Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:Levomepromazine

私はこれがほしい、私に価格を与える

物質のレボメプロマジンのラテン名

Levomepromazinum(属Levomepromazini)

化学名

(マレイン酸塩(1:1)または塩酸塩として)(R)-2-メトキシ-N、N、β-トリメチル-10H-フェノチアジン-10-プロパンアミン

総式

C19H24N2OS

薬理学的グループ:

神経弛緩薬

nosological分類(ICD-10)は、

B02.2神経系の他の合併症を伴う帯状疱疹

F20統合失調症:統合失調症状態; 統合失調症の悪化; 統合失調症; 慢性統合失調症; 認知症プラクセックス; ブリーダー病; 精神病の不一致; 初期の認知症; 統合失調症の発熱型。慢性統合失調症; 統合失調症型の精神病; 急性形態の統合失調症; 急性精神分裂病; 統合失調症における脳機能不全; 統合失調症の急性発作; 統合失調症精神病; 急性統合失調症; 遅い統合失調症; 無症状の統合失調症; 激越する精神分裂病の急性期

F28他の無機精神病性障害:感情的精神病; 激しい精神病; 心理音楽的; Psycho senile; 霊性老人性痴呆; 老人性精神病; 構造的不安定精神病; 静的な精神病

F29不特定の無機性精神病:小児精神病; 精神病における精神運動の興奮; 幻覚 - 妄想障害; 幻覚 - 妄想症候群; 中毒精神病; 躁病 - 妄想障害; 躁病の慢性精神病; 躁病精神病; 急性精神病; 妄想精神病; 亜急性精神病; プレナム精神病; 精神病; 中毒精神病; 精神病は妄想である。 子供の精神病; 反応性精神病; 慢性精神病; 慢性幻覚精神病; 慢性精神病; 慢性精神病性障害; 統合失調症

F31両極性情動障害:気分障害双極性; 感情的な双極性精神病; 躁うつ病精神病; 間欠性精神病; 円形精神病; サイクロプレス; 双極性障害; 双極性障害; 双極性精神病; 感情的な狂気;躁うつ病症候群; サイコ躁病 - うつ病; 双極性障害のうつ病エピソード

F79精神遅滞、不特定:精神遅滞; インファンティズム精神; 精神活動の違反; 貧血症; 精神発達の遅れ。 小児および青年の知的能力の発達の遅れ; 子供の遅れた精神発達;Maloumia; Oligopsia; 精神障害; 精神機能障害。 精神発達に遅れをとる。 子供の知的発達の欠如; 子供の精神発達の欠如; 精神遅滞; 子供の精神発達の欠如; 精神遅滞

G40.9不特定のてんかん:小児の難治性てんかん; 不在; 精神運動性てんかん; てんかん; 癲癇様痙攣; てんかん様症候群; てんかん症候群; 不安発作; 非定型の欠席

G50.0三叉神経痛:三叉神経炎; 痛いチック; 三叉神経の特発性神経痛; 三叉神経の神経痛; 三叉神経の本態性神経痛; 三叉神経痛における疼痛症候群; 痛いチック; 三叉神経痛; 三叉神経の神経痛

G51顔面神経の病変:顔面神経痛の神経痛; 顔面神経の神経炎; 顔面神経の麻痺; 顔面神経の神経炎を伴う疼痛症候群; 顔面神経の末梢麻痺; 顔面神経の麻痺

G53.0帯状疱疹後の神経痛(B02.2 +):ヘルペス後神経痛; 成人のヘルペス後神経痛

R45.1不安とかき混ぜ:激越 ; 不安; 爆発的興奮性; 内部刺激; 興奮性; 励起; 興奮急性; 精神運動の興奮; 過敏性; モーター興奮; 精神運動の停止; 神経質な興奮。 落ち着き、 夜のトラブル。 激越する統合失調症の急性期; 急性の精神的煽動; 興奮の発作; 過励み; 興奮性の向上。 神経興奮性の増加; 感情および心臓興奮性の増加; 増加した興奮; 精神的な覚醒;精神運動の興奮; 精神病における精神運動の興奮; てんかん性の精神運動の興奮; 精神運動性発作; 精神運動のフィット; 興奮の症状; 精神運動の興奮の症状; 攪拌の状態。 不安の状態。 興奮状態; 懸念が高まった状態。 精神運動の興奮の状態。 不安の条件; 興奮条件; 体性疾患の興奮の状態; 興奮度; 不安の感情; 感情的な覚醒

