Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:Momate

私はこれがほしい、私に価格を与える

活性物質モメタゾン

ATXコード D07AC13 モメタゾン

薬理学グループ

局所使用のためのグルココルチコステロイド[グルココルチコステロイド]

病理分類(ICD-10)

L29かゆみ

痒み、かゆみ、かゆみ、重度のかゆみ、内因性のかゆみ、皮膚病の皮膚のかゆみ、限られたかゆみ、痒み、皮膚のかゆみ、皮膚のかゆみ、かゆみ、皮膚のかゆみ、かゆみ、皮膚のかゆみ、皮膚炎、皮膚のかゆみ、頭皮のかゆみ、湿疹のかゆみ

L30.9不特定の皮膚炎

肛門湿疹、細菌性成熟、静脈瘤、静脈皮膚炎、皮膚の炎症、植物との接触による皮膚の炎症、炎症性皮膚疾患、炎症性皮膚反応、皮膚の炎症過程、催奇形性などの副作用を伴うアレルギー性皮膚病肛門部の皮膚炎および湿疹、皮膚炎急性接触、肛門周囲皮膚炎、皮膚病、頭皮の皮膚病、乾癬の皮膚病、持続的なかゆみを伴う皮膚病、皮膚病、かゆみ、皮膚病、皮膚病、皮膚炎、真菌性湿疹、その他のかゆみ皮膚病、重大な湿疹性徴候、かゆみ、皮膚病、かゆみ湿疹、真性湿疹、虫刺されに対する皮膚反応、皮膚病による皮膚のかゆみ、憲法湿疹、泣き疹、溺死性炎症性皮膚疾患、死亡性感染性炎症性皮膚病、アレルギー性皮膚炎、ヌマル性湿疹、急性接触湿疹、急性炎症 急性皮膚病、急性重症皮膚病、肛門周囲皮膚炎、表在性皮膚病、亜急性接触湿疹、単純皮膚炎、職業皮膚炎、精神病性皮膚病、新生児の気泡皮膚炎、膿疱発疹、皮膚の刺激および赤み、低燃性湿疹、乾燥慢性湿疹、慢性皮膚病、慢性皮膚病、鱗状膿皮症、湿疹、湿疹肛門部、手の湿疹、湿疹接触、湿疹苔癬、湿疹ヌムラーレ、急性湿疹、急性湿疹、乾性湿疹、毒性皮膚炎、皮膚湿疹のような耳湿疹、湿疹急性接触、湿疹亜急性、湿疹皮膚炎、湿疹様発疹、外因性発熱、内因性湿疹、臀部皮膚炎、制限付きかゆみ皮膚炎

組成

外用クリーム100 g

活性物質:

モメタゾンフロエート0.1g

補助物質:パラフィン(柔らかい白色)。 蜜蝋白; モノステアリン酸プロピレングリコール; ステアリルアルコール; セトマクロゲル; プロピレングリコール; メチルパラヒドロキシベンゾエート; パラオキシ安息香酸プロピル; 精製水

外用軟膏100g

活性物質:

モメタゾンフロエート0.1g

補助物質:パラフィン(柔らかい白色)。 蜜蝋白; モノステアリン酸プロピレングリコール

剤形の説明

クリーム:白。

軟膏:白。

薬理学的効果

薬理作用 - 抗痒み、グルココルチコイド、抗炎症局所。

薬力学

モメタゾンは合成SCS(グルココルチコステロイド)であり、抗炎症作用、鎮痒作用および抗エキス作用作用を有する。 SCSは、ホスホリパーゼA2を阻害するタンパク質の放出を誘導し、一般的な前駆体であるアラキドン酸の放出を阻害することによりPG(プロスタグランジン)およびRT(ロイコトリエン)などの炎症性メディエーターの生合成を制御するリポコルチンとしてまとめて知られている。

薬物動態

吸収はごくわずかです。 無傷の皮膚(閉鎖性包帯なし)に1回適用した後8時間後、約0.4%(クリーム)および0.7%(軟膏)の活性物質が全身循環中に見出される。 モメタゾンは、肝臓で広範囲に代謝され、主に腎臓によって排泄され、胆汁では有意な量で排泄されない。 T1 / 2は約5.8時間(軟膏)である。

適応症

外用クリーム

GCS(グルココルチコステロイド)療法に反応する皮膚炎の炎症およびかゆみ。

外用軟膏

成人および小児のGCS療法に適した皮膚病(乾癬、アトピー性皮膚炎、脂漏性皮膚炎)の炎症およびかゆみ(2年以上)。

禁忌

薬物またはSCSのいずれかの成分に対する過敏症;

