Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:Copaxone 40

私はこれがほしい、私に価格を与える

投与形態:皮下投与のための溶液

活性物質: Glatirameri acetas

ATX

L03AX13酢酸グラチラマー

薬理学的グループ:

免疫調節剤[その他の免疫調節剤]

病因分類(ICD-10)は、

G35多発性硬化症:播種性硬化症; 多発性硬化症; 再発性多発性硬化症; 二次進行性多発性硬化症; 多発性硬化症の悪化; 多発性硬化症の混合形態

組成

1 mlの注射用溶液

活性物質:酢酸グラチラマー40mg

補助物質:マンニトール - 40 mg; 注射用水 - 1 mlまで

剤形の説明

無色から淡黄色の薄い乳白色の溶液。

薬理学的効果

作用様式 - 免疫調節。

薬力学

多発性硬化症患者における酢酸グラチラマーの作用機序は完全には理解されていない。 酢酸グラチラマーは多分性硬化症の病因におそらく重要な役割を果たす免疫プロセスを変化させると考えられている。 この仮説は、実験的アレルギー性脳脊髄炎(EAE)の病因を研究するために行った研究の結果によって確認される。 EAEは、しばしば多発性硬化症の実験モデルとして使用される。 動物実験および多発性硬化症患者の参加により、酢酸グラチラマーの投与は、グラチラマーアセテート特異的サプレッサーTリンパ球の末梢誘導および活性化を引き起こすことが示されている。

再発性多発性硬化症。 12ヶ月のプラセボ対照研究の結果、悪化の頻度を減少させるために週に3回投与された場合、40mg / mlの用量でCopaxone(登録商標)40の有効性が確認された。

登録臨床試験を実施する際に、再発寛解型多発性硬化症の患者の基準は、過去12ヶ月間に少なくとも1回の臨床増悪または過去24ヶ月間の2回の悪化、または過去12〜24ヶ月間の1回の悪化少なくとも1つの焦点集束コントラスト(Gd +)を有し、過去12ヶ月のT1強調MRI画像で視覚化される。

この研究の第一の目的は、確認された悪化の総数を決定することであった。 第2の目標は、T2強調MRI画像上で検出された新規/増加した病巣の累積数および研究の第6および第12月のT1強調画像で造影され、視覚化された病巣の累積数を決定することである。

この研究では、40mg / ml(n = 943)またはプラセボ(n = 461)の用量でCopaxoneŽ40で治療されたグループに対して、2:1の比率で1404人の患者が無作為化されました。両群は、初期の人口統計的特徴、多発性硬化症の経過およびMRIパラメータの特徴に関して比較可能であった。 患者は、スクリーニング前に2年間病気の平均2回の悪化を示した。

プラセボ群と比較して、Copaxone(登録商標)40で40mgの用量で処置した患者において、T2加重画像および病巣がT1加重画像上に蓄積する病巣の増悪頻度および累積数の統計的に有意な減少が観察された毎日投与したCopaxone(登録商標)-Teva 20mg / mlの治療効果に相当する。

この研究では、20mg / ml(1日投与)および40mg / ml(3回の週1回投与)の用量での薬物の有効性および安全性の直接比較分析は実施されなかった。

この12ヶ月の研究の間に、障害の進行または悪化の持続期間に対する薬剤の効果の証拠はなかった。 現在、原発性または二次進行性多発性硬化症の患者における薬物の使用に関するデータはない。

薬物動態

患者の薬物動態の研究は行われていない。

インビトロデータおよび健康なボランティアの参加により得られた限定されたデータは、皮下投与では、活性物質が急速に吸収され、そのほとんどが皮下組織中の小さな断片に崩壊することを示している。

前臨床リサーチデータ

薬理学的安全性試験、反復投与毒性、生殖毒性、遺伝毒性、または発がん性に基づく前臨床データは、この薬物の記述のセクションに既に含まれているもの以外の特定の有害要因の存在を示すものではない。 薬物動態に関するデータが不足していることを考慮すると、動物と比較してヒトにおける許容濃度の限界を決定することは不可能である。 薬物を少なくとも6ヶ月間注射した少数のラットおよびサルにおいて、腎臓糸球体に免疫複合体が沈着した。 ラットの2年間の研究では、腎糸球体に免疫複合体の沈着はなかった。

