Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:Atenolol

私はこれがほしい、私に価格を与える

アテノロール、アテノロール、アテノロール、アテノロール、アテノロール、アテノロール、アテノロール、アテノロール、アテノロール、アテノロール、アテナノロール、アテノロール、アテナノ、アテノロールICCO、アテノロールSTADA、Prinorm、 Ormidol、Velorin 100、Atenolol-Adzhio、Vero Atenolol、Sinara、Atenolol-FPO、Atenosan、Atenolol-UBF

物質のラテン名Atenolol

Atenololum(属Atenololi)

化学的合理的名称: 4- [2-ヒドロキシ-3 - [(1-メチルエチル)アミノ]プロポキシ]ベンゼンアセトアミド(一塩酸塩として)

総式C 14 H 22 N 2 O 3

薬物療法グループ:ベータ遮断薬

病因分類(ICD-10)は、

E05.9甲状腺中毒症、不特定:タイヤトキソックス反応; 甲状腺機能亢進症の症状を伴う甲状腺の拡大; ヨウ素系Basedowの現象; 甲状腺過形成; 甲状腺機能亢進状態; 甲状腺機能亢進症; 甲状腺機能不全; 拡散性甲状腺機能低下症; 潜伏性甲状腺中毒症; 増加した甲状腺機能; 甲状腺中毒症

G25.0必須振戦:振れ; 一般化された筋肉の振戦; 本質的な振戦家族。 本質的な振戦; 振戦特発性; 振戦特発性良性; 振戦; 本質的な振戦は良性です

G43片頭痛:片頭痛の痛み。 片頭痛; 片麻痺性片頭痛; 片頭痛; 片頭痛発作; 継続的な頭痛; 半月板

I10必須(原発性)高血圧:高血圧; 動脈性高血圧; 動脈性高血圧症の経過コース; 本質的な高血圧; 本態性高血圧; 本態性高血圧; 本態性高血圧; 本態性高血圧; 原発性高血圧; 動脈性高血圧、糖尿病の合併症; 血圧の突然の上昇。 血液循環の高血圧障害; 高血圧状態; 高血圧の危機; 動脈性高血圧; 悪性高血圧; 高張性疾患; 高血圧の危機; 高血圧の加速; 悪性高血圧; 高血圧症の悪化; 一時的な高血圧; 隔離された収縮期高血圧

I15二次性高血圧:動脈性高血圧、糖尿病の合併症; 高血圧; 血圧の突然の上昇。 血液循環の高血圧障害; 高血圧状態; 高血圧の危機; 高血圧; 動脈性高血圧; 悪性高血圧; 高血圧の危機; 高血圧の加速; 悪性高血圧; 高血圧症の悪化; 一時的な高血圧; 高血圧; 動脈性高血圧; 動脈性高血圧症の経過コース; 血管新生高血圧; 高血圧症候群; 腎性高血圧; 血管新生高血圧; 血管新生高血圧; 症状がある高血圧

I20狭心症[狭心症]:ヘーバーデン病; 狭心症; 狭心症の発作; 再発狭心症; 自発性狭心症; 安定狭心症; アンギナ休息; アンギナが進行中。 アンギナ混合; アンギナ自発性; 安定狭心症; 慢性安定狭心症; アンギナ症候群X

I20.0不安定狭心症:ヘーバーデン病; 狭心症; 狭心症の発作; 再発狭心症; 自発性狭心症; 安定狭心症; アンギナ休息; アンギナが進行中。 アンギナ混合; アンギナ自発性; 安定狭心症; 慢性安定狭心症; アンギナ症候群X

I21急性心筋梗塞:急性期の心筋梗塞; 急性心筋梗塞; 心筋梗塞と病理学的Q波と無し; 心筋梗塞は心原性ショックによって複雑化する; 梗塞左心室; 経心筋梗塞; 心筋梗塞の網膜下(心内膜下); 網膜虚血心筋梗塞; 心内膜心筋梗塞; 心筋梗塞の急性期; 急性心筋梗塞;急性心筋梗塞;急性心筋梗塞;急性心筋梗塞の急性期; 心筋梗塞の亜急性期; 冠状動脈(動脈)の血栓症; 脅かされた心筋梗塞; Q波のない心筋梗塞

