔内の干渉; 再建 - 再建オペレーション; 医療従事者の手指衛生。 婦人科手術; 婦人科的介入; 婦人科手術; 手術中の血液量減少ショック; 化膿性創傷の消毒; 創傷の縁の消毒; 診断介入; 診断手順; 子宮頸管の毛細血管凝固症; 長期的な手術; fistulousカテーテルの交換; 整形外科的介入における感染; 人工心臓弁; Kistectomy; 短期外来手術; 短期的なオペレーション; 短期外科手術; 凍結切開術; 外科手術介入中の失血; 手術中および手術後の出血; レーザー凝固レーザー凝固; 網膜のレーザー網膜症; 腹腔鏡検査; 婦人科における腹腔鏡検査; Likvornayaフィステル; 小さな婦人科手術; 小さな手術介入; 乳房切除術およびそれに続く整形手術; 気管切開術; 耳に対する顕微手術; Mukinging operations; 縫合; マイナー手術; 脳神経外科手術; 眼科手術の眼球のEclipse; Orchiectomy; 膵切除術; 心房摘出術;手術後のリハビリ期間; 外科的介入後の再建; 経皮経管冠動脈形成術; 胸膜胸腔鏡; 術後および外傷後の肺炎; 外科手術の準備; 外科手術の準備; 手術前の外科医の腕の準備; 外科的介入のための結腸の準備; 脳神経外科および胸部手術における術後吸引性肺炎; 術後悪心; 術後出血; 術後肉芽腫; 術後ショック; 術後早期; 心筋血行再建術; 歯根の頂点の切除; 胃の切除; 腸切除術; 子宮の切除; 肝切除術; 小腸切除術; 胃の一部の切除。 操作された船舶の再閉鎖。 外科手術介入中の組織の接着; 縫合糸除去; 眼科手術後の状態; 鼻腔内手術後の状態;胃切除後の状態; 小腸の切除後の状態; 扁桃切除後の状態; 十二指腸の除去後の状態; 静脈切除後の状態; 血管手術; 脾摘出; 手術器具の滅菌; 手術器具の滅菌; 胸腔切開術; 歯科手術;歯周組織に対する歯科的介入; Strumectomy; 扁桃切除術; 胸腔鏡手術; 総胃切除術; 経皮血管内冠動脈形成術; 経尿道切除術; 胸腔切除術; 歯の除去; 白内障除去; シストの除去; 扁桃腺の除去; 筋腫の除去; 移動乳歯の除去; ポリープの除去; 壊れた歯の除去; 子宮の除去; 継ぎ目の除去; 尿道切開術; 管腔管の瘻孔; 前頭胸筋切開術; 外科感染; 四肢の慢性潰瘍の外科的処置; 手術; 肛門の手術; 大腸手術; 外科手術; 手術手順; 外科的介入; 消化管に対する外科的介入; 尿路に対する外科的介入; 泌尿器系の外科的介入; 泌尿生殖器系に対する外科的介入; 心臓に対する外科的介入; 外科処置; 手術手術; 静脈に対する外科手術; 外科的介入; 血管手術; 血栓症の外科的処置; 胆嚢摘出術; 胃の部分切除; 腹腔内子宮全摘術; 経皮経管冠動脈形成術; 経皮経管脈管形成術; 冠動脈バイパス移植; 歯の摘出; 幼児の歯の摘出; パルプの滲出; 体外循環; 歯の抽出; 歯の抽出; 白内障の抽出; 電気凝固; 内視鏡的介入; エピソトロミー; 恥骨切開術; 歯の抜去後の合併症

組成

コーティングでコーティングされた錠剤。

活性物質:

レボメプロマジン25 mg

(レボメプロマジンヒドロマレイン酸塩33.8mgに相当)

補助物質:ステアリン酸マグネシウム-1mg; デンプングリコール酸ナトリウム - 2mg; ポビドン - 8mg; MCC-10mg; ジャガイモデンプン - 15.2mg; ラクトース - 40 mg

シェル:ヒプロメロース-2,632mg; 二酸化チタン - 0.758mg; ジメチコン - 0.355mg; ステアリン酸マグネシウム0.255 mg

注入および筋肉内注射のための溶液1アンプ。

活性物質:

レボメプロマジン25 mg

補助物質:クエン酸無水物 - 9mg; モノチオグリセロール-7.5mg; 塩化ナトリウム-6mg; 注射用水 - 1 mlまで

薬理学的効果

薬理作用は神経遮断薬である。

投与と投与

錠剤

体内で25-50mgの1日用量から始めて、いくつかの方法で(1日量の最大部分を就寝前に処方する)、患者の状態が改善するまで毎日25-50mg増やします。 他の神経遮断薬に耐性のある患者では、1日用量を50〜75mg /日で速く増やすことができます。 平均日用量は200〜300mgである。

患者の状態が改善した後、投与量を維持用量に減らす必要があり、その値は個別に決定される。

外来患者の診療では、神経障害を有する患者は、12.5〜50mg(1 / 2-2表)の1日用量で処方される。

精神運動を発現している精神病患者では、レボメプロマジンを非経口投与から開始することが推奨される。

治療中の起立崩壊の発生を防止するためには、寝たきりの遵守が必要である。

輸液およびIM管理のためのソリューション

IV、IM。 非経口投与は、薬物を内部に取り込むことができない場合に使用される。

通常の1日の投与量は、血圧および脈拍の制御下の寝床状態で75〜100mg(2〜3回の注射用)である。 必要に応じて、1日量を200〜250 mgに増やします。 / mの導入により、薬物は筋肉の深部に注入されるべきである。 薬剤Tizerzin®を希釈すべきである静脈内点滴(点滴)を適用する(塩化ナトリウムの0.9%溶液またはデキストロース(グルコース)の5%溶液250ml中に50〜100mgの薬物)、ドロッパーを通してゆっくり注入する。

12歳未満の小児におけるレボメプロマジンの非経口使用における臨床経験は十分ではない。 厳格な徴候がある場合、12歳以上の子供には0.35 mg / kg /日から3 mg / kg /日の用量が推奨されます。

リリースフォーム

コーティングでコーティングされた錠剤、25mg。 50テーブル。 最初の剖検とショックアブソーバーの制御を受けて、PEカバー付きの茶色のガラスのボトルに入れました。 1f。ダンボール箱に入れる。

注入および筋肉内注射のための溶液、25mg / ml。 赤色及び青色のコードリング及び破断点を有する、無色加水分解ガラスI型のアンプル中の1ml。 5アンペア時。 PVCフィルム/ PET / PEで密閉された輪郭のあるセルパック内に入れた。 段ボールの束に2つの輪郭の四角形。

薬局からの休暇の条件

処方せん。

Tisercinの保存条件

暗所で25℃以下の温度で

子供の手の届かないところに保管してください。

ティッセルチンの賞味期限

25mg / ml - 2年間の輸液および筋肉内注射のための溶液。

25mg〜5年間コーティングされた錠剤。

パッケージに記載された有効期限が過ぎた後は使用しないでください。

Someone from the Bahrain - just purchased the goods:
Lycontin Comfort eye drops 18ml