Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:Dilaxa

私はこれがほしい、私に価格を与える

活性物質セレコキシブ

ÀÒÕM01AH01セレコキシブ

薬理学グループ

非ステロイド系抗炎症薬[NSAIDs - Coxiba]

病理分類(ICD-10)

M06.9他の特定関節リウマチ

関節リウマチ、リウマチ性関節炎、慢性関節リウマチ、リウマチ性多発関節炎、リウマチ様関節炎、リウマチ様関節炎、リウマチ性関節炎、リウマチ性関節炎、リウマチ性関節炎、リウマチ性関節炎、リウマチ様関節炎、リウマチ様関節炎、リウマチ性関節炎、関節リウマチ、能動的関節リウマチ、関節リウマチ、多発性関節リウマチ、急性リウマチ、急性リウマチ

M19.9無制限の関節症

変形性関節症、骨関節炎、大関節の関節症、骨関節炎の疼痛症候群、筋骨格系の急性炎症性疾患における疼痛症候群、筋骨格系の慢性炎症性疾患における疼痛症候群、変形性関節症、変形性関節症、変形性関節症急性期の変形性関節症、大関節の変形性関節症、変形性関節症を伴う急性疼痛症候群、外傷後の変形性関節症、リウマチ性変形性関節症、脊椎関節症、慢性変形性関節症

M45強直性脊椎炎

ベクテレウス病、強直性脊椎炎、脊柱の病気、リウマチ性脊椎炎、ベクテレフ病、慢性関節リウマチ、慢性関節リウマチ、強直性脊椎炎、強直性脊椎関節症、マリー - ストランペル病、強直性脊椎炎、マリー - ストランペル病

M54.9背筋、不特定

脊髄の変性疾患、脊椎の変形性疾患、脊椎の骨関節症、背骨の痛みを伴う病変

N94.4原発性月経困難症

原発性機能不全月経困難症、原発性月経困難症の痛み、原発性紅斑性狼瘡、月経痙攣

R52.9不特定の痛み

術後の痛み、整形外科手術後の痛み、炎症起源の痛み、癌発生より痛み、診断手技後の疼痛症候群、痛みの徴候、術後の痛み、手術後の痛み診断、手術後の痛み、整形外科手術後の痛み、傷害後の痛み、痔核の除去後の痛み、自然の非リウマチ性炎症の痛み、末梢神経系の炎症性病変の痛み、糖尿病性神経障害の痛み、筋骨格系の急性炎症性疾患の痛み、腱病理の痛み、痛みの平滑筋痙攣、平滑筋の痛み(腎臓および胆道疝痛、腸のけいれん、月経困難症)、内臓の平滑筋の痛み痙攣、 (腎臓および胆道疝痛、腸の痙攣、月経困難症)、外傷性疼痛の疼痛、傷害を伴う痛み 十二指腸潰瘍の痛み、胃潰瘍の疼痛症候群、胃潰瘍および十二指腸潰瘍の疼痛症候群、痛み、月経中の痛み、痛み症候群、痛みを伴う状態、痛みを伴う足痛み、義歯装着時の痛みの歯茎、脳神経口の痛み、痛みを伴う月経不順、痛みを伴う包帯、痛みを伴う筋肉痙攣、痛みを伴う歯の成長、メラソージア、手術傷の領域の痛み、術後の痛み身体、診断手技後の痛み、整形外科手術後の痛み、手術後の痛み、インフルエンザの痛み、糖尿病性多発神経障害の痛み、火傷の痛み、性交中の痛み、診断手技中の痛み、 、副鼻腔炎の痛み、外傷の痛み、痛みの外傷、術後期間の痛み、診断手技後の痛み、瘢痕後の痛み 術後疼痛、術後疼痛、術後疼痛および外傷後疼痛、外傷後疼痛、嚥下時の痛み、上気道の感染性および炎症性疾患における疼痛、火傷の痛み、外傷性筋肉傷害における痛み、外傷性疼痛、外傷後疼痛、後頭部痛症候群、トルピッド疼痛、外傷性疼痛、外傷性疼痛、外傷性疼痛、外傷性疼痛、外傷性痛み、軽度の痛み、中程度の激痛、中等度の痛み、多発性筋炎

