Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:Axamon

私はこれがほしい、私に価格を与える

活性物質:イピダクリン

ATXコード

N07AA抗コリンエステラーゼ薬

薬理学グループ

コリンエステラーゼ阻害剤[m-、n-コリンミメティックス、incl。 抗コリンエステラーゼ剤]

病因分類(ICD-10)は、

F03認知症、不特定

アルツハイマー型老人性認知症、認知症症候群、認知症、混合型認知症、混合型認知症、老人性認知症、認知症、認知症、認知症、認知症、老人性認知症、

G12.2運動ニューロンの病気

筋萎縮性側索硬化症、筋萎縮性側索硬化症、低ゲーリック病、シャルコー病、筋萎縮性筋萎縮性硬化症、硬化性側索硬化症、進行性偽髄麻痺、進行性球麻痺、進行性球麻痺、原発性側索硬化症

G30アルツハイマー病

アルツハイマー病

G37中枢神経系の他の脱髄疾患

G62他の多発性神経障害

多発性筋炎、多発ニューロパチー、末梢神経の炎症

G63.6他の筋骨格損傷(M00-M25 +、M40-M96 +)を伴う多発ニューロパチー

多発ニューロニューロパシー

G70重症筋無力症および神経筋シナプスの他の障害

重症筋無力症候群、重症筋無力症、重症筋無力症、重症筋無力症、重症重症筋無力症(重症筋無力症)

G83.9不特定の麻痺性症候群

眼球麻痺、眼球麻痺

G92毒性脳症

アルコール性脳症、中毒性脳損傷、中枢神経系への毒性傷害、慢性アルコール中脳症、脳損傷、アルコール依存症に対する脳症、急性鉛脳症

G93.4不特定脳症

ビリルビン脳症、ラクナ状態、門脈 - 脳症で振戦、潜在肝性脳症、動脈硬化性脳症、高張性脳症、低酸素脳症、代謝障害脳症、脳症、脳、ポルト大静脈脳症、血管脳症、外傷性脳障害、脳症の敗北、脳症脳症、脳脊髄小脳麻痺、てんかん性脳症、出血性ショックおよび脳症の症候群、亜急性海綿状脳症

G96.9中枢神経系の障害、不特定

中枢神経系の有害な損傷、CNSうつ病、中枢神経系の機能の傷害、神経系の機能不全、中枢神経系の外傷、中枢神経系の遺伝病、神経系の遺伝性疾患

I67.4高血圧性脳症

脳症は高血圧である

M79.2未知の神経学および神経炎

神経痛、神経痛、肋間神経の神経痛、後脛骨神経痛、神経炎、神経炎、外傷、神経炎、神経学的疼痛症候群、痙攣を伴う神経拘縮、急性神経炎、慢性疼痛、末梢神経炎、外傷後神経痛、神経原性の重症痛、慢性神経炎、本態性神経痛

組成

タブレット1テーブル。

活性物質:

塩酸ピピアクリン一水和物(Aksamon(登録商標))20mg

(イピダクリン塩酸塩の点で)

補助物質:イラクサ(ラクトース一水和物93%、ポビドン3.5%、クロスポビドン3.5%)65mg; ナトリウムカルボキシメチルデンプン - 14mg; ステアリン酸カルシウム - 1 mg

薬理学的効果

薬理作用 - 抗コリンエステラーゼ、神経筋伝達を刺激する。

投薬および投与

内部。 投与量および治療期間は、疾患の重篤度に応じて個々に決定される。

末梢神経系、重症筋無力症、筋萎縮性側索硬化症:1日あたり10〜20mg 1〜3回。 治療の経過 - 1〜2ヶ月。 必要に応じて、1〜2ヶ月間のコース間の休憩を取って、治療コースを数回繰り返すことができます。

アルツハイマー病、脳症、運動障害を伴う有機性中枢神経系疾患の回復期間、 大麻の麻痺および麻痺:毎日の投与量が個別に選択され、通常は1日あたり10〜20mg 2〜3回。

神経系の脱髄病変では、1日に5〜6回20〜40mgに増量することができます。 最大一日量は200mgです。

1つの技術が見逃された場合、次の用量は通常の薬の用量とみなされます。

フォームに頼る

錠剤、20mg。 10タブの場合。 平面セルパッケージ内。 5つの輪郭メッシュパッケージは、段ボールのパックに入れられます。

薬局からの休暇の条件

処方せん。

保管条件

乾燥状態では、暗所は25℃以下の温度である。

子供の手の届かないところに保管してください。

賞味期限

3年。

パッケージに記載されている有効期限が過ぎてから使用しないでください。

Someone from the Austria - just purchased the goods:
Erectogenon 0.5 g 15 capsules