Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:Fraxiparine

私はこれがほしい、私に価格を与える

投与形態:皮下投与のための溶液

活性物質: Nadroparinumカルシウム

ATX

B01AB06ナトロパリン

薬理学グループ

抗凝固剤

病因分類(ICD-10)は、

I20.0不安定狭心症:ヘーバーデン病; 狭心症; 狭心症の発作; 再発狭心症; 自発性狭心症; 安定狭心症; アンギナ休息; アンギナが進行中。 アンギナ混合; アンギナ自発性; 安定狭心症; 慢性安定狭心症; アンギナ症候群X

I21.9急性心筋梗塞、不特定:心筋梗塞を伴う左心室の変化; 心筋梗塞を伴う左心房の変化; 心筋梗塞; Q波なしの心筋梗塞; 慢性心不全の徴候のない心筋梗塞; 不安定狭心症を伴う心筋梗塞; 心筋梗塞を伴うピロエット頻脈

I82.9不特定静脈の塞栓症および血栓症:静脈塞栓症; 静脈血栓症; 血管の血栓によって引き起こされる病気; 急性血管閉塞; 急性静脈血栓症; 静脈の急性血栓症; 血栓症; 血栓塞栓症; 血栓血栓症; 塞栓症

Z49.1体外透析を含む補助:血液透析 ; 慢性血液透析; 体外循環; 血液透析シャントの血栓症

組成および放出形態

注射用溶液1シリンジ

スパラパリンカルシウムIU抗HA 2850

賦形剤:水酸化カルシウム溶液-qs(または希塩酸)をpH5.0~7.5にする。 注射用水 - 適量0.3 mlまで

ブリスターで、0.3mlのために使い捨て可能な2つのシリンジ; 段ボールの箱に1または5のブリスター。

注射用溶液1シリンジ

スパラパリンカルシウムIU抗Xa3800

賦形剤:水酸化カルシウム溶液-s(または希塩酸)をpH5.0~7.5にする。 注射用水 - 適量0.4 mlまで

ブリスターで0.4ml中に使い捨て可能な2つのシリンジ; 段ボールの箱に1または5のブリスター。

注射用溶液1シリンジ

スーパーパラフィンカルシウム、IU抗Xa5700

賦形剤:水酸化カルシウム溶液-s(または希塩酸)をpH5.0~7.5にする。 注射用水 - 最大0.6ml

ブリスターで、0.6mlのために使い捨て可能な2つのシリンジ; 段ボールの箱に1または5のブリスター。

注射用溶液1シリンジ

スパラパリンカルシウム、IU抗Ha 7600

賦形剤:水酸化カルシウム溶液-s(または希塩酸)をpH5.0~7.5にする。 注射用水 - qs最高0.8 ml

ブリスターで、0.6mlのために使い捨て可能な2つのシリンジ; 段ボールの箱に1または5のブリスター。

注射用溶液1シリンジ

スーパーパラフィンカルシウム、IU抗Ha 9500

賦形剤:水酸化カルシウム溶液-s(または希塩酸)をpH5.0~7.5にする。 注射用水 - 1 mlまで

ブリスターでは、それぞれ1mlの使い捨て注射器2個、 段ボールの箱に1または5のブリスター。

剤形の説明

透明、わずかに乳白色、無色または淡黄色の溶液。

特性

低分子量ヘパリン(LMWH)。

薬理学的効果

作用様式 - 抗凝固剤、抗血栓剤。

薬力学

ナドロパリンカルシウムは、抗IIa因子または抗血栓活性と比較して、より高い抗Xa因子を特徴とする。 スーパーパラフィンの2つの活性間の比は2.5〜4の範囲にある。

予防投与では、supra-parrinは活性化部分トロンビン時間(活性化部分トロンボプラスチン時間)の著しい減少を引き起こさない。

最大活性期間中の治療において、活性化された部分トロンボプラスチン時間は、標準的なトロンボプラスチン時間の1.4倍の値まで延長することができる。 この延長は、カルシウムスーパーパラフィンの残留抗血栓効果を反映する。