R52.9不特定疼痛:胆嚢摘出術後の疼痛 ; 痛みを伴う撮影。 非悪性疼痛症候群; 産科と婦人科の痛み; 疼痛症候群; 術後の疼痛症候群。 整形外科手術後の術後疼痛症候群。 炎症起源の痛みを伴う症候群; 非腫瘍起源の疼痛症候群; 診断手技後の疼痛症候群; 診断介入後の疼痛症候群; 手術後の疼痛症候群; 手術後の疼痛症候群; 整形外科手術後の疼痛症候群; 外傷後の疼痛症候群; 痔核除去後の疼痛症候群; 手術後の疼痛症候群; 非リウマチ性の炎症を伴う疼痛症候群; 末梢神経系の炎症性病変を伴う疼痛症候群; 糖尿病性神経障害における疼痛症候群; 筋骨格系の急性炎症性疾患における疼痛症候群; 腱の病理学における疼痛症候群; 平滑筋攣縮を伴う疼痛症候群; 平滑筋攣縮(腎臓および胆道疝痛、腸痙攣、月経困難症)を伴う疼痛症候群; 内臓の平滑筋の痙攣を伴う疼痛症候群; 内臓の平滑筋の痙攣を伴う疼痛症候群(腎臓および胆道疝痛、腸の痙攣、月経困難症); 傷害を伴う疼痛症候群; 傷害および外科的介入後の疼痛症候群; 筋骨格系の慢性炎症性疾患における疼痛症候群; 十二指腸潰瘍を伴う疼痛症候群; 消化性潰瘍疾患の疼痛症候群; 胃及び十二指腸の消化性潰瘍を伴う疼痛症候群; 痛い感覚; 月経中の痛み; 疼痛症候群; 痛い状態; 痛い脚の疲れ; 義歯を着用したときのガム痛み; 脳神経の出口点の痛み; 痛い不規則な月経; 痛みを伴う包帯; 痛い筋肉痙攣;痛みを伴う歯の成長; 痛み; 下肢の痛み; 手術傷の領域の痛み; 術後の痛み。 体の痛み。 診断介入後の疼痛; 整形外科手術後の痛み; 手術後の痛み; インフルエンザの痛み。 糖尿病性多発性神経障害の痛み; 火傷の痛み; 性交渉の痛み; 診断手技中の痛み; 治療中の痛み; 風邪のための痛み; 副鼻腔炎の痛み; 傷害の場合の痛み; 外傷性の痛み。 術後の痛み。 診断介入後の痛み; 硬化治療後の痛み; 手術後の痛み; 術後疼痛; 術後および外傷後の痛み; 外傷後の痛み; 嚥下時の痛み; 上気道の感染性炎症性疾患における疼痛; 火傷の痛み; 外傷性筋損傷を伴う痛み; 傷害の場合の痛み; 歯を抜く時の痛み。 外傷性の痛み; 滑らかな筋肉の攣縮によって引き起こされる痛み; 重度の疼痛症候群; 外傷性の重篤な疼痛症候群; 術後疼痛;術後疼痛症候群; 外傷後の痛み; 外傷後疼痛症候群; トルピッド疼痛症候群; 外傷性疼痛; 中等度の痛み; 中程度に発現した疼痛症候群; 中等度疼痛症候群; 多発性筋炎のポリアルトリジア

