Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:Trental 400

私はこれがほしい、私に価格を与える

投薬形態:長期作用のフィルムコート錠

活性物質:ペントキシフィリン

ATX

C04AD03ペントキシフィリン

薬理学グループ

血管拡張剤[血管保護剤および微小循環補正剤]

nosological分類(ICD-10)は、

E14.5糖尿病性潰瘍:壊疽性糖尿病; メンケベルグの硬化症; 糖尿病の重篤な血管合併症; 糖尿病性壊疽; 糖尿病の足; 糖尿病性潰瘍; 感染糖尿病の足; 糖尿病性足症候群; 足の糖尿病

F90.0活動および注意の違反:多動性児症候群; 子供の注意欠陥障害; 多動性衝動性症候群; 多動性を伴う注意の違反; 注意欠陥; 子供の注意欠如; 集中困難。 濃度減少。 注意の違反; 損傷した濃度; 集中欠陥; 精神活動の違反; 集中力の違反。 集中の障害。 注意の違反; 集中できない。 注意の弱化。 集中力の弱体化。 集中力を低下させる。 フォーカスを減らしました。 注意の障害; 注意障害; 注意欠陥多動性障害; 軽減された注意; 減少した濃度; 集中力の低下

H31.9血管系疾患、不特定:脈絡膜の血管攣縮; 脈絡膜における血管新生変化; 網膜および脈絡膜におけるアテローム硬化性変化; 脈絡膜の疾患; 目のメッシュと脈絡膜の変化; 眼の脈絡膜における循環障害; 眼の脈絡膜への血液供給の妨害; 眼の脈絡膜における血管変化; 脈絡膜の動脈の血栓症

H35.9網膜疾患、不特定:網膜ジストロフィー; 網膜の血管病理; 網膜および脈絡膜における血管新生変化; ジストロフィー性網膜疾患; ジストロフィー網膜病変; 目の網膜のジストロフィー病変; 目のメッシュと脈絡膜の変化; 白内障の外科的除去後の嚢胞性黄斑浮腫; 眼の網膜における循環障害; 網膜への血液供給の障害; 網膜への血液供給の障害; 網膜の血管疾患; 眼の網膜における血管障害; 網膜の血管痙攣; 網膜血管痙攣

H80異染硬化症

H91その他の難聴:年齢に関連する聴力損失。 聴力における年齢関連の血管低下; 加齢性聴力障害; 特発性難聴; 聴力の低下した鋭敏さ; 難聴; 血管または有毒な起源の悪化する聴覚; 知覚難聴

H93.0耳の変性疾患および血管疾患:内耳の血管の病理学的背景における変性変化; 血管聴力障害

I63脳梗塞:虚血性脳卒中; 虚血性脳疾患; 虚血性脳卒中; 虚血性脳卒中およびその結果; 虚血性脳卒中; 虚血性脳血管障害; 虚血性脳損傷; 虚血性脳損傷; 虚血状態; 脳虚血; 急性低酸素脳; 急性脳虚血; 急性虚血性脳血管障害; 急性脳梗塞; 急性虚血性脳卒中; 急性期の虚血性脳卒中; 焦点性脳虚血; 虚血性脳卒中; 再発脳卒中; Morgagni-Adams-Stokesの症候群。 慢性脳虚血; 脳血管発作; 塞栓性脳卒中; 虚血性脳損傷

I67.2脳動脈硬化症:脳動脈のアテローム性動脈硬化症 ; 脳血管のアテローム性動脈硬化症; 脳血管におけるアテローム硬化性変化; 脳の血管疾患; 硬化性虚血性発作; 脳血管の硬化症

I67.9脳血管疾患、不特定:Lacunarity状態; Angioneyropatiya; 動脈塞栓症; 脳低酸素症; 脳症; 脳血管疾患および加齢関連; 昏睡状態の脳循環障害; 代謝障害および脳血管障害;脳への血液供給の違反。 脳血管事故; 脳機能の違反; 大脳皮質の機能の違反; 脳循環の違反; 脳血管機能不全; 急性脳血管機能不全; 急性虚血性発作; 脳血管の敗北; 脳の破壊的変化の進行; 脳循環の障害; 脳機能不全の症候群; 脳血管機能不全; 血管性脳症; 脳の血管疾患; 血管性脳障害; 脳の血管病変; 機能性脳障害; 慢性脳虚血; 慢性心不全; 慢性脳血管機能不全; 慢性脳血管機能不全; 脳への血液供給の慢性的な違反; 脳機能不全; 脳有機障害; 脳炎; 脳性脊髄症候群; 脳血管疾患; 脳血管病変; 脳血管疾患; 脳血管障害; 脳血管障害; 脳神経循環障害