薬物動態学

薬物動態学的特性は、抗Xa血漿活性因子の変化に基づいて決定される。 SC投与後、薬物のほぼ100%が急速に吸収される。 スパラパリンカルシウムが1日2回の注射の様式で使用される場合、血漿中のCmaxは3〜4時間で達成される。 モード1におけるカルシウム超パパリンの適用により、1日当たりのCmax注射は、投与後4時間から6時間の間に達成される。代謝は主に肝臓で起こる(脱硫、解重合)。 T1 / 2の皮下投与後、低分子量ヘパリンの抗Xa因子活性は、未分画ヘパリンの場合よりも高く、3〜4時間である。

抗IIa因子活性に関して、低分子量ヘパリンが使用される場合、抗Xa因子活性よりも速く血漿から消失する。

排泄は、主に腎臓によって、最初またはほとんど変化しない形態で起こる。

リスクグループ

高齢患者では、腎機能が生理学的に低下するため、排泄が遅くなる。 これは、これらの患者の腎機能が許容限度内にとどまる限り、予防目的のための薬物の投与量および投与様式には影響しない。すなわち、重要ではない。

治療前に、LMWHは、コックロフトの式を用いて、75歳以上の高齢者の腎機能を体系的に評価する必要があります。

腎不全の軽度から中程度(Cl> 30mL /分):血液中の抗Xa因子活性のレベルを監視して、薬物の過量投与の可能性を排除することが有用な場合もある。

血液透析:ループ内の凝固を防ぐために、低分子量ヘパリンを十分に高い透析ループの動脈ラインに注入する。 薬物の全身循環への通過が腎不全の最終段階に関連する抗Xa因子活性の増加を導く場合がある、過量の場合を除いて原則として薬物動態パラメータは変化しない。

薬物Fraxiparineの表示

血液透析または血液濾過中の体外循環系における血液凝固、血栓症のリスクの高い患者における血栓塞栓性合併症(集中治療室における急性呼吸器および/または心不全)。

Q波のない血栓塞栓症、不安定狭心症および心筋梗塞の治療。

禁忌

血圧低下症(血小板減少症を含む)をFraksiparinuまたは他のLMWHおよび/またはanamnesisの他のヘパリンへ; ヘパリンによって引き起こされないDIC症候群を除いて、出血の徴候または止血に関連する出血の危険性の増加; 出血傾向のある有機臓器障害(例、胃または十二指腸の急性潰瘍); 中枢神経系に対する外傷または外科的介入; 敗血性心内膜炎。

妊娠と授乳

動物実験は、過酸化カルシウムの催奇性作用を示さなかったが、妊娠第1期に予防的用量およびコース治療の両方の形でのFraxiparineの使用を避けることが好ましい。

妊娠の第2および第3回の間に、フラクシパリンは静脈血栓症(母親の利益を胎児のリスクと比較する)の予防に関する医師の推奨に従ってのみ使用することができます。 この期間のコースの治療は使用されていません。

硬膜外麻酔の使用について疑問がある場合は、麻酔の少なくとも12時間前に、可能な限りヘパリンによる予防治療を中止することが推奨される。

新生児の消化管における薬物の吸収は原理的にはそうでないため、授乳中の母親のFraxiparineによる治療は禁忌ではない。

副作用

最も一般的な副作用は、注射部位における皮下血腫の形成である。 いくつかのケースでは、密度の高い結節が出現し、ヘパリンのカプセル化を意味するものではなく、数日後に消失する。

大量のFraxiparineは、様々な部位の出血や軽度の血小板減少症(I型)を引き起こす可能性があり、通常はさらなる治療の過程で消滅する。 肝臓酵素(ALT、AST)のレベルの一時的な適度な上昇が可能である。

皮膚の壊死およびアレルギー反応はめったに起こりません。 動脈および/または静脈血栓症または血栓塞栓症と組み合わせたアナフィラキシー反応および免疫性血小板減少症(II型)のいくつかの症例が報告されている。

インタラクション

高カリウム血症の発症は、いくつかの危険因子の同時存在に依存し得る。 高カリウム血症を引き起こす薬物:カリウム塩、カリウム保存性利尿薬、ACE阻害薬、アンジオテンシンII受容体遮断薬、NSAID、ヘパリン(低分子または未分画)、シクロスポリンおよびタクロリムス、トリメトプリム。 高カリウム血症を発症するリスクは、前述の薬剤とFraxiparineとの併用により増加する。

アセチルサリチル酸、NSAID、ビタミンKアンタゴニスト、フィブリン溶解性およびデキストランのような止血に影響を及ぼすそのような調製物とのFraxiparineの併用は、効果の相互増強をもたらす。

さらに、血小板凝集阻害剤(鎮痛薬および解熱薬としてのアセチルサリチル酸に加えて、500mgを超える用量):NSAID、アブシキシマブ、抗血小板用量のアセチルサリチル酸(50〜300クロピドグレル、エプチフィバチド、イロプロスト、チクロピジン、チロフィバンは、出血のリスクを高める。

投与と投与

SC(血液透析の過程での使用を除く)。

このフォームは大人用です。

IVに入らないでください!

