Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:イロプロスト

私はこれがほしい、私に価格を与える

薬の商品名 - イロメディン、ベンタビス

ロシア語の名前

イロプロスト

物質のラテン語名Iloprost

Iloprostum(属Iloprosti)

化学的合理的名称: 5- [ヘキサヒドロ-5-ヒドロキシ-4-(3-ヒドロキシ-4-メチル-1-オクテン-6-イニル)-2(1H) - ペンテニルエニル]ペンタン酸

グロス式

C22H32O4

薬理学的な物質群のイロプロスト

プロスタグランジン、トロンボキサン、ロイコトリエンおよびそれらのアンタゴニスト

CASコード

78919-13-8

妊娠と授乳

FDAによる胎児の行動カテゴリーはCです。

モデル臨床薬理学的論文1

薬物療法。 抗凝固剤、アナログプロスタサイクリン。 血小板の凝集、接着および活性化を抑制する。 細動脈および小静脈の拡張を引き起こし、血管透過性の増加を減少させ、線維素溶解を活性化し、内皮損傷後の白血球の接着および移動を抑制し、遊離酸素ラジカルの形成を減少させる。

薬物動態。 静脈内注入後、10〜15分後にCssに達する(直線的に到達する時間は注入速度に依存する)。 3ng / kg /分の注入速度で13524pg / mlのCmax。 輸液の終了後、血漿濃度は(代謝率が高いため)急速に減少する。 注入を停止して2時間後、薬物濃度はCssの10%未満である。 アルブミン血漿との関連は60%である。 代謝クリアランスは205ml / kg /分である。 T1 / 2の分布の最終段階 - 1/2時間。 主にカルボキシル側鎖のβ酸化およびテトラニロロプロストの主な薬理学的に不活性な代謝産物の形成により代謝される。 それは主に腎臓(80% - テトラニロロプロストおよび4つの共役型 - ジアステレオ異性体の形態)、20% - 胆汁によって排泄される。 血漿および尿からの代謝産物の排除は、血漿から第1相へのT1 / 2、第2相への約2時間、約5時間、および尿2および18時間の2相特性を有する。 薬物動態パラメータは、年齢および性別に依存しない。 肝硬変および透析が必要な腎不全では、薬物のクリアランスは2〜4倍減少する。

表示。 抹消血栓血管炎(血管再生の適応症がない場合に重大な四肢虚血を伴う後期段階); 断端性動脈炎(重度の形態、特に切断の危険性があり、外科的血管手術または血管形成術が不可能な場合); レイノー症候群(後の段階では、他の薬剤によって制御できない障害につながる)。

禁忌。 過敏症、出血のリスクが高い病的状態(急性期の胃潰瘍または十二指腸潰瘍を含む)、重度の虚血性心疾患(不安定狭心症、過去6ヶ月間の心筋梗塞); 急性または慢性心不全II-IV、重度の不整脈、妊娠、授乳。

投薬。 注入の形態で、毎日、末梢静脈または中央静脈に設置されたカテーテルへの6時間の注入の形態で入院する。 投与速度(投与量)は個々の忍容性に依存し、0.5〜2ng / kg /分である。

最初の2〜3日の間に、薬物の個々の忍容性は、心拍数および血圧の制御下で決定される(注入の開始時および各用量増加後に決定されるべきである):処置は0.5ng / kg /分で30分、次いで段階的に30分ごとに0.5ng / kg /分ずつ増加させる。 正確な注入速度は、体重および0.5-2ng / kg /分の範囲内の最大耐量に基づいて計算される。