T88.9外科および医療の合併症、不特定

整形外科手術後の痛み、診断手技後の痛み症候群、手術後の痛み診断後の痛み、整形外科手術後の痛み、痔核除去後の痛み、エキシマレーザー照射時の痛み、歯科治療における痛み症候群、痛みを伴う診断介入、痛みを伴う診断操作、痛みを伴う器具診断手技、痛みを伴う器具操作、痛みを伴う治療、痛みを伴う治療、痛みを伴う治療、痛みを伴う治療的介入、術後の痛み、整形外科手術後の痛み、診断手技中の痛み、治療中の痛み、整形外科の痛み、術後の痛み、診断手技後の痛み、硬化療法後の痛み、歯科手術後の痛み、ポー 術後疼痛、術後疼痛および術後疼痛、歯の痛み、手術後の炎症、整形外科手術後の炎症、手術後の炎症、手術後の炎症症候群、手術後の瘻孔、手術創、手術後の合併症

組成

カプセル1杯。

ロシア、KRKA-RUSで生産された場合

活性物質:

セレコキシブ物質 - 顆粒132.975mg

(物質 - 顆粒の有効成分 - セレコキシブ - 100mg)

物質顆粒の補助物質:ラクトース一水和物 - 24,875mg; ラウリル硫酸ナトリウム4.05mg; ポビドンK30-3,375mg; クロスカルメロースナトリウム - 0.675 mg

補助物質:クロスカルメロースナトリウム-0.675mg; ステアリン酸マグネシウム1.35 mg

硬ゼラチンカプセル¹3

本体:二酸化チタン(E171)-2%; ゼラチン - 最高100%

蓋:二酸化チタン(E171)-2%; ゼラチン - 最高100%

カプセル1杯。

ロシア、KRKA-RUSで生産された場合

活性物質:

セレコキシブ物質 - 顆粒265.95mg

(物質 - 顆粒の有効成分 - セレコキシブ - 200mg)

物質顆粒の補助物質:ラクトース一水和物 - 49.75mg; ラウリル硫酸ナトリウム8.1mg; ポビドンK30 - 6.75mg; クロスカルメロースナトリウム1.35mg

補助物質:クロスカルメロースナトリウム-1.35mg; ステアリン酸マグネシウム2.7 mg

硬ゼラチンカプセル¹1

本体:二酸化チタン(E171)-1%; 酸化第二鉄(E172)-1%; ゼラチン - 最高100%

蓋:二酸化チタン(E171)-1%; 酸化第二鉄(E172)-1%; ゼラチン - 最高100%

カプセル1杯。

JSC "Krka、dd、Novo mesto"、スロベニア

活性物質:

セレコキシブ100/200 mg

補助物質:ラクトース一水和物24,875 / 49,75mg; ラウリル硫酸ナトリウム4.05(8.1mg;ポビドンK30 3.375 / 6.75mg;クロスカルメロースナトリウム1.35 / 2.7mg;ステアリン酸マグネシウム1.35 / 2.7mg

硬ゼラチンカプセル¹3/ 1

本体:二酸化チタン(E171)-2 / 1%; 酸化鉄黄酸化鉄(E172) - / 1%; ゼラチン - 最高100/100%

蓋:二酸化チタン(E171)-2 / 1%; 酸化鉄黄酸化鉄(E172) - / 1%; ゼラチン - 最高100/100%

剤形の説明

カプセル、100mg:硬ゼラチンカプセル¹3白(体および蓋)。

カプセル、200mg:硬ゼラチンカプセルNo.1茶色がかった黄色(体と蓋)。

カプセルの内容物は、白色またはほぼ白色の粒状粉末である。

薬理学的効果

薬理作用 - 抗炎症、解熱、鎮痛。

薬力学

セレコキシブは抗炎症、鎮痛および解熱効果を有し、主にCOX-2の阻害に起因する炎症性PHの形成を阻止する。

COX-2の誘導は、炎症に応答して起こり、炎症(腫脹および痛み)の増加を引き起こすPG、特にPGE2の合成および蓄積をもたらす。 ヒトにおける治療用量では、セレコキシブはCOX-1を有意に阻害せず、COX-1の活性化の結果として合成されるPGの濃度、ならびにCOX-1に関連する正常な生理学的過程および組織における進行に影響しない、主に胃、腸、および血小板である。

