Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:Procerinum

私はこれがほしい、私に価格を与える

活性物質:メチル硫酸ネオスチグミン

ATXコード

N07AA01臭化ネオスチグミン

薬理学グループ

コリンエステラーゼ阻害剤[m-、n-コリンミメティックス、 抗コリンエステラーゼ剤]

病因分類(ICD-10)は、

B91ポリオの結果

ポリオ撲滅の結果、ポスト脊髄炎症候群

G09炎症性B91の結果ポリオの結果

ポリオ撲滅の結果、ポスト脊髄炎症候群

G70重症筋無力症および神経筋シナプスの他の障害

重症筋無力症候群、重症筋無力症、重症筋無力症、重症筋無力症、重症重症筋無力症(重症筋無力症)

G70.9不特定の神経筋シナプスの違反

G83.9不特定の麻痺性症候群

眼球麻痺、眼球麻痺

H40.1原発性開放隅角緑内障

オープンアングル緑内障、原発性緑内障、偽葉緑内障、上昇IOP

H46視神経炎

網膜網膜炎、視神経の炎症性視神経炎、ストローナ症候群、視神経の炎症、乳頭炎

K31.8.0 *胃のアトン

糖尿病性胃不全麻痺、胃腸管のアトニー、胃の低血圧、特発性胃不全麻痺、薬物胃不全麻痺、胃不全、胃の萎縮、胃の術後低血圧、胃と腸の麻痺

K59.8.0 *腸のアトニー

十二指腸のアトン、胃腸管のアトニー、腸のアトニー、手術後の腸のアトニー、出産後の腸のアトニー、胃腸管の筋肉のアトニー、大腸の鈍い蠕動、鈍い蠕動結腸、十二指腸の低血圧、腸の低血圧、大腸の低血圧、大腸の低体重症、大腸の胃腸管および弛緩性蠕動の低血圧による様々な病因の便秘、腸の促進の違反内容、術後胃の萎縮、術後の腸の萎縮

M79.2未知の神経学および神経炎

神経痛、神経痛、肋間神経の神経痛、後脛骨神経痛、神経炎、神経炎、外傷、神経炎、神経学的疼痛症候群、痙攣を伴う神経拘縮、急性神経炎、慢性疼痛、末梢神経炎、外傷後神経痛、神経原性の重症痛、慢性神経炎、本態性神経痛

N31.2神経原性膀胱の衰弱、他に分類されていない

ストレスのある状況での尿失禁、膀胱のアトニー、膀胱のアトニー(括約筋)(神経原性)、膀胱の括約筋の機能障害、神経原性膀胱障害、神経原性膀胱障害、神経原性膀胱、括約筋の機能不全膀胱、命令的失禁

O62.2その他の子宮慣性

metroparalysis; 労働活動の弱点。 子宮の衰弱 労働の誘発; 期間中の労働誘致; 短期または短期の労働投入 労働の活性化

T90.9頭部外傷の結果、不特定

外傷性脳傷害後の状態、頭蓋外傷後外傷後症候群、CCT後の状態

組成

タブレット1テーブル。

活性物質:

メチル硫酸ネオスチグミン15 mg

補助物質:スクロース; ジャガイモでんぷん; ステアリン酸カルシウム

薬力学

合成抗コリンエステラーゼ剤。 コリンエステラーゼを可逆的に遮断し、臓器および組織に対するアセチルコリンの作用の蓄積および強化、および神経筋伝導の回復をもたらす。

それは、心拍数の低下、唾液腺(唾液、気管支、汗および胃腸管の腺)の分泌を増加させ、過覚醒、気管支拡張、胃液の酸性度の上昇に寄与し、瞳孔を狭くし、眼圧を下げ、腸の平滑筋の緊張を強くし(蠕動運動を強化し、括約筋を緩和する)、膀胱を刺激し、気管支の攣縮を引き起こし、骨格筋を緊張させる。

プロゼリンは、抗分極性クレードル様薬物のアンタゴニストである。 しかしながら、大量投与では、プロセリン自体が、アセチルコリンの蓄積およびシナプス領域における持続的な脱分極の結果として、神経筋伝導の破壊を引き起こす可能性がある。 直接的なn-cholinomimetic効果を与えます。 この薬物の作用は、コリン作動性神経の興奮の特徴的な効果と一致する。 フィゾスチグミンとは異なり、それは腸、膀胱および子宮の筋肉をより大きく刺激し、心臓にわずかに影響し、中枢効果を引き起こさない。 治療用量で投与すると、骨格筋のn-コリン作動性受容体が大きく興奮し、神経筋伝達が増加する。

