Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:Rapten Duo

私はこれがほしい、私に価格を与える

活性物質ジクロフェナク

ATXコードM01AB05ジクロフェナク

薬理学グループ

非ステロイド性抗炎症薬[NSAIDs - 酢酸誘導体および関連化合物]

病理分類(ICD-10)

G43片頭痛

片頭痛、片頭痛、片頭痛片頭痛、偏頭痛、片頭痛、持続性頭痛、ヘミナスネ

H60.9外耳炎、不特定

H66.9中耳炎、不特定

慢性耳炎、中耳炎、中耳炎、中耳炎、小児中耳炎

J02.9急性咽頭炎、不特定

化膿性咽頭炎、急性鼻咽頭炎、リンパ門咽頭炎

J03.9急性扁桃炎、不特定(狭心症の無顆粒球性)

咽頭炎、狭心症、狭心症、炎症性鼻炎、急性咽頭炎、扁桃炎、胸膜炎、急性扁桃炎、狭心症、濾胞扁桃炎、狭心症、咽頭咽頭炎、狭心症、狭心症、 、胸膜炎狭心症、濾胞性咽頭痛、細菌性扁桃炎

J31.2慢性咽頭炎

咽頭および咽頭の炎症性疾患の悪化肥厚性咽頭炎、咽頭炎症過程、咽頭炎症、咽頭炎症性疾患、口腔および咽頭の伝染性炎症性疾患、萎縮性咽頭炎

J35.0慢性扁桃炎

慢性扁桃炎、扁桃の炎症性疾患、慢性狭心症、慢性肥厚性扁桃炎、扁桃狭心症

K08.8.0 *痛い歯痛

歯痛、歯痛、疼痛性炎症、歯科麻酔、歯痛の痛み症候群、歯石除去後の痛み、歯を抜く時の痛み、歯痛、歯科治療後の痛み

M06.9他の特定関節リウマチ

関節リウマチ、リウマチ性関節炎、慢性関節リウマチ、リウマチ性多発関節炎、リウマチ様関節炎、リウマチ様関節炎、リウマチ性関節炎、リウマチ性関節炎、リウマチ性関節炎、リウマチ性関節炎、リウマチ様関節炎、リウマチ様関節炎、リウマチ性関節炎、関節リウマチ、能動的関節リウマチ、関節リウマチ、関節リウマチ、急性リウマチ、急性リウマチ

M07.3他の乾癬性関節症(L40.5 +)

乾癬性関節炎、乾癬性関節炎の一般化された形態、乾癬性関節炎

M08少年[若年者]関節炎

若年性関節炎、若年性慢性多発性関節炎、若年性慢性関節炎、若年性関節リウマチ、関節炎若年性慢性

M10.9痛風、不特定

関節炎痛風、急性痛風性関節炎、痛風の急性発作、痛風性関節炎、痛風の悪化を伴う関節症候群、痛風の関節症候群、尿道痛、慢性関節炎性関節炎、急性痛風、塩分け

M19他の関節症

M19.9無制限の関節症

変形性関節症、骨関節炎、大関節の関節症、骨関節炎の疼痛症候群、筋骨格系の急性炎症性疾患における疼痛症候群、筋骨格系の慢性炎症性疾患における疼痛症候群、変形性関節症、変形性関節症、変形性関節症急性期の変形性関節症、大関節の変形性関節症、変形性関節症を伴う急性疼痛症候群、外傷後の変形性関節症、リウマチ性変形性関節症、脊椎関節症、慢性変形性関節症

M45強直性脊椎炎

ベクテレウス病、強直性脊椎炎、脊柱管疾患、リウマチ性脊椎炎、ベクテレフ病、慢性関節リウマチ、慢性関節リウマチ、強直性脊椎炎、強直性脊椎関節症、マリー - ストランペル病、強直性脊椎炎、筋骨格系の急性炎症性疾患における疼痛症候群、マリー - ストランペル病

