Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:Fluoxetine-Apo

私はこれがほしい、私に価格を与える

剤形:カプセル剤

活性物質:フルオキセチン*

ATX

N06AB03フルオキセチン

薬理学的グループ:

抗うつ薬

nosological分類(ICD-10)は、

F32うつ病エピソード: アステオ - 力学的に劣勢の状態; asthenoadressive障害; astheno抑うつ障害; 逆発情状態; astheno - 抑うつ状態。 大鬱病性障害; リタデーションを伴うびらん痛症のうつ病; 二重うつ病; うつ病の偽造; うつ病; うつ病性気分障害; うつ病; うつ病性気分障害; うつ状態; うつ病; うつ病性症候群; うつ病性症候群が蔓延する; 精神病における抑うつ症候群; うつ病マスク; うつ病; うつ病の枯渇; 気分循環の枠組みの中で抑制の現象を伴ううつ病; うつ病は笑っている。 退行性うつ病; 革命的な憂鬱。 退行性うつ病;躁うつ病; マスクされたうつ病; メランコリックアタック; 神経性うつ病; 神経性うつ病; 浅いうつ病; 有機うつ病; 有機性うつ症候群; 単純うつ病; シンプルメランコリック症候群;心因性うつ病; 反応性うつ病; 中等度の精神病理学的症状を伴う反応性うつ病; 反応性抑うつ状態; 反応性うつ病; 反復うつ病; 季節性うつ症候群; severostaticうつ病; 老人性うつ病;症状のあるうつ病; Somatogenicうつ病; サイクロトミン性うつ病; 外因性うつ病; 内因性うつ病; 内因性抑うつ状態; 内因性うつ病; 内因性抑うつ症候群

F33再発性うつ病:大うつ病; 二次うつ病; 二重うつ病; うつ病の偽造; うつ病性気分障害; うつ病; うつ病性気分障害; うつ状態; うつ病性症候群; うつ病マスク; うつ病; うつ病は笑っている。 退行性うつ病; 退行性うつ病; マスクされたうつ病; メランコリックアタック; 反応性うつ病; 中等度の精神病理学的症状を伴う反応性うつ病; 反応性抑うつ状態; 外因性うつ病; 内因性うつ病; 内因性抑うつ状態; 内因性うつ病; 内因性抑うつ症候群

F42強迫性障害:強迫神経症; 強迫的な状態; 強迫観念症候群; 妄想症候群; 妄想神経症; 強迫神経症; 思いやり

F50.2神経過食症:過食症性神経症; 過食症; ウルフの飢え; キノレクシア

組成および放出形態

カプセル1杯。

フルオキセチン塩酸塩22.4mg

(フルオキセチン20mgに相当)

補助物質:ラクトース一水和物; コムギデンプン; ステアリン酸

カプセル殻:ゼラチン

硬ゼラチンカプセルに使用される染料:キノリンイエロー; 夕焼け黄色; 二酸化チタン; ブリリアントブルー

黒インクの一部である染料:インジゴチン; ペースは赤です。 ブリリアントブルー; キノリンイエロー

14,20,28,30,50,100,200および500個のポリエチレンボトルに入れた。 または輪郭セル7および10内にある。 厚紙1枚、2枚、4枚、5枚、10枚のパックに入れます。

剤形の説明

黄白色の不透明体、不透明な緑色の帽子、および白またはほぼ白色の粉末で満たされた黒色インク「APO 20」の刻印を有する硬ゼラチンカプセル。 カプセル番号3のサイズ。

特性

抗うつ薬群SSRIs。

薬理学的効果

薬理作用 - 抗うつ薬。

麻痺して刺激効果があります。 中枢神経系のニューロンのシナプスにおけるセロトニン(5-HT)の再取り込みを選択的に遮断する。

薬力学

セロトニンの再取り込みの阻害は、シナプス間隙におけるこの神経伝達物質の濃度の増加をもたらし、シナプス受容体部位に対するその効果を増強し、延長する。 治療用量では、フルオキセチンはヒト血小板によるセロトニンの発作を阻止する。 それは、ムスカリン、ヒスタミンH1、アドレナリンαおよびα2受容体の弱いアンタゴニストであり、ドーパミンの再取り込みにほとんど影響を与えない。 それは、強迫性障害の減少ならびに食欲の低下を引き起こし、これは体重の減少につながり得る。 鎮静を引き起こさない。 中等度の治療用量で採取された場合、実際には心血管系および他の系の機能に影響を与えない。

薬物動態

摂取が消化管からよく吸収されると(用量の95%まで)、食物の使用はフルオキセチンの吸収をわずかに阻害する。 血漿中のCmaxは6〜8時間後に達成される。 経口投与後のフルオロセチンバイオアベイラビリティーは60%以上である。 この薬物は組織に蓄積されており、BBBを容易に貫通する。 血漿タンパク質に結合する - 90%以上。 ノルフルオキセチンおよび多くの未同定代謝産物の活性代謝物への脱メチル化によって肝臓で代謝される。 それは腎臓から排出される。フルオキセチンは94-704ml /分、ノルフルオキセチンは60-336ml /分である。 腎不全はフルオキセチン除去率に有意な影響を与えない。 薬物の約12%が消化管を通して排泄される。 T1 / 2フルオキセチン - 約2〜3日、ノルフルオキセチン - 7〜9日。 肝不全T1 / 2の患者では、フルオキセチンおよびノルフルオキセチンが延長される。 薬物は母乳中に排泄される(血清中濃度の25%まで)。