I69脳血管疾患の影響:虚血性および脳卒中後の状態; 出血性脳卒中の残存効果; 虚血性脳卒中の残留効果; 脳循環の残存効果; くも膜下出血の残存効果; 虚血性脳卒中; 血栓塞栓性脳卒中の転移; 脳血管障害の結果。 脳への血液供給不足の結果。 虚血性脳卒中の結果; 脳卒中の結果。 Postapopleksicheskoe州; 脳卒中後期間; 脳卒中後症候群; ストローク後の状態。 脳血管事故後の状態; 慢性脳血管機能不全

I69.3脳梗塞の結果:虚血性脳卒中およびその結果; ストローク後の状態。 脳卒中の延期

I69.4出血または脳梗塞として特定されていない脳卒中の結果:脳卒中後の状態; ストローク後の状態。 脳卒中の結果

I70.2動脈のアテローム性動脈硬化症:閉塞性動脈硬化症; 動脈硬化性動脈硬化症; 下肢の動脈のアテローム性動脈硬化症; 末梢動脈のアテローム性動脈硬化症; アテローム性動脈硬化症の手足; 下肢の閉塞性疾患; 閉塞性動脈硬化症; 下肢動脈の閉塞動脈硬化症; 上肢の閉塞性動脈硬化症; 下肢の動脈硬化症の閉塞症; 動脈のアテローム性動脈硬化症; 手足動脈症;動脈硬化は手足を閉塞させる; 閉塞動脈硬化症

I73.8他の指定された末梢血管疾患:間欠性跛行の症候群; 閉塞性動脈炎; アクロシアニン症; 血管収縮; 閉塞性疾患; 断続的跛行; 血管の神経支配の障害; 末梢動脈の痙攣; 動脈塞栓症; 静脈不全およびその合併症; 末梢血管の痙攣; 冠状動脈の攣縮。 内動脈炎; 冷却停止; 末梢循環の咬合障害; 末梢血管閉塞

I79.2他の地域に分類される疾患における末梢血管障害:糖尿病性血管障害; 糖尿病における血管症; 糖尿病性動脈硬化症; 末梢神経の病変における痛み; 糖尿病性血管症; 糖尿病性細小血管症; 糖尿病性血管疾患; 断続的な血管新生disbaziya; 糖尿病における大血管症; 細小血管症; 糖尿病における微小血管新生; 手と足の感覚を刺す。 四肢の寒さ; 末梢血管障害; 末梢動脈疾患; 硬化症Menkeberga; 慢性閉塞性動脈疾患

下肢のL97潰瘍、他に分類されていないもの:下肢の萎縮性潰瘍; 下肢の萎縮性潰瘍; 四肢の皮膚の栄養性潰瘍; 四肢の栄養性潰瘍

L98.4.2 *栄養性皮膚潰瘍:バイアコース性潰瘍; 軽度の潰瘍; 皮膚潰瘍; 非治癒性潰瘍; 栄養性潰瘍; 下脚の栄養性潰瘍; 栄養性皮膚病変; 栄養アフターバーン潰瘍; 栄養性潰瘍; 栄養性の皮膚潰瘍; 下肢の潰瘍; 皮膚の潰瘍; 栄養皮膚の潰瘍; 脚の潰瘍; 皮膚の潰瘍性壊死; 心の潰瘍; 下肢の潰瘍; 下肢の潰瘍; 治癒困難な潰瘍

R02他の分類されていない壊疽:アテローム硬化性壊疽; 壊疽; 四肢の壊疽; 聖アンソニーの火

R41.3.0 *減少した記憶:記憶喪失; 記憶障害; 記憶の弱化。 記憶障害; 忘れられた; 違反メモリ; 高齢患者における記憶障害; 記憶障害; 最近の出来事と関連した記憶障害

R41.8.0 *知的障害の障害:二次違反ニーモニック機能; 集中困難。 精神活動の難しさ。 知的障害; 知的精神的違反; 知的精神障害; 精神的幼児症; 認識機能障害; 知的障害者。 ニーモニック関数の違反。 知的活動の違反; 思考の違反; 精神的能力の違反; 知的機能の違反; 思考の違反; 知的生産性を弱める。 精神発達の蓄積 一次障害ニーモニック機能; 知的生産性を下げる。 知的精神機能を低下させる。 気晴らし; 思考障害; 思考障害; 知的効率の低下。 知的精神機能の低下。 知的能力を低下させる。 精神的能力の低下。 高齢者の精神能力の低下。 精神的機能の低下。 精神的機能の低下。 古い年齢での記憶減少。 メンタル活動の減少。 知的レベルの低下。 知的精神機能の低下。 精神的能力の慢性疾患

