Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:Orniona

私はこれがほしい、私に価格を与える

活性物質:エストリオール

À̉Ơ コード: G03CA04エストリオール

薬理学グループ

エストロゲン、ゲスタゲン; それらの同族体およびアンタゴニスト

病理分類(ICD-10)

E28.3原発性卵巣不全

卵巣の機能低下、卵巣の機能低下、エストロゲン欠乏、体内エストロゲン含量不足、エストロゲン不足、エストロゲン不足、卵巣の原発性機能不全、エストロゲン欠乏症

N90.5外陰部の萎縮

外陰部のジストロフィー、外陰部の冠、膣狭窄

N95.1女性の更年期および更年期の状態

エストロゲン欠乏によって引き起こされる下部生殖管の粘膜の萎縮; 膣の乾燥; 女性の自律機能不全; gipoestrogeniya状態; 更年期の女性におけるエストロゲンの欠乏; 閉経における粘膜の変性変化; 自然な更年期障害; インタクトな子宮。 更年期; 閉経女性; 女性の更年期; 更年期のうつ病; 更年期性卵巣機能不全; 閉経; 更年期性神経症; 閉経; 更年期症状は複雑な精神的感情を引き起こす。 更年期症候群; 更年期の栄養障害; 更年期の心身症; 更年期障害; 女性における更年期障害; 更年期症状; 更年期性血管障害; 閉経; 更年期の血管運動症状; 更年期; エストロゲンの欠如; 熱を感じる。 病的閉経; 閉経周辺期; 閉経; 閉経後。 早期閉経; プレムノパウズノ期; 潮; ほてり; Menoおよび閉経後の潮紅; 閉経時の熱いフラッシュ/ホットフラッシュ; 閉経時の心臓発作; 女性の早期閉経; 閉経の障害; 更年期症候群; 閉経の血管合併症; 生理的閉経; エストロゲン欠乏症状態; 早漏

N95.2閉経後萎縮性膣炎

女性の泌尿生殖器系の器官の萎縮性変化、エストロゲン欠乏症に起因する尿生殖路の下部の粘膜の萎縮、胃腸管の粘膜の萎縮、泌尿生殖器系の萎縮、泌尿生殖器系の萎縮。尿生殖器官、膣の火傷および乾燥、閉経時の膣分泌の組成物の違反、膣粘膜の乾燥、女性性腺の変性疾患、萎縮性膣炎、萎縮性外陰膣炎、下部尿路上皮の萎縮泌尿生殖器官の萎縮、尿生殖器粘膜の乾燥、泌尿生殖路の粘膜の乾燥、膣乾燥

N95.9不明瞭な閉経期および閉経期障害

閉経後、外陰部の萎縮、更年期症候群、閉経後期間、閉経前期間、更年期症状

N999 *尿生殖器系疾患の診断

腎臓の血管造影、腎臓の排泄機能の研究、取得された子宮腔の変化の検出のための超音波、瘻孔カテーテルの交換、無月経の診断、腎機能の評価とその視覚化、膀胱鏡検査、膀胱鏡検査、子宮内検査法、 、逆行性尿路造影、尿路疾患を伴う血管造影、女性生殖器の超音波検査、骨盤臓器の器械学的研究、骨盤臓器のMRI、ピエゾグラフィー、小さな婦人科操作、尿生殖器系の超音波検査、排泄尿路撮影、コルポスコピー、尿生殖器のラジオグラフィーシステム、膀胱尿道鏡検査、子宮頸部の細胞学、膀胱造影、膀胱尿道造影、腎臓の磁気共鳴画像法、尿道の拡大、逆行性腎盂造影、尿道鏡検査、女性生殖器官の超音波検査、腎臓の血管造影検査、

