Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:Metoprolol Organica

私はこれがほしい、私に価格を与える

薬物の商品名 - メトプロロール有機体

剤形:錠剤

活性物質:メトプロロール

ATX

C07AB02メトプロロール

薬物療法グループ:ベータ遮断薬

病因分類(ICD-10)は、

E05.9甲状腺中毒症、不特定:タイヤトキソックス反応; 甲状腺機能亢進症の症状を伴う甲状腺の拡大; ヨウ素Basedowの現象; 甲状腺過形成; 甲状腺機能亢進状態; 甲状腺機能亢進症; 甲状腺機能不全; 拡散性甲状腺機能低下症; 潜伏性甲状腺機能低下症; 増加した甲状腺機能; 甲状腺中毒症

G43片頭痛:片頭痛の痛み。 片頭痛; 片麻痺性片頭痛; 片頭痛; 片頭痛発作; 継続的な頭痛; 半月板

I10必須(原発性)高血圧:高血圧; 動脈性高血圧; 動脈性高血圧症の経過コース; 本質的な高血圧; 本態性高血圧; 本態性高血圧; 本態性高血圧; 本態性高血圧; 原発性高血圧; 動脈性高血圧、糖尿病の合併症; 血圧の突然の上昇。 血液循環の高血圧障害; 高血圧状態; 高血圧の危機; 動脈性高血圧; 悪性高血圧; 高張性疾患; 高血圧の危機; 高血圧の加速; 悪性高血圧; 高血圧症の悪化; 一時的な高血圧; 隔離された収縮期高血圧

I15二次性高血圧:動脈性高血圧、糖尿病の合併症; 高血圧; 血圧の突然の上昇。 血液循環の高血圧障害; 高血圧状態; 高血圧の危機; 高血圧; 動脈性高血圧; 悪性高血圧; 高血圧の危機; 高血圧の加速; 悪性高血圧; 高血圧症の悪化; 一時的な高血圧; 高血圧; 動脈性高血圧; 動脈性高血圧症の経過コース; 血管新生高血圧; 高血圧症候群; 腎性高血圧; 血管新生高血圧; 血管新生高血圧; 症状がある高血圧

I20狭心症[狭心症]:ヘーバーデン病; 狭心症; 狭心症の発作; 再発狭心症; 自発性狭心症; 安定狭心症; アンギナ休息; アンギナが進行中。 アンギナ混合; アンギナ自発性; 安定狭心症; 慢性安定狭心症; アンギナ症候群X

I25.2移送された最後の心筋梗塞:心臓症候群; 心筋梗塞; ポストMI 心筋梗塞後のリハビリテーション; 操作された船の再閉鎖; アンギナpostinfarctnaya; 心筋梗塞後の状態; 心筋梗塞後の状態; 心筋梗塞

I25.9慢性虚血性心疾患、不特定: CHD; 冠状動脈循環の不全; 冠状動脈疾患患者における冠動脈アテローム性動脈硬化症

I47.1上室性頻脈:上室性発作性頻脈; 上室性頻脈性不整脈; 上室性頻脈; 上室性不整脈; 上室性発作性頻脈; 上室性頻脈性不整脈; 上室性頻脈; 神経性洞性頻脈; 正常性頻拍; 発作性上室性頻脈; 上室性頻脈の発作; WPW症候群を伴う上室性頻脈の発作; 心房頻拍症の発作; 発作性上室性頻脈性不整脈; 発作性上室性頻脈; ポリトピネイ心房頻脈; 心房細動; 心房頻脈は真実である。 心房頻拍; AVブロックを伴う心房頻拍; 再灌流不整脈; 反射Bertsolda-Jarisch; 再発性持続性上室性発作性頻拍; 症状のある心室性頻脈; 副鼻腔頻脈; 上室性発作性頻脈; 上室性頻脈性不整脈; 上室性頻脈; 上室性不整脈; 上室性不整脈; AV接続の頻脈; 上室性頻脈; 頻脈発色症; 洞性頻拍症; 結節性頻脈; 混沌とした心房頻脈 ウォルフ - パーキンソン - ホワイト

