Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:Cuprenyl

私はこれがほしい、私に価格を与える

剤形:フィルムコート錠

活性物質:ペニシラミン

ATX

M01CC01ペニシラミン

薬理学的グループ:

抗炎症薬[免疫抑制剤]

抗炎症剤[解毒剤を含む解毒剤]

病因分類(ICD-10)は、

E83.0銅交換障害:ウィルソン・コノバロフ病; ウィルソン・コノバロフ症候群; 肝異節性変性; 肝性ジストロフィー; ジストロフィーhepatocerebral; ウィルソン病; ウィルソン - ヴェストファール - コノバロフ病; 皮膚の先天性毒物症; メンケス病

E83.1代謝障害:ヘモジデリン症; ヘモクロマトーシス; 血友病; 糖尿病ブロンズ; 特発性ヘモクロマトーシス; シデロフィリア; 輸血ヘモジデロシス; 体内の慢性過剰鉄。 トロイア - アノ - シャファー症候群; 色素の硬変

K70.3肝臓のアルコール性肝硬変:アルコール性肝硬変; アルコール性肝臓の肝硬変

ローカライズされた強皮症[morphea]:強皮症。 全身性強皮症; 皮膚強皮症; 涙滴強皮症; 限定された強皮症; 焦点性強皮症

M06.9未指定の関節リウマチ:慢性関節リウマチ; リウマチ性疾患における疼痛症候群; 関節リウマチの痛み; 関節リウマチにおける炎症; リウマチ性関節炎の変性型; 子供の関節リウマチ; 関節リウマチの悪化; 急性関節リウマチ; リウマチ性関節炎; リウマチ性多発性関節炎; 関節リウマチ; リウマチ性多発性関節炎; 関節リウマチ; 関節リウマチ; アクティブコースの関節リウマチ; リウマチ性関節炎; リウマチ様多発性関節炎; 急性リウマチ性関節炎; 急性リウマチ

M34全身性硬化症:強皮症; 強皮症は一般化されている。 びまん性強皮症; 普遍的な強皮症; 進行性全身性硬化症; ブシュケ病; scleredema; Sclerema aponeurotic良性

N03慢性腎炎症候群:慢性糸球体腎炎 ; ネフローゼ症候群の発症; 慢性腎炎の症候群; 慢性拡散性腎疾患; 慢性糸球体腎炎

N20-N23尿石症:尿石症; 腎石症; ネフローゼ症候群; 尿ネフロロリチア; オキサレート尿石症; 尿石症; 尿酸結石の周期的形成

T56.0鉛およびその化合物の有毒影響:鉛毒性 ; 鉛とその化合物の有毒影響; 鉛中毒; 睡眠薬と麻薬の中毒; 慢性鉛中毒; リード疝痛; プランジズム; 急性鉛脳症; 鉛中毒

T56.1水銀およびその化合物の毒性影響:水銀中毒; 慢性水銀中毒

T56.4銅及びその化合物の毒性:銅中毒

T56.5亜鉛およびその化合物の毒性影響:亜鉛中毒; 亜鉛による中毒; 亜鉛化合物中毒; ファンドリーの熱。 亜鉛の発熱

T56.8他の金属の有毒影響:セシウム中毒; セリウムによる中毒; マグネシウムおよびその化合物; コバルト中毒; 金化合物の中毒。 慢性ニッケル中毒; マグネシウム塩による中毒;プルトニウムによる中毒

組成

フィルムメンブレン1タブで被覆された錠剤。

活性物質:ペニシラミン250 mg

補助物質:ジャガイモデンプン - 43.75 mg; ラクトース一水和物 - 166.25mg; ポビドン25mg; タルクム-10mg; ステアリン酸マグネシウム - 5 mg

膜膜:ヒプロメロース-10.51mg; マクロゴール4000-0.8mg; 二酸化チタン(E171)-2.51mg; 色素アゾルビン(E122)1.18mg

薬理学的効果

作用様式 - 抗炎症、免疫抑制、複合体形成。

投与と投与

食事の前に少なくとも30分、水で洗い流すか、または食事やその他の薬を飲んだ後で2時間以内に洗うこと。

ウィルソン・コノバロフ病

成人 - 1.5-2 g /日を分割して投与する。 緩解を達成した後、用量を0.75または1g /日に減らすことができる。 陰性のバランスのとれた患者では、ペニシラミンの最小有効用量を使用すべきである。

