Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指導:アミトリプチリン10 mg

私はこれがほしい、私に価格を与える

国際非営利団体 (INN):アミトリプチリン

薬学的グループ:抗うつ薬

プレゼンテーション:錠剤10mg¹50または25mg¹50。

処方箋付き

アミトリプチリンの適応症

アミトリプチリンは三環系抗うつ薬(TCA)です。 これは最も広く使用されているTCAであり、2001年初めの研究によると、SSRIの新しいクラスと同じくらいうつ病に対して少なくとも同等の効能を持っています。うつ症状を軽減するだけでなく、これらのタイプの三環系も偏頭痛、緊張性頭痛、いくつかの統合失調症症状。

アミトリプチリンは、主にセロトニン・ノルエピネフリン再取り込み阻害剤として作用し、セロトニン・トランスポーターに対する強い作用およびノルエピネフリン・トランスポーターに対する中程度の作用を有する。 ドーパミントランスポーターにはほとんど影響がないため、ドーパミン再取り込みには影響せず、セロトニンに比べてドーパミン再取り込みに約1,000倍弱く作用します。

アミトリプチリンは、5-HT2A、5-HT2C、5-HT6,5-HT7、α1-アドレナリン作動性、H1、H2、H4、およびmACh受容体アンタゴニストおよびσ1受容体作動薬としてさらに機能する。 フェンシクリジンと同じ結合部位で比較的弱いNMDA受容体陰性アロステリックモジュレーターであることも示されている。 アミトリプチリンは、ナトリウムチャネル、L型カルシウムチャネル、およびKv1.1、Kv7.2、およびKv7.3電位依存性カリウムチャネルを阻害し、したがって、ナトリウム、カルシウムおよびカリウムチャネルブロッカーとしても機能する。

最近、アミトリプチリンは、TrkAおよびTrkB受容体のアゴニストとして作用することが実証されている。 それは、NGFの非存在下でこれらのタンパク質のヘテロ二量体化を促進し、マウスモデルにおいてインビボおよびインビトロの両方で強力な神経栄養活性を有する。 これらは強力な抗うつ効果を有する内因性ニューロトロフィンであるBDNF活性化受容体と同じ受容体であり、このような性質がうつ病に対する治療効果に大きく寄与する可能性がある。 アミトリプチリンはFIASMA(酸性スフィンゴミエリナーゼの機能阻害剤)としても作用する。

アミトリプチリンは、抑うつ障害、不安障害、注意欠陥多動性障害、片頭痛予防、摂食障害、双極性障害、ヘルペス後神経痛、および不眠症を含む多くの病状に使用される。

アミトリプチリンは強直性脊椎炎で痛みを軽減するために使用されます。 再発胆道ジスキネジー(オッディ機能不全の括約筋)を有する患者のための予防薬としても使用される。

アミトリプチリンは、子供の夜間夜尿症の治療にも使用されている。

アミトリプチリンは、外傷後ストレス障害(PTSD)、慢性疼痛、手根管症候群(CTS)、線維筋痛、外陰部膣炎、間質性膀胱炎、男性性慢性骨盤痛症候群、過敏性腸症候群(IBS)末梢ニューロパチー、神経学的疼痛、喉頭感覚ニューロパチー、慢性疲労症候群および多発性硬化症に関連する疼痛感覚異常が挙げられる。 典型的には、1日当たり10〜50mgの疼痛修飾のためにはより低い用量が必要とされる。

虐待のための通常の大量投与。

オーラル:

初回投与量:3~4回に分けて25~100mg、就寝時に50~100mg。

維持用量:1日あたり25〜150 mg、または3〜4回に分けて投与する。 月経前鬱病には、就寝時に1日25mgが使用されています。 用量を徐々に増やす必要があります。 少数の入院患者は1日当たり300mgを必要とするかもしれません。