I25慢性虚血性心疾患:高コレステロール血症の背景にある冠状動脈性心疾患 ; 冠状動脈性心疾患は慢性疾患である。 冠状動脈性心疾患; 安定した冠状動脈疾患; 経皮経管脈管形成術; 心筋虚血、動脈硬化症; 再発性心筋虚血

I25.2移送された最後の心筋梗塞:心臓症候群; 心筋梗塞; ポストMI。 心筋梗塞後のリハビリテーション; 操作された容器の再閉鎖; アンギナpostinfarctnaya; 心筋梗塞後の状態; 心筋梗塞後の状態; 心筋梗塞

I27他の形態の心肺疾患:慢性肺心疾患; 高血圧肺循環; 肺高血圧症; 肺の心臓病; 肺心疾患; 心肺機能不全 二次性肺高血圧; 慢性肺心臓; アイゼンメンガー症候群

I34.1脱出症[脱出]僧帽弁:乳頭筋の破裂; バロー症候群; 僧帽弁脱出症候群; 僧帽弁脱出症

I42心筋症:心臓病; びまん性心筋症; 拡散するネオブリリルユウスチャイヤ心筋症; 心筋ジポカリイグリシジイ; 心筋ジストロフィー; 急性心筋症; 慢性心筋症

I47.1上室性頻脈:上室性発作性頻脈; 上室性頻脈性不整脈; 上室性頻脈; 上室性不整脈; 上室性発作性頻脈; 上室性頻脈性不整脈; 上室性頻脈; 神経性洞性頻脈; 正常性頻拍; 発作性上室性頻脈; 上室性頻脈の発作; WPW症候群を伴う上室性頻脈の発作; 心房頻拍症の発作; 発作性上室性頻脈性不整脈; 発作性上室性頻脈; ポリトピネイ心房頻脈; 心房細動; 心房頻拍は真実である。 心房頻拍; AVブロックを伴う心房頻拍; 再灌流不整脈; 反射Bertsolda-Jarisch; 再発性持続性上室性発作性頻拍; 症状のある心室性頻脈; 副鼻腔頻脈; 上室性発作性頻脈; 上室性頻脈性不整脈; 上室性頻脈; 上室性不整脈; 上室性不整脈; AV接続の頻脈; 上室性頻脈; 頻脈発色症; 洞性頻拍症; 結節性頻脈; 混沌とした心房頻脈 ウォルフ - パーキンソン - ホワイト

I47.2心室頻脈: Torsades de pointes( torsade de pointes); 症状のある心室性頻脈; 心筋梗塞におけるTorsades de pointes; 心室細動; 心室頻脈; 心室頻脈性不整脈; 心室頻脈; 心室頻脈; 生命を脅かす心室性不整脈; 持続性心室頻脈; 持続性単形性心室頻拍; 発作性の心室性頻脈は、 発作性心室頻脈

I48心房細動および不安定化永久的な心房頻脈性不整脈; 心房粗動または瞬きの間の頻繁な心室レートの緩和; 心房細動; 心房細動およびフラッターの発作; 心房細動の発作; 発作性心房細動; 心房早漏; Tahiaritmicheskoy心房細動; Tahisistolicheskoy心房細動; 耳介ふけ; 生命を脅かす心室細動; 心房細動; 慢性心房細動; 上室性不整脈; 発作性心房細動およびフラッター; 発作性フィブリルフラッター; 心房早漏

I49.4その他のおよび未定義の早発脱分極:期外収縮性不整脈; 期外収縮期; 拡張期外収縮

I49.9不定期不整脈:発作性上室性頻脈; 胸部外陰部不整脈; 心房細動;頻脈; 上室性頻脈性不整脈; 上室性不整脈; AV往復性頻脈; AV結節往復動性頻拍; 心室細動; 不規則な心拍; 抗菌性の往復性頻拍; 心不整脈; 不整脈; 不整脈; 心臓のアリーティー; 低カリウム血による不整脈; 心室頻脈性不整脈; 心室収縮の頻度が高い。 心不整脈; 発作性上室性不整脈; 発作性上室性不整脈; 発作性不整脈; 発作性心房 - 心室リズム; 心不整脈; 上室性頻脈; 頻脈性不整脈; 胸腔前異常脈動