Z100.0 *麻酔学および前投薬:腹部手術; 腺腫切除術; 切断; 冠状動脈の血管形成術; 頚動脈血管形成術; 創傷の皮膚の消毒治療; 手の消毒治療; 虫垂切除術; アテローム切除術; バルーン冠動脈形成術; 膣の子宮摘出術; 静脈バイパス; 膣および子宮頸管の介入; 膀胱の介入; 口腔内の干渉; 再建 - 再建オペレーション; 医療従事者の手指衛生。 婦人科手術; 婦人科的介入; 婦人科手術; 手術中の血液量減少ショック; 化膿性創傷の消毒; 創傷の縁の消毒; 診断介入; 診断手順; 子宮頸管の毛細血管凝固症; 長期的な手術; fistulousカテーテルの交換; 整形外科的介入における感染; 人工心臓弁; Kistectomy; 短期外来手術; 短期的なオペレーション; 短期外科手術; 凍結切開術; 外科手術介入中の失血; 手術中および手術後の出血; レーザー凝固レーザー凝固; 網膜のレーザー網膜症; 腹腔鏡検査; 婦人科における腹腔鏡検査; Likvornayaフィステル; 小さな婦人科手術; 小さな手術介入; 乳房切除術およびそれに続く整形手術; 気管切開術; 耳に対する顕微手術; Mukinging operations; 縫合; マイナー手術; 脳神経外科手術; 眼科手術の眼球のEclipse; Orchiectomy; 膵切除術; 心房摘出術;手術後のリハビリ期間; 外科的介入後の再建; 経皮経管冠動脈形成術; 胸膜胸腔鏡; 術後および外傷後の肺炎; 外科手術の準備; 外科手術の準備; 手術前の外科医の腕の準備; 外科的介入のための結腸の準備; 脳神経外科および胸部手術における術後吸引性肺炎; 術後悪心; 術後出血; 術後肉芽腫; 術後ショック; 術後早期; 心筋血行再建術; 歯根の頂点の切除; 胃の切除; 腸切除術; 子宮の切除; 肝切除術; 小腸切除術; 胃の一部の切除。 操作された船舶の再閉鎖。 外科手術介入中の組織の接着; 縫合糸除去; 眼科手術後の状態; 鼻腔内手術後の状態;胃切除後の状態; 小腸の切除後の状態; 扁桃切除後の状態; 十二指腸の除去後の状態; 静脈切除後の状態; 血管手術; 脾摘出; 手術器具の滅菌; 手術器具の滅菌; 胸腔切開術; 歯科手術;歯周組織に対する歯科的介入; Strumectomy; 扁桃切除術; 胸腔鏡手術; 総胃切除術; 経皮血管内冠動脈形成術; 経尿道切除術; 胸腔切除術; 歯の除去; 白内障除去; シストの除去; 扁桃腺の除去; 筋腫の除去; 移動乳歯の除去; ポリープの除去; 壊れた歯の除去; 子宮の除去; 継ぎ目の除去; 尿道切開術; 管腔管の瘻孔; 前頭胸筋切開術; 外科感染; 四肢の慢性潰瘍の外科的処置; 手術; 肛門の手術; 大腸手術; 外科手術; 手術手順; 外科的介入; 消化管に対する外科的介入; 尿路に対する外科的介入; 泌尿器系の外科的介入; 泌尿生殖器系に対する外科的介入; 心臓に対する外科的介入; 外科処置; 手術手術; 静脈に対する外科手術; 外科的介入; 血管手術; 血栓症の外科的処置; 胆嚢摘出術; 胃の部分切除; 腹腔内子宮全摘術; 経皮経管冠動脈形成術; 経皮経管脈管形成術; 冠動脈バイパス移植; 歯の摘出; 幼児の歯の摘出; パルプの滲出; 体外循環; 歯の抽出; 歯の抽出; 白内障の抽出; 電気凝固; 内視鏡的介入; エピソトロミー; 恥骨切開術; 歯の抜去後の合併症

CASコード

60-99-1

物質の特徴レボメプロマジン

フェノチアジン誘導体。 黄色がかった白色のわずかに吸湿性の粉末。 光と空気に不安定です。 水、アルコール、クロロホルムには非常に溶けやすい。 ほとんど空気のnerastvorim。

薬理学

薬理作用 - 鎮痛薬、抗精神病薬、神経遮断薬、制吐薬。

それは様々な脳構造(中脳辺縁、中皮質を含む)のドーパミン受容体を遮断する。 ナンセンス、幻覚、精神運動の興奮 - 精神病の生産的な症状を軽減します。 強力なアドレナリン遮断作用、適度な抗コリン作動性および抗ヒスタミン剤特性を有する。 鎮痛効果がある。

どのような投与方法でも、すばやく完全に吸収されます。 Cmaxは、経口投与後1〜3時間および注射後0.5〜1.5時間後に達成される。 それは、BBBを含む組織学的障壁を通過し、器官および組織に分布する。 集中的に生体変換される。 主な活性代謝物、N-デスメチルモノメトリメプラジンは、さらにモノスルホキシドに変換される。 T1 / 2レボメプリルマジナ - 16-78時間。 それは、主に尿および胆汁を含む代謝物の形態で排泄される。

レボメプロマジンの応用

激越、不安、恐慌、恐怖症、持続性不眠症で起こる他の精神障害と同様に、様々な病因(急性および慢性統合失調症、双極性障害、老人性疾患、中毒、貧血、てんかんを含む精神病)の精神運動。 鎮痛薬の作用強化、全身麻酔のための資金、抗ヒスタミン剤)。 顔面神経の三叉神経炎および帯状疱疹の神経痛を伴う疼痛症候群、帯状疱疹。

禁忌

過敏症、抗高血圧薬の同時受診; (アルコール、全身麻酔薬、睡眠薬)、閉塞性角緑内障、尿閉、パーキンソン病、多発性硬化症、重症筋無力症、片麻痺、代償不全期の慢性心不全、重度腎臓および/または骨髄造血の抑制、ポルフィリン症、妊娠、母乳育児、12歳未満の小児が含まれるが、これらに限定されない。

使用の制限

てんかん、心血管疾患の病歴を有する患者、特に高齢者(心筋伝導障害、不整脈、先天性QT間隔延長症候群)の患者。

妊娠および授乳期における適用

妊娠中は使用しないでください。ただし、母親への利益が胎児の潜在的なリスクを超えている場合を除きます。 治療期間中、母乳育児は中止しなければならない(レボメプロマジンが母乳に浸透する)。

