Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:プリベナ

私はこれがほしい、私に価格を与える

投薬形態:筋肉内注射のための懸濁液

活性物質: Vaccinum antipneumococcum

ATX

J07AL02肺炎球菌精製ポリサッカライド抗原コンジュゲート

薬理学的グループ:

ワクチン、血清、ファージ、トキソイド

病因分類(ICD-10)は、

A16呼吸器系の結核、細菌学的または組織学的に確認されていない

A40.3肺炎連鎖球菌による敗血症

B24ヒト免疫不全ウイルス[HIV]に起因する疾患、不特定

B95.3肺炎連鎖球菌

C80局在の特定がない悪性新生物:悪性腫瘍; 悪性新生物; 異なる局在の悪性新生物; 悪性腫瘍; イートンランバート症候群; 悪性新生物の局所的な流行形態; 転移性腹水; 転移性腹水; 腫瘍における小脳変性; 遺伝性の癌; 転移性腫瘍; がんの腹水; 固形腫瘍

D73.0過度主義

D84.9未指定の免疫不全症:免疫不全状態の肺炎; 自己免疫疾患; 自己免疫疾患; 重篤な免疫不全; 免疫不全; 免疫不全; 免疫不全疾患; 手術による免疫不全状態; がんのための免疫療法; 免疫調節; 弱化した免疫系を有する患者の感染; 免疫不全の是正; 免疫不全の是正; 弱体化した免疫系の矯正; 免疫不全状態における弱い免疫の訂正; 免疫の違反; 免疫状態の違反; 免疫系障害; 原発性免疫不全; 免疫を維持する。 身体の防御を低下させる。 免疫を下げる。 風邪や感染症の免疫力を低下させる。 免疫状態の低下; 感染症に対する抵抗力の低下。 感染症や風邪への抵抗力が低い。 抵抗が低くなった。 免疫抑制; 風邪への前兆; 後天性免疫不全; 放射線免疫不全; 免疫不全の発症; 免疫不全症候群; 免疫不全症候群; 原発性免疫不全症候群; 身体の防御を減らす。 免疫抑制; 免疫防御の低下。 局所免疫を減少させる; 体全体の抵抗を減らす。 細胞性免疫の低下; 子供の感染症に対する抵抗力の低下; 体の抵抗を減らす。 抵抗を減らしました。 免疫を減少させる。 状態免疫不全; 非特異的免疫のプロセスの刺激; 重度選択的二次免疫不全; 免疫抑制; 原発性免疫不全

E14糖尿病、不特定:糖尿病の重篤な血管合併症:糖尿病; 糖尿病性無力症; 甲状腺機能不全; 糖尿病; 糖尿病の背景にある肥満

G00.1肺炎球菌髄膜炎:肺炎球菌髄膜炎の再発

G96.0脳脊髄液の拡散[CSF]

H66.9中耳炎、不特定:慢性中耳炎; 中耳炎; 平均中耳炎; 中耳感染症; 小児の中耳炎

I99循環系のその他のおよび特定されていない障害:血管症; 動脈塞栓症; アテローム性動脈硬化症; 血行動態右心不全; 右心臓の血行力学的欠陥; 冠動脈アンギオパシー; 血液循環の侵害; 循環の違反; 臓器および組織における違反微小循環; 末梢性循環障害; 四肢における末梢循環の障害; 循環障害; 動静脈起源の血行動態不安定性閉塞; 急性循環障害; Psevdostenokardicheskie状態。 Psevdostenokardicheskoe障害; 循環器障害; 心血管疾患; 血管機能不全; 血栓性動静脈シャント; 人工心臓弁を用いた血栓症; 骨盤臓器における血液循環の悪化; 心血管系の機能不全; 心血管系の機能障害; 慢性動脈不全; 慢性心不全; 加齢性血管疾患; 血栓症のリスク

J13肺炎連鎖球菌(Streptococcus pneumonia)による肺炎:肺炎連鎖球菌; 肺炎球菌性肺炎; 肺炎球菌病因、特に呼吸器系の感染; 肺炎球菌感染症

J18肺炎(病原体の指定なし):肺胞肺; 肺がんによる非定型肺炎。 コミュニティが獲得した肺炎非肺炎球菌; 肺炎; 下部気道の炎症; 炎症性肺疾患; 共有肺炎; 呼吸器および肺の感染; 下部気道の感染; 肺や気管支の炎症性疾患で咳をする。 群発性肺炎; 院内肺炎; 慢性肺炎の悪化; 急性の地域性肺炎。 急性肺炎; 焦点肺炎; 肺炎膿瘍; 肺炎細菌; 肺炎 焦点の肺炎;痰の排出が困難な肺炎。 エイズ患者の肺炎; 子供の肺炎; 敗血症性肺炎; 慢性閉塞性肺炎; 慢性肺炎; リンパ性間質性肺炎

J45喘息:身体的努力の喘息; 喘息状態; 気管支ぜんそく; 光コースの気管支喘息; 痰の排出が困難な気管支喘息; 厳しいコースの気管支喘息; 気管支喘息の物理的努力; 過分泌性喘息; 気管支喘息のホルモン依存型。 気管支喘息による喘息発作の抑制。 非アレルギー性気管支喘息; 夜間喘息; 気管支喘息の悪化; 気管支喘息発作; 内因性型の喘息; 喘息の夜間発作; 気管支喘息による咳

J98.9不特定呼吸器疾患:低換気; 肺の低換気; 低血圧; 肺の薬害; 呼吸センターからの外乱; 呼吸器系の機能障害; 動脈低酸素血症; 上昇した酸素圧での肺の有毒な変化

