Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:Quintasol

私はこれがほしい、私に価格を与える

剤形:輸液のための溶液

活性物質: Kalii chloridum + Calcii chloridum + Magnii chloridum + Natrii acetas + Natrii chloridum

ATX

B05BB01電解液

薬理学グループ

水 - 電解質バランスと酸 - 塩基バランスの調整剤

病因分類(ICD-10)は、

A00-A09腸内感染症

A48.3毒素ショック症候群:菌血症性ショック; 感染性毒性ショック; 中毒症候群; 毒性感染ショック; 毒性ショック; 消化管疾患における慢性中毒; 胃腸感染症における慢性中毒;エンドトキシンショック

E86体重減少[hypovolaemia]:水不足回復; 水の等張性欠乏の免除; 等張性ナトリウム欠乏の補償; 補償BCC; 貯蔵されたKShSによる水不足の補充。 液体量の補充; BCCの補充;貯蔵されたKHSによる電解質の補充; 血液量減少状態; 血液量減少状態; 低体温症; 低降圧の低張性形態; 脱水症状を伴う低血圧症; 異なる起源の脱水; 子供の脱水; 小児科における失血のための血漿量の置換; プラズマの損失と火傷による代替。 等張脱水; 等張性形態の低水化; 水 - 塩バランスの違反。 脱水;急性腸感染における脱水; 急性血液量減少症; 火傷の際の液体の損失; 排膿を伴う毒素症

E87.2アシドーシス:腎臓のアシドーシス; 酸性変化; アルカリ性栄養素の枯渇; 代償性アシドーシス; 肝疾患におけるアシドーシス; 呼吸性アシドーシス; ケトアシドーシス; 急性腸感染における代謝性アシドーシス; アルコール性ケトアシドーシス; 代謝性アシドーシス; 遺伝性腎性アシドーシス; 腎性アシドーシス; 腎尿細管アシドーシス; 糖尿病性ケトアシドーシス; 糖尿病性アシドーシス; 腎尿細管アシドーシス

K31.5十二指腸閉塞:十二指腸閉塞

K56麻痺性腸閉塞およびヘルニアのない腸閉塞

K65.0急性腹膜炎:横隔膜下膿瘍; 腹部膿瘍; 腹腔の膿瘍; 腹腔内の膿瘍; 腹部器官の膿瘍; 腹腔内膿瘍; 腹腔内膿瘍; 腹腔の急性の膿性炎症性プロセス; 急性びまん性腹膜炎; 腹腔内膿瘍; 副横隔膜膿瘍

A41.9不特定の敗血症:敗血症性疾患; 敗血症/菌血症; 毒性感染ショック; エンドトキシンショック; 細菌性敗血症; 重度の病気の細菌感染; 一般化された感染症; 全身性全身感染症;感染は一般化された。 創傷敗血症; 敗血症; 敗血性毒性合併症; 敗血症; 腐敗病; 敗血症性ショック; 敗血症状態; 敗血症ショック

K51潰瘍性大腸炎:急性潰瘍性大腸炎 ; 潰瘍性大腸炎; 潰瘍性壊死性大腸炎; 潰瘍性大腸炎 - 出血性非特異的; 潰瘍性大腸炎および栄養性大腸炎; 特発性潰瘍性大腸炎; 潰瘍性非大腸炎; 非特異的潰瘍性大腸炎; 潰瘍性大腸炎; 出血性の化膿性直腸炎; 潰瘍性大腸炎 - 出血性

R57.1血液量減少ショック:手術中の血液量減少ショック。 急性血液量減少症

R58出血、他に分類されていないもの:腹部卒中; 出血; 食道の出血; 出血; 一般出血; びまん性出血; びまん性出血; 長期出血; 失血; 外科手術介入中の失血; 手術中および術後の出血; 労働中の出血; 血友病Bにおける出血および出血; ガムからの出血; 術中腹部出血; クマリン抗凝固剤のバックグラウンドに対する出血; 肝炎; 血友病Aにおける出血; 血友病Aでの出血; 血友病AおよびBの抑制型との出血; 白血病による出血; 白血病患者の出血; 出血; 門脈圧迫による出血; 高線溶による出血; 薬物出血; 局所出血; フィブリン溶解の活性化による局所出血; 大量の失血; 急性失血; 実質性出血; 肝出血; 術後出血; 腎臓出血; 血管 - 血小板の止血; 外傷性出血; 出血を脅かす。 慢性的な失血