成人および小児の大うつ病性障害(MDD)患者は、うつ病の悪化および/または自殺念慮および行動の発現(自殺率)または抗うつ薬を服用しているかどうかにかかわらず異常な行動変化を経験することがあります。有意な寛解が生じるまで、リスクは持続する可能性がある。 自殺は、うつ病および特定の他の精神障害の既知のリスクであり、これらの障害自体が自殺の最も強い予測因子である。 しかし、抗うつ薬は、治療の初期段階における特定の患者のうつ病の悪化および自殺惹起の誘発において役割を果たす可能性があるという長年にわたる懸念がある。 抗うつ薬(SSRIsなど)の短期プラセボ対照試験のプール分析では、小児、青年、および若年成人(18-24歳)の自殺思考と行動(自殺率)のリスクが、大うつ病障害(MDD)および他の精神障害が挙げられる。 短期間の研究では、24歳以上の成人のプラセボと比較して、抗うつ薬の自殺率のリスクは増加しなかった。 65歳以上の成人のプラセボと比較して抗うつ薬の減少がみられた。

薬の商品名 - アミトリプチリン

剤形:錠剤

化学的合理名 :3-(10,11-ジヒドロ-5H-ジベンズ[a、d]シクロヘプテン-5-イリデン)-N、N-ジメチルプロパン-1-アミン塩酸塩

活性物質:

アミトリプチリン塩酸塩 - 11.32mgおよび28.30mg、または10mgおよび25mgのアミトリプチリン;

賦形剤:微晶質セルロース40/100 mg、乳糖1水和物40/100 mg、アルファ化デンプン25.88 / 64.70 mgコロイド状二酸化ケイ素(Aerosil)0.4 / 1 mg、タルク1.2 / 3 mgステアリン酸マグネシウム1.2 mg / 1.2 / 3mg。

説明

白から黄色の色調の白い錠剤は、光の縞模様を許容した。

10mgの投与量の場合 - ファセットを有する平らな円筒形。

25mgの投与量の場合 - ファセットを有する平らな円筒形。

薬物療法グループ:抗うつ薬

ATXコード: N06AA09

アミトリプチリン薬理学の薬 理学的性質

抗うつ薬(三環系抗うつ薬)。 また、いくつかの鎮痛剤(中心的な起源)を有することにより、紅斑を排除し、食欲を減少させるのに役立つ。

これは、ニコチン性アセチルコリン受容体mに対する高い親和性に起因して、強力な末梢および中枢性の抗コリン作用を有する。 H1-ヒスタミン受容体の親和性に関連する強力な鎮静作用、およびα-アドレナリン受容体遮断作用が挙げられる。 それは治療用量のキニジンが心室伝導を遅くする(過剰投与では重度の脳室内ブロックを引き起こす)IAクラスの抗不整脈薬(PM)の特性を有する。

抗うつ作用のメカニズムは、中枢神経系(CNS)におけるノルエピネフリンおよび/またはセロトニン濃度の増加(再吸収を減少させる)に関連する。 これらの神経伝達物質の蓄積は、逆捕捉前シナプスニューロン膜の阻害の結果として生じる。 長期間使用すると、脳のβ-アドレナリン作動性受容体およびセロトニン受容体の機能的活性が低下し、アドレナリン作動性およびセロトニン作動性の伝達が正常化し、うつ状態で障害を受けるこれらの系のバランスが回復する。 不安と抑うつ状態が不安、激越、抑うつ症状を軽減するとき。

鎮静作用とm-抗コリン作動作用を有することによる抗潰瘍の作用機序。

膀胱の直接ベータアドレナリン作動性刺激、アルファアドレナリン作動薬の活性、括約筋の亢進、および中枢セロトニン再取り込み遮断を引き延ばす能力の増加をもたらす、明らかに抗コリン作用による寝癖の有効性。