輸液ポンプ(例えばInfusomata)を用いた注入速度(ml / h)の決定:アンプルの内容物を滅菌0.9%NaCl溶液または5%デキストロース溶液に溶解し、溶液の最終容量をアンプル(2.5ml)50μg〜250mlまで、アンプル(1ml)20μg〜100mlまで。 溶液を0.2μg/ mlの濃度で得、注入速度を用量および体重(0.5〜2ng / kg /分の範囲内):体重40kgおよび用量1ng / kg /分~12ml /時間、1.5ng / ml /分~18ml /時間、2ng / ml /分~24ml /時間の0.5Ng / kg /分の注入速度 - 6ml / ; 体重50kg、0.5ng / kg /分〜7.5ml / h、1ng / kg /分〜15ml / h、1.5ng / kg /分〜22.5ml / h、2ng / kg /分~30ml / h; 体重60kg、0.5ng / kg /分〜9ml / h、1ng / kg /分〜18ml / h、1.5ng / kg /分〜27ml / h、2ng / Kg /分 - 36ml / h; 体重70kg、0.5ng / kg /分〜10.5ml / h、1ng / kg /分〜21ml / h、1.5ng / kg /分~31.5ml / h、2ng / kg /分〜42ml / h; 体重80kg、0.5ng / kg /分〜12ml / h、1ng / kg /分〜24ml / h、1.5ng / kg /分〜36ml / h、2ng / Kg /分 - 48ml / h; 体重90kg、0.5ng / kg /分〜13.5ml / h、1ng / kg /分〜27ml / h、1.5ng / kg /分〜40.5ml / h、2ng / kg /分〜54ml / h; 体重100kg、0.5ng / kg /分〜16ml / h、1ng / kg /分〜30ml / h、1.5ng / kg /分45ml / h、2ng / kg /分 - 60ml /時; 体重110kg、0.5ng / kg /分〜16.5ml / h、1ng / kg /分~33ml / h、1.5ng / kg /分~49.5ml / h、2ng / kg /分~66ml /時。 自動シリンジ(例えば、Perfusor)を用いた注入速度(ml / h)の測定:アンプルの内容物を滅菌0.9%NaCl溶液または5%デキストロース溶液で希釈し、溶液の最終容量をアンプル(2.5ml)50μg - アンプル(1ml)20mlまで - 25mlまで、10mlまで。 溶液は2μg/ mlの濃度で得られ、注入速度は用量および体重(0.5〜2.0ng / kg /分の範囲内):体重40kgおよび用量0.6ng /時間、1ng / kg /分〜1.2ml /時間、1.5ng / kg /分〜1.8ml /時間、2ng / kg /分〜2.4ml /時間; 体重50kg、0.5ng / kg /分~0.75ml /時、1.5ng / kg /分~1.5ml /時、1.5ng / kg /分-2,25ml /時、2日の用量でng / kg /分~3ml /時間; 体重60kg、0.5ng / kg /分~0.9ml /時、1ng / kg /分〜1.8ml /時、1.5ng / kg /分〜2.7ml /時、2ng / kg /分~3.6ml / h; 体重70kg、0.5ng / kg /分~1.05ml /分、1ng / kg /分~2.1ml / h、1.5ng / kg /分~3.15ml / H、2ng / kg /分~4.2ml / h; 体重80kg、0.5ng / kg /分〜1.2ml / h、1ng / kg /分〜2.4ml / h、1.5ng / kg /分~3.6ml / H、2ng / kg /分〜4.8ml / h; 体重90kg、0.5ng / kg /分〜1.35ml / h、1ng / kg /分〜2.7ml / h、1.5ng / kg /分〜4.05ml / H、2ng / kg /分〜5.4ml / h;体重100kg、0.5ng / kg /分〜1.5ml / h、1ng / kg /分〜3ml / h、1.5ng / kg /分〜1.5ml / h、2ng / kg /分~6ml /時; 体重110kg、0.5ng / kg / min〜1.65ml / h、1ng / kg / min〜3.3ml / h、1.5ng / kg / min〜4.95ml / H、2ng / kg /分〜6.6ml / hである。

治療期間 - 最大4週間。 レイノー症候群の患者では、短期治療コースは短期寛解(数週間)を達成するのに十分な短さ、3-5日であることが多い。

頭痛、吐き気、血圧低下などの副作用がある場合は、注入速度を最大許容値まで下げる必要があります。 重篤な副作用の発生により、注入を中断しなければならない。 治療は、通常、4週間後に再開され、以前の治療経過の最初の2〜3日で患者が十分に耐容する。

頭痛、吐き気、血圧低下などの副作用がある場合は、注入速度を最大許容値まで下げる必要があります。 重篤な副作用の発生により、注入を中断しなければならない。 治療は、通常、4週間後に再開され、以前の治療経過の最初の2〜3日で患者が十分に耐容する。

透析を必要とする腎不全および肝硬変では、推奨用量は2倍に減少する。

副作用。 神経系や感覚器官から:めまい、頭痛、感覚異常、知覚過敏、耳鳴り、不安、興奮、抑止、無関心、眠気、しばしば(1%以上10%未満) 震え、脳血管障害、うつ病、幻覚、偏頭痛、失神、意識消失、視力障害、視力障害および痛みの頻度が0.1%を超え、1%未満。 まれに(0.01%以上、0.1%未満) - 前庭障害; 頻度は不明です - 混乱。