感作動物(モルモットおよびマウス)は、薬物投与後にアナフィラキシーを示した。 このデータのヒトへの関連性は不明である。 薬物を動物に繰り返し投与した後の注射部位における毒性作用は、共通の反応に関連する。

Copaxone 40の適応症

再発性多発性硬化症。

禁忌

グラチラマーアセテートまたはマンニトールに対する過敏症;

妊娠;

18歳未満の子供(有効性と安全性は研究されていない)。

注意して:アレルギー反応の発症の素因; 心血管疾患; 腎機能障害。

妊娠中および授乳中のアプリケーション

妊娠中のCopaxoneŽ40の使用に関するデータは入手できないため、妊娠中に使用する可能性のあるリスクは確立されていません。

実施された動物実験は、妊娠、胚/胎児発達、出産および出生後の発達に対する薬剤の効果を確立するには不十分である。 CopaxoneŽ40は妊娠中は禁忌です。 治療中は、確実な避妊方法を使用する必要があります。

酢酸グラチラマーが母乳中に排泄されているかどうかは分かっていないので、授乳中にCopaxoneŽ40を使用する必要がある場合は、母親の治療の期待利益と赤ちゃんの潜在的リスクを評価する必要があります。

副作用

CopaxoneŽ40のほとんどの安全性データは、毎日の注射としてCopaxoneŽ-Teva 20 mg / mlを使用して蓄積されています。 このセクションでは、CopaxoneŽ-Tevaを1日1回20mg / mlの用量で注射剤として使用するプラセボ対照臨床試験4回の間に蓄積されたデータと、1日1回のプラセボ対照試験Copaxone(登録商標)40週に3回、40mg / mlの用量の注射剤。 Copaxone(登録商標)-Teva 20mg / ml(毎日適用)。

CopaxoneŽ-Tevaの最も頻繁な臨床試験は注射部位での反応でした。 プラセボ対照試験では、これらの有害事象を報告している患者の割合は、CopaxoneŽ-Tevaでは70%で、プラセボでは37%で少なくとも1回であった。 ほとんどの場合、発赤、痛み、緻密さ、かゆみ、腫脹、炎症および過敏症が観察された。

注射の数分後に現れる少なくとも1つ以上の症状(血管拡張、胸痛、呼吸困難、心臓の動悸または頻脈)に関連する反応は、即時注射後反応と呼ばれる。 CopaxoneŽ-Tevaで治療した患者の31%に少なくとも1回、この反応の症状の少なくとも1つが観察されたのに対し、プラセボ群では13%の患者と比べて少なかった。

プラセボ群と比較してCopaxone(登録商標)-Tevaで治療された患者において最も頻繁に観察される望ましくない反応はすべて以下に示される。 これらのデータは、CopaxoneŽ-Tevaを毎日投与した512人の患者と36ヶ月間プラセボを受けた509人の患者を対象とした4つの二重盲検プラセボ対照試験から得られたものです。 3件の研究では、再発寛解型多発性硬化症の診断を受けた269人の患者が、CopaxoneŽ-Tevaを毎日35ヵ月間投与し、271人の患者をプラセボ群から受診した。 第4回試験では、臨床的に確認された多発性硬化症を発症するリスクの高いこの病気の最初の臨床エピソードに243人の患者(CopaxoneŽ-Tevaグループ)が参加し、プラセボを受けた患者は238人でした。 研究期間は36ヶ月であった。

望ましくない反応の頻度は次のように分類されます:非常に頻繁に(≧1/10)。 頻繁に(≥1/ 100、しかし<1/10); まれに(≥1/ 1000、しかし<1/100):まれに(≥1/ 10000、しかし<1/1000)。

感染症および感染:非常に頻繁に - 感染症、インフルエンザ。 しばしば - 気管支炎、胃腸炎、中耳炎、単純ヘルペス、鼻炎、歯周膿瘍、膣カンジダ症*; まれな - 膿瘍、皮下脂肪の炎症、フルネグリシス、腎盂腎炎、単純ヘルペス。