T30不特定の部位の熱および化学的な熱傷:火傷を伴う疼痛症候群; 火傷の痛み; 火傷の痛み; ゆっくりと治癒後の創傷; 湿った痂皮で深く熱傷する。 豊富な区画で深く燃える。 深い熱傷; レーザー燃焼; 燃やす; 直腸および会陰の火傷; 穏やかな浸出を伴って燃焼する。 病気を燃やす; 火傷を負う。 表面的な火傷; IおよびII度の表在焦面; 表面的な皮膚の火傷;アフターバーン栄養性潰瘍および創傷; 火傷後の合併症; 火傷の際の液体の損失; 敗血症; 熱傷 熱皮膚病変; 熱燃焼; 栄養アフターバーン潰瘍; 化学燃焼; 外科的熱傷

T79.4外傷性ショック:出血性ショック; クラッシュ症候群; 出血性ショック; 術後ショック; 外傷後のショック; 外傷後のショック; 外傷性ショック; 出血性ショックおよび脳症の症候群

Z100 *クラスXXII外科手術:腹部手術; 腺切除術; 切断; 冠動脈形成術; 頸動脈の血管形成術; 創傷のための消毒皮膚治療; 消毒ハンド; 虫垂切除術; アテレクトミー; バルーン冠動脈形成術; 膣子宮摘出術; 冠動脈バイパス; 膣および子宮頸管内の介入; 膀胱の介入; 口の介入; 修復および再建手術; 医療従事者の手指衛生。 婦人科手術; 婦人科介入; 婦人科手術;手術中の血液量減少ショック; 化膿性創傷の消毒; 創傷端の消毒; 診断介入; 診断手順; 子宮頸部の凝固異常症; 長時間手術; 瘻カテーテルの交換; 整形外科手術における感染; 人工心臓弁; 膀胱摘除術; 短期外来手術; 短期間のオペレーション; 短い外科処置; クリコテイロトミヤ; 手術中の失血; 手術中および術後の出血; Kuldotsentez。 レーザー光凝固; レーザー凝固; 網膜レーザー凝固; 腹腔鏡検査; 婦人科における腹腔鏡検査; CSF瘻; 小さな婦人科手術; 小さな外科手術; 乳房切除およびその後のプラスチック; 縦隔切開術; 耳に対する顕微手術; Mukogingivalnye操作; 縫合; マイナー手術; 脳神経外科手術; 眼科手術における眼球の固定化; 睾丸切除術; 膵切除術; Perikardektomiya; 手術後のリハビリの期間。 手術後の回復期; 経皮経管冠動脈形成術; 胸膜胸腔; 術後および外傷後の肺炎; 外科手術の準備; 手術の準備; 手術前の外科医の手の準備; 外科的処置のための結腸の準備; 神経外科および胸部手術における術後吸引性肺炎; 術後悪心; 術後出血; 術後肉芽腫; 術後ショック; 術後早期。 心筋血行再建術; 放射線摘出; 胃切除術; 腸切除術; 子宮切除; 肝切除; enterectomy;胃の一部の切除。 操作された船の再閉鎖; 手術中に組織を結合する; 縫合糸の除去; 眼科手術後の状態; 手術後の状態; 鼻腔内手術後の状態; 胃切除後の状態; 小腸の切除後の状態;扁桃摘出後の状態; 十二指腸の除去後の状態; 静脈切除後の状態; 血管手術; 脾摘出; 手術器具の滅菌; 手術器具の滅菌; 胸骨切開術; 歯科手術; 歯周組織における歯科的介入; 椎間板切除術; 扁桃切除術; 胸腔鏡手術; 胸腔鏡手術; 総胃切除術; 経皮血管内冠動脈形成術; 経尿道切除術; Turbinektomiya; 歯の除去; 白内障手術; 嚢胞の除去; 扁桃切除術; 子宮筋腫の除去; 可動の一次歯を取り外す。 ポリープの除去; 壊れた歯を取り除く。 子宮体の除去。 縫合糸の除去; 瘻孔likvoroprovodyaschih方法; Frontoetmoidogaymorotomiya; 外科感染症; 慢性四肢潰瘍の外科的処置; 手術; 肛門部の手術 結腸手術; 外科手術; 外科的処置; 外科的介入; 胃腸管の外科手術; 尿路に関する外科処置; 泌尿器系の外科的処置; 泌尿生殖器系の外科的介入; 心臓の手術手技; 手術操作; 手術; 静脈の手術; 外科的介入; 血管手術; 血栓症の外科的処置; 手術; 胆嚢摘出術; 部分胃切除術; 子宮摘出術; 経皮経管冠動脈形成術;経皮経管脈管形成術; 冠動脈バイパス; 歯の摘出; 乳歯の摘出; 切開術; 拍動性心肺バイパス; 抜歯; 歯抽出; 白内障抽出; 電気凝固; 泌尿器科の介入; 切開切開術; エトモイドトミヤ;歯の抽出後の合併症