Z100 *クラスXXII外科手術

腹腔鏡手術、切除術、切除術、冠動脈形成術、頸動脈の血管形成術、創傷のための防腐皮膚治療、防腐ハンド、虫垂切除術、アテローム切除術、バルーン冠動脈形成術、膣子宮摘出術、冠動脈バイパス、膣および子宮頸管内の介入、膀胱、口腔内の介入、回復および再建手術、医療従事者の手指衛生、婦人科手術、婦人科介入、婦人科手術、手術中の血液循環ショック、膿疱性創傷の消毒、傷口の消毒、診断介入、診断処置、人工心臓弁、膀胱摘除術、短期外来手術、短期手術、短期手術、クリコテレトミヤ、手術中の失血、手術中の出血、術後の出血期間、Kuldotsentez、レーザー 腹腔鏡検査、婦人科腹腔鏡検査、小婦人科手術、小規模な外科手術、乳房切除術およびその後のプラスチック、縦隔切開術、耳上の顕微手術、Mukogingivalnye手術、縫合、軽度の手術、神経外科手術、手術後の回復期間、手術後の回復期、経皮経管冠動脈形成術、胸腔穿刺、術後の肺炎および外傷後の手術、外科手術の準備、外科手術の準備、眼科手術での眼球の固定化、睾丸摘除術、膵切除術、Perikardektomiya手術前の外科医の準備、外科手術のための結腸の準備、脳神経外科および胸部手術における術後の吸引肺炎、術後の悪心、術後の出血、術後の肉芽腫、術後のショック、 d、心筋血行再建術、放射線摘出術、胃切除術、腸切除術、子宮切除術、肝切除術、浸潤切除術、胃の一部の切除、手術術後の組織の癒合、縫合の除去、手術後の状態、術後の状態、胃切除後の状態、小腸切除後の状態、扁桃切除後の状態、十二指腸切除後の状態、瀉血後の状態、血管手術、脾臓摘出術、手術器具の滅菌、胸骨切除術、胸腺切除術、総胃切除術、経皮的血管内冠動脈形成術、経尿道切除術、Turbinektomiya、歯の切除、白内障手術、嚢胞の除去、扁桃切除術、切除術子宮筋腫、可動性一次歯の除去 、ポリープの除去、壊れた歯の除去、子宮体の除去、縫合糸の除去、尿道切開術、瘻孔症候群、外科感染症、慢性四肢潰瘍の外科的治療、手術、肛門部の手術、結腸手術外科手術、手術手技、外科手術介入、胃腸管手術、泌尿器の手術手技、泌尿器系の手術手技、尿生殖器系の外科手術、心臓の手術手技、外科手術、手術、手術経皮経管冠動脈形成術、経皮的冠動脈形成術、冠動脈バイパス術、冠動脈バイパス術、乳歯の摘出術、脈管切開術、拍動性心肺バイパス術、歯の抽出、歯 抽出、白内障抽出、電気凝固、内視鏡的介入、切開切開、エトモイドトミヤ、歯の抽出後の合併症

Z98.8他の指定されたポルシヒルキシキシ状態

術後合併症、手術の合併症、術後肝機能障害、術後嘔吐、術後合併症、術後期間、術後初期

組成

クリームクリーム1 g

活性物質:

エストリオール1 mg

補助物質:グリセロール(グリセロール) - 120 mg; ステアリルアルコール88.4mg; エタノール95%(エチルアルコール95%) - 50mg; セチルアルコール36.7mg; マクロゴール25セトステアリルエーテル - 32.4mg; パルミチン酸セチル - 15mg; ソルビタンステアレート-7.6mg; 乳酸-4mg; 水酸化ナトリウム-1.2mg; クロルヘキシジン二塩酸塩(塩酸クロルヘキシジン)0.1mg; 精製水 - 最大1 g

剤形の説明

クリーム:均一な白色またはほぼ白色で、弱い特定の臭いがある。

薬理学的効果

薬理作用はエストロゲン作用である。

薬力学

クリームOrniona®には、天然の女性ホルモンの類似体であるエストリオールが含まれています。 エストリオールは、閉経前および閉経期の女性のエストロゲンの欠乏を矯正するために使用されます。 泌尿生殖器疾患の治療に効果的である。 膣および子宮頸部の上皮の萎縮の場合、エストリオールはこれらの障害を抑制し、膣の正常な微生物叢および生理学的pHを回復させ、膣上皮の感染性および炎症性プロセスに対する耐性を増加させる。 他のエストロゲンとは異なり、エストリオールは子宮内膜細胞の核と短時間作用するため、推奨される1日用量の毎日の使用は子宮内膜の増殖を引き起こさない。 したがって、プロゲストゲンの周期的な追加投与の必要性はなく、閉経後期間には出血をなくすことはない。

薬物動態

吸収と分配。 エストリオールの膣内投与は、薬物物質の最適な局所バイオアベイラビリティを提供する。 吸収後、エストリオールも一般的な血流に入り、投与後1〜2時間で血漿中の非コンジュゲートエストリオールの濃度が急激に上昇する。 他のエストロゲンとは異なり、血漿中のエストリオールの90%までがアルブミンに結合し、SHBGには結合しない。

0.5mgのCmaxエストリオールの膣内投与後、血漿中約100pg / mlであり、Cminは約25pg / mlであり、平均濃度は約70pg / mlである。 0.5mgの膣エストリオールを毎日3週間適用した後、平均濃度は40pg / mlに低下した。