M54.1ラジカル症

急性坐骨神経痛、脊髄神経症、髄膜炎、脊髄炎を伴う斑状炎、急性神経根障害、橈骨炎を伴う疼痛症候群、亜急性根髄炎、橈骨炎、慢性根髄炎、脊柱の病気

M54.3坐骨神経痛

石灰化、坐骨神経の神経痛、坐骨神経炎

M54.4坐骨神経痛を伴う腰痛

腰仙脊椎の痛み、腰痛、坐骨神経痛、腰椎症候群

M54.5背中の痛み

腰痛、腰痛、ルンバリア、脊柱の痛みの状態、背中の痛み、腰痛の症候群

M54.9背筋、不特定

脊髄の変性疾患、脊椎の変形性疾患、脊椎の骨関節症、背骨の痛みを伴う病変

M60筋炎

筋炎、線維筋炎、線維筋炎、軟部組織の炎症性疾患

M65滑膜炎および腱鞘炎

急性腱鞘炎、糸球体腎炎、テントシノビット、糸球体炎、筋肉関節疾患における変形性関節症、軟部組織の炎症性疾患、非特異的腱鞘炎、Tendosinovit

M71.9不明のBursopathy

ブルス犬、アルバータ病、急性滑液包炎

M79.1筋痛

筋・骨格系の疼痛症候群、筋骨格系の慢性炎症性疾患における疼痛症候群、筋肉の痛み、筋肉の圧痛、重度の身体運動における筋肉痛、筋骨格系の痛み、筋骨格系の疼痛筋肉痛、筋痛、筋肉痛、筋肉痛、安静時の筋肉痛、筋肉痛、非リウマチ起源の筋肉痛、リウマチ起源の筋肉痛、急性筋痛、リウマチ性疼痛、リウマチ性疼痛、筋筋膜炎症候群、線維筋痛

M79.2未知の神経学および神経炎

神経痛、神経痛、神経痛、肋間神経の神経痛、後脛骨神経痛、神経炎、神経炎、外傷、神経炎、神経学的疼痛症候群、痙攣を伴う神経拘縮、急性神経炎、慢性疼痛、末梢神経炎、外傷後神経痛、神経性の重度の痛み、慢性の神経炎、本態性の神経痛

M89.9不特定の骨の病気

筋骨格系の急性炎症性疾患における疼痛症候群、筋骨格系の慢性炎症性疾患における疼痛症候群、筋骨格系における疼痛、骨の感染、オサリギア、慢性変性性骨における疼痛病気

N70卵管炎および卵巣炎

卵巣炎、卵巣炎、卵巣炎、急性副腎炎、卵管炎、卵管炎、卵巣の慢性炎症性疾患、炎症性卵巣の炎症

N94.6月経困難症

月経中の痛み、月経中の痛み、月経中の痛み、月経中の痛み、痛みを伴う月経不順、腹痛、アルゴメリア、痛みの平滑筋痙攣、平滑筋の痛み(腎臓および胆道疝痛、腸のけいれん、月経困難症) (腎臓および胆道疝痛、腸の痙攣、月経困難症)、Disalgomenoreya、月経困難症、(月経困難症、月経異常、月経異常、月経障害、月経困難症、月経周期の違反、月経不順、Prolaktinzavisimoe月経障害、月経不順症候群、内臓の平滑筋の痛み痙攣、痙攣性月経困難症、原発性脱髄疾患

R51頭痛

頭痛、頭部の痛み、副鼻腔炎の痛み、頭の後ろの痛み、痛みのある頭痛、血管運動の頭痛、血管運動の起源の頭痛、血管運動障害の頭痛、頭痛、神経性頭痛、

R52.1一定の無制限の痛み

がん患者の疼痛症候群、悪性新生物の疼痛、悪性腫瘍の疼痛、癌の疼痛、がん患者の疼痛、がん疼痛症候群、悪性新生物の疼痛症候群、悪性新生物の疼痛症候群、 、骨転移の痛み、癌の疼痛、悪性疼痛症候群、集中慢性疼痛、集中疼痛症候群、集中型非疼痛症候群、集中慢性疼痛症候群、無制限疼痛、無制限疼痛、腫瘍痛、外傷後疼痛症候群、痛み、慢性疼痛、慢性疼痛症候群