R42めまいと外乱の安定性:めまい; めまい; 輸送中のめまいと吐き気; バランスの障害; 前庭障害; 不均衡; 聴覚とバランスの虚血性障害

R54加齢関連疾患:老化の外部兆候; 加齢性眼疾患; 年齢に関連した視覚障害; 加齢性血管疾患; 年齢の便秘; 年齢に関連した視力の変化; 脳の年齢に関連した変化。 加齢性障害; 加齢性難聴; 老年練習; 老年性認知症; 高齢者におけるカルシウムとビタミンD3の欠乏; 脳血管疾患および加齢関連; 不朽のうつ病; 退職うつ病; 中年と高齢者における代謝の是正; 高齢者と老年期の栄養不良。 老年性認知症; 老年性認知症; 老年性うつ病; 老人性結腸直腸; 老人性精神病; 年齢の退縮の症候群; 聴覚障害の年齢; エージング; 脳の老化; 生物の老化。老年性認知症; セニウム; 老人性卒中精神病; 老人性精神病; 高齢患者における記憶障害; 高齢者の障害を行う

組成

長時間作用のフィルム被覆錠剤 - 1タブ。

活性物質:ペントキシフィリン - 400 mg

補助物質:ポビドン-10mg; Hyethelose(ヒドロキシエチルセルロース)-140mg; タルク - 12.5mg; ステアリン酸マグネシウム2.5 mg

膜フィルム:ヒプロメロース-10.902mg; 二酸化チタン(E171)-2.68mg; タルク - 0.82mg; マクロゴール8000 - 0.55 mg

剤形の説明

長時間作用の錠剤:長方形、両凹形、白色のフィルムコートで覆われている。 一方では錠剤 - 彫刻 "ATA"

薬理学

作用機序 - 血管拡張剤。

薬力学

Trental 400は、病理学的に変化した赤血球変形能に影響を与え、血小板凝集を阻害し、血液粘度を増加させることによって、血液の流動学的特性(流動性)を改善する。Trental®400は、血液循環障害の領域での微小循環を改善します。

有効成分として、Trental(登録商標)400は、キサンチン - ペントキシフィリン誘導体を含有する。 その作用機序は、ホスホジエステラーゼの阻害および血管および血液細胞の平滑筋の細胞におけるcAMPの蓄積に関連する。

弱い筋弛緩性血管拡張効果を有するペントキシフィリンは、OPSSを幾分減少させ、冠状血管をわずかに拡張する。

Trental®400で治療すると、脳血管障害の症状が改善されます。

末梢動脈の閉塞性疾患では、Trental®400を使用すると、歩行距離の増加、腓腹筋の夜間痙攣の排除、安静時の痛みの消失につながります。

薬物動態

摂取後、ペントキシフィリンはほぼ完全に吸収されます。

ペントキシフィリンは、肝臓を通過する一次通過の効果を受ける。 初期物質の絶対生物学的利用能は(19±13)%である。 血漿中の主な活性代謝物1-(5-ヒドロキシヘキシル)-3,7-ジメチルキサンチン(代謝産物I)の濃度は、元のペントキシフィリンの濃度の2倍である。 代謝産物Iは、可逆的生化学酸化還元平衡においてペントキシフィリンである。したがって、ペントキシフィリンと代謝産物Iは共に活性単位として考えられる。 結果として、活性物質の利用可能性ははるかに大きい。

ペントキシフィリンの持続放出は、血液中のその一定の(ピークのない)濃度を維持することを可能にし、この剤形における薬物のより良好な耐性を保証する。

摂取後のT1 / 2ペントキシフィリンは1.6時間である。

ペントキシフィリンは完全に代謝され、非共役水溶性代謝産物の形で腎臓を通して90%以上が排泄される。

腎機能障害を有する患者。 腎機能障害を有する患者では、代謝産物の排泄が減速する。

肝機能障害を有する患者。 肝機能障害T1 / 2を有する患者では、ペントキシフィリンが延長され、絶対的バイオアベイラビリティが増加する。

トレンタール400の表示

アテローム性動脈硬化症または糖尿病起源の末梢動脈の咬合性疾患(例えば間欠性跛行、糖尿病性血管症);

栄養障害(例えば、脚の栄養性潰瘍、壊疽);

脳循環の障害(集中力の低下、めまい、記憶障害などの脳性動脈硬化症の結果)、虚血性および脳卒中後の状態;