体内のエストリオールの代謝は、腸肝臓再循環中のコンジュゲーションおよび脱凝集に還元される。

排泄。 エストリオールは代謝の最終生成物であるため、腎臓によって主に抱合された形態で排泄される。 わずかな画分(2%)のみが腸管を通って、主に非コンジュゲート形態で排泄される。 T1 / 2は約6~9時間である。

薬ORNIONA®の読み

閉経後の女性におけるエストロゲン欠乏に関連する下部尿路および生殖管の粘膜萎縮の治療のためのホルモン補充療法;

膣手術を受けている、または既に施行している閉経後女性における術前および術後の治療;

萎縮性変化の背景に対する(補助的ツールとしての)子宮頸部上皮の細胞学的検査の不明確な結果についての診断目的を有する。

禁忌

活性物質または薬物の賦形剤のいずれかに対して過敏性を確立した;

未治療子宮内膜肥厚;

確立された、歴史のある、または疑われる乳がん;

診断されたまたは疑わしいエストロゲン依存性腫瘍(子宮内膜癌を含む);

不明な病因の膣からの出血;

(深部静脈血栓症、肺塞栓症、心筋梗塞、脳卒中を含む)血栓症(静脈および動脈)および血栓塞栓症、脳血管障害;

(一時的な虚血性発作、狭心症を含む)血栓症に先立つ状態、現在または不眠症;

動脈または静脈血栓症の発生に対する先天性または獲得の素因。 プロテインC、プロテインSまたはアンチトロンビンIIIの欠損(「特記事項」参照)。

急性期の肝疾患または肛門部の肝疾患、その後肝機能指標は正常に戻らなかった。

ポルフィリン;

妊娠;

母乳育児の時期。

注意:次のいずれかの状態が存在する場合、または前回の妊娠中または以前のホルモン治療中にこの状態/病気が以前に注目および/または悪化した場合、患者は直接的な医療監督下にいる必要があります。 Orniona®の治療中にこれらの症状や疾患が再発したり悪化したりすることがあります。

- 平滑筋腫(子宮筋腫)または子宮内膜症;

- 動脈または静脈血栓症および血栓塞栓症の発症の危険因子;

- エストロゲン依存性腫瘍のリスク因子、例えば、乳癌における最初の遺伝度;

- 動脈性高血圧;

- 良性の肝臓腫瘍(例:腺腫);

- 血管症の有無にかかわらず真性糖尿病;

- 胆石症;

- 片頭痛または頭痛。

- 全身性エリテマトーデス;

- 肛門炎における子宮内膜過形成;

- てんかん;

- 気管支ぜんそく;

耳硬化症;

- 家族性高リポ蛋白血症;

- 膵炎。

妊娠および泌乳

Orniona(登録商標)は、閉経後の女性に使用されることを意図している。 妊娠中、妊娠の疑い、または母乳育児中の薬剤の使用は禁忌です。

副作用

Orniona®クリームは、粘膜に適用された薬剤と同様に、局所的な刺激やかゆみを引き起こす可能性があります。

可能性のある非周期的なスポッティング、画期的な出血、過食症。

まれに、乳腺の張力、圧痛、感受性、または拡大が可能である。 原則として、これらの副作用は治療の最初の数週間後に消失し、加えて、それらは薬剤の用量が高すぎると指定する可能性がある。

エストロゲン単独療法またはエストロゲンおよびプロゲストゲンとの併用療法で生じた他の有害反応が報告されている。

消化管(胃腸管)から:吐き気。

肝臓と胆道の側面から:胆石症。

良性、悪性および特定されていない新生物(嚢胞およびポリープを含む):良性および悪性エストロゲン依存性新生物、incl。 子宮頸がん、子宮内膜がん(「禁忌」および「特記事項」を参照)。

精神障害:65歳以降の連続モードでのHRT発症時の認知症(「特別な指示」を参照)。

性器と乳房から:リビドーの増加。

水 - 電解質交換の側面から:液体保持。

皮膚および皮下組織から:腹膜炎、多形性紅斑、結節性紅斑、出血性紫斑病。

乳がん、卵巣がん、VTEのリスク、冠状動脈性心疾患のリスク、虚血性脳卒中のリスク(「特別な指示書」を参照)のリスクの開発に関するデータがあります。

インタラクション

臨床実践では、局所投与のためのエストリオール製剤と他の薬物(薬物)との相互作用はなかった。

エストロゲンの代謝は、抗痙攣薬(フェノバルビタール、フェニトイン、カルバマゼピンを含む)、抗菌薬(リファンピシン、リファブチン、ネビラピンなど)のような薬物(特にシトクロムP450酵素)の代謝に関与する酵素を誘導する化合物と組み合わせて使用すると、 、エファビレンツ、リトナビル、ネルフィナビル)、バルビツール酸塩が挙げられる。

