Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:Apixaban

私はこれがほしい、私に価格を与える

薬の商品名 - エリクイクス

物質のラテン語名Apixaban

アピキサバナム属(アピキサバニ属)

化学名

1-(4-メトキシフェニル)-7-オキソ-6- [4-(2-オキソピペリジン-1-イル)フェニル] -4,5-ジヒドロピラゾロ[5,4-c]ピリジン-3-カルボキサミド

グロス式

C25H25N5O4

薬理学的グループの物質Apixaban

抗凝固剤

病因分類(ICD-10)は、

I82.9不特定静脈の塞栓症および血栓症:静脈塞栓症; 静脈血栓症; 血管の血栓によって引き起こされる病気; 急性血管閉塞; 急性静脈血栓症; 静脈の急性血栓症; 血栓症; 血栓塞栓症; 血栓血栓症; 塞栓症

Z100 *クラスXXII外科手術:腹部手術; 腺切除術; 切断; 冠動脈形成術; 頸動脈の血管形成術; 創傷のための消毒皮膚治療; 消毒ハンド; 虫垂切除術; アテレクトミー; バルーン冠動脈形成術; 膣子宮摘出術; 冠動脈バイパス; 膣および子宮頸管内の介入; 膀胱の介入; 口の介入; 修復および再建手術; 医療従事者の手指衛生。 婦人科手術; 婦人科介入; 婦人科手術;手術中の血液量減少ショック; 化膿性創傷の消毒; 創傷端の消毒; 診断介入; 診断手順; 子宮頸部の凝固異常症; 長時間手術; 瘻カテーテルの交換; 整形外科手術における感染; 人工心臓弁; 膀胱摘除術; 短期外来手術; 短期間のオペレーション; 短い外科処置; クリコテイロトミヤ; 手術中の失血; 手術中および術後の出血; Kuldotsentez; レーザー光凝固; レーザー凝固; 網膜レーザー凝固; 腹腔鏡検査; 婦人科における腹腔鏡検査; CSF瘻; 小さな婦人科手術; 小さな外科手術; 乳房切除およびその後のプラスチック; 縦隔切開術; 耳に対する顕微手術; Mukogingivalnye操作; 縫合; マイナー手術; 脳神経外科手術; 眼科手術における眼球の固定化; 睾丸切除術; 膵切除術; Perikardektomiya; 手術後のリハビリの期間。 手術後の回復期; 経皮経管冠動脈形成術; 胸膜胸腔; 術後および外傷後の肺炎; 外科手術の準備; 手術の準備; 手術前の外科医の手の準備; 外科的処置のための結腸の準備; 脳神経外科および胸部手術における術後吸引性肺炎; 術後悪心; 術後出血; 術後肉芽腫; 術後ショック; 術後早期。 心筋血行再建術; 放射線摘出; 胃切除術; 腸切除術; 子宮切除; 肝切除; enterectomy;胃の一部の切除。 操作された船の再閉鎖; 手術中に組織を結合する; 縫合糸の除去; 眼科手術後の状態; 手術後の状態; 鼻腔内手術後の状態; 胃切除後の状態; 小腸の切除後の状態;扁桃摘出後の状態; 十二指腸の除去後の状態; 静脈切除後の状態; 血管手術; 脾摘出; 手術器具の滅菌; 手術器具の滅菌; 胸骨切開術; 歯科手術; 歯周組織における歯科的介入; 椎間板切除術; 扁桃切除術; 胸腔鏡手術; 胸腔鏡手術; 総胃切除術; 経皮血管内冠動脈形成術; 経尿道切除術; Turbinektomiya; 歯の除去; 白内障手術; 嚢胞の除去; 扁桃切除術; 子宮筋腫の除去; 可動の一次歯を取り外す。 ポリープの除去; 壊れた歯を取り除く。 子宮体の除去; 縫合糸の除去; 瘻孔likvoroprovodyaschih方法; Frontoetmoidogaymorotomiya; 外科感染症; 慢性四肢潰瘍の外科的処置; 手術; 肛門部の手術。 結腸手術; 外科手術; 外科的処置; 外科的介入; 胃腸管の外科手術; 尿路に関する外科処置; 泌尿器系の外科的処置; 泌尿生殖器系の外科的介入; 心臓の手術手技; 手術操作; 手術; 静脈の手術; 外科的介入; 血管手術; 血栓症の外科的処置; 手術; 胆嚢摘出術; 部分胃切除術; 子宮摘出術; 経皮経管冠動脈形成術;経皮経管脈管形成術; 冠動脈バイパス; 歯の摘出; 乳歯の摘出; 切開術; 拍動性心肺バイパス; 抜歯; 歯抽出; 白内障抽出; 電気凝固; 泌尿器科の介入; 切開切開術; エトモイドトミヤ;歯の抽出後の合併症

