Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:イチョウの白葉エキス

私はこれがほしい、私に価格を与える

医薬品の商品名 - タナカン、ビロビル、ビロビル・フォルテ、ギンコム、ミトプラント、ビロビル・インテンツ、ジノス、イチョウのメモリア、ギンギウム、銀杏、イチョウの葉

ロシア語の 名前

イチョウ葉エキス

物質のラテン語イチョウの白葉エキス

エキス(Extractum foliorum)イチョウ(Ginkgo bilobae)属(Extracti foliorum Ginkgo bilobae)

薬理学的グループ:

血管保護剤および微小循環補正剤

脳循環障害の修正者

病因分類(ICD-10)は、

F00アルツハイマー病の認知症(G30 +):アルツハイマー型認知症; アルツハイマー型認知症; アルツハイマー病における認知症

F01血管性認知症:脳血管性認知症

F04アルコールまたは他の精神活性物質によって引き起こされない、無月経の症候群:コルサコフの精神病; コルサコフ症候群; シンドローム

F51.1無機病因の眠気[過眠症]:眠気。 過眠症

G47.1眠気の亢進の形の邪魔[過眠症]

G93.4不特定脳症:ビリルビン脳症; 怠惰状態。 門脈 - 全身性脳症のときの振戦; 潜在性肝性脳症; アテローム性動脈硬化症; 高血圧性脳症; 低酸素性脳症; 代謝性脳症; 脳症; 脳病変; ポルト - びびん脳症; 血管性脳症; 外傷性脳症; 脳症; 脳症; 脳症2次発症; 脳循環障害; 脳症ポトカバール; てんかん性脳症; 出血性ショックおよび脳症症候群; 亜急性海綿状脳症

H35.3黄斑および後極変性:黄斑変性; 網膜ジストロフィー; 血管硬化性黄斑ジストロフィー; 加齢性黄斑変性症; 黄色変性の非自発的形態; 黄色の染色の変性変化; シュタルガルト病; 黄色い場所での退行性プロセス; 網膜変性; 黄斑変性症; 網膜の色素沈着変性; 黄斑変性年齢(老人性); メッシュ膜のジストロフィー; 網膜の遺伝的色素変性; 遺伝性テーパテレタル変性; 古い黄斑変性

H36.0糖尿病性網膜症(E10-E14 +一般的な第4の特徴.3):出血性糖尿病性網膜症; 糖尿病性網膜症; 糖尿病患者における黄斑変性

H81.9未指定の前庭機能の違反:迷路、前庭障害; 迷路障害; 前庭眼振; コウレブステイブルニー障害; コレオレベスチュロニー症候群血管起源; 迷路における微小循環の違反; 聴覚とバランスの虚血性障害

I69脳血管疾患の影響:虚血性および脳卒中後の状態; 出血性脳卒中の残存効果; 虚血性脳卒中の残留効果; 脳循環の残留効果; くも膜下出血の残存効果; 虚血性脳卒中; 転移した血栓塞栓性脳卒中; 脳血管障害の結果。 脳への血液供給が不十分な結果。 虚血性脳卒中の結果; 脳卒中の結果。 Postapopleksicheskoe州; 脳卒中後期間; 脳卒中後症候群; ストローク後の状態。 脳血管事故後の状態; 慢性脳血管機能不全

I73.0レイノー症候群:レイノー症候群Leriche; レイノー病; レイノーの現象。 RaynaudLeriche症候群; レイノー病; 栄養障害を伴うレイノー症候群; 末梢血管障害

I79.2他の地域に分類される疾患における末梢血管障害:糖尿病性血管症; 糖尿病における血管症; 糖尿病性動脈硬化症; 末梢神経の病変の痛み; 糖尿病性血管症; 糖尿病性細小血管症; 糖尿病性血管疾患; 断続的な血管新生disbaziya; 糖尿病における大血管症; 細小血管症; 糖尿病における微小血管障害; 手と足の感覚を刺す。 四肢の寒さ; 末梢血管障害; 末梢動脈疾患; 硬化症Menkeberga; 慢性閉塞性動脈疾患

R41.3.0 *減少した記憶:記憶喪失; 記憶障害; 記憶の弱化。 記憶障害; 忘れられた; 違反メモリ; 高齢患者における記憶障害; 記憶障害; 最近の出来事と関連した記憶障害