セントジョンズワート(Hypericum perforatum)を含む薬草調製物は、エストロゲン代謝を誘発することができる。

エストロゲン代謝の上昇は、その臨床効果の低下につながる可能性があります。

エストリオールは、脂質低下薬の作用を増強する。 男性ホルモン、抗凝固剤、抗うつ薬、利尿薬、降圧薬、低血糖薬の効果を弱める。

全身麻酔薬、麻薬性鎮痛薬、抗不安薬、抗高血圧薬、エタノールは、Orniona®の有効性を低下させます。

葉酸および甲状腺剤はエストリオールのエストロゲン作用を高める。

エストロゲンが含まれているという証拠があります。 エストリオールは、GCSの薬理作用を増強し、スクロメトニウム、テオフィリンおよびオレアンドマイシンの活性を増加させることができる。

投与と投与

膣内。 クリームOrniona®は校正されたアプリケーターで就寝前に膣に挿入する必要があります。 1用量(アプリケータにリングマークを記入する場合)には、0.5mgのエストリオールに相当する0.5gのOrniona®クリームが入っています。

子宮摘出術の既往がある女性、および無傷の子宮がある女性の両方で、クリームOrniona®を使用することができます。

閉経後女性のエストロゲン欠乏に関連する下部尿路および生殖器管の粘膜の萎縮を治療するためにHRTを使用する場合、クリームの1回の膣内投与が症状が緩和されるまで毎日2週間以上行われる。 さらに、臨床像に応じて徐々に投与量が減少していく(例えば1週間に2回投与する)。

術前および術後療法において、膣操作を受けている、またはすでに膣手術を受けている閉経後の女性は、手術前に2週間毎日クリームを1回静脈内投与し、 1投与後2週間、1週間に2回投与する。

萎縮性変化の背景に対する子宮頸管上皮の細胞学的検査の不明確な結果の診断目的で、クリームの1回の膣内投与を1週間おきに実施してから次のスメアを採取する。

薬物の次の投与量を逃した場合は、以前に逃した投与量を交換するのではなく、通常の計画に従って薬物を使用し続けるべきです。 1日で2回投与しないでください。

閉経後症状の治療を開始または継続する場合、最短有効用量は最短期間内に投与する必要があります。

HRTの薬を服用していない女性、またはHRTの経口服薬を継続的に服用している女性では、Orniona®による治療はいつでも開始できます。

経口投与のサイクリックレジメンからHRTに切り替える女性は、これらの薬物の撤退後1週間、Orniona®で治療を開始する必要があります。

導入のテクニック:

- チューブをチューブから外し、チューブを鋭利な先端で開きます。

- アプリケータをチューブにねじ込みます。

- ピストンが止まるまでアプリケータがクリームで満たされるようにチューブを絞る。

- アプリケータをチューブから外し、キャップでチューブを閉じます。

- あなたの背中に横たわって、アプリケータを膣の深くに挿入し、スムーズにアプリケータの内容物をピストンで押し出します。

- アプリケータを使用した後、ピストンを本体から取り外し、ピストンとアプリケータ本体をぬるま湯で石鹸で洗浄します。 この目的で合成洗剤を使用しないでください。 洗浄後、アプリケーターを暖かい暖かい沸騰した水ですすいでください。

アプリケータを熱湯または沸騰水に入れないでください。

過剰摂取

膣内注射では、クリームの過剰投与の確率は小さい。

症状:嘔吐、嘔吐、膣出血、頭痛などの偶発的な摂取。

治療:特定の解毒薬はありません。 必要に応じて対症療法を与えるべきである。

特別な指示

エストロゲン欠乏による下部尿路粘膜の萎縮は、膣内の不快な感覚(性交中の痛み、膣内の乾燥、掻痒)および排尿障害(排尿回数の増加、排尿障害、軽度尿失禁)によって現れる可能性がある。

閉経後症状の治療のために、HRTは、生活の質に悪影響を与える症状に関してのみ開始されるべきである。 すべてのケースにおいて、治療のリスクと便益を慎重に評価する必要がある。 HRTは、利益がリスクを上回っている期間だけ継続すべきである。

