Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:アガプリン

私はこれがほしい、私に価格を与える

投与形態:丸剤、静脈内および動脈内投与のための溶液の濃縮物、注射用溶液、被覆錠剤

活性物質:ペントキシフィリン

ATX

C04AD03ペントキシフィリン

薬理学グループ

抗凝集剤

抗酸化剤および抗酸化剤

血管保護剤および微小循環補正剤

病因分類(ICD-10)は、

H31.9血管系疾患、不特定:脈絡膜の血管攣縮; 脈絡膜における血管新生変化; 網膜および脈絡膜におけるアテローム硬化性変化; 脈絡膜の疾患; 目のメッシュと脈絡膜の変化; 眼の脈絡膜における循環障害; 眼の脈絡膜への血液供給の妨害; 眼の脈絡膜における血管変化; 脈絡膜の動脈の血栓症

H34網膜の血管閉塞:眼の血管の動脈血栓症; 目の血管の静脈血栓症; 網膜循環の違反; 眼内循環の障害; メッシュおよび脈絡膜への不十分な血液供給; 中心網膜血管の閉塞; 網膜動脈の急性閉塞; 網膜または眼の脈絡膜における亜急性および慢性の循環不全; 網膜の血管疾患; 眼の網膜における血管障害; 網膜の血管血栓症; 網膜中心静脈血栓症; 網膜およびその枝の中心静脈の血栓症; 目の網膜およびその枝の中心静脈の血栓症

H35.9網膜疾患、不特定:網膜ジストロフィー; 網膜の血管病理; 網膜および脈絡膜における血管攣縮の変化; ジストロフィー性網膜疾患; ジストロフィー網膜病変; 眼の網膜のジストロフィー病変; 目のメッシュと脈絡膜の変化; 白内障の外科的除去後の嚢胞性黄斑浮腫; 目の網膜における循環障害; 網膜への血液供給の障害; 網膜への血液供給の障害; 網膜の血管疾患; 眼の網膜における血管障害; 網膜の血管痙攣; 網膜血管痙攣

H91その他の難聴:年齢関連の聴力損失。 聴力における年齢関連の血管低下; 加齢性聴力障害; 特発性難聴; 聴力の低下した鋭敏さ; 難聴; 血管または有毒な起源の悪化する聴覚; 知覚難聴

I67.2脳動脈硬化症:脳動脈のアテローム性動脈硬化症; 脳血管のアテローム性動脈硬化症; 脳血管におけるアテローム硬化性変化; 脳の血管疾患; 硬化性虚血性発作; 脳血管の硬化症

I67.9脳血管疾患、不特定: Lacunarity状態; Angioneyropatiya; 動脈塞栓症; 脳低酸素症; 脳症; 脳血管疾患および加齢関連; 昏睡状態の脳循環障害; 代謝障害および脳血管障害;脳への血液供給の違反。 脳血管事故; 脳機能の違反; 大脳皮質の機能の違反; 脳循環の違反; 脳血管機能不全; 急性脳血管機能不全; 急性虚血性発作; 脳血管の敗北; 脳の破壊的変化の進行; 脳循環の障害; 脳機能不全の症候群; 脳血管機能不全; 血管性脳症; 脳の血管疾患; 血管性脳障害; 脳の血管病変; 機能性脳障害; 慢性脳虚血; 慢性心不全; 慢性脳血管機能不全; 慢性脳血管機能不全; 脳への血液供給の慢性的な違反; 脳機能不全; 脳有機障害; 脳炎; 脳梗塞症候群; 脳血管疾患; 脳血管病理; 脳血管疾患; 脳血管障害; 脳血管障害; 脳循環障害

I69脳血管疾患の影響:虚血性および脳卒中後の状態; 出血性脳卒中の残存効果; 虚血性脳卒中の残留効果; 脳循環の残留効果; くも膜下出血の残存効果; 虚血性脳卒中; 転移した血栓塞栓性脳卒中; 脳血管障害の結果。 脳への血液供給が不十分な結果。 虚血性脳卒中の結果; 脳卒中の結果。 Postapopleksicheskoe州; 脳卒中後期間; 脳卒中後症候群; ストローク後の状態。 脳血管事故後の状態; 慢性脳血管機能不全