R53機能不全および疲労:アステネス障害; asthenic条件; asthenic現象; アステア症候群; asthenic障害; アステカ状態; asthenic現象; アステニア; アステオ - 動力学的に劣悪な状態; asthenovegetative症状; アステオ自治体 - 自律神経学的症状; 無秩序自律神経障害; 逆性不眠症; astheno抑うつ障害; 逆説的抑うつ状態; astheno - 抑うつ状態。 asthenoneurotic障害; astheno神経症状態; 迅速な疲労性; 若い労働虐待のインフルエンザ; インフルエンザ 糖尿病性無力症; 神経系の消耗; 物理的な疲労。 不安。 うつ病との神経の枯渇; 一般的な精神的疲労; 一般的な肉体的疲労。 一般的な倦怠感。 病理学的疲労; 増加した疲労; 精神的疲労; 精神的疲労; astenovegetative syndrome; 慢性疲労症候群; 総活動量の減少。 増加した疲労の状態。 増加した疲労の状態; 精神的疲労; 衰弱; 疲労; 疲労性; 物理的な疲労; 身体的および精神的疲労; 物理的な過労; 機能的無力状態; 慢性疲労; 慢性的な衰弱状態

T90.5頭蓋内傷の影響:外傷性脳損傷後の状態; 外傷性脳損傷後の状態; 外傷性脳症; 外傷性脳損傷の残留効果; 外傷性脳損傷後の回復; 外傷性脳損傷後の状態

イチョウの葉の説明

イチョウ葉植物(イチョウの標準化された抽出物)。 フラボノグリコシド、テルペノラクトン(ギンコライドおよびビロバライド)および他の抽出物を含む。

薬理学

作用機序 - 抗凝集、静注作用、ノートロピック作用 、抗高血圧作用 、微小循環を改善し、精神的能力を高め、脳循環を改善し、毛細血管の透過性を低下させ、末梢循環を改善する。

細胞の代謝、血液および微小循環のレオロジー特性、ならびに血管の血管運動反応を標準化する。 脳循環と酸素とグルコースによる脳の供給を改善します。 これは、用量依存性の血管収縮効果を有し、内皮弛緩因子の産生を刺激し、小動脈を拡張し、静脈の緊張を高め、血管充填を調節する。 cGMPの細動脈の平滑筋細胞に蓄積するホスホジエステラーゼを阻害し、小動脈の緊張を低下させる。 痙攣、および微小循環床における血流の増加。 血小板活性化因子を阻害し、血小板および赤血球の凝集を阻害し、メディエーターの平滑筋筋肉の血栓症および分泌を防止する。 血管壁の透過性を低下させ、顕著な抗浮腫効果(脳、末梢組織)を有する。 抗低酸素、抗酸化特性を持っています。 細胞膜のフリーラジカルおよび脂質過酸化の形成を防止し、ミトコンドリアの数の増加および細胞中のATPの蓄積、酸素およびグルコースの利用の増加、中枢神経系におけるメディエータープロセスの正常化を促進する。 動物実験では、低酸素状態でニューロンの生存を増加させることが示されている。

シナプス終末の放出を刺激し、生体アミン(ノルアドレナリン、ドーパミン)の再吸収を阻害し、アセチルコリンに対するシナプス後ムスカリン性受容体の感受性を増加させる中枢神経系の神経伝達物質プロセスに影響を及ぼす。 アセチルコリン作動系に対する効果は、ノートロピックおよびカテコールアミン系抗うつ効果を決定する。

認知機能の改善を促進し、記憶力と学習能力を向上させる。 用量にかかわらず単回投与は、アルファ・リズムのパワーの増加、EEG上の緩慢なリズムのパワーの低下、誘発電位の「認知的構成要素」の潜伏期をもたらす。 アルツハイマー病では、長期療法では、記憶障害、注意力、精神運動機能、脳の生物学的活性の最適化に対して安定化または弱い正の効果を有し、認知症の進行を遅らせるのに寄与する。

末梢循環の逸脱:下肢のアテローム性動脈硬化症、糖尿病性細小血管症、網膜症および末梢組織の慢性虚血に付随する他の状態にはプラスの効果がある。 下肢のアテローム性動脈硬化症を罹患している患者では、120〜160mg /日の用量で3〜6ヶ月間投与すると、歩行時の痛みの発生時間/距離が増加する。 めまいの重症度を軽減し、効力を増加させます。

摂取がよく吸収されると、1.5時間後にCmaxに達し、T1 / 2は4.5時間に達する。 Malotoxic。

イチョウ葉の実体の応用

注意および/または記憶の障害、知的能力の低下、不安、恐怖、睡眠障害を伴う気循環性脳症(脳卒中、頭蓋脳症、老年期の結果)。 認知症、incl。 アルツハイマー病; 若者の記憶と注意を改善する。 神経感覚障害(めまい、耳鳴り、覚醒低下)、老人性黄斑変性、糖尿病性網膜症; アステア状態:心的外傷、神経症、外傷性脳損傷によるもの; 末梢循環および微小循環の侵害 下肢の動脈症、レイノー症候群。

イチョウ葉エキスの禁忌

過敏症。

妊娠と授乳

推奨されない(十分な臨床経験がない)。

イチョウ葉エキスの副作用

消化不良、頭痛、めまい、アレルギー反応。

Someone from the Chile - just purchased the goods:
Nimotop 30mg 100 pills