R07.2心臓の痛み:心臓の神経症; 心筋虚血性疼痛; 心筋梗塞における疼痛症候群; 心筋痛; cardioneurosis; 心臓症候群; 心臓の患者の痛み; 背景性難聴性心筋ジストロフィーの心筋症; 機能性心筋症; Psevdostenokardiya; 心膜痛

CASコード29122-68-7

アテノロールの説明

結晶性粉末。 水に可溶(37℃で26.5mg / ml)、良好な1M塩酸溶液(300mg / ml- 25℃)およびクロロホルム(3mg / ml-温度25℃)で不十分。

アテナロールの薬理学的性質

薬理学的効果 -抗狭窄、降圧、抗不整脈

ベータ1-アドレナリン作動性受容体を選択的に遮断することは、膜安定化および内因性交感神経活性を有さない。 中心の交感神経刺激を停止し、末梢組織のカテコールアミンに対する感受性を低下させ、レニン分泌を抑制する。 安静時および運動時の心拍数を遅くします。 陰性のクロノトロピック効果は1時間以内に現れ、2〜4時間後に最大に達し、24時間まで持続する。 心拍出量を減らし、悲しいお父さん、それは起立性頻脈を減少させます。 抗高血圧効果は24時間持続し、2週間の終わりに通常の入院で安定する。 これは心筋酸素要求量を減少させるが、筋繊維の緊張を増大させることにより、左心室の心室拡張末期圧は、特に慢性心不全患者の酸素探索を増加させる可能性がある。 洞結節の自動性を抑え、不応期を延長し、AVノードの速度を低下させます。 心筋梗塞の患者の生存率を高める(心室性不整脈および狭心症の発症頻度を減少させる)。 重要な肺機能をわずかに低下させ、実質的にイソプロテレノールの気管支拡張作用を弱めることはない。

その中に入ると、高齢者の約50%が吸収されました。 Cmaxは2〜4時間以内に達成され、血漿タンパク質結合は6〜16%であった。 不十分でGEBを透過し、胎盤障壁を越えて母乳に入る。 実際には肝臓で代謝されず、糸球体濾過(85%)によって腎臓から排泄される。 T1 / 2-6〜7時間、高齢患者の増加。 より長いT1 / 2および累積を伴う腎機能障害:C1クレアチニンで示される累積能力が35mL /分/1.73m 2未満(用量を減らす必要がある)。

長期使用は、イヌ(15mg / kg /日)の上皮空胞性十二指腸および心筋の雄ラット(300mg / kg /日)における変性過程の進行を伴う。 300mg / kg /日の用量のラット(18カ月)およびマウス(24カ月)の実験では、発癌作用はない。 500および1500mg / kg /日の用量では、副腎髄質、下垂体前葉腺腫、乳房線維腺腫(雌)、甲状腺の傍胞子細胞癌(雄)の良性腫瘍の発生率が増加する。 細胞遺伝学的試験(インビボ)およびエイムス試験を行ったところ、突然変異誘発性は示されなかった。 オスとメスのラットはMRDCHよりも100倍高い用量であり、妊孕性への悪影響は与えられていない。 50mg / kg /日の用量では、胎児/胎仔の再吸収率が増加する。

アテノロールの適応症

高血圧、狭心症、急性心筋梗塞(安定した血行動態を伴う)、頻脈、副鼻腔、心房、心室および発作など、期外収縮、フラッターおよび心房細動、心臓過運動症候群、僧帽弁脱出症、高張性タイプの心筋虚血症; 肥大性心筋症、褐色細胞腫、甲状腺中毒症、本態性振戦の併用療法; 片頭痛(予防)。

アテノロールの禁忌

(心拍数50bpm /分未満)、洞房結石症、洞性洞症候群、AVブロックII-III度、低血圧(90mmHg未満の悲哀)、急性または慢性心不全代償、心原性ショック、末梢血循環、妊娠、授乳の段階。

アプリケーションへの制限

糖尿病、低血糖、慢性閉塞性肺疾患(気腫、喘息)、肝機能障害および/または腎疾患、重症筋無力症、うつ病、乾癬、褐色細胞腫、代謝性アシドーシス、子供(有効性および安全性は定義されていない)