CASコード

503612-47-3

物質の特徴アピキサバン

抗凝固剤直接作用は、凝固因子Xa(FXa)の選択的阻害剤である。 経口投与を目的とする。

薬理学

モードアクション - 抗凝固剤。

アピキサバンは、FXaの強力な直接阻害剤であり、可逆的かつ選択的に酵素の活性中心を遮断する。 アピキサバンの抗血栓効果を実現するために、アンチトロンビンIIIの存在は必要ではない。 アピキサバンは、フリーおよび結合FXaならびにプロトロンビナーゼ活性を阻害する。 アピキサバンは血小板凝集に直接的な直接作用はないが、トロンビンによって誘導される血小板凝集を間接的に阻害する。 FXaの活性を阻害することにより、アピキサバンはトロンビンおよび血栓の形成を防止する。

薬力学

アピキサバンの作用機序は、FXa活性の阻害である。 その結果、アピキサバンは血液凝固システムの指標の値を変えます:それはPV、MHO、APTTVを拡張します。 薬物が治療用量で使用される場合のこれらのパラメータの変化は、重要ではなく、個々である。 したがって、アピキサバンの薬力学的活性を評価するためのそれらの使用は推奨されない。 アピキサバンによるFXaの活性の阻害は、Rotachrom Heparinを用いた発色試験を用いて実証されている。 抗FXa活性の変化は、血漿中のアピキサバンの濃度の増加に正比例し、活性の最大値は、血漿中のCmaxアピキサバンに達したときに観察される。 アピキサバンの濃度と抗FXa活性との間の線形関係は、薬剤の広範囲の治療用量に記録される。 用量変化およびアピキサバン濃度による抗FXa活性の変化は、血液凝固よりも顕著であり、変化が少ない。 2.5mgの用量で1日2回投与されたときの平衡状態におけるアピキサバンの予想される最大および最小抗FXa活性は、1.3IU / ml(5/95パーセンタイル--0.67IU / mL-2.4IU / M1)および0.84IU / ml(5/95百分位数--0.37IU / ml-1.8IU / ml)であり、これは薬剤の用量を服用する間隔(1.6倍未満)におけるこの指数の変動と相関する。 アピキサバン療法の背景に対して、血漿中のその濃度の定期的なモニタリングは必要ないが、Rotachrom活性の抗FXa試験の性能は、治療を続行するかどうかを決定するのに有用であり得る。

薬物動態

吸引。 アピキサバンの絶対バイオアベイラビリティは、10mgまでの用量で投与した場合、50%に達する。 アピキサバンは消化管から急速に吸収され、経口投与後3〜4時間以内にCmaxに達する。 食物摂取はAUCまたはCmaxの値に影響しない。 最大10mgの用量のアピキサバンの薬物動態は線形である。 アピキサバンを25mgを超える用量で摂取する場合、薬物の吸収の制限があり、これはその生物学的利用能の低下を伴う。 代謝指標は、個体間および個体内変動が低いまたは中程度であることを特徴とする(変動係数の対応する値はそれぞれ約20%および約30%である)。