I70.2動脈のアテローム性動脈硬化症:閉塞性動脈硬化症; 動脈硬化症の末梢動脈; 下肢の動脈のアテローム性動脈硬化症; 末梢動脈のアテローム性動脈硬化症; アテローム性動脈硬化症の手足; 下肢の閉塞性疾患; 閉塞性動脈硬化症; 下肢動脈の閉塞性動脈硬化症; 上肢の閉塞性動脈硬化症; 下肢の動脈硬化症の閉塞症; 動脈のアテローム性動脈硬化症; 手足動脈症; 動脈硬化は手足を閉塞させる; 閉塞動脈硬化症

I73.0レイノー症候群:レイノー症候群Leriche; レイノー病; レイノーの現象。 RaynaudLeriche症候群; レイノー病; 栄養障害を伴うレイノー症候群; 末梢血管障害

I73.1閉塞性血栓血管炎[バージャー病]:バーガー病; 閉塞性血栓血管炎; トロンバンギット; 閉塞性血栓血管炎; バージャー病

I73.8他の指定された末梢血管疾患:断続的跛行の症候群; 閉塞性動脈炎; アクロシアニン症; 血管収縮; 閉塞性疾患; 断続的な跛行; 血管の神経支配の障害; 末梢動脈の痙攣; 動脈塞栓症; 静脈不全およびその合併症; 末梢血管の痙攣; 冠状血管の痙攣; 内動脈炎; 冷却停止; 末梢循環の咬合障害; 末梢血管閉塞

I73.9末梢血管疾患、不特定:血管攣縮; 血管攣縮/血管収縮; 血管痙攣障害; 静脈の微小循環の違反; 循環の違反; 末梢血循環の障害; 下肢および上肢における末梢血循環の欠如; 末梢動脈閉塞性疾患; フォンテーヌの段階III〜IVにおける末梢動脈閉塞症; 末梢血管機能不全; 末梢血管病変; 末梢血管障害; 末梢循環障害; 動脈の痙攣; 血管攣縮; 機能性末梢動脈疾患; 慢性閉塞性疾患; 下肢の慢性閉塞性疾患; 慢性動脈閉塞性疾患

I79.2他の地域に分類される疾患における末梢血管障害:糖尿病性血管症; 糖尿病における血管症; 糖尿病性動脈硬化症; 末梢神経の病変の痛み; 糖尿病性血管症; 糖尿病性細小血管症; 糖尿病性血管疾患; 断続的な血管新生disbaziya; 糖尿病における大血管症; 細小血管症; 糖尿病における微小血管障害; 手と足の感覚を刺す。 四肢の寒さ; 末梢血管障害; 末梢動脈疾患; 硬化症Menkeberga; 慢性閉塞性動脈疾患

I99循環系のその他のおよび特定されていない障害:血管症; 動脈塞栓症; アテローム性動脈硬化症; 血行動態右心不全; 右心臓の血行力学的欠陥; 冠動脈アンギオパシー; 血液循環の侵害; 循環の違反; 臓器および組織における違反微小循環; 末梢循環障害; 四肢における末梢循環の障害; 循環障害; 動静脈起源の血行動態不安定性閉塞; 急性循環障害; Psevdostenokardicheskie状態。 Psevdostenokardicheskoe障害; 循環器障害; 心血管疾患; 血管機能不全; 血栓性動静脈シャント; 人工心臓弁を用いた血栓症; 骨盤臓器における血液循環の悪化; 心血管系の機能不全; 心血管系の機能障害; 慢性動脈不全; 慢性心不全; 加齢性血管疾患; 血栓症のリスク

L98.4.2 *栄養性皮膚潰瘍:バイアコース性潰瘍; 軽度の潰瘍; 皮膚潰瘍; 非治癒性潰瘍; 栄養性潰瘍; 下肢の栄養性潰瘍; 栄養性の皮膚病変; 栄養アフターバーン潰瘍; 栄養性潰瘍;栄養性皮膚潰瘍; 下肢の潰瘍; 皮膚の潰瘍; 栄養皮膚の潰瘍; 脚の潰瘍; 皮膚の潰瘍性壊死; 心の潰瘍; 下肢の潰瘍; 下肢の潰瘍; 治癒困難な潰瘍