フラクシパリン1mlは、supraparinの抗Xa因子活性約9,500IUに相当する。

導入のテクニック

好ましくは、患者は、腹臥位、前外側または後外側の腹部ベルトの皮下組織、または交互に右側および左側から投与される。

針は、溶液の終わりまで親指と人差し指との間で、ピンチされた皮膚の襞に垂直に(および角度ではなく)挿入する必要があります。 卒中注射器は、患者の体重に応じて用量を調整するように設計されている。

手術における血栓塞栓症の予防的維持

これらの勧告は、全身麻酔下で行われる外科的処置を指す。

適用頻度。 1日1回注射する。

投与量を適用した。 投与量は、患者の体重および手術のタイプに応じて、個々のリスクレベルに起因する。

中等度の血栓形成リスクを伴う状況。 中程度の血栓形成リスクおよび血栓塞栓症の危険性が増加していない患者の手術では、1日に抗Xa因子活性2850IU(0.3ml)の用量を投与することにより血栓塞栓症の有効な予防が達成される。

初回注射は手術の2時間前に行うべきである。

血栓形成リスクが増加した状況。 超パピルスの股関節および膝関節への投与量は、患者の体重に依存する。 1日1回:手術前、すなわち処置の12時間前、手術後、すなわち処置の終了後12時間から開始し、その後3日目までの386 IUの抗Xa因子活性/ kg手術後、包括的。 57 IU抗Xa因子活性/ kg、手術後4日目から開始する。

体重に応じて、患者に使用される用量は以下の通りである:

Fra x iparinのボリュームを 導入
初期用量(IV、ボーラス)、ml12時間毎のSC注射、ml
<500,40,4
50-590,50,5
60-690,60,6
70-790,70,7
80-890,80,8
90-990,90,9
> 1001,01,0

過剰摂取

大量の低分子量ヘパリンの導入に対するSCの偶発的な過剰摂取は、出血の原因となり得る。

低分子量のヘパリンを摂取した場合(大量であっても)、薬物の吸収が非常に低いため、重大な結果は期待できません。

治療:小さな出血で - 次の投与を遅らせる。

場合によっては、以下の点を考慮して硫酸プロタミンの使用を示すことができる:その有効性は、未分画ヘパリンの過剰投与に関連して記載されたものよりも有意に低い; その副作用(特にアナフィラキシーショック)のために硫酸プロタミンの利益/リスクの比を慎重に評価する必要があります。

このような処置を用いることが決定された場合、中和は硫酸プロタミンのゆっくりとした静脈内投与によって行われる。

硫酸プロタミンの有効用量は、ヘパリンの投与量(抗ヘパリン100単位、プロタミン硫酸塩を使用して、LMWHの100 IU抗Xa因子活性の活性を中和することができる)に依存する。 解毒剤の投与量を減らすことができるヘパリンの投与後経過時間。

しかしながら、抗Xa因子活性を完全に中和することは不可能である。

さらに、低分子量ヘパリンの吸収動態は、この中和を一時的な性質にすることができ、硫酸プロタミンの計算された総投与量を1日に複数回注射(2〜4回)に分割する必要がある。

特別な指示

低分子量ヘパリンの種々の調製物の濃度が抗Xa因子活性の国際単位で表されるという事実にもかかわらず、その有効性は抗Xa因子活性に限定されない。 1つのLMWHの投薬レジメンの別のものによる置換は、危険で容認できないものである。 各レジメンは特別な臨床試験によって試験された。 したがって、特別な注意が必要であり、各薬剤の使用のための具体的な指示に従う。

出血の危険性。 推奨される治療レジメン(投与量および治療期間)は観察されるべきである。 逆の場合、特にリスクのある患者(高齢者、腎不全患者など)において出血が起こり得る。