目の網膜および脈絡膜における循環障害;

耳硬化症、内耳の血管の病理学的背景および聴力低下の変性変化。

禁忌

ペントキシフィリン、他のメチルキサンチンまたは薬物の成分のいずれかに対する過敏症;

大規模な出血、眼の網膜における広範な出血、脳内の出血、

急性心筋梗塞;

妊娠;

母乳育児の時期。

18歳までの子供の年齢。

慎重に

重度の心調律障害(不整脈の悪化のリスク);

動脈性低血圧(血圧がさらに低下するリスク - 「投与方法および投与量」を参照)。

慢性心不全;

胃と十二指腸の消化性潰瘍;

腎機能障害(C1クレアチニンが30ml /分未満)(累積リスクおよび副作用のリスクが高い、「投与方法および用量」を参照)。

重度の肝機能障害(蓄積リスクと副作用リスクの増加、「投与方法と投与方法」を参照)。

最近の手術後の状態。

出血のリスクが増加する(例えば、血液凝固システムに異常がある場合(より重度の出血を発症するリスク - 「相互作用」を参照)。

抗凝固剤(間接抗凝固剤(ビタミンKのアンタゴニスト - 「相互作用」を参照)を含む同時使用。

血小板凝集阻害剤(クロピドグレル、エプタフィバチド、チロフィバン、エポプロステノール、イロプロスト、アブシキシマブ、アナグレリド、NSAID(COX-2の選択的阻害剤以外)、アセチルサリチル酸、チクロピジン、ジピリダモール - 「相互作用」参照)との同時使用。

低血糖症薬(インスリンおよび経口投与のための血糖降下薬 - 「相互作用」参照)との同時使用。

シプロフロキサシンとの同時使用(「相互作用」を参照)。

妊娠と授乳

薬剤Trental®400は、妊娠中の使用には推奨されていません(データが不十分なため)。

ペントキシフィリンは母乳中に少量浸透します。 薬を使用する必要がある場合は、母乳育児を中止する必要があります(使用経験が不足しているため)。

副作用

以下は、臨床試験および薬の市販後のアプリケーション(頻度は不明)で指摘された副反応である。

神経系から:頭痛、めまい、無菌性髄膜炎、けいれん。

精神障害:激越、睡眠障害、不安。

心臓から:頻脈、不整脈、血圧の低下、ステノカルディア。

血管の側から:血液の皮膚への潮流、出血(皮膚の血管からの出血、粘膜、胃、腸を含む)。

消化器系から:口腔乾燥(口腔乾燥)、食欲不振、腸内萎縮、胃の圧迫感およびオーバーフロー、吐き気、嘔吐、下痢、便秘、過覚醒(唾液分泌の増加)。

肝臓および胆道から:肝臓の胆汁うっ滞、肝臓のトランスアミナーゼの活性の増加、アルカリホスファターゼの活性の増加。

血液およびリンパ系の部分:白血球減少症/好中球減少症、血小板減少症、汎血球減少症、低フィブリノゲン血症。

視覚器官の側面から:視覚障害、暗点。

皮膚および皮下組織から:皮膚のかゆみ+皮膚の発疹、紅斑(皮膚の赤化)、蕁麻疹、爪の脆弱性の増大、腫脹。

免疫系の側面から:アナフィラキシー/アナフィラキシー様反応、血管浮腫、アナフィラキシーショック、気管支痙攣。

インタラクション

降圧薬。 ペントキシフィリンは、抗高血圧剤(例えば、ACE阻害剤)または潜在的な抗高血圧効果(例えば、硝酸塩)を有する他の薬物と併用して、動脈低血圧を発症するリスクを高める。

血液凝固システムに影響を与える薬物。 ペントキシフィリンは、血液凝固系に影響を及ぼす薬剤(直接および間接抗凝固剤、血栓溶解剤、セファロスポリンなどの抗生物質)の効果を高めることができる。

市販後の研究でペントキシフィリンと間接的な抗凝固剤(ビタミンK拮抗剤)を併用することにより、抗凝固作用(出血の危険性)が増加する場合があります。 したがって、ペントキシフィリン摂取開始時や投与量の変更時には、例えばINRの定期的なモニタリングを行うなど、この併用療法を受けている患者の抗凝固効果の程度を監視することが推奨されます。

シメチジン。 シメチジンは、血漿中のペントキシフィリンおよび活性代謝物Iの濃度を増加させる(副作用のリスク)。

他のキサンチン。 他のキサンチンとの同時投与は過度の神経刺激を引き起こす可能性があります。

血糖降下薬(インスリンおよび経口投与のための血糖降下薬)。 インシュリンまたは摂取のための血糖降下薬の血糖降下作用は、ペントキシフィリン(低血糖症のリスクの増加)の同時使用により強化され得る。 このような患者の状態の厳密なモニタリングが必要であり、これには通常の血糖コントロールが含まれる。