R02他の分類されていない壊疽:アテローム硬化性壊疽; 壊疽; 四肢の壊疽; 聖アンソニーの火

R20.2皮膚の感覚異常:発作性感覚異常; 感覚異常

T33-T35霜

組成および放出形態

ペントキシフィリン - 20 mg

賦形剤:塩化ナトリウム、注射用水

5mlのアンプルで; 段ボール5アンプルのパックで。

剤形の説明

ヒアルロイド無色溶液。

特性

プリンのグループからの鎮痙剤。

薬理学

作用機序 - 血管拡張剤、抗凝集剤、微小循環を改善する。

薬力学

血液の微小循環およびレオロジー特性を改善する。 作用機序は、ホスホジエステラーゼの阻害および赤血球中の血小板およびATP中のcAMP含有量の増加に関連し、エネルギーポテンシャルを飽和させ、これは血管拡張、OPSSの低下、ショックおよび微小血液の増加をもたらす心拍数の有意な変化はない。

冠状動脈を拡張し、心筋への酸素の送達を増加させ(抗狭窄効果)、血液の酸素化を改善するのに役立つ。

呼吸器系の筋肉(肋間筋および横隔膜)のトーンを増加させます。

静脈内投与では、側副循環の増加、セクションの単位を通る血液の流れの増加が生じる。 これは、脳におけるATP含量の増加をもたらし、中枢神経系の生物活性に好影響を与える。

血液の粘性を低下させ、赤血球膜の弾力性を増加させる(病理学的に変化した赤血球変形能に起因する)。 血液循環障害の領域での微小循環を改善します。

末梢動脈の閉塞性病変(「断続的な跛行」)では、歩行距離の伸長、腓腹筋の夜の痙攣の排除、安静時の痛みが生じる。

薬物動態

この薬物は肝臓で急速に代謝される。 代謝過程では、いくつかの活性代謝産物が形成され、主なものは代謝産物1および代謝産物5である。血漿中のそれらの濃度は、最初の物質の濃度よりそれぞれ5倍および8倍高い。

それは、代謝産物(94%)と腸(4%)の形態で排泄され、最初の4時間で、用量の90%までが排泄される。

変わらず、薬物の2%が排泄される。 ペントキシフィリンおよびその代謝産物は、血漿タンパク質に結合しない。

重度の腎機能障害では、代謝産物の排泄が遅くなる。

肝機能が異常である場合、T1 / 2の延長およびバイオアベイラビリティの増加が認められる。

アガプリンの適応症

アテローム性動脈硬化症、糖尿病および炎症過程に対する末梢血循環の障害(アテローム性動脈硬化症、糖尿病性網膜症、末梢動脈炎を引き起こす間欠性跛行を含む);

動脈または静脈の微小循環(静脈瘤潰瘍、壊疽、凍傷)の違反による栄養組織障害;

血管神経叢(感覚異常症、アクロシアニン症、レイノー病);

虚血性起源(脳性アテローム性動脈硬化症を含む)の脳循環の急性および慢性障害;

出血性または虚血性脳卒中後の状態;

眼の血管(眼のメッシュおよび血管膜の急性および慢性の循環不全)における血液循環の違反;

難聴を伴った血管発生の中耳の機能障害。

アガプリンの禁忌

ペントキシフィリンおよびキサンチン誘導体の群からの物質に対する感受性の増加;

冠状動脈または脳性アテローム性動脈硬化症と発音;

急性心筋梗塞;

重度の心臓リズム障害。

制御されない動脈低血圧;

ポルフィリア;

大量の出血;

眼の網膜への出血;

急性出血性脳卒中;

妊娠;

泌乳期間;