組成および放出形態

輸液用ソリューション - 1リットル

塩化ナトリウム5.26

塩化カリウム0.37g

塩化カルシウム6-水(無水物換算)0.28g

塩化マグネシウム6-aq。 (無水物換算)0.14g

酢酸ナトリウム3水(無水物換算)4.1g

イオン組成:ナトリウムイオン140ミリモル

カリウムイオン5ミリモル

カルシウムイオン2.5ミリモル

マグネシウムイオン1.5ミリモル

クロロイオン103ミリモル

酢酸イオン50ミリモル

200mlと400mlの代用血液用ボトル。

剤形の説明

無色透明液体。

薬理学的効果

動作モード - プラズマ置換、酸 - 塩基バランスの標準化、水 - 電解質バランスの標準化。

それは代謝性アシドーシスを和らげ、酸 - 塩基バランスを正常化し、水の代謝および電解質の血液組成を安定させる。 溶液のカチオン組成および塩化物イオンの含量は血漿の電解質組成に対応し、酢酸イオンは重炭酸塩の形成と共に迅速に代謝される。

薬Quintasolの兆候

ショック(複雑な治療); 熱傷および急性失血; 低降圧および代謝性アシドーシスの低張性および等張性形態; 急性びまん性腹膜炎および腸閉塞(水 - 塩バランスの補正); 電解質障害を伴う腸瘻; 急性腸感染における脱水および代謝性アシドーシス; 血漿交換を行う。

禁忌

アルカリ化、高張脱水、多量の液体の投与が禁忌である状態。

副作用

指示に従って薬剤を適用すると、副作用は認められなかった。

投薬および投与

IV、滴注入によって、流入注入によって可能となる。 大人 - 必要に応じて、体重1kgあたり5〜20mlの1日用量で、30〜40ml / kg、1分あたり60〜80滴の投与速度(ジェットによって許容される)へと増加する。

小児 - 体重1kgあたり5〜10mlの1日用量で、毎分30〜60滴の投与速度。

血漿交換を実施する場合、顕著な血液量減少症の場合には、コロイド溶液と組み合わせて、除去された血漿(1200〜2400ml)と比較して2倍量で薬物を投与する。

特別な指示

薬物のヴォリューム効果は短いので、重度の血液量減少症の治療では、Quintasolをコロイド溶液、血液およびその成分と組み合わせることが推奨される。

メーカー

OJSC "Biosintez"、ロシア。

薬Quintasolの保管条件

乾燥した場所で10〜25℃の温度で

子供の手の届かないところに保管してください。

薬Quintasolの有効期間

2年。

パッケージに印刷された有効期限を超えて使用しないでください。

Someone from the Japan - just purchased the goods:
Ventfort 60 capsules