Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:レオグルマン

私はこれがほしい、私に価格を与える

剤形:輸液のための溶液

活性物質:デキストラン30000-40000 +マンニトール+ナチアリクロリダム

ATX

B05AA05デキストラン

薬理学グループ

血漿および他の血液成分の代替

病因分類(ICD-10)は、

A39髄膜炎菌感染:髄膜炎菌の無症候性輸送; 髄膜炎菌の感染; 髄膜炎菌(Meningococcus aureus) 髄膜炎の流行

I73.0レイノー症候群:レイノー症候群Leriche; レイノー病; レイノーの現象。 RaynaudLeriche症候群; レイノー病; 栄養障害を伴うレイノー症候群; 末梢血管障害

I73.1閉塞性血栓血管炎[バージャー病]:バーガー病; 閉塞性血栓血管炎; トロンバンギット; 閉塞性血栓血管炎; バージャー病

I74塞栓症および動脈血栓症:努力のストレス(ストレス); 動脈血栓症; 動脈血栓症; 亜急性および慢性動脈血栓症; 末梢動脈の亜急性血栓症; 術後血栓症; 血管血栓症; 血管塞栓症; 大動脈シャントの血栓症; 動脈血栓症; 動脈の血栓症; 冠動脈血栓症; 冠動脈血栓症; 血管の血栓症; 虚血性脳卒中を伴う血栓症; 一般的な外科手術による血栓症; 腫瘍治療における血栓症; 血管血栓症; 術後の血栓形成 血栓合併症; 血栓塞栓症; 血栓塞栓性症候群; 術後期間における血栓塞栓性合併症; 動脈の血栓塞栓症; 部分血管血栓症; 塞栓症; 動脈の塞栓症

I77.6不特定動脈炎:大動脈動脈瘤; 血管炎; Neateroskleroticheskoe冠動脈

I80静脈炎および血栓性静脈炎:末梢血管の疾患; 表在静脈の炎症; 静脈の炎症性疾患; 深部静脈血栓性静脈炎; 静脈の病気; 下肢の静脈の病気; 末梢血管の疾患; 静脈炎の移行; 下肢の静脈の不全; 慢性血栓性静脈炎の悪化; 急性血栓性静脈炎; 浅い静脈の急性血栓性静脈炎; Periphlebitis; 周皮細胞表面; 静脈の表在性炎症; 表面血栓性静脈炎; 表面静脈炎; 血栓性静脈炎; 深部静脈血栓静脈炎; 血栓性静脈炎は表面的である; 静脈炎; 深部静脈の静脈炎; 表面静脈の静脈炎; 瀉血; 慢性血栓性静脈炎; エンドホリビシス

K65腹膜炎:腹部感染; 腹腔内感染; 腹腔内感染; びまん性腹膜炎; 腹部感染; 腹腔の感染; 腹腔の感染; 胃腸管の感染; 自発性細菌性腹膜炎

K72肝機能不全、他の分類されていないもの(肝性昏睡を含む):肝細胞不全; hepatic encephalopathy; 昏睡肝; 潜在性肝性脳症; 肝臓の不全; 肝性昏睡; 肝昏睡および前房; 肝性脳症; 肝障害の発症; 肝臓の脳症; 炎症性肝疾患; Gepatargy; 脳症ポート系; 肝細胞不全; 肝臓の前胸部および昏睡; 門脈全身性脳症

K85急性膵炎 :急性膵炎; 膵炎; 出血性膵炎; 急性膵炎; 敗血症性膵炎; 急性壊死性膵炎; 浮腫性膵炎

N19腎不全、不特定:高血圧。 尿素; 中毒の腎不全

R57ショック、他に分類されていないもの:閉塞性ショック

R57.0心原性ショック:心原性ショック

R57.8その他のショック:ショック輸血; 閉塞性ショック; 循環ショック

R57.8.0 *火傷ショック:火傷の痛みショック; 燃焼ショック

T30不特定の部位の熱および化学的な熱傷:火傷を伴う疼痛症候群; 火傷の痛み; 火傷の痛み; ゆっくりと治癒後の創傷; 湿った痂皮で深く熱傷する。 豊富な区画で深く燃える。 深い熱傷; レーザー燃焼; 燃やす; 直腸および会陰の火傷; 穏やかな浸出を伴って燃焼する。 病気を燃やす; 火傷を負う。 表面的な火傷; IおよびII度の表在焦面; 表面的な皮膚の火傷;アフターバーン栄養性潰瘍および創傷; 火傷後の合併症; 火傷の際の液体の損失; 敗血症; 熱傷 熱皮膚病変; 熱燃焼; 栄養アフターバーン潰瘍; 化学燃焼; 外科的熱傷

T79.4外傷性ショック:出血性ショック; クラッシュ症候群; 出血性ショック; 術後ショック; 外傷後のショック; 外傷後のショック; 外傷性ショック; 出血性ショックおよび脳症の症候群