ポリープおよび嚢胞を含む新生物:多くの場合、皮膚、新生物の良性新生物; まれな - 皮膚がん。

造血系およびリンパ系から:しばしばリンパ節腫脹*; まれに - 白血球増加症、白血球減少症、脾腫、血小板減少症、リンパ球の形態の変化。

免疫系から:頻繁に過敏反応。

内分泌系から:まれに - 甲状腺腫、甲状腺機能亢進症。

代謝と栄養の側面から:しばしば - 食欲不振、体重増加*; まれなアルコール耐性、痛風、高脂血症、高ナトリウム血症、血清フェリチン濃度の低下。

精神的障害:非常に頻繁に - 不安*、うつ病; 頻繁に - 神経質; まれな - 珍しい夢、精神病、幸福、幻覚、攻撃性、躁病、人格障害、自殺企図。

神経系から:非常に頻繁に - 頭痛; しばしば、味覚の逸脱、筋肉の高血圧、片頭痛、言語障害、失神、震え*; まれに - トンネルの手首症候群、認知障害、痙攣、失読症、失読症、失調症、運動機能障害、ミオクローヌス、神経炎、神経筋遮断、眼振、麻痺、 眼の神経、麻痺、視野欠損。

視力の器官の部分で:頻繁に複視、視力障害*; まれな - 白内障、角膜の損傷、強膜および角膜の乾燥、目の出血、眼瞼下垂、散瞳、視神経の萎縮。

聴覚とバランスの器官から:頻繁に - 聴覚障害。

CVSから:非常に頻繁に - 血管拡張*; 頻繁に動悸の感覚*、頻脈*; まれに - 期外収縮、洞静脈炎、発作性頻拍、静脈瘤。

呼吸器系から:非常に頻繁に - 息切れ*; しばしば咳、季節性鼻炎; まれに - 無呼吸、窒息感、鼻出血、肺の過換気、喉頭痙攣、肺障害。

消化管から:非常に頻繁に - 悪心*; しばしば - 肛門直腸障害、便秘、虫歯、消化不良、嚥下困難、失禁、嘔吐*; まれに - 大腸炎、腸炎、大腸ポリポーシス、げっ歯類、消化性潰瘍、歯周炎、直腸出血、唾液腺の増加。

肝臓と胆管の側面から:しばしば肝機能検査の偏差; まれに - 胆石症、肝腫大。

皮膚と皮下脂肪から:非常に頻繁に - 皮膚発疹*; 多くの場合、斑状出血、多汗症、皮膚のかゆみ、皮膚疾患*、蕁麻疹; まれに - 血管浮腫、接触性皮膚炎、結節性紅斑、皮膚結節。

筋骨格系と結合組織から:非常に頻繁に - 関節痛、背中の痛み*; 多くの場合、首に痛みがあります。 まれに - 関節炎、滑液包炎、側の痛み、筋肉萎縮、変形性関節症。

腎臓や泌尿器系から:頻繁に - 要注意、頻尿、尿貯留; まれに - 血尿、腎石症、尿路疾患、尿検査の基準からの逸脱。

妊娠、産後および周産期の状態:頻度の低い - 自然流産。

性器と乳房から:まれに - 乳腺の充血、勃起不全、骨盤臓器の脱出、勃起不全、前立腺疾患、子宮頸管からの塗抹異常、睾丸の機能不全、膣出血、外陰膣障害。

その他:非常に頻繁に - 無力症、胸痛*、注射部位での反応*、**、痛み*; しばしば - 悪寒*、顔面腫脹*、注射部位での萎縮***、局所反応*、末梢浮腫、浮腫、発熱; まれに - 低体温、直後注射後反応、炎症、嚢胞、二日酔い症候群、粘膜疾患、ワクチン接種後症候群、注射部位での壊死。

*CopaxoneŽ-Tevaを服用している患者のこのような症例の可能性は、プラセボ群と比較して2%以上(> 2/100)です。 「*」記号のない望ましくない反応は、2%以下の差を示す。

**「注射部位での反応(MMR)」(種々のタイプ)は、別々に与えられる萎縮および壊死を除いて、注射部位で起こる任意の望ましくない事象を含む。

***注射部位で局所化脂肪組織萎縮症を指す。

上記の4回目の臨床試験では、プラセボ対照期の後、試験のオープンフェーズが続き、5年間続きました。 この試験の間、以前に確立されたCopaxone(登録商標)-TEVAの安全性プロファイルの変化は検出されなかった。

無作為臨床試験中にCopaxoneŽ-Tevaを受診した多発性硬化症患者および市販後の使用では、アナフィラキシー様反応の稀な例(1/10000、しかし<1/1000)が記録されました。

Copaxone(登録商標)40を40mg / mlの投薬量で投与した(週に3回適用)。 12ヶ月間持続した二重盲検プラセボ対照研究では、再発寛解型多発性硬化症と診断された943人の患者で、461人のプラセボ群と比較してCopaxoneŽ40の安全性が評価されました。