分布。 ヒト血漿タンパク質への結合は約87%であり、Vssは約21リットルである。

代謝および排泄。 受け入れられた用量の約25%が代謝産物の形で、大部分が腸を通って排泄される。 アピキサバンの腎排泄は全クリアランスの約27%である。 アピキサバンの全クリアランスは約3.3リットル/時間であり、T1 / 2は約12時間である。 3-オキソ - ピペリジニル残基のO-脱メチル化およびヒドロキシル化は、アピキサバンの生物変換の主な経路である。 アピキサバンは、イソ酵素CYP3A4 / 5(より少ない程度では、イソ酵素CYP1A2,2C8,2C9,2C19および2J2)の関与により主に代謝される。 変更されていないアピキサバンは、ヒト血漿中を循環する主な物質であり、血流中に循環する活性代謝物は存在しない。 さらに、アピキサバンは、輸送タンパク質、P-糖タンパク質および乳癌のタンパク質耐性の基質である。

腎機能障害。 腎機能障害はCmax apixabanに影響しません。 しかし、C1クレアチニンで測定した腎機能の低下の程度と相関するアピキサバンの濃度の増加があった。 光の腎機能障害(C1クレアチニン - 51ml /分~80ml /分)、中程度(C1クレアチニン - 30ml /分~50ml /分)および重症度(C1クレアチニン - 15ml /分〜29ml /分)、血中のアピキサバンのAUC値は、正常なクレアチニン値を有する患者と比較して、それぞれ16%、29%および44%増加した。 同時に、腎機能障害は、血漿中のアピキサバンの濃度とその抗FXa活性との関係に明らかな影響を及ぼさなかった。

Clクレアチニンが15ml /分未満の患者または透析患者のアピキサバンに関する研究は行われなかった。

肝機能の違反。 重度の肝不全におけるアピキサバンおよび肝胆道系の能動病理の研究は行われていない。 肝臓不全の患者(それぞれChild-PughクラスAおよびB)および健康なボランティアの肝不全患者において、apixabanの単回投与量5mgの薬物動態および薬力学の研究では、肝不全は影響を及ぼさないことが示されているこれらの指標。 中等度の肝機能障害および健康なボランティアの患者における抗FXa活性およびMHOの変化は同等であった。

高齢の患者に使用する。 高齢患者(65歳以上)は、若年患者よりも血漿中濃度が高かった。平均AUCは約32%高かった。 高齢患者における薬物の服用量の補正は必要ない。

床。 女性におけるアピキサバンの曝露は、男性よりも18%高かった。 患者の性別に応じて薬の投与量を補正する必要はない。

人種と民族の起源。 第I相試験で得られた結果は、コーカサイド、モンゴロイドおよびネゴウイルスの代表者の間でアピキサバンの薬物動態に有意差がないことを示している。 計画された股関節または膝の置換後にアピキサバンを投与された患者を対象とした研究で実施された様々な集団における薬物動態解析の結果は、第I相試験と一致する。 患者の人種や民族に応じて薬の投与量を補正する必要はありません。

体重。 体重が120kgを超える患者の血漿中のアピカバンの濃度は、体重65kg〜85kgの患者よりも約30%低かった。 体重が50kg未満の患者では、この数字は約30%高かった。 患者の体重に応じて用量を補正する必要はない。

薬物動態および薬力学の依存性。 アピキサバンの薬物動態および薬力学(抗FXa活性、MHO、PV、APTTVを含む)および血漿中濃度のパラメータ間の依存性を、広範囲の用量(0.5〜50mg)について調べた。 アピキサバンの濃度とFXa活性との間の関係は、線形モデルを用いて最もよく記述されることが示された。 股関節または膝関節の計画された内部人工補綴物を受けた患者で評価された、アピキサバンの薬物動態および薬力学の依存性は、健康なボランティアで観察されたものと一致した。

物質Apixabanの適用

股関節または膝関節の計画的な人工内耳後の患者における静脈血栓塞栓症の予防。

禁忌

血液凝固系の障害および出血の重大な危険性、肝臓の重度の侵害、Clクレアチニンとの腎機能の障害を伴う過敏症、臨床的に有意な出血、肝臓疾患、ならびに透析、年齢18歳まで、妊娠、母乳授乳。