それは、中枢神経系、特にセロトニン中のモノアミンの濃度の変化および内因性オピオイド系への影響に関連すると考えられる中枢鎮痛作用を有する。

神経性過食症に対する作用機序は不明である(恐らくうつ病の場合と同様)。 それは、過度の過度鬱病の患者における薬物の明らかな効果を示し、利用可能であれば、過食症の軽減は、最もうつ病の弱化を伴わずに観察することができる。

全身麻酔が血圧(BP)および体温を低下させる場合。 それはモノアミンオキシダーゼ(MAO)を阻害しない。

抗うつ効果は、適用開始後2〜3週間以内に発症する。

薬物動態

吸収 - 高い。 バイオアベイラビリティ30-60%アミトリプチリン、ノルトリプチリン活性代謝物46-70%。 摂取後の最大濃度(Tmax)までの時間は2,0-7,7時間である。 5.10 l / kgの分布容積。 アミトリプチリンの有効治療血中濃度 - 50〜250 ng / ml、ノルトリプチリン50〜150 ng / ml。 最大血漿濃度(Cmax)0.04-0,16μg/ ml。 血液脳関門、胎盤障壁を含むパスツ(ノルトリプチリンを含む)組織化学的障壁が母乳に入る。 血漿タンパク質との関係 - 96%。

これは、アイソザイムCYP2C19、CYP2D6で肝臓で代謝され、ノルトリプチリン、10-ヒドロキシ - アミトリプチリン、および活性代謝産物を形成するために、(脱メチル化、ヒドロキシル化によって)「初回通過」の効果を有する。 血漿半減期(T1 / 2) - 18〜44時間、アミトリプチリンおよびノルトリプチリンについて10〜26時間。 腎臓から(主に代謝物として)排泄されます - 2週間80%、一部は胆汁があります。

アミトリプチリンの適応症

うつ病(特に、不安、興奮、睡眠障害、小児期、内因性、慢性期、反応性、神経性、薬物、有機性脳病変)。

併用療法では、精神障害、精神病、精神分裂病、アルコール離脱、行動障害(活動および注意)、夜間夜尿症(低血圧膀胱を有する患者を除く)、神経性過食症、慢性疼痛症候群(癌患者の慢性疼痛糖尿病または他の末梢神経障害)、頭痛、片頭痛(予防)、胃潰瘍および12十二指腸潰瘍が挙げられるが、これらに限定されない。

アミトリプチリンの禁忌

過敏症は、MAO阻害剤および治療開始2週間前、心筋梗塞(急性および亜急性期)、急性アルコール中毒、催眠薬による急性中毒、鎮痛薬および精神活性薬、角膜閉鎖緑内障、AVおよび脳室内伝導の重度の侵害(ブロック梁脚枝ブロック、AVブロックII st。)、授乳期、6歳未満の子供。

ラクトース一水和物(乳糖)の錠剤の含有量のため、ガラクトース不耐性、ラクターゼ欠乏症またはグルコースガラクトース吸収不良などの稀な遺伝病を有する患者は、薬物を摂取しないでください。

注意 :アミトリプチリンは、アルコール依存症、気管支喘息、統合失調症(精神病の可能性のある活性化)、双極性障害、てんかん、骨髄造血の抑制、心血管系の疾患(狭心症、不整脈、心臓脳卒中、胃腸管の運動機能低下(麻痺性イレウスのリスク)、肝臓および/または腎不全、甲状腺機能亢進症、前立腺肥大、尿閉、低血圧膀胱、妊娠(特に私は妊娠)、老いている。

アミトリプチリンの投与量と投与

咀嚼することなく、食事の直後(胃粘膜の刺激を軽減するため)。

大人

うつ病の初期用量の成人 - 夜間に25-50mgを投与した後、効能および耐容性に基づいて徐々に用量を増やすことができる

300mg /日を3回に分けて投与する(用量の最大部分は夜間に採取する)。 用量の治療効果が、患者の状態に応じて最小有効度まで徐々に低減され得る場合。 治療期間は、患者の状態、治療の有効性および忍容性によって決定され、数ヶ月から1年の範囲であり、必要な場合はさらに多くの範囲であり得る。

