Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:Valusal

私はこれがほしい、私に価格を与える

活性物質ケトプロフェン

ATXコードM02AA10 ケトプロフェン

薬理学グループ

非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs - Propionic acid derivatives)

病理分類(ICD-10)

M19.9無制限の関節症

変形性関節症、骨関節炎、大関節の関節症、骨関節炎の疼痛症候群、筋骨格系の急性炎症性疾患における疼痛症候群、筋骨格系の慢性炎症性疾患における疼痛症候群、変形性関節症、変形性関節症、変形性関節症急性期の変形性関節症、大関節の変形性関節症、変形性関節症を伴う急性疼痛症候群、外傷後の変形性関節症、リウマチ性変形性関節症、脊椎関節症、慢性変形性関節症

M42骨軟骨症

脊柱骨軟骨症における疼痛、子宮頸部骨軟骨症、骨軟骨症における脊髄症候群、椎間骨軟骨症、骨軟骨症、脊髄骨軟骨症、Osteocondritis of the spine

M54.1ラジカル障害

急性坐骨神経痛、脊髄神経症、髄膜炎、脊髄炎を伴う斑状炎、急性神経根障害、橈骨炎を伴う疼痛症候群、亜急性根髄炎、橈骨炎、慢性根髄炎、脊柱の病気

M54.3坐骨神経痛

石灰化、坐骨神経の神経痛、坐骨神経炎

M54.4坐骨神経痛を伴う腰痛

腰仙脊椎の痛み、腰痛、坐骨神経痛、腰椎症候群

M67.9滑膜および腱の病変、不特定

腱の炎症、靭帯の炎症、腱の炎症、腱の炎症、腱の炎症

M71他のbursopathies

滑液包炎、滑液包炎、軟部組織の疾患、筋肉関節疾患の変形性関節症、軟部組織の炎症性疾患、亜急性滑液包炎

M79.0その他の未指定リウマチ

リウマチ、関節リウマチ、関節リウマチ、関節リウマチ、リウマチ、リウマチ、リウマチ、リウマチ性疾患、リウマチ性疾患、リウマチ性疾患、リューマチ性疾患、リウマチ性疾患、リウマチ性疾患、リューマチ性疾患、リューマチ性疾患関節リウマチ、関節リウマチ、関節リウマチ、関節リウマチ、関節リウマチ、慢性関節リウマチ、慢性関節リウマチ、リウマチ疾患、椎間板リウマチ疾患、リューマチ性関節リウマチ、関節リウマチ、関節リウマチ

R52.9不特定の痛み

術後の痛み、整形外科手術後の痛み、炎症起源の痛み、癌発生よりも痛み、診断手技後の痛み症候群、痛みの徴候、術後の痛み、手術後の痛み診断、手術後の痛み、整形外科手術後の痛み、傷害後の痛み、痔核の除去後の痛み、自然の非リウマチ性炎症の痛み、末梢神経系の炎症性病変の痛み、糖尿病性神経障害の痛み、筋骨格系の急性炎症性疾患の痛み、腱病理の痛み、痛みの平滑筋痙攣、平滑筋の痛み(腎臓および胆道疝痛、腸のけいれん、月経困難症)、内臓の平滑筋の痛み痙攣、 (腎臓および胆道疝痛、腸の痙攣、月経困難症)、外傷性疼痛の疼痛、傷害を伴う痛み 十二指腸潰瘍の痛み、胃潰瘍の疼痛症候群、胃潰瘍および十二指腸潰瘍の疼痛症候群、痛み、月経中の痛み、痛み症候群、痛みを伴う状態、痛みを伴う足痛み、義歯装着時の痛みの歯茎、脳神経出口点の痛み、痛みを伴う月経不順、痛みを伴う包帯、痛みを伴う筋肉痙攣、痛みを伴う歯の成長、舌の痛み、手術傷口の痛み、術後の痛み身体、診断手技後の痛み、整形外科手術後の痛み、手術後の痛み、インフルエンザの痛み、糖尿病性多発神経障害の痛み、火傷の痛み、性交中の痛み、診断手技中の痛み、 、副鼻腔炎の痛み、外傷の痛み、痛みの外傷、術後期間の痛み、診断手技後の痛み、瘢痕後の痛み 術後疼痛、術後疼痛、術後疼痛および外傷後疼痛、外傷後疼痛、嚥下時の痛み、上気道の感染性および炎症性疾患における疼痛、火傷の痛み、外傷性筋肉傷害における痛み、外傷性疼痛、外傷後疼痛、後頭部痛症候群、トルピッド疼痛、外傷性疼痛、外傷性疼痛、外傷性疼痛、外傷性疼痛、外傷性痛み、軽度の痛み、中程度の激痛、中等度の痛み、多発性筋炎