重大な出血(「相互作用」を参照)の発生に関連するかもしれない薬剤と同時にアピキサバンを使用することは推奨されない。

制限事項

アピキサバンは、アゾール抗真菌薬(特に、ケトコナゾール、ケトコナゾールなど)のようなアイソザイムCYP3A4およびP-糖タンパク質の強力な阻害剤で全身療法を受けている患者と同様に、脊髄、硬膜外または穿刺(「予防措置」を参照)イトラコナゾール、ボリコナゾールおよびポサコナゾール)、HIVプロテアーゼ阻害剤(例えば、リトナビル)が挙げられる。 アイソザイムCYP3A4およびP-糖タンパク質(特にリファンピシン、フェニトイン、カルバマゼピン、フェノバルビタールまたはセントジョンズワートの調製物)の強力なインデューサーを用いてアピキサバンを使用する場合にも注意が必要である。

出血の危険性

この薬剤は、出血のリスクが高いことを特徴とする状態で注意して使用することが推奨される:先天性または後天性出血障害; 消化性潰瘍の悪化; 細菌性心内膜炎; 血小板減少症; 血小板症; 退院時の出血性脳卒中。 最近の脳または脊髄手術、ならびに視覚器官の手術。 重度の制御されていない動脈性高血圧症(「予防措置」を参照)。

さらに、アセチルサリチル酸(acetylsalicylic acid)を含むNSAIDsとapixabanを同時に使用すると、これらの薬物が出血のリスクを高めるため、注意を払うべきである。

股関節骨折に関連する手術介入

臨床試験では、股関節骨折のための緊急手術を受けた患者には使用されていないため、このカテゴリーの患者における有効性と安全性については検討されていない。

妊娠と授乳

妊娠中のアピキサバンの使用に関する情報は限られています。 妊娠中のアピキサバンの使用はお勧めしません。

アピキサバンまたはその代謝物とヒトの母乳との排泄に関する情報はない。 授乳中にアピキサバンを使用する必要がある場合は、母乳育児を中止する必要があります。

物質の副作用アピキサバン

アピキサバンを投与された患者の11%において、1日2回2.5mgの用量で望ましくない反応が認められた。 他の抗凝固剤と同様に、出血に伴う有機的損傷などの危険因子を有する患者には出血が起こり得る。 最も一般的な副作用は貧血、出血、挫傷、悪心でした。 アピキサバン療法に対して整形外科手術を受けた患者に発生した望ましくない反応を以下に示す。

さらに、有害反応の頻度の下で理解される:しばしば、≧1/100、<1/10; まれに - 1/1000以上。 <1/100、まれに - 1/10000、<1/1000。

血液およびリンパ系の部分で:頻繁に - 貧血(術後および出血後、実験室研究の結果の適切な変化を伴う); 頻度の低い - 血小板減少(血小板数の減少を含む)。

免疫システムから:まれに - 過敏症。

視力器の側面から:まれに - 眼球組織内の出血(結膜内の出血を含む)。

CVSから:しばしば出血(血腫、膣および尿道出血を含む)。 頻度の低い動脈低血圧(手術中の低血圧を含む)。

呼吸器系から:まれに - 鼻血; まれに - 喀血。

消化管から:しばしば - 悪心; まれに - 消化管出血(血液とメネナの混合物による嘔吐を含む)、便中の未変化の血液の存在; まれに直腸出血、歯茎からの出血。

肝臓および胆管の部分では、トランスアミナーゼ(ALT、ASTを含む)の活性の増加、GGTP活性の増加、機能的肝臓サンプルの病理学的変化、血液中のアルカリホスファターゼの活性の増加、血液中のビリルビンの濃度が増加する。