テオフィリン。 いくつかの患者では、ペントキシフィリンとテオフィリンの併用はテオフィリンの濃度の増加を示す。 将来、これはテオフィリンに関連する副作用の増加または増加につながる可能性がある。

シプロフロキサシン。 ペントキシフィリンとシプロフロキサシンを同時に使用する一部の患者では、血漿中のペントキシフィリン濃度が上昇する。 将来、この組み合わせの使用に伴う副作用の増加または増加につながる可能性があります。

血小板凝集の阻害剤。 (クロピドグレル、エプチフィバチド、チロフィバン、エポプロステノール、イロプロスト、アブシキシマブ、アナグレリド、NSAIDs(COX-2の選択的阻害剤に加えて)、アセチルサリチル酸、チクロピジン、ジピリダモール)を併用すると、潜在的な相加効果出血のリスクを増加させる。 したがって、出血の危険性のために、上記の血小板凝集阻害剤と併用してペントキシフィリンと共に注意を払うべきである(「注意」を参照)。

投与量および投与

内部、嚥下全身、食べ中、または直後、十分な水で絞る。 投与量は、患者の個々の特性に従って医師によって確立される。

通常の用量は1テーブルです。 薬剤Trental®400の1日2〜3回。 最大一日量は1200mgです。

腎機能障害(C1クレアチニンが30ml /分未満)の患者では、投与量を1日当たり1-2錠に減らすことができます。

肝機能の重篤な障害を有する患者には、個々の忍容性を考慮した用量の減量が必要である。

治療は低血圧の患者、血圧の低下の可能性がある(重度のCHDまたは血行力学的に有意な脳血管の狭窄の患者)ためにリスクのある人と同様に、少量で開始することができる。 これらの場合、線量は徐々に増加するだけでよい。

過剰摂取

症状:めまい、吐き気、嘔吐(コーヒー敷地のような)、血圧低下、頻脈、不整脈、皮膚の赤み、意識喪失、悪寒、失禁、強直間代性痙攣。 上記の違反が発生した場合は、すぐに医者に連絡してください。

治療:症候性。 痙攣発作はジアゼパムの導入によって除去される。 過剰服用(発汗、吐き気、チアノーゼ)の最初の兆候がすぐに薬の服用を止めると、 最近薬物を服用する場合は、薬物を除去する(胃洗浄)か、吸収を遅くする(例えば、活性炭など)ことにより、薬物のさらなる吸収を防ぐための措置を取る必要があります。 血圧や呼吸機能の維持には特に注意する必要があります。 痙攣発作がジアゼパム投与される場合。 特定の解毒剤は不明である。

特別な指示

治療はADの監督下で行わなければならない。

血糖降下薬を服用している糖尿病患者では、大量のペントキシフィリンを投与すると、重度の低血糖(血糖降下薬の服用量の補正や血糖コントロールの実施が必要になる場合があります)が発生する可能性があります。

薬剤Trental®400を抗凝固剤と同時に投与する場合、血液凝固システムのパラメータを監視する必要があります。

最近手術を受けた患者は、ヘモグロビンとヘマトクリットの定期的なモニタリングが必要です。

低血圧および不安定な血圧を有する患者は、ペントキシフィリンの用量を減らすべきである。

高齢の患者では、ペントキシフィリンの投与量の減少(バイオアベイラビリティの増加および排泄速度の低下)が必要となることがある。

小児におけるペントキシフィリンの安全性と有効性は十分に研究されていない。

喫煙は、薬物の治療有効性を低下させる可能性がある。

車両を運転し、潜在的に危険な活動に従事する能力に及ぼす影響。 考えられる副作用(例えば、めまい)を考慮して、車両を運転し、潜在的に危険な活動に取り組む際には注意が必要です。

リリースフォーム

フィルムコーティングされた、400mgの長期作用の錠剤。 10タブの場合。 PVC /アルミ箔のブリスターで。 2または6ブール。 段ボール箱に入れる。

薬局の供給条件

処方せん。

トレントン400の貯蔵条件

乾燥した場所で、25℃以下の温度で

子供の手の届かないところに保管してください。

トレンタール400の賞味期限

4年。

パッケージに記載されている有効期限が過ぎても使用しないでください。

Someone from the Netherlands - just purchased the goods:
Piracetam 400mg 60 pills