K76.9肝疾患、不特定:心不全における肝機能の変化; 肝機能障害の回復; 重度の肝機能障害; 肝炎; 肝炎; 肝障害; 肝機能障害; 肝臓の病気; 肝機能障害; 肝臓の機能不全; 肝臓の炎症病因の機能の侵害; 機能性肝不全; 肝機能障害 慢性肝疾患; 慢性びまん性肝疾患; 胆嚢および肝臓の腸内発生の病気

N28.9腎臓および尿管病、不特定:尿管機能の障害 ; 自己免疫腎障害; 腎疾患; 腎血流の侵害; 腎機能障害; 腎機能障害; 非糖尿病性腎症; 腎臓の排泄機能の不全; 腎疾患のオステオパシー; 腎症候群; 最小限の変化のネフロパシー; 腎機能の維持; 慢性腎臓病; メガルウイリア

P07.3未熟児の他の症例:早産児; 新生児期早産; 早産児における腸の不均質性障害; 早産児の運動; 未熟児

R54加齢性疾患:老化の外部兆候; 加齢性眼疾患; 年齢に関連した視覚障害; 加齢性血管疾患; 年齢の便秘; 年齢に関連した視力の変化; 脳の年齢に関連した変化。 加齢性疾患; 加齢性難聴。 老年練習; 老年性認知症; 高齢者におけるカルシウムとビタミンD3の欠乏; 脳血管疾患および加齢関連; 鬱のうつ病; 退職うつ病; 中高年の代謝矯正; 高齢者と老年期の栄養不良。 老年性認知症; 老年性認知症; 老人性うつ病; 老人性結腸直腸; 老人性精神病; 年齢の退縮の症候群; 聴覚障害の年齢; エージング; 脳の老化; 生物の老化。 老年性認知症; セニウム; 老人性卒中精神病; 老人性精神病; 高齢患者における記憶障害; 高齢者の障害を行う

R78.8.0 *菌血症:持続性菌血症; 菌血症

Y43.4免疫抑制剤の治療的使用における有害反応:免疫抑制剤による治療

Z23.8別の単一の細菌性疾患に対する免疫化の必要性

Z29.1予防的免疫療法:ウイルス感染に対する予防接種; ワクチン接種; ワクチン接種および再ワクチン接種; 新生児の予防接種; B型肝炎に対する予防接種; 免疫; 免疫状態の訂正;治療上および予防上の予防接種; 予防接種; 特異的免疫予防; 非特異的免疫のプロセスの刺激

Z54回復期間:回復期間。 病気の後の回復期間。 回復; インフルエンザや風邪からの回復。 病気の後の回復; 回復期のミネラル塩の欠如; 病気の後の回復の期間; 病気や手術後の回復期。 重度の病気の後の回復期間。 病気の後の回復期。 リハビリ期間。 感染症後の再発病時の期間; 脱落; 手術後の回復期および感染症; 長期感染後の回復期; 重度の病気の後の回復期。 重度の感染後の回復期; リハビリ期間。 回復期; 病気の後の回復; 感染症後の回復; 疾患を衰弱させた後の回復; 感染症後の回復; 失血の上昇時の回復; 病気後の回復状態

Z72.0タバコ使用:タバコ喫煙、喫煙

Z96.2耳造および聴覚インプラントの存在

組成および放出形態

筋肉内投与のための懸濁液1回分(0.5ml)

肺炎球菌コンジュゲート(多糖+ CRM197):

多糖類血清型4 2μg

多糖類血清型6B 4μg

多糖類血清型9V2μg

多糖類血清型14 2μg

オリゴ糖血清型18C 2μg

多糖類血清型19F2μg

多糖類血清型23F2μg

キャリアタンパク質CRM 19720μg

補助物質:リン酸アルミニウム; 塩化ナトリウム; 注射用水

0.5mlの使い捨てシリンジで、1mlの容量(個々の場合にはステンレス鋼の針で完了); プラスチックパッケージ1または5セットでは、厚紙1(1セット)または2セット(それぞれ5セット)の包装に入っています。

薬理学的効果

行動様式 - 免疫調節。

投与と投与

IM、前外側臀部表面(2歳未満の子供)または肩の三角筋(2歳以上の子供)のみ。 Prevenarを静脈内投与しないでください!

Prevenarワクチンを塗布する前に、均一な懸濁液が得られるまでシリンジの内容物を振盪する。 注射器の内容物を検査する際に異物が検出された場合や内容物が白色の均質な懸濁液でない場合は使用しないでください。 白濁した堆積物が認められる。

子どもの予防接種スキーム

2〜6ヶ月齢では、0.5mlワクチンを3回投与し、1ヶ月以上の間隔を置いて、最初の用量は通常2ヶ月齢で投与する。 4回目の投与(すなわち、再接種)は、生後2年目に、最適には12-15ヶ月に投与することが推奨される。

予防接種が今年の上半期に開始されなかった子供のために、Prevenarの任命は以下のスキームに従って行われます:

7〜11ヵ月齢で、2回の投与量が0.5mlで、注入間隔は少なくとも1ヶ月間。 3回目の投与(すなわち、再接種)は、生後2年目に推奨される。

12〜23ヵ月齢では、2回の投与量が0.5mlであり、注入間隔は少なくとも2ヶ月である。

2〜5歳で1回0.5mlを1回服用してください。

上記の免疫療法のそれぞれの後に追加用量の必要性が確立されていない。

薬局の供給条件

処方せん。

薬Prevenarの保管条件

2〜8℃の温度で(凍結しないでください)。

子供の手の届かないところに保管してください。

プレベナの薬の賞味期限

3年。

パッケージに記載されている有効期限が過ぎてから使用しないでください。

Someone from the Belgium - just purchased the goods:
Actipol eye drops 70 mcg/ml 5ml