R52.9不特定の痛み

術後の痛み、整形外科手術後の痛み、炎症起源の痛み、癌発生よりも痛み、診断手技後の痛み症候群、胆嚢摘出術後の痛み、痛みの徴候、非悪性痛、産科および婦人痛、痛み症候群、 、手術後の痛み診断、手術後の痛み、整形外科手術後の痛み、傷害後の痛み、痔核の除去後の痛み、自然の非リウマチ性炎症の痛み、末梢神経系の炎症性病変の痛み、糖尿病性神経障害の痛み、筋骨格系の急性炎症性疾患の痛み、腱病理の痛み、痛みの平滑筋痙攣、平滑筋の痛み(腎臓および胆道疝痛、腸のけいれん、月経困難症)、内臓の平滑筋の痛み痙攣、 (腎臓および胆道疝痛、腸の痙攣、月経困難症)、外傷性疼痛の疼痛、傷害を伴う痛み 十二指腸潰瘍の痛み、胃潰瘍の疼痛症候群、胃潰瘍および十二指腸潰瘍の疼痛症候群、痛み、月経中の痛み、痛み症候群、痛みを伴う状態、痛みを伴う足痛み、義歯装着時の痛みの歯茎、脳神経口の痛み、痛みを伴う月経不順、痛みを伴う包帯、痛みを伴う筋肉痙攣、痛みを伴う歯の成長、メラソージア、手術傷の領域の痛み、術後の痛み身体、診断手技後の痛み、整形外科手術後の痛み、手術後の痛み、インフルエンザの痛み、糖尿病性多発神経障害の痛み、火傷の痛み、性交中の痛み、診断手技中の痛み、 、副鼻腔炎の痛み、外傷の痛み、痛みの外傷、術後期間の痛み、診断手技後の痛み、瘢痕後の痛み 術後疼痛、術後疼痛、術後疼痛および外傷後疼痛、外傷後疼痛、嚥下時の痛み、上気道の感染性および炎症性疾患における疼痛、火傷の痛み、外傷性筋肉傷害における痛み、外傷性疼痛、外傷後疼痛、後頭部痛症候群、トルピッド疼痛、外傷性疼痛、外傷性疼痛、外傷性疼痛、外傷性疼痛、外傷性疼痛、軽度疼痛、中程度疼痛、中等度疼痛、多発性筋炎を伴う多関節痛

R68.8.0 *炎症性症候群

末梢神経系の炎症性病変を伴う疼痛症候群、肩関節の痛みを伴う炎症、外傷または手術後の痛みを伴う炎症、手術後の痛みのある炎症、痛みを伴う痔、炎症喉頭の炎症、歯肉の炎症、セルロースの炎症、リンパ節の炎症、扁桃炎、筋肉の炎症、軟部組織の炎症、口の炎症、手術後の炎症および外傷、整形外科手術後の炎症、外傷後の炎症、慢性関節リウマチの炎症、中耳の炎症、炎症性歯肉炎、眼瞼炎症、炎症性眼疾患、軟部組織の炎症性腫脹、炎症過程、外科的介入後の炎症過程、炎症過程、炎症症候群、Inflammat 手術後の炎症性症候群、膿性感染症、炎症病因の肝機能の侵害、筋骨格系の急性炎症、前炎症性軟部組織炎症

T14.9傷害不明

外傷後の痛み症候群、外傷後の痛み症候群、外傷および手術後の痛み症候群、傷害の場合の痛み、外傷性の痛み、傷害を伴う痛み、術後および外傷後の痛み、傷害の場合の痛み外傷性起源、深刻な外傷性疼痛症候群、深部組織損傷、胴体の深い傷、閉鎖傷害、軽度の家庭傷害、軽度の皮膚損傷、軟部組織の完全性の侵害、単純な外傷、広範囲の外傷、急性疼痛症候群外傷後の痛み、外傷後の痛み、軟部組織の傷害、関節の傷害、スポーツの傷害、傷害、外傷性の痛み、外傷性の痛み、外傷性の痛み、スポーツへの負傷

T88.9外科および医療の合併症、不特定

整形外科手術後の痛み、診断手技後の痛み症候群、手術後の痛み診断後の痛み、整形外科手術後の痛み、痔核除去後の痛み、エキシマレーザー照射時の痛み、歯科治療における痛み症候群、痛みを伴う診断介入、痛みを伴う診断操作、痛みを伴う器具診断手技、痛みを伴う器具操作、痛みを伴う治療、痛みを伴う治療、痛みを伴う治療、痛みを伴う治療的介入、術後の痛み、整形外科手術後の痛み、診断手技中の痛み、治療中の痛み、整形外科の痛み、術後の痛み、診断手技後の痛み、硬化療法後の痛み、歯科手術後の痛み、ポー 術後疼痛、術後疼痛および術後疼痛、歯の痛み、手術後の炎症、整形外科手術後の炎症、手術後の炎症、手術後の炎症症候群、手術後の瘻孔、手術創、手術後の合併症