年齢は18歳までです(効率性と安全性は確立されていません)。

慎重に:不安定な血圧、動脈低血圧症、慢性心不全、出血傾向、最近外科的介入、肝臓および/または腎不全を起こした後の状態の患者。

妊娠と授乳

妊娠中の禁忌。 治療の時に母乳育児をやめるべきである。

副作用

中枢神経系の側から:頭痛、めまい、不安、睡眠障害、痙攣。

心血管系から:頻脈、不整脈、心筋梗塞、まれに狭心症の症状の進行、血圧の低下。

皮膚から:顔面の皮膚の充血、顔面および上部胸部への血液の流し、腫れ、爪の脆さが増加した。

消化管の部分では、吐き気、嘔吐、胃の重量感、食欲の低下、腸の萎縮、胆嚢炎の悪化、胆汁うっ滞性肝炎、胃粘膜からの出血、腸。

感覚器官から:視覚障害、暗点。

止血系および造血の部分では、血小板減少、白血球減少、汎血球減少、低フィブリノゲン血症; 皮膚の血管から出血。

アレルギー反応:まれにかゆみ、皮膚充血、蕁麻疹、血管浮腫、アナフィラキシーショック。

検査室の指標:アラニンアミノトランスフェラーゼ、アスパラギンアミノトランスフェラーゼ、LDHおよびALP(アルカリホスファターゼ)の肝臓トランスアミナーゼ活性の増加。

介入

ペントキシフィリンは、血液凝固システム(間接的および直接的抗凝固剤、血栓溶解剤)、抗生物質(セファロスポリン - セファマンドール、セフォペラゾン、セフォタタナを含む)、バルプロ酸に影響を与える薬剤の効果を増強する可能性がある。

抗高血圧薬、インスリン、経口血糖低下薬の有効性を高めます。シメチジンは血漿中のペントキシフィリンの濃度を高め、副作用のリスクを高めます。

他のキサンチンとの同時投与は、過度の神経刺激を引き起こす可能性がある。

投与量および投与

IV、動脈内、IM

注入を行うとき、患者は「横たわった」位置にあるべきである。

IV、1.5〜3時間ドリップ。

塩化ナトリウムの0.9%溶液またはデキストロース(グルコース)の5%溶液250~500mlに溶解するために100mg(1アンプル)。 忍容性が良好であれば、1日あたり100mgを増やすことができます。 最大一日量は300mgです。

動脈内

最初に、100mgの調製物を、20〜50mlの0.9%塩化ナトリウム溶液に、次の日に200〜300mgの溶媒30〜50ml中に溶解すべきである。 100mgの速度(薬物の2%溶液5ml)で10分間入れる。 重度のアテローム性動脈硬化症では、脳血管を頸動脈に注射することができない。

慢性腎不全(C1クレアチニン - 10ml /分未満)の患者は、通常の用量の50〜70%投与される。

1日1〜2回、100mg(1アンプル)のIM。

過剰摂取

症状:衰弱、めまい、血圧の著しい低下、失神、頻脈、覚醒、意識消失、強直間代性痙攣、神経興奮性上昇、温熱、失禁、胃腸出血の兆候(「コーヒー敷地」のような嘔吐)。

治療:症状があり、呼吸と血圧の機能を維持することを目的とする。

特別な指示

治療はADの監督下で行うべきである。

慢性心不全の患者は、血液循環を補うべきである。

低血糖薬を服用している真性糖尿病患者では、多量の投与は重度の低血糖を引き起こす可能性がある(用量調整が必要)。 抗凝固剤と同時に服用するには、血液の凝固系の指標を注意深く監視する必要があります。

最近の手術を受けた患者では、ヘモグロビンとヘマトクリットの濃度を体系的に管理する必要があります。

血圧が低く、不安定な患者では、投与量を減らすべきである。

高齢者は、用量を減らす必要があるかもしれない(排泄率の低下)。

喫煙は、薬物の治療有効性を低下させる可能性がある。

ペントキシフィリンの溶液と他の輸液の適合性は、それぞれの場合にチェックする必要があります。

Agapurinの保存条件

乾燥した場所で、10〜25℃の温度で

子供の手の届かないところに保管してください。

賞味期限

3年

パッケージに記載された有効期限を超えて使用しないでください。

Someone from the Mexico - just purchased the goods:
Genferon 500 000 ME 10 pieces