薬物動態

第4級アンモニウム塩基であるため、BBBにはほとんど浸透せず、中心的な効果はありません。 バイオアベイラビリティは1〜2%である。 血漿タンパク質との結合は15〜25%である。 経口投与のためのT1 / 2 - 52分。 代謝 - 肝臓で不活性な代謝産物が形成される。 投与された用量の80%が24時間以内に腎臓から排出される(その50%は変化せず、30%は代謝産物である)。

適応症

重症筋無力症;

脳の外傷後の運動障害;

麻痺;

髄膜炎、麻痺、脳炎後の回復期間;

労働力の弱さ(まれに);

開放隅角緑内障;

神経炎、視神経の萎縮;

胃腸管のアトニー;

膀胱のアトニー;

非脱分極筋弛緩剤による神経筋伝達の残留障害の排除。

小児の練習では、重症筋無力症、脳外傷後の運動障害、麻痺、髄膜炎後の回復期、脊髄炎、脳炎、視神経炎、胃腸管の萎縮、膀胱の萎縮、無偏性筋弛緩薬による残留神経筋障害の排除。

禁忌

過敏症;

てんかん;

Hyperkinesis;

迷走神経切開術;

心虚血;

徐脈;

不整脈;

狭心症;

気管支ぜんそく;

重度のアテローム性動脈硬化症;

甲状腺中毒症;

胃と十二指腸の消化性潰瘍;

腹膜炎;

胃腸管および尿路の機械的閉塞;

前立腺腺腫;

急性疾患の期間;

重度障害の子供の中毒;

妊娠;

泌乳期間。

慎重に ネオマイシン、ストレプトマイシン、カナマイシン、抗分極作用を有する他の抗生物質、局所およびいくつかの一般的な麻酔剤、抗不整脈薬およびコリン作動性伝達を妨害する多くの他の薬物に対する抗コリン作用薬の背景に対して、重症筋無力症の背景に対して。

副作用

消化管の部分で:過放飼、痙攣の減少と腸の蠕動の強化、吐き気、嘔吐、鼓腸、下痢。

神経系および感覚器官から:舌、痙攣、構音障害の筋肉の束縛を含む、頭痛、めまい、衰弱、意識消失、眠気、衰弱、視覚障害、震え、痙攣および痙攣および骨格筋の痙攣。

CCCの部分では、不整脈、倦怠感または頻脈、AV遮断、遮断、結節リズム、ECGの非特異的変化、心停止が挙げられる。

呼吸器系から:息切れ、呼吸抑制、停止まで、気管支痙攣。

アレルギー反応:顔面充血、発疹、かゆみ、アナフィラキシー。

その他:排尿回数、痛覚過敏、過度の発汗。

インタラクション

重症筋無力症がアルドステロン、GCSおよび同化ホルモンのアンタゴニストと組み合わせて処方される場合。

アトロピン、メタロシンおよび他のm-ホリノブロッコリーは、プロセリンのm-コリミミメティック効果(瞳孔の狭小化、徐脈、胃腸管の運動性の増加、過覚醒を含む)を弱める。

投与 投与

食事の30分前。

大人 - 1日2回〜10回15〜2回、最大1回〜15mg、最大1日〜50mg。

10歳未満の小児 - 1日1日あたり1mg、10年以上 - 最大10mg /日(それ以上)。

治療の経過(重症筋無力症を除く) - 必要に応じて25-30日間、3-4週間後に再度。 毎日の総投与量の大部分は、患者が最も疲れている昼間に与えられる。

労働活動の衰え - 1日4〜6回3mg中40分間隔で。

過剰摂取

症状は、コリン作動性受容器の過剰興奮(コリン作動性の危機)と関連している:徐脈、過灌流、気管支痙攣、気管支痙攣、吐き気、蠕動増加、下痢、頻尿、舌および骨格筋の筋肉の痙攣、圧力。

治療:プロリリンの用量を減らすか、必要に応じて、アトロピン(0.1%溶液1ml)、メタクリンおよび他のコリンブロック剤を入れる。

特別な 指示

治療中に重症筋無力症(治療量が不十分である)またはコリン作動性(過剰服用による)危機が発生した場合、症状の類似性のために慎重な鑑別診断が必要です。

問題の形式

錠剤15mg。 10タブの場合。 平面セルパッケージ内。 段ボールのパックで2輪郭の正方形。

薬局からの休暇の条件

処方せん。

保管条件

乾燥状態では、暗所は25℃以下の温度である。

子供の手の届かないところに保管してください。

賞味期限

5年。

パッケージに記載されている有効期限が過ぎてから使用しないでください。

Someone from the Qatar - just purchased the goods:
Hepatrombin H ointment 20g