腎機能への影響

セレコキシブは、腎臓によるPGE2および6-ケト-PGF1(代謝産物プロスタサイクリン)の排泄を減少させるが、トロンボキサンB2(TxB2)の血清濃度および腎臓による11-デヒドロ-TxB2の排泄には影響を及ぼさず、代謝産物トロンボキサン(COX-1の両方の生成物)。

セレコキシブは、高齢患者および慢性腎不全患者の糸球体濾過率の低下を引き起こさず、一過性にナトリウム排泄を減少させる。 関節炎の患者では、末梢浮腫、動脈性高血圧および心不全の発生率は、COX-1および-2に対して阻害活性を有する非選択的COX阻害剤のそれに匹敵した。 最も顕著な効果は、利尿治療を受けている患者にあった。 それにもかかわらず、血圧上昇および心不全の発生率の増加はなく、末梢浮腫は軽度であり、独立して経過した。

薬物動態

吸う。 空腹時には、セレコキシブはよく吸収され、約2〜3時間後に血漿中のCmaxに達する。 セレコキシブ200mgを採取した後の血漿中のCmaxは705ng / mlである。 セレコキシブの絶対生物学的利用能は研究されていない。 CmaxおよびAUCは、セレコキシブを高用量で投与した場合、1日2回200mgの治療用量範囲で取られる用量にほぼ比例し、CmaxおよびAUCの増加は比例しない。

食物摂取の影響。 脂肪食品と同時にセレコキシブを摂取すると、Cmaxに達する時間が約4時間増加し、吸収が約20%増加します。

分布。 血漿タンパク質への結合の程度は、血漿中のセレコキシブの濃度に依存せず、約97%である。 セレコキシブは赤血球に結合しません。 セレコキシブはBBBを貫通する。

代謝。 セレコキシブは、ヒドロキシル化、酸化および部分グルクロン酸化(「相互作用」を参照)によって、肝臓中のシトクロムP450(CYP)CYP2C9アイソザイムの関与を中心に代謝される。

得られた代謝産物は、COX-1および-2に関して薬理学的に不活性である。

CYP2C9アイソザイムの活性は、酵素の有効性を低下させるアイソザイムCYP2C9 * 3多型のホモ接合体のような遺伝子多型患者では減少する。

排泄。 セレコキシブは代謝産物(それぞれ57%および27%)の形で腸および腎臓を通して排出され、未変化形態での投与量の1%未満である。 T1 / 2の繰り返し使用は8〜12時間であり、クリアランスは約500ml /分である。 反復適用時には、血漿中のCssに到達するか、受領5日目まで達成される。 主な薬物動態パラメータ(AUC、Cmax、T1 / 2)の変動性は約30%である。 健康な若年者の平均Vssは約500l / 70kgであり、これは組織におけるセレコキシブの分布が広いことを示している。

個々の患者グループ

高齢者の患者。 65歳以上の患者では、CmaxとAUCの平均値の1.5倍~2倍の増加があります。これは、年齢よりも体重の変化によるものです(高齢患者では、平均体重が低い他の条件が等しい場合、それらがセレコキシブのより高い濃度を達成するように、より若い年齢の人よりも有意に高い。 同じ理由で、高齢の女性は、通常、高齢者よりも血漿中のセレコキシブ濃度が高い。 薬物動態のこれらの特徴は、原則として、用量調整を必要としない。 しかし、体重が50kg未満の高齢の患者では、最低推奨用量で治療を開始すべきである。

レース。 ネグロイドレースAUCの代表者では、セレコキシブはカカコイド競争の代表者よりも約40%高い。 この事実の原因と臨床的意義は不明であるため、最低推奨用量でネゴウドレースの人々の治療を開始することが推奨される。