R68.8.0 *炎症性症候群

末梢神経系の炎症性病変を伴う疼痛症候群、肩関節の痛みを伴う炎症、外傷または手術後の痛みを伴う炎症、手術後の痛みを伴う炎症、痛みを伴う痔、炎症喉頭の炎症、歯肉の炎症、セルロースの炎症、リンパ節の炎症、扁桃炎、筋肉の炎症、軟組織の炎症、口の炎症、手術後の炎症および外傷、整形外科手術後の炎症、外傷後の炎症、慢性関節リウマチの炎症、中耳の炎症、炎症性歯肉炎、眼瞼炎症、炎症性眼疾患、軟部組織の炎症腫脹、炎症過程、外科的介入後の炎症過程、炎症過程、炎症症候群、Inflammat 手術後の炎症性症候群、膿性感染症、炎症病因の肝機能の侵害、筋骨格系の急性炎症、前炎症性軟部組織炎症

T09.5不特定の筋肉および胴の腱の損傷

筋肉挫傷

T14.3身体の不特定領域の関節の莢膜靱帯装置への脱臼、捻挫および損傷

筋肉の痛みを伴うストレッチ、緊張の痛みや炎症、転位の脱臼、靭帯の変性、捻挫や挫傷による浮腫、捻挫の介入後の浮腫、靭帯の損傷と破裂、筋骨格系の損傷、靭帯の損傷、関節の損傷、靭帯破裂、テンドン腱、筋肉の腱の破裂、痙攣、筋肉の伸展、捻挫、腱の緊張、伸展、筋肉の伸展、捻挫、腱の張力、骨関節系の傷害、靱帯への損傷関節への損傷、関節の傷、靱帯装置の伸展、習慣的な伸展および引き裂き

T14.9傷害不明

外傷後の痛み症候群、外傷後の痛み症候群、外傷および手術後の痛み症候群、傷害の場合の痛み、外傷性の痛み、傷害を伴う痛み、術後および外傷後の痛み、傷害の場合の痛み外傷性起源、深刻な外傷性疼痛症候群、深部組織損傷、胴体の深い傷、閉鎖傷害、軽度の家庭傷害、軽度の皮膚損傷、軟部組織の完全性の侵害、単純な外傷、広範囲の外傷、急性疼痛症候群外傷後の痛み、外傷後の痛み、軟部組織の傷害、関節の傷害、スポーツの傷害、傷害、外傷性の痛み、外傷性の痛み、外傷性の痛み、スポーツへの負傷

T79.3外傷後創傷感染、他に分類されていないもの

外傷後の炎症、外傷後の炎症、皮膚および粘膜損傷の二次感染、深い創傷、膿創、創傷プロセスの壊死期、膿性敗血症性疾患、膿疱性創傷、深部空洞の存在する膿創、顆粒化傷の感染、傷の感染、傷の感染、非癒合創、感染傷、感染皮膚、感染傷、感染創傷、術後創傷の救済、広範囲の膿瘍術後および創傷感染、創傷感染、創傷ボツリヌス中毒、創傷感染、膿病の創傷、感染した創傷、感染症の再感染顆粒化創、敗血症後外傷

組成

外用ゲル1 g

活性物質:

ケトプロフェン25 mg

補助物質:エタノール96%〜339mg; カルボマー-20mg; ジエタノールアミン-20mg; ラベンダー油0.88mg; メチルパラヒドロキシベンゾエート0.8mg; オレンジ色の油状物0.46mg; プロピルパラヒドロキシベンゾエート0.2mg; 精製水 - 最大1 g