2g /日の用量を1年以内に服用しなければならない。

高齢患者 - 20mg / kg /日の分画量。 用量は、病気の寛解を達成し、銅の負のバランスを維持するような方法で選択されるべきである。

小児 - 通常、分割投与量で20mg / kg /日。

最小投与量は500mg /日である。

シスチン尿症

クロマトグラフィー法により尿中のアミノ酸濃度を定量した後、最小有効量を確立することが最善である。

シスチン石の溶解

大人 - 1〜3 g /日の分数量。 尿中のシスチン濃度は200 mg / l以下にしてください。

シスチン貧血の予防

大人 - 尿中のシスチン濃度が300mg / l以下になるまで0.5〜1g /日。

高齢者の患者は、尿中のシスチン濃度が200mg / l以下になるまで最低用量を処方する。

小児 - 200mg / l以下の尿中にシスチン濃度を達成するための最低用量を処方します。

治療中には、少なくとも3リットル/日の多量の液体を飲むことをお勧めします。 患者は、就寝前に500mlの水を飲まなければならず、一日中よりも尿がより濃縮され酸性になる夜間に500mlを飲むべきである。 通常、患者がより多くの液体を飲むほど、ペニシラミンの必要性は低くなる。

低メチオニン含量の食事は、シスチンの合成を減らすためにも推奨されます。 低タンパク質含有量の観点から、このような食事は、成長期および妊婦の子供には推奨されない。

鉛中毒

成人 - 1日1~1.5g /分の分画量で、0.5mg /日以内の尿中鉛排泄が達成されるまで。

高齢患者 - 20mg / kg /日の分画量で、0.5mg /日以内に尿中の鉛排泄に達するまで。

小児 - 20 mg / kg /日。

関節リウマチ

成人 - 薬を投与した最初の月に250mg /日。 その後、寛解が達成されるまで用量を4〜12週ごとに250mg増加させる。 その後、最低限の有効量を適用すると、病気の症状を緩和することができます。 薬物投与から6ヶ月以内に治療効果が得られない場合は、治療を中止する必要があります。

維持用量は通常500-750mg /日である。 1.5g /日を超えないようにしてください。 6ヶ月間持続するこの疾患の緩解を達成した後、薬剤の用量は12週間毎に250mgずつ徐々に減少させるべきである。

高齢者の患者 - 最初の投与量は、薬物投与の最初の1ヶ月間に250mg /日を超えてはならない。 その後、寛解が達成されるまで用量を4〜12週ごとに250mg増加させることができる。 1日当たり薬物1gを超えないようにしてください。

小児 - 15-20 mg / kg /日。 初回用量は2.5〜5mg /日であり、3〜6ヶ月間、4週間ごとに徐々に最小有効用量まで増加させることができるが、500mgを超えないようにすることができる。

全身性強皮症

最初の1ヶ月間250 mg /日。 次いで、用量を4〜12週毎に250mg〜1g /日増加させ、続いて250〜500mg /日に減少させる。 その効果は、薬物の適用から6〜12ヶ月後に推定される。

リリースフォーム

錠剤、フィルムコーティング、250mg。 15テーブル。 PVCとアルミホイルのブリスターで; ダンボール箱に2つの水ぶくれがあります。 100タブの場合。 銀行の中; ダンボール箱に1つの銀行。

メーカー

登録証明書を発行した法人:Teva Pharmaceutical Enterprises Ltd.、イスラエル。

メーカー:Teva Operas Poland Sp。 Z oo、Senkevicha、25、99-300 Kutno、Poland。

クレームを受け取るためのアドレス:119049、モスクワ

薬局の供給条件

処方せん。

薬物の貯蔵条件Cuprenyl

15〜25℃の温度で

子供の手の届かないところに保管してください。

薬物の賞味期限Cuprenyl

3年。

パッケージに記載されている有効期限が過ぎてから使用しないでください。

Someone from the Ireland - just purchased the goods:
Montevizin eye drops 0.05% 10ml