肝臓機能の侵害 軽度の肝不全を有する患者(Child-Pugh分類によるクラスA)の血漿中のセレコキシブの濃度はわずかに異なる。 中等度の肝不全(Child-Pugh分類によるクラスB)の患者では、血漿中のセレコキシブ濃度はほぼ2倍に増加する可能性がある。

腎機能障害。 GFR> 65mL / min / 1.73m2、年齢に関連する高齢者およびGFRが35-60mL /分/1.73m2の高齢患者では、セレコキシブの薬物動態は変化しない。 血清クレアチニン濃度(またはクレアチニンクリアランス)とセレコキシブクリアランスとの間には有意な相関はない。 重度の腎不全の存在はセレコキシブのクリアランスに影響しないと考えられている。なぜなら、その除去の主な方法は、肝臓への不活性代謝物への変換であるからである。

表示

変形性関節症、関節リウマチおよび強直性脊椎炎の対症療法;

疼痛症候群(背痛、筋骨格、術後および他のタイプの疼痛);

原発性月経困難症の治療。

禁忌

セレコキシブまたは薬剤の任意の他の成分に対する過敏症;

他のスルホンアミド誘導体に対する過敏症;

気管支喘息、再発性経鼻ポリープ症および副鼻腔の完全または不完全な組み合わせ、およびアセチルサリチル酸またはCOX-2阻害剤を含む他のNSAIDに対する不耐性(肛門炎に含まれる);

aortocoronary shuntingの手術後の期間。

胃または十二指腸の粘膜の能動的びらん性および潰瘍性病変、急性期の胃および十二指腸の消化性潰瘍または胃腸出血;

悪化期の炎症性腸疾患(クローン病、潰瘍性大腸炎);

心不全(NYHAクラスII-IV機能クラス);

臨床的に確認された冠状動脈性心疾患、末梢動脈疾患および脳血管疾患の顕著な段階;

出血性脳卒中;

くも膜下出血;

妊娠;

母乳育児の時期(「妊娠中および授乳中の適用」を参照)。

重度の肝機能不全(Child-Pugh分類によるクラスC)(適用経験なし);

重度腎不全(C1クレアチニン30ml /分未満)、進行性腎臓病、高カリウム血症(使用経験なし);

18歳以上(申請の経験なし)。

ラクトース不耐性、ラクターゼ欠損またはグルコースガラクトース吸収不良症候群(Dilaxa(登録商標)調製物はラクトースを含む)。

ヘリコバクターピロリ感染の存在、ジゴキシンとの併用、ワルファリンなどの抗凝固剤、アセチルサリチル酸、クロピドグレルなどの抗血小板剤、腎不全、腎不全、腎不全、腎不全、遅い代謝拮抗剤であるか、またはそのような状態の疑いがある患者、体液貯留および腫脹、乏しい患者において、経口投与(例えばプレドニゾロン)のためのGCS、利尿薬、SSRI(例えばシタロプラム、フルオキセチン、パロキセチン、セルトラリン)、アイソザイムCYP2C9の阻害剤肝臓ポルフィリン症、腎機能障害(C1-クレアチニン30-60ml /分)、BCC(手術後を含む)、SSS疾患、動脈の有意な減少脳血管疾患、脂質異常症/高脂血症、糖尿病、末梢動脈疾患、NSAIDsの長期使用、重度の体細胞性疾患(「特別な使用説明書」参照) 高齢患者(低利尿患者、体重減少患者の減少を含む)、喫煙、結核、アルコール中毒などがある。

妊娠および泌乳

妊婦にセレコキシブを使用するには不十分なデータがあります。 妊娠中のDilaxa®の潜在的リスクは確立されていませんが、除外することはできません。

セレコキシブを含むNSAIDの使用に伴い、妊娠中の合併症や妊娠可能性の障害につながる卵巣の変化を引き起こす女性もいる。 妊娠を計画している女性、または不妊検査を受ける女性は、セレコキシブを含むNSAIDを廃止することを検討すべきである。

妊娠中の入院中、特に第3妊娠中にPGの合成の阻害剤のグループに属するセレコキシブは、子宮収縮の衰弱および動脈管の早期閉鎖を引き起こす可能性がある。 妊娠初期のGHG合成の阻害剤の使用は、妊娠の経過に悪影響を与える可能性があります。