リリースの構成と形式

リリース1のテーブルを修正したタブレット。

ジクロフェナクナトリウム25mg(腸溶性顆粒の場合)

50mg(徐放性の腸溶性顆粒の場合)

補助物質:腸溶性顆粒用 - コーンスターチ; ラクトース一水和物; ナトリウムカルボキシメチルデンプン; アクリル白:メタクリル酸およびメチルメタクリレート共重合体[1:1]。タルク; 二酸化チタン; クエン酸トリエチル; 二酸化ケイ素コロイド; 重炭酸ナトリウム; ラウリル硫酸ナトリウム; シメチコン[エマルション30%]; ステアリン酸マグネシウム; 二酸化ケイ素コロイド;

延長放出で腸溶性である顆粒について - トウモロコシデンプン; ラクトース一水和物; ナトリウムカルボキシメチルデンプン; アクリル - 白:メタクリル酸およびメチルメタクリレート共重合体[1:1]。 タルク; 二酸化チタン; クエン酸トリエチル; 二酸化ケイ素コロイド; 重炭酸ナトリウム; ラウリル硫酸ナトリウム; シメチコン[エマルション30%]; ヒプロメロース; ステアリン酸マグネシウム; 二酸化ケイ素コロイド; 染料「ソーラーサンセット」イエロー(E110)に基づくアルミニウムラッカー

10匹のブリスターで。 段ボールの3つのブリスター

剤形の説明

丸型、両凸型、二層錠剤、オレンジ色の一層、二番目は白色から黄白色の白色で、それぞれオレンジ色およびオレンジ色のタブレットの上に白色およびオレンジ色の小さな含浸がある。

薬理学的効果

薬理作用 - 抗炎症、解熱、鎮痛、抗凝集作用。

薬力学

フェニル酢酸の誘導体であるNSAID。 ジクロフェナクは、抗炎症、鎮痛、抗血小板および解熱効果を有する。 無差別にCOX-1およびCOX-2を阻害することにより、それはアラキドン酸の代謝を破壊し、炎症性焦点におけるPGの量を減少させる。 炎症性痛みに最も効果的です。

リウマチ性疾患において、ジクロフェナクの抗炎症および鎮痛効果は、関節の機能状態を改善する痛み、朝のこわばり、関節の腫れの重症度を有意に低下させる。 傷害の場合、術後期間に、ジクロフェナクは疼痛および炎症性浮腫を軽減する。

薬物動態

薬物Rapten Duoは、二層錠剤の形態のジクロフェナク(ナトリウム塩)の一形態である。

経口投与後、ジクロフェナクは消化管から迅速かつ完全に吸収される。 第1の耐酸性層からのジクロフェナク25mgのために、血漿中のCmaxの単回投与を20〜60分後に達成する。第2層からジクロフェナク50mgをゆっくりと6時間以上放出させ、持続的な効果(12〜24時間)を与えた。 反復投与の背景に対するジクロフェナクの薬物動態の変化は注目されていない。 推奨投与間隔を守りながら累積しないでください。 血漿タンパク質では、適用用量の99%が結合し、薬物は組織および組織液中によく分布する。 滑液に浸透する。 滑液中のStaxは、血漿中よりも2〜4時間後に観察される。 T1 / 2を滑液から3〜6時間(滑膜液中の活性物質の濃度は、薬物の投与後4〜6時間が血漿中より高く、さらに12時間高いままである)。 滑液中の薬物濃度とその臨床効果との間の関係は解明されていない。

代謝:活性物質の50%が、肝臓を最初に通過する間に代謝を受ける。 代謝は、複数回または1回のヒドロキシル化およびグルクロン酸とのコンジュゲーションの結果として生じる。酵素系P450 CYP2C9は薬物の代謝に関与する。 代謝産物の薬理学的活性は、ジクロフェナクのそれよりも低い。