剤形の説明

透明またはわずかに濁った、無色または黄色を帯びたゲル、特定の臭気

薬理学的効果

薬理作用 - 抗炎症、局所麻酔。

薬力学

ケトプロフェンは、COXの最も効果的な阻害剤の1つである。 それはまた、リポキシゲナーゼおよびブラジキニンの活性を阻害する。 リソソーム膜を安定化させ、炎症過程に関与する酵素の放出を防止する。

ケトプロフェンの主な特性は、鎮痛、抗炎症および抗浮腫作用である。 ケトプロフェンは、関節軟骨の状態に悪影響を及ぼさない。

薬物動態

ゲルの形で局所適用されたケトプロフェンは体内に蓄積しない。 ゲルのバイオアベイラビリティは約5%である。 血漿中のCmaxケトプロフェンは、薬物の適用の6時間後に達成される。 関節の組織に浸透します。 滑液中に放出され、そこに治療濃度に達する。 血漿中の薬物の濃度は極めて低い。

ケトプロフェンは肝臓で代謝され、主に腎臓によって排泄されるコンジュゲートの形成を伴う。 ケトプロフェンの代謝は、年齢、重度の腎不全の存在または肝硬変に依存しない。腎臓によるケトプロフェンの排泄は遅い。

適応症

症状の治療は、以下の条件下で、使用時の疼痛および炎症の軽減であり(疾患の進行は影響を受けない):

筋骨格系の疾患(骨関節炎、脊髄神経症を伴う骨軟骨症、坐骨神経痛、靱帯の炎症性病変、腱、腰痛、滑液包炎、坐骨神経痛);

筋骨格系の損傷(スポーツを含む)、筋肉および靱帯傷害、捻挫、靭帯涙および腱、軟部組織の外傷後炎症;

リウマチおよび非リウマチ起源の筋肉痛。

必要に応じて、薬を使用する前に医師に相談してください。

禁忌

ケトプロフェンまたは薬剤の他の成分に対する過敏症、ならびにサリチル酸塩、チアプロフェン酸または他のNSAID、フェノフィブラート; 日焼け止めおよび香水の歴史における皮膚アレルギー;

気管支喘息、再発性経鼻ポリープ症および副鼻腔洞の完全または不完全な組み合わせ、およびアセチルサリチル酸または他のNSAID(不眠症を含む)に対する不耐性;

ゲル(湿疹、にきび、ふけ、開いたまたは感染した創傷)の適用領域における皮膚の完全性の侵害;

肛門炎における光感受性の反応;

日光への暴露、 治療期間中、および治療を中止して2週間後のソラリウムでの間接日光およびUV照射;

妊娠のIII期;

子供の年齢(15歳まで)。

注意:肝機能障害および/または腎機能障害; 胃腸管のびらん性潰瘍性病変; 血液疾患; 気管支ぜんそく; 慢性心不全; 肝ポルフィリン症。 上記の疾患および状態の場合、VALUSAL®ゲルを使用する前に医師に相談してください。

妊娠および泌乳

妊婦のケトプロフェンの安全性は評価されていないので、妊娠中期のIおよびII期のケトプロフェンの使用は避けるべきである。

VALUSAL®は妊娠第3期に禁忌です。 妊娠のIII期に、ケトプロフェンを含むすべてのプロスタグランジン合成酵素阻害剤は、胎児の心臓、肺、および腎臓に毒性作用を及ぼすことがある。 妊娠の終わりに、母親と子供の出血時間の増加が可能です。 NSAIDは、労働の発症を遅らせる可能性がある。

今日まで、母乳中のケトプロフェンの単離に関するデータはないため、母乳育児中のVALUSAL®の使用は推奨されていません。

副作用

WHOによれば、望ましくない影響は、発達の頻度に応じて次のように分類される:非常に頻繁に(≧1/10); しばしば(≧1/100から<1/10); まれに(≧1/1000から<1/100);まれに(≥1/ 10000から<1/1000); 非常にまれに(<1/10000); 頻度は不明です - 利用可能なデータによると、発生頻度を確立することはできませんでした。