深刻な出血が観察された:高齢の患者では、特に年齢とともに腎機能の弱化に関連して; 腎不全で; 体重40kg未満の患者では、 治療期間が推奨(10日)を超える場合。 推奨される治療条件(特に、コース適用のための体重に基づいた投与期間および確立)を遵守しない場合。 出血の危険性を高める薬剤と併用する場合。

いずれにしても、高齢の患者および腎不全に罹患している患者ならびに10日間以上使用した場合に特別な管理が必要である。 場合によっては、薬物の蓄積を検出するために抗Xa因子活性を測定することが有用であり得る。

ヘパリン誘発性血小板減少症(HIT)のリスク。 LMWHによる治療を受けている患者(経過または予防用量で)が:血栓症の陰性動態、患者の治療、静脈炎、肺塞栓症、下肢の急性虚血、心筋梗塞または脳卒中を有する場合、それらを考慮すべきであるヘパリン誘発性血小板減少症(HIT)の発現、および血小板の数の即時分析。

小児での使用。 データがないため、小児におけるLMWHの使用は推奨されていません。

腎臓の機能。 LMWHの治療を開始する前に、特に75歳以上の高齢患者では、腎機能をモニターする必要があります。 クレアチニンクリアランスは、コックロフト式および患者の実際の体重に基づいて計算される:年齢、体重(キログラム)で表されるC1クレアチニン=(140歳)×体重/(0.814×血清クレアチニン) 、血清クレアチニンはμmol/ L(クレアチニンがmg / mlで表される場合は8.8倍)である。

女性では、この公式は、結果に0.85を掛けることによって補われます。

重度の腎不全(C1クレアチニン約30ml /分)の検出は、コース形態のLMWHの使用に対する禁忌である(「禁忌」参照)。

実験室試験

血小板の数の制御

ヘパリン誘発性血小板減少症

HIT発症の危険性に関連して、使用の指示および処方された用量にかかわらず、血小板の数を制御することが必要である。 血小板数の計算は、治療開始前、または治療開始後1日以内に実施し、治療の全過程中に週2回行う。

血小板数が100,000 / mm3未満である場合、または血小板数が前回の分析と比較して30-50%低下した場合、HITの診断を行う必要があります。 主にヘパリン処理の開始後5日から21日の間に発生する(最大頻度は約10日間)。

しかしながら、非常にまれに、21日後に、ヘパリン治療に関連した血小板減少症の患者の存在下ではるかに早く現れることがある。 そのような不調症の収集は、治療開始前に患者との面談中に体系的に実施されるべきである。 さらに、ヘパリンの反復投与によるHITのリスクは、数年間または無期限に持続する可能性がある(「禁忌」を参照)。

いずれにせよ、GITの出現は緊急の状況であり、専門家との協議が必要です。 血小板数の有意な低下(初期値の30〜50%)は、臨界値に達する前に警報として考慮する必要があります。 血小板数が減少した場合は、直ちに血小板数を確認する必要があります。

他の明らかな原因がなく、このコントロールで発生率が確認または検出された場合、ヘパリンの投与を一時停止する。

インビトロ血小板凝集アッセイおよびイムノアッセイのために、クエン酸塩チューブ中の血液サンプルを選択する。 しかし、このような状況では、緊急の対策はこれらの分析の結果に左右されません。なぜならこれらの分析は少数の特殊な研究室のみで行われ、最高でも数時間後に結果が得られるからです。 それにもかかわらず、ヘパリンによる治療を継続すると、血栓症のリスクが非常に高いため、合併症の正確な診断を確定するための検査が行われるべきである。

GITの血栓合併症を予防し、治療する。

合併症が発生した場合は、抗凝固療法を継続すべきであり、ヘパリンを別のクラスの抗血栓薬(ダナパロイドナトリウムまたはヒルジン)に置き換える必要があります。

ビタミンKアンタゴニストの代用は、血栓効果の増加の危険性のために、血小板数の正常化後にのみ行うことができる。

ヘパリンのビタミンK拮抗物質による置換。 この場合、ビタミンK拮抗薬の効果をモニタリングするために、臨床および実験室の管理を強化する必要があります。

ビタミンKアンタゴニストの完全な作用はすぐには分かりませんので、2回の連続した分析でこの試験で必要なINRレベルを達成する必要がある限り、ヘパリンは同等の用量で与え続けるべきです。