早期閉経の治療中にHRTのリスクが上昇するという限られた証拠がある。 若年女性の絶対リスクが低いことを考慮すると、有益リスク比は高齢者よりも有利である。

医療検査/監視

HRTを開始または再開する前に、詳細な個人および家族の履歴を収集する必要があります。 気分障害、禁忌および薬物使用に関する警告に基づいて、骨盤臓器および乳腺の検査を含む臨床検査を行う必要がある。

治療中は、乳房検査を含む一般的な医療および婦人科検査を行うことが推奨される。 アンケートの頻度と性質は個人ではありますが、1年に1回以上です。 女性は、乳腺の変化について医師に知らせる必要性について知らされるべきである。 マンモグラフィーのような適切なイメージング技術を含む研究は、一般的に受け入れられている調査基準に従って、それぞれの場合に応じて実施されるべきである。

禁忌がある場合、および/または以下の状態/疾患が発生した場合は、治療を中止する必要があります。

- 黄疸および/または肝機能の悪化;

- 血圧の有意な上昇。

- 片頭痛の発生または再開

- 妊娠。

子宮内膜過形成および子宮内膜癌

子宮内膜刺激を防ぐために、Orniona®の1日投与量は1回の投与(エストリオール0.5mg)を超えてはならず、この投与量は4週間以上連続して毎日投与するべきではありません。全ての場合における膣出血は検査を必要とする。 膣出血の発症の場合には、医師に連絡する必要性について患者に知らせるべきである。

乳ガン

HRTはマンモグラフィー密度を増加させる可能性がある。 これは、乳癌のX線診断を複雑にする可能性があります。 臨床研究は、乳房X線写真密度の増加の可能性が、他のエストロゲンによる治療を受けている女性よりもエストリオールを受けている女性において低いことを示している。

一般化されたデータは、エストロゲンおよびプロゲストゲンとの併用療法を受けている女性、場合によってはエストロゲン単独療法を受けている女性において乳癌を発症する危険性が高いことを示唆している。

エストロゲンとプロゲストゲンとの併用療法を5年以上受けている女性では、乳がんリスクの増加が倍増しています。

エストロゲンによる単独療法では、乳癌発症リスクの上昇は、プロゲストゲンと組み合わせた場合よりも有意に低い。 リスクのレベルは、HRTの期間に依存する。

卵巣がん

卵巣がんは乳がんに比べてはるかに一般的ではありません。 エストロゲン単独療法(少なくとも5〜10年)は卵巣がんのリスクがわずかに増加した。 いくつかの研究の結果は、併用HRTが卵巣癌のリスクを同様の方法またはわずかに増加させる可能性があることを示している。 低用量エストロゲン(Orniona®を含む)の長期投与によるリスクが、他のエストロゲンとの単独療法のリスクと異なるかどうかは不明である。

VTE(静脈血栓塞栓症)

HRTは、VTE、すなわち深部静脈血栓症または肺塞栓症を1,3-3回発症するリスクの増加と関連している。 HRTの使用初年度にVTEが発症する確率は、後期の場合よりも高くなります。 薬物Orniona(登録商標)に関して、このようなリスクは未知である。

先天性または後天性の動脈または静脈血栓症の素因を有する患者では、VTEのリスクが高く、さらにHRTがそれを増加させる可能性がある。 この点で、このような患者はHRTでは禁忌である(「禁忌」参照)。

VTEの最も一般的に認識される危険因子は、エストロゲン摂取、高齢、広範な外科的介入、長期固定、肥満(30kg / m 2以上のBMI)、妊娠/産後期間、全身性エリテマトーデスおよび癌である。 VTEの発症における静脈瘤の役割についてはコンセンサスがない。 外科的介入後、VTEを予防すべきである。 延長された固定化が計画された手術と関連している場合、手術の4-6週間前に一時的にHRTを解除する必要がある。 患者が歩行を開始した後、治療を再開する必要があります。

すでに抗凝固療法を受けている患者の場合、HRTの有益性 - リスク比を慎重に考慮する必要があります。

Orniona®が術前および術後治療として処方されている場合は、血栓症の予防を考慮する必要があります。

患者の病歴にVTEが存在しないが、直系の若年時の血栓症の存在下では、スクリーニング検査を受けることができる(そのスクリーニングでは、障害)。 親族の病気に対応していない止血欠損が見つかった場合、または重篤な欠陥が見つかった場合(抗トロンビンIII、プロテインSまたはプロテインCの欠損、またはこれらの欠陥の組合せを含む)、HRTは禁忌である。

Orniona®による治療開始後、VTEが発症した場合は、治療を中止する必要があります。 患者にVTE&#

Someone from the Chile - just purchased the goods:
Cerluten 20 capsules