老年期の肺障害および神経性過食症の場合、混合精神障害および行動障害の複合療法において、精神病、統合失調症、およびアルコール離脱は、25〜100mg /日(夜間)、到達後最低有効用量 - 10〜50mg /日で合格の治療効果。

片頭痛の予防のために、神経原性慢性疼痛症候群(長期頭痛を含む)、ならびに胃潰瘍および12十二指腸潰瘍の治療(10-12.5-25〜100mg /日線量は夜に採取される)。

子供

赤ちゃんを抗うつ薬として:6〜12年 - 10〜30mg /日または05 / 01mg / kg /日を分けて、10代~100mg /日。

6歳から10歳の小児の夜間夜尿症の場合、11〜16歳の夜は10-20 mg /日 - 50 mg /日まで。

アミトリプチリンの副作用

関連する抗コリン作動薬の効果:視力のぼけ、調節の麻痺、散瞳、眼内圧上昇(局所解剖学的素因を有する人 - 前房の狭角)、頻脈、口渇、混乱(せん妄または幻覚)、便秘、麻痺腸閉塞、排尿困難。

不安、混乱、幻覚(特に、高齢患者およびパーキンソン病患者)、不安、激越精神運動、躁病、軽躁病、記憶障害、集中力の低下、不眠症、「悪夢」のCNS:眠気、眠気、疲労、過敏性、夢、無力症; 頭痛; 小関節症、小さな筋肉の震え、特に腕、手、頭と舌、末梢神経障害(感覚異常)、重症筋無力症、ミオクローヌス; 運動失調、錐体外路症候群、発作の加速および激化; 脳波(EEG)の変化。

CCCから:頻脈、動悸、めまい、起立性低血圧、心臓病のない患者の心電図(ECG)(範囲STまたはT波)の非特異的変化; 不整脈、不安定な血圧(血圧の低下または上昇)、心室伝導の侵害(QRS複合体の拡張、間隔PQの変更、束分岐ブロック封鎖)を含む。

消化管の部分では、吐き気、胸やけ、胃痛、肝炎(肝機能および胆汁うっ滞の変化を含む)、嘔吐、食欲および体重増加または食欲不振および体重減少、口内炎、味覚変化、下痢、舌。

内分泌系から:睾丸の大きさ(腫脹)の増加、女性化乳房腫; 乳房、乳房の大きさの増加; 低血糖または高血糖、低ナトリウム血症(バソプレッシンの産生の減少)、不適切な分泌の抗利尿ホルモン症候群(ADH)を含むが、これらに限定されない。

アレルギー反応:皮膚発疹、かゆみ、光感受性、血管浮腫、蕁麻疹。

その他:脱毛、耳鳴り、浮腫、過敏症、腫れたリンパ節、尿貯留、頻尿。

長期間の治療、特に高用量では突然停止したときに吐き気、嘔吐、下痢、頭痛、倦怠感、睡眠障害、珍しい夢、珍しい興奮などの離脱症状を発症することがあります。 過敏症、落ち着き、不眠症、異常な夢など、長期治療後に段階的に消える。

