Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:Metoprolol-Akri

私はこれがほしい、私に価格を与える

薬の商品名 - Metoprolol-Akri

剤形:錠剤

活性物質:メトプロロール

ATX

C07AB02メトプロロール

薬物療法グループ:ベータ遮断薬

病因分類(ICD-10)は、

G43片頭痛:片頭痛の痛み。 片頭痛; 片麻痺性片頭痛; 片頭痛; 片頭痛発作; 継続的な頭痛; 半月板

I10必須(原発性)高血圧:高血圧; 動脈性高血圧; 動脈性高血圧症の経過コース; 本質的な高血圧; 本態性高血圧; 本態性高血圧; 本態性高血圧; 本態性高血圧; 原発性高血圧; 動脈性高血圧、糖尿病の合併症; 血圧の突然の上昇。 血液循環の高血圧障害; 高血圧状態; 高血圧の危機; 動脈性高血圧; 悪性高血圧; 高張性疾患; 高血圧の危機; 高血圧の加速; 悪性高血圧; 高血圧症の悪化; 一時的な高血圧; 隔離された収縮期高血圧

I15二次性高血圧:動脈性高血圧、糖尿病の合併症; 高血圧; 血圧の突然の上昇。 血液循環の高血圧障害; 高血圧状態; 高血圧の危機; 高血圧; 動脈性高血圧; 悪性高血圧; 高血圧の危機; 高血圧の加速; 悪性高血圧; 高血圧症の悪化; 一時的な高血圧; 高血圧; 動脈性高血圧; 動脈性高血圧症の経過コース; 血管新生高血圧; 高血圧症候群; 腎性高血圧; 血管新生高血圧; 血管新生高血圧; 症状がある高血圧

I20狭心症[狭心症]:ヘーバーデン病; 狭心症; 狭心症の発作; 再発狭心症; 自発性狭心症; 安定狭心症; アンギナ休息; アンギナが進行中。 アンギナ混合; アンギナ自発性; 安定狭心症; 慢性安定狭心症; アンギナ症候群X

I25.2移送された最後の心筋梗塞:心臓症候群; 心筋梗塞; ポストMI 心筋梗塞後のリハビリテーション; 操作された船の再閉鎖; アンギナpostinfarctnaya; 心筋梗塞後の状態; 心筋梗塞後の状態; 心筋梗塞

I47.1上室性頻脈:上室性発作性頻脈; 上室性頻脈性不整脈; 上室性頻脈; 上室性不整脈; 上室性発作性頻脈; 上室性頻脈性不整脈; 上室性頻脈; 神経性洞性頻脈; 正常性頻拍; 発作性上室性頻脈; 上室性頻脈の発作; WPW症候群を伴う上室性頻脈の発作; 心房頻拍症の発作; 発作性上室性頻脈性不整脈; 発作性上室性頻脈; ポリトピネイ心房頻脈; 心房細動; 心房頻脈は真実である。 心房頻拍; AVブロックを伴う心房頻拍; 再灌流不整脈; 反射Bertsolda-Jarisch; 再発性持続性上室性発作性頻拍; 症状のある心室性頻脈; 副鼻腔頻脈; 上室性発作性頻脈; 上室性頻脈性不整脈; 上室性頻脈; 上室性不整脈; 上室性不整脈; AV接続の頻脈; 上室性頻脈; 頻脈発色症; 洞性頻拍症; 結節性頻脈; 混沌とした心房頻脈 ウォルフ - パーキンソン - ホワイト

I49.4その他のおよび未定義の早発脱分極:期外収縮不整脈; 期外収縮期; 拡張期外収縮

I49.9不規則な心拍、不特定:発作性上室性頻脈; 胸部外陰部不整脈; 心房細動;頻脈; 上室性頻脈性不整脈; 上室性不整脈; AV往復性頻拍; AV結節往復動性頻拍; 心室細動; 不規則な心拍; 抗菌性の往復性頻拍; 心不整脈; 不整脈; 不整脈; 心臓のアリーティミー; 低カリウム血による不整脈; 心室頻脈性不整脈; 心室収縮の頻度が高い。 心不整脈; 発作性上室性不整脈; 発作性上室性不整脈; 発作性不整脈; 発作性心房 - 心室リズム; 心不整脈; 上室性頻脈; 頻脈性不整脈; 胸腔前異常脈動

組成(錠剤あたり): 1錠は50mgの酒石酸メトプロロールを含有する。 10枚のブリスターで、段ボール3の束包装に入れた。

Metoprolol-Akriの薬理学的性質

薬理学的効果 -抗狭心症、抗高血圧、抗不整脈

ベータ1-アドレナリン作動性受容体を選択的に遮断する。

薬力学

洞結節の自動性が低下し、心拍数が遅くなり、AV伝導が遅くなり、心筋収縮および心拍出量、心筋酸素需要の興奮性が低下する。 心身の感情的ストレスの間、心筋にカテコールアミンの刺激効果を弱める。

臨床薬理学

降圧効果は徐々に進行し、治療の第2週の終わりまで安定化する。 狭心症が発作の発生率および重症度を減少させる場合。 上室性頻脈および心房細動中に心臓リズムを正常化する。心筋梗塞の患者の薬物の背景に対して、死亡の危険性および再発の発生(致命的な不整脈の危険性がある領域の制限および縮小による心臓発作)が軽減される。

Metoprolol-Akriの適応症

高血圧、狭心症(発作の予防)、心臓不整脈(上室性頻脈、不整脈); 多動性心筋症候群、心筋梗塞後の二次予防、片頭痛発作の予防である。

Metoprolol-Akriの禁忌

過敏性、AVブロックIIおよびIII度、洞ブロック、徐脈、低血圧、うっ血性心不全IIおよびIII期、急性心不全、心原性ショック、代謝性アシドーシス、喘息、 MAO阻害剤の同時受容。

Metoprolol-Akriの副作用

神経系および感覚器官から:衰弱、疲労、頭痛、めまい、うつ病、睡眠障害、悪夢、痙攣、四肢の寒さおよび感覚異常、結膜炎、涙液分泌の低下。

心血管系および血液:徐脈、低血圧、AV伝導の侵害、末梢浮腫を伴う心不全、血小板減少症。

呼吸器系から:鼻炎、気管支閉塞症状(素因がある患者)。

消化管から:口渇、嘔吐、下痢または便秘、異常な肝機能。

アレルギー反応:発疹、かゆみ。

その他:低血糖状態(糖尿病患者)。

投与量および投与

内部では、1回の投与1-2回の投与につき100mgで治療を開始する。 治療効果の発現の欠如により、1日用量は徐々に増加する。 最大一日量400mg。

予防措置

糖尿病(特に現在不安定)、レイノー病、末梢循環障害、褐色細胞腫を指名することは、肝臓や腎機能の違反を表明します。 コンタクトレンズを使用する患者は、涙液の生成の可能性のある低減を考慮する必要があります。 長期治療は徐々に(少なくとも10日間)中止すべきである。

治療手術中に行う際には、選択した薬剤は、最も負の変力効果を有する麻酔薬でなければならない。 意図された麻酔の使用の場合、数日間薬物の服用を止めるにはクロロホルムまたはエーテルが必要である。

Metoprolol-Akriの保存条件

乾燥した暗い場所で、25℃以下の温度で

子供の手の届かないところに保管してください。

賞味期限

3年。

パッケージに記載された有効期限を超えて使用しないでください。

Someone from the Norway - just purchased the goods:
Peptide complex 19 10ml for best prevention of migraine, depending on the weather