抗Xa因子活性の制御。 LMWHの有効性を実証する臨床試験の大部分は、患者の体重に合わせて調整された用量で行われており、特別な実験室管理なしに実施されているため、LMWHの有効性の評価に関するこの種のモニタリングの価値は確立されていない。 しかしながら、抗Xa因子活性を測定することによる実験室モニタリングは、いくつかの臨床状況において出血のリスクにおいて有用であり、しばしば過剰摂取のリスクと関連する。

これらの状況は、軽度および中等度の腎不全(C1、Cockcroftの公式、30-60ml /分で計算された)で、適用された用量に関連したLMWHのコース使用の適応症に関連している可能性があります:実際には、未分画標準ヘパリンとは異なり、 LMWHは主に腎臓に排泄され、腎機能障害は相対的な過剰摂取につながります。 重度の腎不全に関しては、それは為替レート体制におけるLMWHの使用に対する禁忌である(「禁忌」参照)。 極度の体重(体重減少または疲労、肥満)で; 説明のつかない出血。

しかし、LMWH治療が推奨(特に持続期間に関して)および血液透析に合致している場合には、予防投与を使用する場合には、実験室モニタリングは推奨されない。

反復投与の可能性のある累積を特定するために、可能な限り、薬物の最大活性(利用可能なデータに従って)で血液を採取することが推奨される。

第3回投与の約4時間後に薬物を1日2回または第2回投与後約4時間の形態で投与する場合、薬物は1日1回のSC注射の形態で投与される。

血清ヘパリンレベルを2〜3日ごとに測定するための抗Xa因子活性の反復測定は、必要に応じてLMWHの投与量を変更する以前の分析の結果に応じて、個々の症例において考慮されるべきである。

各LMWHおよび各治療レジメンについて、生成された抗Xa因子活性は異なる。

適応症および利用可能なデータに従って、スーパーパラフィン投与後4時間目に観察された平均抗Xa因子活性(標準偏差)は、

1日2回の注射として83IU / kgは、1.010.18IU

1日あたりの単回注射として168IU / kgは、1.340.15IU

平均値は、発色(アミド分解)法を用いて実施された抗Xa因子活性を決定するための臨床試験中に観察された。

活性化部分トロンボプラスチン時間(APTT)。 一部のLMWHは適度にAPTTVを拡張します。 (臨床的意義はない)。

LMWHの予防的使用の場合、脊髄/硬膜外麻酔を行う。 脊髄または硬膜外麻酔の間にLMWHおよび他の抗凝固剤を使用する場合、脊髄内血腫のまれな症例があり、長期または持続性の麻痺に至った。

脊髄麻酔より硬膜外カテーテルを使用した場合、髄腔内血腫のリスクは高いようである。

この稀な合併症のリスクは、手術後の硬膜外カテーテルの長期使用に伴って増加する可能性がある。

LMWHの術前治療が必要な場合(長期固定化、外傷)、脊髄麻酔の利点を注意深く評価した場合、この技術は、少なくとも12時間が経過すると手術前にLMWHの注射を受けた患者に使用できますヘパリン注射と脊髄脳麻酔薬の適用との間には、髄腔内血腫の危険性があるため、徹底的な神経制御が必要である。

ほとんどすべての症例において、LMWHの予防治療は、神経学的モニタリングを用いて、麻酔またはカテーテル抽出の適用後、6〜8時間以内に開始することができる。

止血に影響を及ぼす他の薬物(すなわち、NSAID、アセチルサリチル酸)と組み合わせる場合、特に注意が必要である。

マシンを運転して作業する能力には影響しません。

針保護システムの使用:薬物の投与後、Fraxiparineシリンジの安全システムを適用する。 片手で使用済みシリンジを保護ケーシングで持ち、もう一方の手でホルダーを引っ張ってラッチを外し、カチッという音がするまでカバーを移動して保護します。 使用済みの針は完全に保護されています。

メーカー

サノフィウィンスロップインダストリー、フランス。

薬Fraxiparineの保管条件

30℃以下の温度で

子供の手の届かないところに保管してください。

薬物Fraxiparineの有効期間

3年。

パッケージに記載された有効期限を超えて使用しないでください。

Someone from the Bahrain - just purchased the goods:
Mircera injection 100 mcg