ループス様症候群(移動性関節炎、抗核抗体およびリウマチ因子陽性の出現)、異常な肝機能、老化など、薬物の受容とのコミュニケーションは確立されていない。

過量

症状 中枢神経系:眠気、昏睡、昏睡、運動失調、幻覚、不安、激越、集中力の低下、混乱、錯乱、構音障害、反射亢進、筋肉硬直、脊髄硬化症、てんかん症候群。

CCCから:血圧、頻脈、不整脈、心臓内伝導の侵害、三環系抗うつ剤の特徴であるECG変化(特にQRS)、ショック、心不全の低下。 ごくまれに - 心停止。

その他:呼吸抑制、呼吸困難、チアノーゼ、嘔吐、温熱、散瞳、発汗の増加、乏尿または尿毒症。

症状は、過量投与後4時間以内に発現し、24時間以内にピークに達し、4-6日間持続する。 特に小児で過量投与が疑われる場合、患者は入院するべきです。

治療:口腔:胃洗浄、活性炭; 症候性および支持療法; (血圧、不整脈、昏睡、ミオクローヌス発作の低下) - コリンエステラーゼ阻害剤の導入(発作のリスクが高いため、フィゾスチグミンの使用は推奨されない); 血圧および体液および電解質バランスの維持。 CCC制御機能(ECGを含む)を5日間(再発は48時間後に起こり得る)、抗けいれん療法、人工肺換気(ALV)などを示す。 蘇生。 血液透析および強制的な利尿は有効ではない。

インタラクション

中枢神経系(他の抗うつ薬、バルビツール酸、ベンザジアゼピノフおよび全身麻酔薬を含む)を抑制するエタノールおよび薬物の共同適用では、CNS、呼吸抑制および降圧効果に対する阻害作用が有意に増加する可能性がある。

エタノールを含む飲み物に対する感度を高めます。

副作用(CNS、視力、腸および膀胱)のリスクを増加させる抗コリン作動薬(例えば、フェノチアジン誘導体、抗パーキンソン病薬、アマンタジン、アトロピン、ビペリデン、抗ヒスタミン薬)による抗コリン作用を高める。 ホロノブロカテラミ、フェノチアジン誘導体およびベンゾジアゼピンとの共同適用 - 鎮静および中枢性抗コリン作用の相互増強および発作のリスクの増加(発作活動の閾値を低下させる)。 フェノチアジン誘導体は、神経弛緩性悪性症候群のリスクをさらに高めることがある。

抗てんかん剤との共同適用では、薬物は中枢神経系に対するうつ病の影響を増大させ、発作活動の閾値(高用量で使用される場合)および後者の効率の低下を低下させる。

抗ヒスタミン剤との共同適用では、クロニジン - 中枢神経系に対する阻害作用が増加した。 アトロピンで - 麻痺性腸閉塞のリスクを増加させる; 錐体外路反応を引き起こす薬物の使用 - 錐体外路効果の重症度および頻度の増加。

アミトリプチリンおよび間接的な抗凝固剤(クマリン誘導体またはインダディナ)の同時使用により、後者の抗凝固活性を増加させることができる。

アミトリプチリンは、グルココルチコステロイド(GCS)によって引き起こされるうつ病を増強する可能性がある。

甲状腺機能亢進症の治療薬は、無顆粒球症のリスクを高める。

フェニトインおよびアルファブロッカーの有効性を低下させる。

ミクロソームの肝臓酵素(バルビツレート、カルバマゼピン、フェニトイン、ニコチンおよび経口避妊薬)の誘発物質であるミクロソーム酸化(シメチジン)の阻害剤はT1 / 2を延長し、アミトリプチリン(20〜30%血漿中の濃度を低下させ、アミトリプチリンの有効性を低下させる。

ジスルフィラムと他のものの併用。 Atsetaldegidrogenazy阻害剤はせん妄を引き起こす。

フルオキセチンおよびフルボキサミンは、アミトリプチリンの血漿濃度を上昇させる(アミトリプチリン用量の減少を50%必要とする場合がある)。

経口避妊薬およびエストロゲンは、アミトリプチリンのバイオアベイラビリティを増加させる可能性がある。

クロニジン、グアネチジン、ベタニジノム、レセルピンおよびメチルドーパを用いたamitriptiliinaの応用では、後者の降圧作用を減少させる。 コカインとの併用 - 心臓不整脈のリスク。