全身クリアランスは約(26050)ml /分、Vss-550ml / kgである。 血漿からのT1 / 2は平均して約2.5時間である。 投与された用量の65%が腎臓によって代謝産物として排泄される。 1%未満が変わらず排泄され、残りの用量(35%未満)は胆汁を有する代謝産物として排泄される。

慢性肝炎または補体肝硬変の患者では、ジクロフェナクの薬物動態パラメータは変化しない。

薬物はBBBと胎盤障壁を通過し、少量で牛乳で排泄されます。

表示

関節リウマチ、乾癬性関節炎、若年性慢性関節炎、強直性脊椎炎(ベクテレフ病)を含む筋骨格系疾患の対症療法; 痛風性関節炎、末梢関節および背骨の変形性関節症、 (病気の進行に影響を与えずに、治療中の疼痛および炎症を緩和または軽減する)、炎症性腸症候群、慢性閉塞性肺疾患

神経痛、筋肉痛、腰痛、坐骨神経痛、痛覚過敏、外傷後および術後疼痛症候群、炎症、癌の疼痛、頭痛、片頭痛、奇形性痴呆、副鼻腔炎、痛みを伴う痛み症候群;

重度の疼痛症候群(咽頭炎、扁桃炎、耳炎)の耳、咽喉、鼻の感染性および炎症性疾患の複合療法において、有効である。

禁忌

活性物質(他のNSAIDを含む)または補助成分に対する過敏症;

気管支喘息、再発性鼻ポリープ症および副鼻腔炎およびアセチルサリチル酸(ASA)または他のNSAID(気管支喘息を含む)に対する不耐性の完全または不完全な組み合わせ;

胃または十二指腸の粘膜におけるびらん性および潰瘍性変化、活動性胃腸出血、

炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)を悪化させる段階;

aortocoronary shunting後の期間;

妊娠のIII期、母乳育児の時期;

代償不全の心不全;

造血障害、止血障害(血友病を含む);

重度の肝障害または活動性肝疾患;

重度の腎不全(C1クレアチニンが30ml /分未満); 進行性腎疾患、 確認された高カリウム血症;

18歳までの子供の年齢。

ガラクトース不耐性、ラクターゼ欠乏症またはグルコースガラクトース吸収不良などの稀な遺伝病を有する患者は、この薬剤を服用すべきではない。

慎重に

貧血、気管支喘息、脳血管疾患、IHD、うっ血性心不全、動脈性高血圧、末梢動脈疾患、浮腫性症候群、肝臓または腎不全(C1クレアチニン30-60ml /分)、肝臓病の病歴、脂質異常症/高脂血症、 (広汎な手術後を含む)、肝臓ポルフィリン症、憩室炎、全身性結合組織疾患、妊娠(I-IIトリメスター)を含むが、これらに限定されない。

胃や十二指腸の消化性潰瘍(Helicobacter pylori)感染症、高齢者(利尿薬、弱体化患者、低体重)、NSAIDsの長期使用、頻繁なアルコール消費、重度の体性疾患。

抗凝固剤(ワルファリンなど)、抗アグリゲート剤(ASA、クロピドグレルなど)、経口GCS(プレドニゾンなど)、SSRI(シタロプラム、フルオキセチン、パロキセチン、セルトラリンなど)の同時治療。

副作用

多くの場合1-10%。 時には0.1〜1%; まれに - 0,01-0,1%; ごくまれに - 個々の症例を含めて0.001%未満。

消化器系の側から:しばしば上腹部の痛み、吐き気、嘔吐、下痢、消化不良、鼓腸、食欲不振、アミノトランスフェラーゼ活性の増加:胃炎、直腸炎、消化管からの出血(血液、メネナ、下痢胃腸潰瘍(出血または穿孔の有無にかかわらず)、肝炎、黄疸、肝機能障害; 非常にまれに - 口内炎、舌炎、食道炎、非特異的出血性大腸炎、潰瘍性大腸炎またはクローン病の悪化、便秘、膵炎、劇症肝炎。

神経系から:頻繁に - 頭痛、めまい; まれに - 眠気。 非常にまれに - 感受性の違反、 不眠症、不眠症、悪夢、過敏症、精神障害の治療に使用することができる。