Apo-Fluoxetineの適応症

様々な起源のうつ病、強迫神経症、過食症性神経症。

禁忌

薬物に対する過敏症、MAO阻害剤との同時投与、重度の腎機能障害(C1クレアチニン<10ml /分)および肝臓、妊娠、母乳授乳期間。

糖尿病、種々の起源および癲癇(扁桃症を含む)、パーキンソン病、補償された腎臓および/または肝臓不全、過剰な体重減少、自殺気分のケア - 糖尿病、痙攣性症候群。

妊娠および授乳期における適用

妊娠中の禁忌。 治療期間中は、母乳育児を中止する必要があります。

副作用

中枢神経系の側から:軽躁症または躁病、自殺傾向、不安、興奮性、激越、めまい、頭痛、振戦、不眠症または眠気の増加、無力症。 フルオキセチン痙攣発作の背景を踏まえて開発する場合は、薬物を捨てるべきである。

胃腸管の部分では、食欲の低下、味覚障害、吐き気、嘔吐、口の乾燥または過眠、下痢。 おそらく食欲不振と体重減少の発生。

尿生殖器系から:尿失禁または保持、月経困難症、膣炎、性欲減退、男性の性機能障害(射精の遅延)。

その他:皮膚発疹、蕁麻疹、かゆみ、悪寒、発熱、筋肉や関節の痛み(抗ヒスタミン薬やステロイド薬を使用する可能性があります)、発汗、低ナトリウム血症、頻脈、視力、血管炎などのアレルギー反応はまれです。

これらの副作用は、フルオキセチン療法の開始時または薬剤の用量の増加でしばしば生じる。

インタラクション

MAO阻害剤、他の抗うつ薬、フラゾリドン、プロカルバジン、セレギリン、ならびにトリプトファン(セロトニンの前駆体)との非相溶性。 精神運動の興奮、痙攣、構音障害、高血圧の危機、悪寒、振戦、悪心、嘔吐、下痢などのセロトニン作動性症候群の発症の可能性がある。

フルオキセチンとアルコールまたは中枢神経系の機能低下を引き起こす薬物の同時投与は、その効果を高める。

フルオキセチンは、血清濃度の上昇をもたらし、その効果を高め、合併症の発生率を増加させる、三環系および四環系抗うつ薬、トラゾドン、カルバマゼピン、ジアゼパム、メトプロロール、テルフェナジン、フェニトイン(ジフェニン)の代謝を阻止する。

フルオキセチンとリチウム塩を併用するには、血液中のリチウム濃度を注意深く監視する必要があります。 それを増加させることが可能である。

フルオキセチンは、低血糖薬の作用を増強する。

タンパク質、特に抗凝固剤およびジギトキシンとの結合度が高い薬物と同時に使用すると、遊離(非結合)薬物の血漿濃度を上昇させ、悪影響を発症するリスクを高めることが可能である。

投与と投与

内部、食べ物の摂取量にかかわらず。 最初の投与量は、朝に1日1回、20mgであり、必要に応じて、2〜3回に分けて40〜60mg /日に増加させることができる。 最大一日量は80mgです。

臨床効果は治療開始後1〜4週間で発現し、一部の患者では後に達成することができる。

強迫神経症:推奨用量は20-60 mg /日です。 過食症性神経症 - 60mg /日、2〜3回入院。

毎日の投与量が20mgの高齢患者。

肝機能障害および腎機能障害の患者では、より低い用量および用量間隔の延長が推奨される。

過剰摂取

症状:精神運動、痙攣、心臓リズム障害、頻脈、吐き気、嘔吐。

治療:フルオキセチンに対する特異的アンタゴニストは見出されていない。 症状の治療、活性炭の指定による胃洗浄、痙攣 - ジアゼパム、呼吸維持、心臓活動、体温。

特別な指示

真性糖尿病の患者は、退院後にフルオキセチンおよび高血糖症治療中に低血糖を発症することがある。 電気痙攣療法の背景に対して、長期のてんかん発作を発症させることが可能である。 体重が不足している患者の治療では、食欲不振の影響が考慮されるべきである(体重の進行性喪失が可能である)。 薬物が回収された後、血清中のその治療濃度は数週間持続することがある。 フルオキセチンによる治療中、アルコール飲料は使用できません。 フルオキセチンの摂取は、高い精神的および肉体的反応(機械的車両、機構、高さでの作業などの制御)を必要とする作業のパフォーマンスに悪影響を及ぼし得る。 MAO阻害剤による治療の終了とフルオキセチンによる治療の開始との間の間隔は、少なくとも14日間でなければならない。 フルオキセチンによる治療の終わりとMAO阻害剤による治療の開始との間に、少なくとも5週間。 肝疾患では、老年期には、治療は1/2用量で開始する必要があります。

Fluoxetine-Apoの保存条件

乾燥状態では、暗所は15〜30℃の温度である。

子供の手の届かないところに保管してください。

Fluoxetine-Apoの賞味期限

カプセル20mg〜2年。

パッケージに記載された有効期限が過ぎた後は使用しないでください。

Someone from the Ireland - just purchased the goods:
Beloderm cream 0.05% 40g