抗不整脈薬(キニジンなど)は、不整脈(おそらくアミトリプチリンの代謝を遅くする)のリスクを高める。

ピモジドプロブコールを含み、心臓不整脈を増強することができ、これはECG上のQT間隔の延長に現れる。

それは、SCAエピネフリン、ノルエピネフリン、イソプレナリン、エフェドリンおよびフェニレフリン(これらの薬物が局所麻酔薬の一部である場合を含む)の効果を高め、心臓不整脈、頻脈、重度の高血圧のリスクを高める。

鼻腔内投与のため、または眼科で(著しい全身吸収を伴って)使用するためにアルファ - アドレナリン作動薬と同時投与する場合、後者の血管収縮作用を増幅することができる。

甲状腺ホルモンとの共同受診で - 治療効果と毒性効果(心臓不整脈と中枢神経系への刺激効果を含む)の相互補強。

M-ホロボロボおよび抗精神病薬(神経弛緩薬)は、過熱症(特に暑い時期)のリスクを高める。

他の人との共同任命時。 Gematotoksichnosti薬は、gematotoksichnostiを増加させる可能性があります。

MAO阻害剤との相性が悪い(過敏症、重度の痙攣、高血圧症、患者の死亡の頻度の増加が考えられる)。

アミトリプチリンについての特別な指示

血圧を監視するために治療が必要な前(低血圧または不安定な血圧の患者では、それはさらに減少する可能性があります)。 末梢血のコントロール(顆粒球増加症を発症することがあるため、特に体温の上昇、インフルエンザ様症状の発症、咽喉の痛みなど)を監視することが推奨されます。制御機能はSSAおよび肝臓である。 高齢者およびCVD患者は、心拍数(HR)、血圧、ECGの制御が示される。 ECGは、臨床的に重要ではない変化(T波の平滑化、うつ病STセグメント、QRS複合体の拡張)と思われるかもしれない。

「嘘つき」または「座っている」という直立姿勢への急激な移行に注意する必要があります。

治療はエタノールの使用を排除すべきである。

低用量から開始して、MAO阻害剤を中止してから14日以上前に割り当ててください。

長期治療後の突然の中断により、「中止」の症候群が発症することがあります。

150mg /日を超える用量のアミトリプチリンは、発作活動の閾値を低下させる(感受性のある患者および他の患者の存在下でのてんかん発作のリスクに留意する)。因果関係の脳損傷などの発作を予測する。ベンゾジアゼピンのような抗痙攣特性を有する非エタノールまたはキャンセル薬物中の抗精神病薬(神経弛緩薬)の同時使用。

大うつ病は自殺行動の特異なリスクであり、重大な寛解まで持続する可能性がある。 これに関して、ベンゾジアゼピンまたは神経弛緩薬の群からの薬物の組み合わせによる治療の開始時および一定の医学的監督(代理店の貯蔵および薬物の投与)が示され得る。

小児、青年、若年成人(24歳未満)のうつ病などがあります。 プラセボと比較して精神障害抗うつ薬は、自殺思考や自殺行動のリスクを高めた。 したがって、アミトリプチリンまたは他のいずれかの任命。 これらの患者の抗うつ薬は、自殺のリスクとその使用による利益に関連しているべきである。 24歳以上の短期間の研究では、自殺のリスクは増加せず、65歳以上の人では幾分減少しています。 抗うつ薬治療中、すべての患者を自殺傾向の早期発見のために監視すべきである。

躁病またはうつ病の抑うつ期の周期的情動障害を有する患者では、治療中に発症することがある(用量の減少または薬物の離脱および抗精神病薬の任命を必要とする)。 これらの症状が緩和された後、治療に低線量の証拠がある場合、治療を再開することができます。

心臓毒性の可能性があるため、甲状腺機能亢進症の患者や甲状腺ホルモン剤を受けてい

Someone from the France - just purchased the goods:
Suprenamin adrenal glands bioregulator 40 pills