筋骨格系から:まれに筋肉出血。

泌尿器系から:まれに - 血尿(実験室試験の結果に対応する変化を含む)。

その他:しばしば閉じた外傷。 まれに - 侵襲的処置(手術後の血腫、術後創傷からの出血、血管穿刺領域およびカテーテル設置部位における血腫を含む)を行った後の出血および出血、創傷からの排出の存在、出血切開領域(切開領域の血腫を含む)、手術中の出血。

インタラクション

アピキサバンの薬物動態に及ぼす他の薬物の影響

アイソザイムCYP3A4およびP-糖タンパク質の阻害剤。 CYP3A4アイソザイムおよびP-糖タンパク質の両方の強力な阻害剤であるアピキサバンとケトコナゾール(400mg 1日1回)との組み合わせは、アピキサバンの平均AUCが2倍増加し、平均で1.6倍増加したC max。 ケトコナゾールとの組み合わせによるアピキサバンの用量の補正は必要ではないが、アゾール抗真菌剤、特にケトコナゾール、またはイソ酵素CYP3A4およびP-糖タンパク質の他の強力な阻害剤による全身療法を受ける患者には、アピキサバンを注意して使用すべきである。

アピキサバンまたは阻害性アイソザイムCYP3A4および/またはP-糖タンパク質の排泄速度を中程度に低下させる薬物は、血漿中のアピカバンの濃度をより低い程度に高めることが期待される。 例えば、ジルチアゼム(イソ酵素CYP3A4の適度な阻害剤およびP-糖タンパク質の弱い阻害剤)を1日1回360mgの用量で投与すると、AUCアピキサバンの平均値は1.4倍に増加し、平均値はCmaxを1.3倍にする。 健康なボランティアで500mgの用量で適用した場合、ナプロキセン(P-糖タンパク質阻害剤)は、それぞれ1.5倍および1.6倍のAUCおよびCmaxアピキサバンの平均値の増加を引き起こした。 同時に、凝固系の値が増加しました。 しかしながら、このような組み合わせの背景に対して、アラキドン酸の代謝の侵害に関連したナプロキセンの血小板凝集に対する影響、および出血時間の臨床的に有意な延長はなかった。 アイソザイムCYP3A4および/またはP-糖タンパク質の中程度の阻害剤と組み合わせた場合のアピキサバンの用量の補正は必要ではない。

アイソザイムCYP3A4およびP-糖タンパク質の誘導物質。 アピキサバンとリファンピシン(アイソザイムCYP3A4およびP-糖タンパク質の強力な誘導因子)の組み合わせは、それぞれ約54および42%のAUCおよびCmaxアピキサバンの平均値の減少をもたらした。 明らかに、アピキサバンとアイソザイムCYP3A4およびP-糖タンパク質(特に、フェニトイン、カルバマゼピン、フェノバルビタールまたはセントジョンズワートの調製物)の他の強力な誘発物質との組み合わせはまた、血漿中のアピキサバンの濃度を低下させる可能性がある。 アピキサバンがこのグループの薬剤と併用されるときのアピキサバンの用量の補正は必要ではないが、これらの薬剤を注意深く組み合わせる。

抗凝固剤、血小板凝集阻害剤およびNSAIDs。 エノキサパリン(40mgの用量で1回)とアピキサバン(5mgの用量で1回)の併用投与後、FXa活性に対するこれらの薬剤の相加的効果が認められた。

健康な人では、アピキサバンとアセチルサリチル酸との薬物動態または薬力学的相互作用の兆候は見られなかった(1日1回325mgの用量で)。

臨床試験の第I相において、アピキサバンとクロピドグレル(75mg 1日1回)またはクロピドグレル(75mg)とアセチルサリチル酸(162mg 1日1回)との併用は、出血時間の増加、さらなる阻害または血栓系(MF、MHOおよびAPTTV)のパラメータの上昇が、単独療法においてこれらの抗凝集剤の使用と比較して増加することを示している。