免疫系の部分では、頻度は不明です - アナフィラキシーショック、血管浮腫(Quinckeの浮腫)、過敏反応。

消化管から:ごくまれに - 消化性潰瘍、出血、下痢。

皮膚および皮下組織から:まれに - 紅斑、湿疹、かゆみおよび燃焼などの局所皮膚反応; まれに光感受性反応、蕁麻疹。 水疱性または湿疹性湿疹のようなより深刻な反応が報告されており、適用範囲を越えて普及するか、または一般化される可能性があります。

腎臓と尿路の側面から:ごくまれに - CRF患者の腎機能の障害。

説明に記載されている副作用のいずれかが悪化した場合、または説明に記載されていないその他の副作用が確認された場合は、医師にご連絡ください。

インタラクション

ケトプロフェンをゲル状に外用することにより、光感受性を引き起こす薬物の効果を高めることができる。

抗凝固剤であるクマリン系の患者は、定期的にMHOのモニタリングを行うことが推奨される。

ケトプロフェンは、他のNSAIDsと同様に、メトトレキセートの排泄を減少させ、その毒性を高めることができる。

他の薬物との相互作用およびそれらの排泄への影響は重要ではない。

投与と投与

ローカル。

少量のゲル(3〜5cm)を身体の炎症部位または痛みを伴う部位の皮膚上に1日に1〜2回薄く塗布し、穏やかに擦る。

患部の面積に応じて投与量を選択する必要があります。5cmのゲルは100mgのケトプロフェン、10cm〜200mgのケトプロフェンに相当します。

必要であれば、ゲルを他の医薬形態のケトプロフェン(カプセル、錠剤、直腸坐剤、静脈内投与のための溶液)と組み合わせることができる。

ケトプロフェンの最大投与量は200mg /日である。

閉塞性包帯は推奨されません。

14日以上医師に相談することなく使用しないでください。

患者がゲルを塗布するのを忘れた場合、それは次の投与量を適用すべき時点で適用すべきであるが、それを倍増させるべきではない。

治療後に改善がない場合や新しい症状が現れる場合は、医師に相談する必要があります。

投与方法および説明書に記載されている用量に従ってのみ使用すること。 必要に応じて、薬を使用する前に医師に相談してください。

過剰摂取

薬物を外用すると、過剰摂取は起こりにくい。

治療:流水下で皮膚を十分に洗浄する必要があります。

摂取の場合、全身的で望ましくない反応が起こることがある。 この場合、経口投与のための過剰投与形態のような対症療法および支持療法が必要である。

特別な指示

目の中のゲル、目の周りの皮膚、粘膜を避けるべきです。

皮膚反応が現れると、 オクトクリレン含有薬物と組み合わせて開発された場合、直ちに治療を中止するべきである。

気管支喘息に罹患している患者は、慢性鼻炎、慢性副鼻腔炎および/または鼻または副鼻腔ポリープと組み合わせて、残りの人口よりもアスピリンおよび/またはNSAIDによるアレルギー反応を発症するリスクが高い。

光線過敏症の危険性を減らすために、治療期間中、および使用を中止してからさらに2週間、UV照射への暴露から衣類のゲル処理皮膚領域を保護することが推奨されます。

時間の経過とともに接触性皮膚炎や光感受性反応のリスクが高まるため、推奨治療期間を超えないでください。

各塗布の後、手を完全に洗う。

車両の運転能力と機械の移動能力に与える影響。 車両を運転し、精神運動反応の集中とスピードを必要とする潜在的に危険な活動に従事する能力に対する薬物のマイナス効果に関するデータ、no。

未使用の医薬品の破壊に関する予防措置。 薬は下水道や家庭の廃棄物とともに処分しないでください。

問題の形式

外用ゲル2.5%。 ラッカー塗装された内面がアルミ管で30または50グラムの場合、保護アルミニウム膜が頸部にあり、コーン型の装置がプラスチック製のねじ締めブッシュンに穿孔されています。 チューブは、段ボール箱のパックに入れられます。

薬局からの休暇の条件

レシピなし。

貯蔵条件

25℃以下の温度で(凍結しないでください)。

子供の手の届かないところに保管してください。

賞味期限

2年。

パッケージに記載されている有効期限が過ぎても使用しないでください。

Someone from the Luxembourg - just purchased the goods:
Ganfort eye drops 0.3mg/ml + 5mg/ml, 3ml