ピンク色のざ瘡、口蓋周囲の皮膚炎;

細菌性、ウイルス性(単純ヘルペス、鶏痘、帯状ヘルペス)または真菌皮膚感染;

結核、梅毒;

ワクチン接種後の反応;

妊娠(広範な皮膚領域の治療、長期治療);

授乳期間(大量に、および/または長期間使用する)。

2歳までの子供の年齢(軟膏)。

慎重に、顔面と肌の間に適用し、閉鎖性の包帯剤を塗布し、皮膚の広い領域および/または長期の治療(特に小児)を治療する。

妊娠および泌乳

妊娠中および授乳中のモメタゾンフロエートの使用の安全性は研究されていない。

GCSは胎盤障壁を貫通する。 妊娠中の長期間の治療と大量投与は、胎児発育への悪影響の脅威のため避けるべきである。

GCSは母乳中に排泄される。 GCSの使用が大量におよび/または長期間にわたって行われることが予想される場合は、母乳育児を中止すべきである。

副作用

灼熱感、かゆみ、毛嚢炎、多汗症、にきび、色素脱失、口蓋周囲皮膚炎、アレルギー性接触皮膚炎、皮膚浸軟、二次感染、皮膚萎縮、脈理、発汗の徴候。 症例の1%未満 - 丘疹、膿疱の形成。

SCSの外形が長期間、および/または皮膚の広い領域の処置のため、または閉鎖包帯の使用、特に小児および青年の使用の場合、全身作用のSCSに特徴的な副作用があり、副腎機能不全およびクッシング症候群が含まれる。

インタラクション

他の薬剤との相互作用に関する研究は行われていない。

投与と投与

外部、クリームまたは軟膏の薄い層Momatは、影響を受けた皮膚領域に1日1回置いた。

治療経過の期間は、患者の耐容性、副作用の存在および重症度だけでなく、その有効性によって決定される。

過剰摂取

症状:副腎副腎不全を含む視床下部 - 下垂体 - 副腎系の圧迫。

治療:必要なら症候性 - 電解質の不均衡の是正、薬物離脱(長期療法 - 徐々にの廃止)。

特別な指示

長時間皮膚の広い領域に適用する場合、特に閉鎖性包帯を使用する場合、GCSの全身作用を発症させることが可能である。 このことを考えると、視床下部 - 下垂体 - 副腎系の抑制とクッシング症候群の発症という観点から患者を観察すべきである。

目の中の薬物Momatとの接触を避ける。

製剤の一部であるプロピレングリコールは、適用部位に刺激を引き起こす可能性がある。 そのような場合、Momat薬の使用を中止し、適切な治療を行うべきである。

GCSは特定の皮膚疾患の症状を変化させる可能性があることを念頭に置いて診断しなければなりません。 さらに、GCSの使用は、創傷治癒の遅延の原因となり得る。

SCSによる長期の治療では、治療の突然の中断は、皮膚の強烈な赤味を帯びた皮膚炎および灼熱感を伴う皮膚炎の形で現れるリバウンド症候群の発症につながり得る。 従って、長い治療経過の後に、治療が完全に中止される前に間欠的なスキームに切り替えるなどして、徐々に薬物を取り除くべきである。

小児科での応用。 小児では、表面積と体重の比が成人よりも大きいため、小児は視床下部 - 下垂体 - 副腎系の機能を抑制するリスクが高く、クッシング症候群は局所GCSで発症する。 子供の長期的なGCS治療は、成長と発達の混乱につながる可能性があります。 小児はその効果を達成するのに十分な最低用量の薬物を投与すべきである。

問題の形式

外用クリーム、0.1%。 閉鎖端部を有するノズルを有するアルミニウム管において、穿孔する点を有する蓋が5または15gである。 各チューブは段ボールの束に入っています。

外用軟膏、0.1%。 閉鎖端部を有するノズルを有するアルミニウム管において、穿孔する点を有する蓋が5または15gである。 各チューブは段ボールの束に入っています。

薬局からの休暇の条件

処方せん。

保管条件

乾燥した場所では、暗所は25℃以下の温度で凍結しないでください。

子供の手の届かないところに保管してください。

Someone from the Italy - just purchased the goods:
Cereton injection 250mg/ml 5 vials