T80輸液、輸血、医療注射に伴う合併症:輸血後の合併症。 輸血溶血反応

T81.1手技中または手技後のショック、他に分類されていないショック: 術後ショック; 操作ショック

Z100 *クラスXXII外科手術:腹部手術; 腺切除術; 切断; 冠動脈形成術; 頸動脈の血管形成術; 創傷のための消毒皮膚治療; 消毒ハンド; 虫垂切除術; アテレクトミー; バルーン冠動脈形成術; 膣子宮摘出術; 冠動脈バイパス; 膣および子宮頸管内の介入; 膀胱の介入; 口の介入; 修復および再建手術; 医療従事者の手指衛生。 婦人科手術; 婦人科介入; 婦人科手術;手術中の血液量減少ショック; 化膿性創傷の消毒; 創傷端の消毒; 診断介入; 診断手順; 子宮頸部の凝固異常症; 長時間手術; 瘻カテーテルの交換; 整形外科手術における感染; 人工心臓弁; 膀胱摘除術; 短期外来手術; 短期間のオペレーション; 短い外科処置; クリコテイロトミヤ; 手術中の失血; 手術中および術後の出血; Kuldotsentez。 レーザー光凝固; レーザー凝固; 網膜レーザー凝固; 腹腔鏡検査; 婦人科における腹腔鏡検査; CSF瘻; 小さな婦人科手術; 小さな外科手術; 乳房切除およびその後のプラスチック; 縦隔切開術; 耳に対する顕微手術; Mukogingivalnye操作; 縫合; マイナー手術; 脳神経外科手術; 眼科手術における眼球の固定化; 睾丸切除術; 膵切除術; Perikardektomiya; 手術後のリハビリの期間。 手術後の回復期; 経皮経管冠動脈形成術; 胸膜胸腔; 術後および外傷後の肺炎; 外科手術の準備; 手術の準備; 手術前の外科医の手の準備; 外科的処置のための結腸の準備; 神経外科および胸部手術における術後吸引性肺炎; 術後悪心; 術後出血; 術後肉芽腫; 術後ショック; 術後早期。 心筋血行再建術; 放射線摘出; 胃切除術; 腸切除術; 子宮切除; 肝切除; enterectomy;胃の一部の切除。 操作された船の再閉鎖; 手術中に組織を結合する; 縫合糸の除去; 眼科手術後の状態; 手術後の状態; 鼻腔内手術後の状態; 胃切除後の状態; 小腸の切除後の状態;扁桃摘出後の状態; 十二指腸の除去後の状態; 静脈切除後の状態; 血管手術; 脾摘出; 手術器具の滅菌; 手術器具の滅菌; 胸骨切開術; 歯科手術; 歯周組織における歯科的介入; 椎間板切除術; 扁桃切除術; 胸腔鏡手術; 胸腔鏡手術; 総胃切除術; 経皮血管内冠動脈形成術; 経尿道切除術; Turbinektomiya; 歯の除去; 白内障手術; 嚢胞の除去; 扁桃切除術; 子宮筋腫の除去; 可動の一次歯を取り外す。 ポリープの除去; 壊れた歯を取り除く。 子宮体の除去。 縫合糸の除去; 瘻孔likvoroprovodyaschih方法; Frontoetmoidogaymorotomiya; 外科感染症; 慢性四肢潰瘍の外科的処置; 手術; 肛門部の手術 結腸手術; 外科手術; 外科的処置; 外科的介入; 胃腸管の外科手術; 尿路に関する外科処置; 泌尿器系の外科的処置; 泌尿生殖器系の外科的介入; 心臓の手術手技; 手術操作; 手術; 静脈の手術; 外科的介入; 血管手術; 血栓症の外科的処置; 手術; 胆嚢摘出術; 部分胃切除術; 子宮摘出術; 経皮経管冠動脈形成術;経皮経管脈管形成術; 冠動脈バイパス; 歯の摘出; 乳歯の摘出; 切開術; 拍動性心肺バイパス; 抜歯; 歯抽出; 白内障抽出; 電気凝固; 泌尿器科の介入; 切開切開術; エトモイドトミヤ;歯の抽出後の合併症

組成および放出形態

輸液用溶液 -分子量30,000〜50,000のデキストラン100ml 10g
マンニトール5 g
塩化ナトリウム0.9 g
注射用水100mlまで
400mlのボトルでは、1本または15本のボトルに入れます。

剤形の説明

透明な無色またはわずかに黄色がかった液体、無臭。

特性

低分子量デキストラン(pH4.0〜6.5)に基づく血漿代替性多機能血液代替物; 25℃での相対粘度は7.0以下である。 理論モル浸透圧濃度310mOsm / l。

薬理学的効果

作用様式 - 抗凝集、血漿置換、微小循環改善。

血液成分に対する抗凝集効果による血液の粘性を低減し、小さな毛細血管における血流の回復を促進し、血行力学を改善する。 それはまた、抗ショック、解毒および浸透圧調節効果を有する。