一般に、CopaxoneŽ40を週3回投与した患者では、注射部位での副作用はCopaxoneŽ-Teva 20 mg / mlの日常投与で観察されたものと同じでした。

特にCopaxoneŽ40を週3回投与したRMIと直後注射(NPII)は、毎日のCopaxoneŽ-Teva注射よりも頻度が低かった(35.5と比較してRMIは70%、7.8と比較して31 IRPPについてはそれぞれ%)。

CopaxoneŽ40の患者の36%において、プラセボを投与した患者の5%と比較して、PMIがあった。 CopaxoneŽ40を投与された患者の8%において、プラセボを投与した患者の2%と比較して、NPIIが同定された。

この場合、いくつかの特定の望ましくない反応が認められた。

- 無作為臨床試験のためにCopaxoneŽ-Teva 20 mg / mlを受けた多発性硬化症患者、およびまれにしか得られない(≧1万、しかし<1/1000)市販後の患者にアナフィラキシー反応が認められた。 CopaxoneŽ40を服用している患者では、0.3%の症例があった(頻度は1/1000以上1/100未満)。

- 注射部位における壊死の症例は同定されなかった。

CopaxoneŽ-40(多くの場合≧1/100、しかし1/10未満)を受けた患者の2,1%が、皮膚の赤みおよび四肢の痛みを有し、CopaxoneŽ-Teva 20mg / M1:

- 多発性硬化症の患者ではまれであったCopaxoneŽ40(たった1/1000、しかし1/100未満)を受けた1人の患者(0.1%)において、薬物誘発肝臓障害および毒性肝炎が観察された。市販後サーベイランス中にCopaxone(登録商標)-Teva 20mg / mlを服用した。

インタラクション

CopaxoneŽ40と他の薬剤との相互作用は別々に評価されませんでした。 インターフェロンベータとの相互作用に関するデータはない。

CopaxoneŽ40とGCSを同時に投与した注射部位での反応の発生率が増加しました。

in vitro試験では、グラチラマーアセテートは血漿タンパク質との結合が高レベルであり、血漿タンパク質単独との結合からもフェニトインまたはカルバマゼピンとの結合からも移動しなかったことが示唆された。 それにもかかわらず、CopaxoneŽ40はタンパク質結合物質に潜在的な影響を及ぼすため、他の薬剤との同時使用を制御する必要があります。

投与と投与

SC、40mgのCopaxone(登録商標)40(注射器溶液で注射されたもの)を週に3回、注射の間の最小間隔は48時間である。 この薬物は、静脈内投与またはIM投与のためのものではない。

現在、治療期間に関するデータはない。 治療の長期の任命に関する決定は、それぞれの特定のケースで主治医が行うべきである。

患者は自己注射訓練を受けることが推奨される。 最初の注射(およびその30分後)は、資格のある専門家の監督下にあるべきです。 注射部位の刺激や痛みのリスクを減らすために、毎回注射部位を変更する必要があります。

CopaxoneŽ40を使用した各シリンジは一回のみの使用です。

薬の使用に関する患者のための推奨事項

1.注射に必要なものがすべてあることを確認します:CopaxoneŽ40溶液で満たされた使い捨てシリンジ、使用済み注射器用の容器、アルコールで湿らせた綿棒。

2.注射の前に、輪郭パッケージの輪郭から使い捨てシリンジを取り出し、保護紙を取り除きます。

3.シリンジを室温で少なくとも20分間溶液で吸引する。

4.CopaxoneŽ40を使用する前に、石鹸と水で手をよく洗ってください。

5.シリンジで溶液を注意深く点検します。 浮遊粒子の存在または溶液の色の変化では、使用しないでください。

6.注入場所を選択します。

独立した注入のための可能な領域は図5に示されている。 1:腕、臀部、臀部、腹部(臍の周り約5cm)。 痛みを伴う部位、変色した皮膚、またはシールや結節がある部位を注射しないでください。 各注入ゾーン内には、いくつかの注射のための十分な空間がある。 注射部位の計画を作成しておきましょう。 臀部と手の注射のために、患者は別の人の助けを必要とするかもしれない。

