Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:アンチトロンビンIII

私はこれがほしい、私に価格を与える

薬の商品名 - 抗トロンビンIIIヒト

物質のラテン語名アンチトロンビンIII

アンチトロンビンIII(属アンチトロンビニIII)

化学名

ヒト血漿から得られた糖タンパク質(分子量58,000のα2-糖タンパク質)

薬理学的グループ:

抗凝固剤

病因分類(ICD-10)は、

D65播種性血管内凝固[除細動症候群]: DIC症候群; 血管内凝固; 高線溶血性出血; 除細動症候群; 高線溶血性出血; 高脂血症性出血後出血; DIC症候群の低凝固期; 血管内播種の播種; 播種性血管内分泌症候群; 脱繊維症症候群; 取得された凝固障害

I74塞栓症および動脈血栓症:努力のストレス(ストレス); 動脈血栓症; 動脈血栓症; 亜急性および慢性動脈血栓症; 末梢動脈の亜急性血栓症; 術後血栓症; 血管血栓症; 血管塞栓症; 大動脈シャントの血栓症; 動脈血栓症; 動脈の血栓症; 冠動脈血栓症; 冠動脈血栓症; 血管の血栓症; 虚血性脳卒中を伴う血栓症; 一般的な外科手術による血栓症; 腫瘍治療における血栓症; 血管血栓症; 術後の血栓形成 血栓合併症; 血栓塞栓症; 血栓塞栓性症候群; 術後期間における血栓塞栓性合併症; 動脈の血栓塞栓症; 部分血管血栓症; 塞栓症; 動脈の塞栓症

I80静脈炎および血栓性静脈炎:末梢血管の疾患; 表在静脈の炎症; 静脈の炎症性疾患; 深部静脈血栓性静脈炎; 静脈の病気; 下肢の静脈の病気; 末梢血管の疾患; 静脈炎の移行; 下肢の静脈の不全; 慢性血栓性静脈炎の悪化; 急性血栓性静脈炎; 表在静脈の急性血栓性静脈炎; Periphlebitis; 周皮細胞表面; 静脈の表在性炎症; 表面血栓性静脈炎; 表面静脈炎; 血栓性静脈炎; 深部静脈血栓静脈炎; 血栓性静脈炎は表面的である; 静脈炎; 深部静脈の静脈炎; 表面静脈の静脈炎; 瀉血; 慢性血栓性静脈炎; エンドホリビシス

物質の特徴アンチトロンビンIII

精製ヒト血漿アンチトロンビンIIIの凍結乾燥粉末。 注射用溶液は、6.0〜7.5のpHを有する。

薬理学

モードアクション - 抗凝固剤。

トロンビンを不活性化し、トロンビンと共有結合を形成し(1:1の化学量論比で)、因子IXa、Xa、XIa、XIIaおよびプラスミンの活性を抑制する。

物質の適用アンチトロンビンIII

抗トロンビンIII、DIC-症候群の遺伝性欠損症。

禁忌

過敏症、子供の年齢(安全性と有効性は確立されていない)。

妊娠と授乳

FDAによる胎児の行動カテゴリーはBです。

物質の副作用アンチトロンビンIII

めまい、息切れまたは息切れ、吐き気、口中の悪い味、悪寒、疝痛、胸痛、視力障害、腸の溢れ感、蕁麻疹、発熱、発汗、挫傷。

投与経路

IV

物質に関する注意事項アンチトロンビンIII

AT-III(出血予防)と併用する場合は、ヘパリンの用量を減らすことをお勧めします。 妊娠中は、緊急時(安全性が確立されていない場合)にのみ処方されます。

特別な指示

AT-IIIの遺伝的欠損の診断は、患者およびその親族の覚醒により確実に確認されるべきである。

Someone from the Hong Kong - just purchased the goods:
Nomigren 10 pills