レボメプロマジンの副作用

心血管系と血液(造血、止血)の側面から、血圧の低下、起立性低血圧、頻脈、モルガニ - アダムス - ストークス症候群、QT間隔の延長(不整脈作用、ピルエット型の頻脈)汎血球減少症、無顆粒球症、白血球減少症、好酸球増多症、血小板減少症である。

神経系および感覚器官の部分では、錯乱、スラーリング、睡眠時無呼吸症候群、癲癇性発作、頭蓋内圧の上昇、神経弛緩性悪性症候群(NZS)の錐体外路症状; 長期使用では、レンズや角膜に色素沈着、色素性網膜症。

口の乾燥、便秘、腹部の不快感、吐き気、嘔吐、肝障害(黄疸、胆汁うっ滞)。

アレルギー反応:喉頭浮腫、末梢浮腫、アナフィラキシー様反応、気管支痙攣、蕁麻疹、剥離性皮膚炎。

その他:尿の漂白、排尿障害、乳汁漏出、月経不順、体重減少、光感受性の増加、紅斑、色素沈着、高熱(NCSの最初の徴候かもしれない)、注射部位の痛みおよび腫れ。 フェノチアジンを長期間服用している患者の中には、下垂体腺腫の発症が報告されているが、これらの薬物との因果関係を確立するためにはさらなる研究が必要である。

インタラクション

MAO阻害剤(肝臓での薬物の不活性化の減少による錐体外路障害のリスク増加)および降圧薬(起立性低血圧のリスク)とは相容れない。 中枢神経系(麻薬性鎮痛薬、全身麻酔薬、抗不安薬、鎮静薬および催眠薬、三環系抗うつ薬)を抑制する手段は、中枢神経系に対する薬物の阻害効果を増加させる。

抗コリン作動薬(麻痺性イレウス、尿崩症、緑内障)の増加により、抗コリン作用薬(三環系抗うつ薬、H1-ヒスタミン受容体遮断薬、抗パーキンソン病薬、アトロピン、スコポラミン、サクシニルコリン)と併用する際には注意が必要です。 QT延長薬(抗不整脈薬、マクロライド、抗真菌アゾール、シサプリド、抗うつ薬、抗ヒスタミン薬、およびカリウム濃度を低下させる利尿薬)は、QT間隔を延長するリスクを増加させ、不整脈のリスクを増加させます。

レボメプロマジンは、経口抗糖尿病薬の有効性であるレボドパの抗パーキンソン病活性を低下させる。 カルシウム、マグネシウム、またはアルミニウムを含む制酸薬は、消化管での吸収を減少させます(レボメプロマジンは、制酸薬を摂取する前または摂取後4時間以内に摂取する必要があります)。 アルコールと組み合わせると、中枢神経系の阻害が増加し、錐体外路副作用の可能性が増す。

過剰摂取

症状:動脈低血圧、心筋における伝導異常(QT間隔の延長、心室拍動性頻拍、房室遮断)、重症度の変化(昏睡まで)、錐体外路症状、鎮静効果、てんかん発作。

治療:蘇生、対症療法。 特定の解毒剤は不明である。 強制的な利尿、血液透析および血液灌流は有効ではない。

投与経路

内部、IM、IV。

物質Levemepromazineの使用上の注意

可能性のある局所組織反応のために注射部位を変更する必要がある(IM注射は苦痛である)。 体系的な血液検査を行い、肝機能を評価することが推奨され、高齢者や弱体化した患者では血圧管理が必要です。 レボメプロマジンを服用した後の最初の3〜5日間の治療期間中、用量および投与方法にかかわらず、患者は起立崩壊を防止するために0.5〜1時間にすることが推奨される。 特に高齢者や血管機能不全の患者では、用量の急激な増加に伴い、薬物乱流が発症する可能性があることに留意する必要があります。

フェノチアジンや鎮痛剤の鎮静効果に対する耐性の発達と同様に、高用量または長時間、悪心、嘔吐、頭痛、振戦、発汗、頻脈、不眠症および不安の増大に使用された薬物の突然の中止後様々な抗精神病薬に対する耐性。 この点で、薬物の廃止は常に徐々に行われるべきである。

多くの抗精神病薬、 痙攣発作の閾値を低下させ、脳波のてんかん様変化を引き起こす可能性がある。 したがって、てんかん患者の用量を選択する際には、臨床指標およびEEGを常に監視する必要があります。

胆汁うっ滞性黄疸の発症は、患者の個々の感受性に依存し、薬物投与の中止後に完全に消滅する。 したがって、長期間の治療には、肝機能の定期的なモニタリングが必要です。

注意の集中度が高まっている職業の車両や作業者の作業運転中には使用しないでください。 治療期間およびレボメプロマジンの摂取を停止してから4-5日以内に、アルコール飲料の拒否は必須である。

Someone from the Canada - just purchased the goods:
Pantogam 250mg 50 pills