母乳によるセレコキシブの排泄に関するデータは限られています。 研究は、セレコキシブが非常に低い濃度で母乳中に排泄されることを示している。 それにもかかわらず、幼児飼料中のセレコキシブによる副作用の可能性を考慮すると、Dilaxa®を母親に服用することの重要性を考慮して、授乳または妊娠中のセレコキシブの廃止の可能性が評価されるべきである。

副作用

有害事象の発生率の分類WHO:非常に頻繁に - 1/10以上。 多くの場合、≧1/100から<1/10; まれに - 1/1000以上1/100以下; まれに - 1/10000から1/1000まで; 非常にまれに - <1/10000から。

CCCから:しばしば末梢浮腫、動脈性高血圧の経過を加重することを含む血圧の上昇; まれな - 潮汐、動悸; まれに - CHF、不整脈、頻脈、虚血性脳卒中および心筋梗塞。

消化器系では、しばしば - 腹痛、下痢、消化不良、鼓腸、嘔吐。 まれに - 歯の病気(postextraction lunechke alveolitis); 稀に - 胃及び十二指腸潰瘍、食道の潰瘍; 非常にまれに - 腸の穿孔、膵炎。

神経系から:しばしば - めまい、不眠症; まれに - 不安、筋緊張の増加、眠気。 まれに混乱(精神病)。

泌尿器系から:しばしば - 尿路の感染。

呼吸器系ではしばしば - 気管支炎、咳、副鼻腔炎、上気道の感染; まれに - 咽頭炎、鼻炎。

皮膚から:しばしば - 皮膚のかゆみ(一般化を含む)、皮膚発疹; まれに - 蕁麻疹、斑状疱疹; まれに - 脱毛症。

造血臓器の部分で:まれに貧血; まれに - 血小板減少症。

感覚から:まれに - 耳の騒音、ぼやけた視界。

実験室の指標:まれに - 肝酵素(ALTおよびASTを含む)の活性が増加する。

アレルギー反応:稀に - 血管浮腫; 非常にまれに - 水疱性発疹(水疱性皮膚炎)。

その他:頻度が低い - アレルギー疾患(過敏症)の悪化、インフルエンザ様症候群、偶発的外傷、顔面浮腫。

販売後のサーベイランスデータ

アレルギー反応:ごくまれにアナフィラキシー(アナフィラキシー反応)。

神経系から:まれに - 幻覚; ごくまれに脳の出血、無菌性髄膜炎、味の喪失、嗅覚の喪失などがあります。

感覚から:まれに - 結膜炎。

CCCから:まれに - PE; 非常にまれに - 血管炎。

消化器系から:まれに - 胃腸出血、肝炎; 非常にまれに肝不全、劇症肝炎、肝臓の壊死(「特別な指示」、「肝機能への影響」参照)、胆汁うっ滞、胆汁うっ滞性肝炎、黄疸があります。

皮膚から:ほとんど光感受性反応; 非常にまれにスティーブンス・ジョンソン症候群、多形性紅斑、毒性表皮壊死、好酸球増加症および全身症状(DRESSまたは過敏症症候群)と組み合わせた薬物発疹、急性全身性外陰膿疱症、剥離性皮膚炎。

泌尿器系の側面から:めったに - 急性腎不全(「特別な指示」、サブセクション「腎機能への影響」参照)、低ナトリウム血症; 非常にまれに - 間質性腎炎、ネフローゼ症候群、最小限の腎機能障害。

生殖器系の側面から:まれに、月経周期の違反; 頻度は不明 - 女性の妊孕性の低下*(「妊娠および授乳期における適用」参照)。

その他:頻度の低い - 胸の痛み。

*妊娠を予定している女性は研究から除外されたため、出現頻度を計算する際には考慮されませんでした。

インタラクション

インビトロ研究は、セレコキシブがCYP2D6アイソザイムの基質ではないが、その活性を阻害することを示している。 したがって、代謝がアイソザイムCYP2D6に関連する薬物とのインビボでの薬物相互作用の可能性がある。