妊娠と授乳

FDAによる胎児へのカテゴリー効果 - D

治療の時に母乳育児をやめるべきである。

アテナロールの副作用

神経系および感覚器官から:疲労、衰弱、めまい、頭痛、眠気または不眠症、悪夢、うつ病、不安、混乱、または記憶の喪失、幻覚、反応性の弱化、感覚異常、痙攣。 視覚障害、唾液および涙液分泌の減少、結膜炎。

心臓血管系および血液(血液、止血):徐脈、心拍数、伝導妨害梗塞、AVブロック、不整脈、心筋収縮の衰弱、心不全、低血圧、失神、レイノー現象、血管炎、胸痛、血小板減少、無顆粒球症。

消化管から:口渇、吐き気、嘔吐、腹痛、下痢、便秘、肝機能異常。

呼吸器系から:呼吸困難、喉頭および気管支痙攣。

アレルギー反応:かゆみ、発疹、紅斑、蕁麻疹、乾癬およびジストロフィー皮膚の変化。

その他:可逆性脱毛症、発疹、寒冷四肢、重症筋無力症、性欲の弱化、インポテンス、ペイロニー病、酵素活性の変化、ビリルビン、禁断症状、甲状腺機能低下症、低血糖。

インタラクション

抗不整脈薬および麻酔薬は、心臓抑制作用(徐脈、不整脈、低血圧、心不全のリスク増加)を増加させる。 レセルピン、メチルドーパ、クロニジン、グアファシン、強力な強心配糖体陰性クロノ - 、ドームおよび浴浸透圧剤、インスリンおよび他の抗糖尿病薬 - 低血糖。 NSAIDs、エストロゲン、交感神経作用薬、キサンチンは降圧効果、吸収を増加させる - 交感神経遮断薬、ニトログリセリン、ヒドララジンおよび他の抗高血圧薬、制酸薬 - 遅い吸収。 シメチジンは代謝を阻害する。 Antidepolyarizuyuschihは、筋弛緩薬、クマリン抗凝固効果の効果を延長する。 三/四環系抗うつ薬、抗精神病薬、鎮静薬、催眠薬、アルコールはCNSうつ病を増強する。 MAO阻害剤と相容れない。

過剰摂取

症状:徐脈、AVブロックII-III度、心不全、呼吸不全、低血圧、気管支痙攣、低血糖。

治療:胃洗浄と吸収剤の任命; (ドーパミン、ドブタミンまたはノルエピネフリン)、選択的β-アゴニスト、グルコース溶液(w / w)、人工心臓ペースメーカーの設置のような種々の症状の治療に使用することができる。 おそらく透析。

投与経路

内部。

物質Atenololに関する注意事項

治療は定期的な医学的監督下で行われる。 治療を開始する前に、心不全を補う必要があります。 治療中には、心拍数、血圧、血糖値(抗糖尿病薬の服用量)、心不全の症状の出現をコントロールする必要があります。

車の運転手の間には注意が必要であり、人々の技術は注意の集中に関連しています。 治療時にアルコール摂取を排除することをお勧めします。

糖尿病および甲状腺機能亢進症を有する患者では、低血糖または甲状腺機能亢進症によって引き起こされる頻脈を遮断することができる。 褐色細胞腫がアルファアドレナリン作動薬を同時に投与すべき場合。 多分、過敏症反応の重症度の増大、およびアレルギー歴を悪化させたエピネフリンの通常用量の効果の欠如。

低血圧(50μ/分未満)、低血圧(100mmHg未満の悲哀)、AV遮断気管支痙攣、心室不整脈、重いヒト肝臓および腎臓を増加させる高齢患者の場合、用量を減らすか、または治療を中止する必要がある。 治療を中止するには、10-14日間、用量を徐々に減らす必要があります。 冠状動脈疾患の患者は、薬剤の中止の間に慎重に監視する必要があります。 アテノロールは、全身麻酔(クロロホルムまたはエーテル)を使用して手術の48時間前にキャンセルするか、または最小の負の変力効果を有する麻酔薬を選択する必要があります。

Someone from the Qatar - just purchased the goods:
Vladonix intensive course 180 capsules