薬物の一部であるデキストランの各グラムは、組織から血流への液体の移動を20〜25ml促進する。

薬物動態

薬物は、主に腎臓を通して体内から排出されます。最初の日には約70%が排泄されます。 残りの薬物は細網内皮系に入り、徐々にグルコースに溶解する。

薬Rheoglumanの兆候

毛細血管血流の改善(外傷性、熱傷、有毒性、心原性ショック)、毛細血管血流の障害; 動脈および静脈循環の障害(血栓症、血栓性静脈炎、末梢動脈炎、レイノー病); 血管および外科手術(局所循環を改善し、移植における血栓症の傾向を軽減する); 腎臓の濾過機能が維持された腎臓および腎臓 - 肝臓不全; 互換性のない血液の輸血による輸血後の合併症。 火傷、傷害、腹膜炎、膵炎による解毒。

禁忌

過度の血液希釈(ヘマトクリット25%以下)、出血性素因、浮腫を伴う循環不全、無尿症に伴う重度の腎不全、著しい脱水、不明な病因の重度のアレルギー状態。

副作用

Reoglumanの輸血後、通常、有害反応は観察されません。

以前に感作された患者の中には、様々な重症度のアレルギー反応が起こることがある。 タンパク質製剤、デキストラン調製物を含む血漿代替物、ならびに血清およびワクチンの静脈内注入に対する耐性の罹患歴を有するリスクのある患者において、アナフィラキシーショックの可能性を念頭に置くべきである。 アレルギー反応やアナフィラキシーショックの場合は、すぐに静脈から針を抜かずに、アナフィラキシーショック(抗ヒスタミン薬、心臓、昇圧薬、コルチコステロイドなど)の治療に使用される症状のある薬物を導入してください。

血圧を下げる、頻脈の発生の可能性。

インタラクション

デキストラン(Polyglukin、Reopoliglyukin)とクリスタロイド溶液の他の調製品と互換性があります。

投薬および投与

IV、滴下注入による。 投与量および投与速度は、適応症、患者の状態の評価、毎時および毎日の利尿に従って個別に選択されるべきである。

毛細血管血流障害の場合のショックの複雑な治療では、血行動態パラメータ(BP、中心静脈圧、血液循環量、毎時および毎日の利尿)の制御下で、薬物を400〜800mlの用量で静脈内に注入する。 。

熱傷のショックの場合、損傷の瞬間から最初の24時間以内に薬物を2〜3倍投与することは許容される。 最初の用量400mlは、同じ注入速度で6時間〜12時間後に2時間ドリップ投与することができ、2回投与することができます。 熱ショック(Polyglukin、Reopoliglyukin)の場合、他のデキストラン調製物を使用する場合、それらの総投与量は1600ml /日(デキストラン100-130g)を超えてはならない。 ショック期間の2日目には、bcc、血圧、利尿剤の安定化により、レグルマンは400mgを1〜2回投与した。 急性熱傷中毒の期間中、毎日の利尿、ヘモグロビンおよびヘマトクリットの義務的な制御を伴う注入療法において、400mL /日を4時間ごとに静脈内に適用することができる。 敗血症性腸毒性の間、同じ用量でのレグルマンの使用は、自己賦形剤製造のために患者を準備するときおよびその実施の瞬間から最初の2日間、最も有用である。

心臓血管および外科手術では、手術直前(30〜60分)に10ml / kgの投与量で、400mlの投与中および5〜6日間毎日の手術後に滴下注入により、 1回の投与につき10ml / Kgの速度。

保存されたろ過および輸血後の合併症を伴う急性腎不全および肝不全では、400〜800mlの単回用量が投与される。 輸液は、水 - 電解質および酸 - 塩基バランス、凝固血液系の制御下で、投与のために10ml / kgの割合で3〜5日間毎日反復することができる。

予防措置

ジェット注射は、薬物のコロイド浸透効果が発現するため、体外過圧症を引き起こす可能性がある。

特別な指示

輸血前に、医師は薬物の目視検査を行い、結果を病歴に記録しなければならない。 調剤は透明で、懸濁液がなく、瓶に亀裂やシールがあってはならない。

レオグルマンを使用する場合は、生物学的検査が必須です。最初の5滴をゆっくりと注入した後、注入を3分間停止し、さらに30滴を加えてから3分間停止させます。 反応がない場合、投与は40 cap /分の速度で継続される。 中心静脈圧およびECGを動的に観察するだけで、40mL /分を超える投与速度の増加が可能である。

Rheoglumanと一緒に水と電解質バランスを維持するために、カリウムとナトリウムを含む溶液を導入することをお勧めします。

メーカー

JSC "Biochimik"、ロシア。

薬剤の貯蔵条件レオグルマン

乾燥した場所で、25℃以下の温度で輸送してください。輸送中は10℃まで冷凍できます。

子供の手の届かないところに保管してください。

薬Rheoglumanの有効期間

3年。

パッケージに印刷された有効期限を超えて使用しないでください。

Someone from the Luxembourg - just purchased the goods:
Betoftan eye drops 0.5% 5ml