ワルファリンおよび他の抗凝固剤:PVの延長を同時に使用する。

フルコナゾール、ケトコナゾール:200mgのフルコナゾールを同時に投与すると、血漿中のセレコキシブの濃度の増加が1日2回観察され、イソ酵素CYP2C9を介したフルコナゾールによるセレコキシブ代謝の阻害に関連する。 フルコナゾール(アイソザイムCYP2C9の阻害剤)を服用している患者は、セレコキシブの推奨用量を半分に減らすべきである(「投与方法および用量」参照)。 ケトコナゾール(アイソザイムCYP3A4の阻害剤)は、セレコキシブの代謝に臨床的に有意な影響を及ぼさない。

デキストロメトルファンおよびメトプロロール:セレコキシブを1日200mgの用量で同時に使用すると、デキストロメトルファンおよびメトプロロール(イソ酵素CYP2D6の基質)の濃度がそれぞれ2.6倍および1.5倍増加することが見出された。 このような濃度の増加は、CYP2D6アイソザイム自体の活性を阻害することによって、セレコキシブによるCYP2D6アイソザイム基質の代謝の阻害によるものである。 メトトレキセート:セレコキシブとメトトレキセートとの間に薬物動態学的に有意な相互作用はなかった。

ARA IIのACE阻害剤/アンタゴニスト、利尿薬、およびβアドレナリン遮断薬を含む低血圧薬:PG合成の阻害は、降圧効果を低下させる可能性があります。 ACE阻害剤/ ARA II、利尿薬およびベータ遮断薬が含まれる。 この相互作用は、セレコキシブとACE阻害薬/ ARA II、利尿薬およびベータ遮断薬の同時使用を考慮する必要があります。 しかしながら、BPに対する効果に関してリシノプリルとの有意な薬力学的相互作用は観察されなかった。

高齢患者、脱水患者(利尿療法を受けている患者を含む)または腎機能障害患者では、選択的COX-2阻害剤を含むNSAIDsとACE阻害剤を同時に使用すると、APA IIは可能な急性腎不全 通常、これらの効果は可逆的です。 この点で、これらの薬剤を同時に使用する場合は注意が必要です。 そのような場合は、最初に再水和し、Dilaxa®で治療を開始することをお勧めします。 さらに、治療の開始時および薬物の同時使用中に定期的に腎臓の機能を監視する可能性を考慮する必要があります。

シクロスポリン:NSAIDsが腎臓のGHG合成に影響を及ぼすことを考慮すると、シクロスポリンと併用すると腎毒性を発症する危険性が増加する可能性があります。

利尿薬:一部の患者のNSAIDsは、腎臓のGHG合成を減少させることによってフロセミドおよびチアジドのナトリウム利尿効果を低下させる可能性がある。 セレコキシブを使用する場合は、これを考慮する必要があります。

経口投与のための避妊薬:セレコキシブは、併用避妊薬(1mgノルエチステロン/35μgエチニルエストラジオール)の薬物動態に臨床的に有意な影響を及ぼさない。

リチウム:リチウム塩を1日2回450mgの用量で同時に使用し、セレコキシブを200mgの用量で1日2回、血漿中のリチウムの濃度を約17%増加させる。 セレコキシブを使用する場合、または使用を中止する場合は、リチウム薬を服用している患者を注意深く監視する必要があります。

他のNSAIDs:セレコキシブおよび他のNSAIDs(アセチルサリチル酸を含有しない)の併用(副作用のリスクの増加)を避ける。

他の薬剤:セレコキシブと制酸薬(マグネシウム/水酸化アルミニウム)、オメプラゾール、グリベンクラミド、フェニトイン、またはトルブタミドの間に臨床的に有意な相互作用はなかった。 セレコキシブは低用量のアセチルサリチル酸の抗血小板効果に影響しない。 セレコキシブは血小板に対する抗凝集作用がないため、心血管疾患を予防するためにアセチルサリチル酸を置き換えるべきではない。

健康なボランティアでは、NSAIDはジゴキシンの薬物動態に影響しない。 しかし、ジゴキシンとインドメタシンとイブプロフェンを

Someone from the Brazil - just purchased the goods:
Tenoten 40 pills