感覚から:頻繁に - めまい; 非常にまれに - 視覚障害(視力障害、複視)、聴覚障害、耳鳴り、味覚の違反。

泌尿器系から:非常にまれに - 急性腎不全、血尿、タンパク尿、間質性腎炎、ネフローゼ症候群、乳頭壊死。

造血から:ごくまれに - 血小板減少、白血球減少、溶血性および再生不良性貧血、無顆粒球症。

アレルギー反応:血圧およびショックの顕著な低下を含むアナフィラキシー/アナフィラキシー様反応; 非常にまれに - 血管浮腫(顔を含む)。

心臓血管系から:非常にまれに動悸、胸痛、血圧上昇、血管炎、心不全、心筋梗塞。

呼吸器系から:まれに - 気管支喘息の悪化、息切れ。 ごくまれに - 肺炎。

皮膚の部分に:しばしば皮膚発疹; まれに - ハイブ; 非常にまれに - 水疱性発疹、紅斑。 多型およびスティーブンス・ジョンソン症候群、ライエル症候群、剥離性皮膚炎、かゆみ、脱毛、光感受性、紫斑病、 アレルギー。

その他:まれに腫れ。

インタラクション

血漿ジゴキシン、メトトレキセート、リチウムおよびシクロスポリンの濃度を増加させる。

利尿剤の効果を低下させ、カリウム保存性利尿剤の背景が高カリウム血症のリスクを高める。 抗凝固剤、抗血小板剤および血栓溶解剤(アルテプラーゼ、ストレプトキナーゼ、ウロキナーゼ)の背景 - 出血のリスク(より頻繁に胃腸管から)。 降圧剤や催眠剤の効果を軽減します。

他のNSAIDsやGCS(胃腸管での出血)、メトトレキサートの毒性、シクロスポリンの腎毒性の副作用の可能性を高めます。

ASAは、血液中のジクロフェナクの濃度を低下させる。 パラセタモールとの同時使用は、ジクロフェナクの腎毒性作用を発症するリスクを増加させる。 低血糖薬の効果を低下させます。 セファマンドール、セフォペラゾン、セフォテタン、バルプロ酸およびプリカマイシンは、低プロトロンビン血症の発生率を増加させる。 シクロスポリンおよび金製剤は、腎臓におけるPGの合成に対するジクロフェナクの効果を増加させ、腎毒性を増加させる。 エタノール、コルヒチン、コルチコトロピン、SSRIおよびセントジョンズ麦汁の調製物との同時投与は、消化管における出血のリスクを増加させる。 光感受性を引き起こす薬物は、ジクロフェナクの紫外線照射に対する感作効果を増加させる。 管状分泌を阻止し、ジクロフェナクの血漿中濃度を上昇させ、その毒性を増加させる薬物。 キノロン群の抗菌薬と併用すると、発作の危険性があります。

投与と投与

内部、咀嚼なし、食事中または食事後、十分な液体。

成人の1日の投与量は75mg(1錠)です。 最大1日量は150mg(1錠2錠、好ましくは朝食前の最初の錠剤、12時間後の2回目の錠剤)です。

胃腸管の部分で有害事象を発症する危険性を低減するためには、最小有効用量を、可能な最小限の短期間で使用すべきである。

過剰摂取

症状:嘔吐、胃腸管からの出血、下痢、めまい、耳鳴り、痙攣、血圧上昇、急性腎不全、肝毒性効果、呼吸抑制、昏睡などの重大な過剰服用。

治療:胃洗浄、活性炭、血圧上昇、腎機能障害、発作、胃腸炎、呼吸抑制を排除することを目的とした対症療法。 強制的な利尿では、血液透析は効果がありません(タンパク質との重要な関係と集中的な代謝のため)。

特別な指示

所望の治療効果を迅速に達成するために、食事の30分前にジクロフェナクを採取する。 他のケースでは、食べる前、食べている間、食べた後に、噛むことなく、十分な水で搾ります。

GHGが腎血流量を維持する重要な役割を果たすため、心機能や腎不全の患者、利尿薬を服用する高齢者の治療、および何らかの理由でBCCが低下した患者に割り付ける際には注意が必要です例、広範な外科的介入後)。 このような場合にӟ

Someone from the United Arab Emirates - just purchased the goods:
Honluten 60 capsules