I49.3早期心室脱分極:左心室を萎縮させる; 心室性不整脈; PVCs; 細動; 心室鼓動; 心室鼓動; 心室性不整脈; 心室鼓動; 発作性心室性不整脈; 再発性の心室性不整脈; 心室早発拍動;心室脈絡膜症

I49.9不規則な心拍、不特定:発作性上室性頻脈; 胸部外陰部不整脈; 心房細動;頻脈; 上室性頻脈性不整脈; 上室性不整脈; AV往復性頻拍; AV結節往復動性頻拍; 心室細動; 不規則な心拍; 抗菌性の往復性頻拍; 心不整脈; 不整脈; 不整脈; 心臓のアリーティミー; 低カリウム血による不整脈; 心室頻脈性不整脈; 心室収縮の頻度が高い。 心不整脈; 発作性上室性不整脈; 発作性上室性不整脈; 発作性不整脈; 発作性心房 - 心室リズム; 心不整脈; 上室性頻脈; 頻脈性不整脈; 胸腔前異常脈動

I99循環系のその他のおよび特定されていない障害:血管症; 動脈塞栓症; アテローム性動脈硬化症; 血行動態右心不全; 右心臓の血行力学的欠陥; 冠動脈アンギオパシー; 血液循環の侵害; 循環の違反; 臓器および組織における違反微小循環; 末梢循環障害; 四肢における末梢循環の障害; 循環障害; 動静脈起源の血行動態不安定性閉塞; 急性循環障害; Psevdostenokardicheskie状態。 Psevdostenokardicheskoe障害; 循環器障害; 心血管疾患; 血管機能不全; 血栓性動静脈シャント; 人工心臓弁を用いた血栓症; 骨盤臓器における血液循環の悪化; 心血管系の機能不全; 心血管系の機能障害; 慢性動脈不全; 慢性心不全; 加齢性血管疾患; 血栓症のリスク

R00.0不明の頻脈:頻脈

組成(錠剤あたり):活性物質:酒石酸メトプロロール25mg、50mg

賦形剤:リン酸水素カルシウム二水和物-19.1 / 38.2mg; カルボキシメチルナトリウム8.9 / 17.8mg; MCC-34.7 / 69.4mg; ポビドン(ポリビニルピロリドン、高分子医療)0.3 / 0.6mg; ステアリン酸マグネシウム-0.9 / 1.8mg; コロイド状二酸化ケイ素(Aerosil)-1.1 / 2.2mg

メトプロロール有機体の薬理学的性質

薬理学的効果 -抗狭心症、抗高血圧、抗不整脈

投与量および投与

錠剤は食事の中や食事の直後に半分に分けられますが、液体を噛んで飲まないでください。

高血圧 - 最初の1日量は50〜100mgで、1〜2回に分けて(朝と夕方)投与されます。 不十分な治療効果で、1日用量を徐々に100〜200mgに増加させることができ、および/またはさらに割り当てられた他の抗高血圧剤。 最大一日量200mg。

心筋梗塞の二次予防 - 200mg /日を2回に分けて(朝と夕方)。

狭心症、不整脈、片頭痛の予防 - 2回に分けて100-200mg /日(朝と夕方)。

動悸に伴う心機能の機能障害 - 2回に分けて100mg /日(朝と夕)。

甲状腺機能亢進症では、3〜4回に分けて150-200 mg /日。

腎臓を有する高齢者(C1クレアチニン<40ml /分)では、透析の必要性と同様に、用量は変化しない。

肝機能の発現が発現した場合、臨床状態に応じて用量を減らすべきである。

リリースフォーム

錠剤、25mgまたは50mg。 PVC箔とアルミ箔からなるブリスターでは、10枚。 2,3,5または6個の等高線セルパッケージが段ボール箱に入れられます。

メーカー

"有機" JSC。 654034、Russia、Kemerovo Region。、Novokuznetsk、w。 クズネツク、3。

薬局の供給条件

処方せん。

Metoprolol Organicaの保存条件

暗所では25℃以下の温度で

子供の手の届かないところに保管してください。

賞味期限

3年。

パッケージに記載された有効期限を超えて使用しないでください。

Someone from the Brazil - just purchased the goods:
Cationorm eye drops 10ml