しかし、アピキサバンとNSAID(アセチルサリチル酸を含む)を同時に使用する場合は、これらの薬物が出血のリスクを高めるため、注意を払うべきである。

未分画ヘパリンまたはヘパリン誘導体(低分子量ヘパリンを含む)、FXaを阻害するオリゴ糖(例えば、フォンダパリヌクスナトリウム)、直接トロンビンII阻害剤などのような重篤な出血の発症に関連する可能性のある薬物を同時に使用することは推奨されない(例えばデスパイン)、血栓溶解薬、糖タンパク質IIb / IIIa受容体拮抗薬、チエノピリジン(例えばクロピドグレル)、ジピリダモール、デキストラン、スルフィンピラゾン、ビタミンK拮抗薬および経口投与のための他の抗凝固剤。 未分画ヘパリンは、静脈カテーテルまたは動脈カテーテルの開存性を支持するのに必要な用量で使用できることに留意すべきである。

他の薬との併用。 アピキサバンとアテノロールまたはファモチジンとの臨床的に有意な薬物動態学的または薬力学的相互作用はなかった。 アピキサバン(10mgの用量で)とアテノロール(100mgの用量で)との組み合わせは、アピキサバンの薬物動態における臨床的に有意な変化の進展をもたらさなかったが、それはAUCの平均値の低下を伴った、Cmax apixabanはそれぞれ15%および18%増加した。 ファモチジン(40mg用量)とのアピキサバン(10mg用量)のアポサバンは、AUCまたはCmaxアピキサバンの値に影響しなかった。

アピキサバンが他の薬物の薬物動態に及ぼす影響

インビトロでの研究では、アピキサバンはアイソザイムCYP1A2、CYP2A6、CYP2B6、CYP2C8、CYP2C9、CYP2D6またはCYP3A4(阻害濃度(IC50)>45μmol/ L)の活性を阻害しなかったが、アイソザイムの活性をわずかに抑制したCYP2C19(IC50>20μmol/ L)は臨床応用のために血漿中のCmaxより有意に高い濃度である。 アピキサバンは、20μmol/ lまでの濃度のアイソザイムCYP1A2、CYP2B6、CYP3A4 / 5の誘導物質ではない。 この点に関して、これらを組み合わせると、これらのアイソザイムによって代謝される薬物のクリアランスに影響しないことが期待される。 さらに、アピキサバンは、P-糖タンパク質活性を有意に阻害しない。

健康なボランティアの研究では、アピキサバンはジゴキシン、ナプロキセン、またはアテノロールの薬物動態を大きく変化させなかった。

過剰摂取

症状:過剰摂取は出血のリスクを高める。

コントロールされた臨床試験の枠組みの中で、アピキサバンは健康なボランティアによって3〜7日間50mg /日(25mg 1日2回7日間または50mg 1日1回3日間)の健康なボランティアによって経口摂取され、 MPDHの10倍。 臨床的に有意な副作用は観察されなかった。

治療:過量の場合には、活性炭の使用が考えられる。 解毒剤は不明です。

投与経路

内部。

投与と投与。 内部、1タブ。 (2.5mg)を1日2回、食べ物の摂取量に関係なく(手術後12-24時間の最初のレセプション)投与する。

股関節形成術を受けている患者では、治療の推奨期間は32〜38日、膝関節は10〜14日です。

入院が不合格の場合は、できるだけ早く服用し、元のスケジュールに従って1日2回服用してください。

腎機能障害を有する患者に使用する。 軽度、中等度または重度の腎機能障害を有する患者において、C1クレアチニンが15ml /分に減少した場合、用量調整は必要ない。

Clクレアチニンが15ml /分未満の患者および透析患者の薬物使用に関するデータは存在しない。 このカテゴリーの患者にアピキサバンを使用することはお勧めしません。

肝機能障害を有する患者に使用する。 軽度から中等度の肝機能不全(Child-PughクラスAまたはB)の患者でapixabanを服用する場合は注意が必要であり、投与量の調整は必要ありません。 重度の肝不全の患者にこの薬剤を使用することはお勧めしません

Someone from the Brazil - just purchased the goods:
Tobradex eye drops 5ml