写真1注射部位の計画位置

7.針から保護キャップを取り外します。

8.注射部位をアルコール溶液に浸した綿毛であらかじめ処理し、親指と人差し指で皮膚を軽く折り畳む(図2)。

写真2。

9.シリンジの針を注射部位に垂直にして(図3)、皮膚を突き刺し、シリンジをプランジャーに均等に押し込み、その内容物を注射部位に挿入します。

写真3。

10.シリンジを注射部位に対して垂直に動かして、ニードルを取り外します。

11.シリンジを使用済みシリンジ用の容器に入れます。

患者がCopaxoneŽ40を挿入するのを忘れてしまった場合は、患者がこれを思い出すと直ちに注射を行うべきです。 2倍量の薬を投与しないでください。

特別な患者グループ

子供。 これらの年齢群の臨床試験は実施されていないため、18歳未満の患者には推奨されません。

高齢者。 高齢者における薬物の有効性および安全性は研究されていない。

腎機能障害。 腎不全患者の薬物の有効性および安全性は研究されていない。

過剰摂取

過量の報告がいくつか受けられている(酢酸グラチラマー300mgまで)。 副作用に記載されているもの以外の副作用は観察されなかった。

過剰摂取の場合、慎重な観察、対症療法および支持療法が示される。

特別な指示

治療の開始コパキソンŽ40は、多発性硬化症の治療経験のある神経科医および医師の監督下で実施する必要があります。 この薬物は、原発性または二次進行性多発性硬化症の治療に適応していない。

患者には、副作用の可能性があることを報告しなければならない。 CopaxoneŽ40の注射後直ちに起こります。これらの症状のほとんどは短期間であり、自発的に解決されます。重大な副作用が発現した場合は、直ちに治療を中止し、医師に相談するか、救急車に連絡してください。 対症療法の使用の決定は医師が行います。

特定の群の患者がそのような反応の危険性が高いという証拠はない。 しかし、心血管疾患の患者は、治療期間を通して監視されるべきである。

発作および/またはアナフィラキシー様またはアレルギー反応のいくつかのケースが同定されている。 過敏症(気管支痙攣、アナフィラキシー反応または蕁麻疹)の重篤な反応もほとんど起こりません。 重度の反応の場合、適切な治療を処方し、薬物を回収する必要があります。 患者の血清において、酢酸グラチラマーに対する抗体が検出された。 3〜4ヶ月の平均期間での治療経過後、それらの最大濃度が記録され、その後ベースラインよりもわずかに上回るレベルで低下し、安定化した。

酢酸グラチラマーに対する抗体が中和作用を有するか、または薬物の臨床効果に影響を及ぼすという証拠はない。

腎不全の患者では、免疫複合体の沈着が糸球体濾過に影響するという決定的な証拠はないが、腎機能をモニターすべきである。

患者がCopaxoneŽ40のシリンジを冷蔵庫に保管できない場合は、15-25°Cの温度で1ヶ月以下の保管が可能です。 薬物を含む注射器を1ヶ月間使用せず、輪郭細胞パッケージを開けなかった場合、これらの注射器は冷蔵庫(2〜8℃)に保存する必要があります。

車両や機構を運転する能力に影響する。 車両や機構を運転する能力への影響を研究するための研究は行われていない。

リリースフォーム

皮下投与のための溶液、40mg / ml。 無色ガラスタイプI(ヘブライ薬)製の使い捨てシリンジ中の薬液1mlについては、ピストンのプラスチックピストンとラバーシーラントを用い、内ゴムと外硬質の二重キャップで保護された固定針プラスチック部品。

PVCのコンターアクリルパッキンに3つのシリンジ; 4つの等角四角形を段ボール箱に入れる。

メーカー

1. Teva Pharmaceutical Enterprises Ltd. 18、Eli Hurwitz、St.、Ind。Zoon。、Kfar Saba、44102.イスラエル。

2. Ivex Pharmaceuticals YuKey、Aston Lane North、Whitehouse Vale Industrial Estayt、Preston Brook、Runcorn、Cheshire。 WA7 3FA、英国。

RUが発行された法人:Teva Pharmaceutical Enterprises Ltd.、イスラエル。

消費者のクレームは、住所に送信する必要があります:モスクワ

薬局の供給条件

処方せん。

薬剤Copaxone 40の保存条件

暗所で2〜8℃の温度で(凍結しないでください)。

子供の手の届かないところに保管してください。

Copaxone 40の賞味期限

2年。

パッケージに記載されている有効期限が過ぎてから使用しないでください。

Someone from the Kuwait - just purchased the goods:
Stresam 50mg 24 pills