CCC側では、しばしば(1%以上10%未満) - 血圧低下、徐脈、皮膚への血液の流し込み、熱感。 不整脈(期外収縮を含む)、心筋虚血、心筋梗塞、深部静脈血栓症、肺塞栓症; 頻度不明 - 血圧の上昇、頻脈; 単一の症例(重度のアテローム性動脈硬化症を有する高齢の患者) - 肺水腫。

呼吸器系では、気管支喘息(0.1%以上、1%未満) まれに(0.01%以上0.1%未満) - 咳; 孤立した症例(重度のアテローム性動脈硬化症を伴う高齢の患者) - 心不全。

消化器系の部分では:より頻繁に(10%以上) - 吐き気、嘔吐; 頻繁に(1%以上10%未満) - 食欲不振、下痢、腹部の不快感、腹痛; 乾燥した口、味の変化、tenesmus、便秘、げっ歯類、嚥下障害、下痢、メレナ、直腸出血、黄疸が少ない(0.1%以上1%未満)。

筋骨格系の部分では、しばしば(1%以上10%未満) - 咀嚼筋肉、虹彩筋腫、筋痛、関節痛、筋力低下の痛み; 頻度が低い(0.1%以上、1%未満) - テタニー、痙攣性筋攣縮、高血圧。

泌尿器系の側面から:背中の痛み、腎疝痛、尿の細胞組成の変化、排尿障害。

局所反応:しばしば(1%以上10%未満) - 皮膚充血、痛み、注射部位の静脈炎。

その他:より頻繁に(10%以上) - 発汗; しばしば(1%以上10%未満) - 局所痛、全身痛、温熱、皮膚かゆみ、疲労、渇き。 頻度は不明 - アレルギー反応。

過剰。 症状:顔面に重度の血流、重度の頭痛、脚や背中の痛み、急激な蒼白、激しい汗、吐き気、嘔吐、腹痛、下痢、血圧の低下または上昇、徐脈または頻脈。

治療:注入の中断、対症療法; 特定の解毒剤は不明である。

インタラクション。 この実験では、ベータブロッカー、BCC、血管拡張薬、ACE阻害薬(ボランティアの臨床試験ではデータが確認されていない)の抗高血圧効果を高める。 血圧が低すぎる場合は、薬の用量を減らす必要があります。

実験におけるSCSは、抗血小板効果の性質を変えずに(臨床効果は示されていない)、イロプロストの血管拡張効果を高める。

理論的には、間接作用の抗凝固剤(クマリン誘導体)であるヘパリンは、出血のリスクを高める可能性がある(薬物注入を中止すべきである)。

抗凝集作用は、血小板凝集の他の阻害剤(ASA、他のNSAID、ホスホジエステラーゼ阻害剤、硝酸塩およびモルシドミン)によって増強される。

薬学的に他の薬物との相溶性がない。

特別な指示。 この薬剤は、適切な能力を有する病院または外来施設での慎重なモニタリング監視の条件でのみ使用されるべきである。

治療を始める前に、女性は妊娠から除外されるべきです。

輸液用の溶液は、その無菌性を保証するために、毎日調製しなければならない。

薬を中に入れて粘膜や皮膚に接触させないでください(長く痛みのない紅斑につながる可能性があります)。 製品が皮膚に付着した場合は、直ちに多量の水または0.9%NaCl溶液で洗浄する。

脚の緊急切断が必要な患者に手術を延期しないでください(例えば、感染したガス壊疽で)。

患者は禁煙を強く勧められるべきである。

動脈低血圧患者の治療中は、血圧のさらなる低下に対して対策を講ずるべきである。 重度の心臓病を有する患者は、厳密な監視監督下にあるべきである。

治療経過の終了後、患者が水平姿勢から垂直姿勢に移行する際に起立性低血圧が発生する可能性を考慮する必要があります。

周囲の組織における希釈されていない薬液の誤った投与は、それらの損傷につながる可能性がある。

頻繁な血小板への影響が現れ、治療の終了時に血小板を凝集させる傾向の増加に現れる「リバウンド症候群」の可能性が示されているので、数日間の一定の注入は推奨されない(これらの現象に関連する臨床合併症の報告は存在しない)。

妊娠中および授乳中(有効性および安全性が確立されていない)には、女性に投与しないでください。

Someone from the Brazil - just purchased the goods:
Vertigoheel drops 30ml