Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:Traumeel S

私はこれがほしい、私に価格を与える

薬理学グループ

ホメオパシーの救済

病理分類(ICD-10)

M65.4半径の茎状突起のテントシノビット(de Kerven症候群)

体臭

M71他のbursopathies

滑液包炎、柔らかい組織の疾患、筋骨格疾患の変形性関節症、軟部組織の炎症性疾患、亜急性滑液包炎

M77.0内顆上顆炎

内側上顆炎、上顆炎、外傷性上顆炎外胸部

M77.1側面上顆炎

横状上顆炎、上顆炎、上顆炎外傷

M77.9その他不特定

カプセル、関節周囲炎、腱炎、テンポパシー、関節症

R60.0局所的腫脹

アレルギー性喉頭浮腫、局所腫脹、局所浮腫、限局性腫脹、下肢腫脹、腱鞘炎の炎症による腫脹、歯科手術後の腫脹、鼻咽頭粘膜の腫れ、外傷性腫脹、外傷性浮腫、傷害を伴う腫脹、外傷後の腫脹、外傷後の浮腫、外傷後の軟部組織浮腫、外傷性浮腫、口腔浮腫

T14.3身体の不特定領域の関節の莢膜靱帯装置への脱臼、捻挫および損傷

筋肉の痛みを伴うストレッチ、緊張の痛みや炎症、転位の脱臼、靭帯の変性、捻挫や挫傷による浮腫、捻挫の介入後の浮腫、靭帯の損傷と破裂、筋骨格系の損傷、靭帯の損傷、関節の損傷、靭帯破裂、テンドン腱、筋肉の腱の破裂、ストレッチ、クリック、筋肉の伸展、捻挫、腱の緊張、伸展、筋肉の伸展、捻挫、腱の緊張、骨関節系の傷害、靱帯への損傷関節への傷害、関節の傷、靱帯装置の伸展、習慣的な伸展および引き裂き

T14.9傷害不明

外傷後の痛み症候群、外傷を伴う痛み症候群、外傷および手術後の痛み症候群、傷害の場合の痛み、外傷性の痛み、傷害を伴う痛み、術後および外傷後の痛み、傷害の場合の痛み外傷性起源、深刻な外傷性疼痛症候群、深部組織損傷、胴体の深い傷、閉鎖性損傷、軽度の皮膚損傷、軽度の皮膚損傷、軟部組織の完全性の侵害、単純な外傷、広範囲の外傷、急性疼痛症候群傷害、外傷性痛、外傷性疼痛、外傷性傷害、スポーツ傷害、外傷を伴う浮腫、スポーツ傷害の延期、外傷後疼痛、軟部組織傷害、関節傷害、スポーツ傷害、

T88.9外科および医療の合併症、不特定

整形外科手術後の痛み、診断手技後の痛み症候群、手術後の痛み診断後の痛み、整形外科手術後の痛み、痔核の除去後の痛み、エキシマレーザーの適用時の痛み、歯科治療における痛み症候群、痛みを伴う診断介入、痛みを伴う診断操作、痛みを伴う器具診断手技、痛みを伴う器具操作、痛みを伴う治療、痛みを伴う治療、痛みを伴う治療、痛みを伴う治療的介入、手術後の痛み、術後の痛み、診断手技後の痛み、整形外科手術後の痛み、診断手技中の痛み、治療中の痛み、整形外科の痛み、術後の痛み、診断手技後の痛み、硬化療法後の痛み、歯科手術後の痛み、ポー 手術後の炎症、手術後の炎症症候群、手術後の瘻孔、手術創、手術後の痛み、術後の疼痛、術後の疼痛および術後の痛み、歯の痛み、手術後の炎症、整形外科手術後の炎症、

組成

経口投与のためにホメオパシーを落とす1 fl。

調理には100gが必要です

活性物質:

アルニカモンタナ(アルニカ)(アルニカモンタナアルニカ)D2 5g

カレンデュラオフィシナリス(カレンデュラ)D2(カレンデュラ)D2 5 g

Hamamelis virginiana(ハマメリス)(ハマメリス・ヴィルギナナー(ダチョウ))D2 5 g

Achillea millefolium(ミルフォリウム)(アキレアミルフォリウム(ミルフォリウム)D3 5g

アトロパ・ベラ・ドナ(ベラドンナ)(アトーラ・ベル・ドナ(ベルラドンナ))D4 25 g

アコニタム・ナペラス(Aconitum napellus)(アコニタム)(アコニタム・ナペラ(aconitum napellus)(アコニタイト)D3)10g

Mercurius solubilis Hahnemanni(mercurius solubilis Hahnemanni)D8 10g

ヘパール硫酸(Hepar sulfuris calcareum)(gepar sulfuris(gepar sulfuris calcareum))D8 10g

Chamomilla recutita(Chamomilla)(ハモミラ・レシータ(ハモミラ)D3 8g

Symphytum officinale(Symphytum)(symphytum officinale(symphytum))D8 8 g

Bellis perennis(ベリス・ペルニス)D2 2 g

エキナセア(エキナセア)D2 2g

エキナセア・パプリュア(エキナセア・パプリュア)D2 2g

Hypericum perforatum(Hypericum)(ヒラメム(hypericum)D2 1g

エタノール約35%vol。

外用軟膏ホメオパシー1本

調理には100gが必要です

活性物質:

アルニカモンタナ(アルニカ)(アルニカモンタナアルニカ)D3 1.5 g

カレンデュラオフィシナリス(カレンデュラ)(カレンデュラオフィシナリス(カレンデュラ))×0.45 g

Hamamelis virginiana(ハマメリス)(ハマメリス・バージニアナ(ハマメリス))×0.45 g

エキナセア(エキナセア)×0.15g

エキナセア・プンプレア(エキナセア・プンプレア)×0.15g

チャモミラ・レクチタ(Chamomilla recutita)(カモミラ)(カモミラ・レクチタ(ハモミラ)×0.15g

Symphytum officinale(Symphytum)(symphytum officinale(symphytum))D4 0.1 g

ベリスペレニス(Bellis perennis)0.1 g

Hypericum perforatum(Hypericum)(膣上皮(hypericum)D6)0.09g

Achillea millefolium(ミルフォリウム)(Achillea millefolium(millefolium))×0.09 g

アトロパ・ベラ・ドナ(ベラドンナ)(アトーラ・ベル・ドナ(ベルラドンナ))D1 0.05 g

アコニタム・ナペラス(Aconitum napellus)(アコニタム(aconitum napellus)(アコニタイト))D1 0.05g

Mercurius solubilis Hahnemanni(mercurius solubilis Hahnemanni)D6 0.04 g

ヘパール硫黄(Hepar sulfuris calcareum)(gepar sulfuris(gepar sulfuris calcareum))D6 0.025g

補助物質:13.8%(体積比)のエタノールで安定化した親水性基剤

親水性基剤の組成:乳化セチルステアリルアルコール8.007g; 流動パラフィン-9.342g、白色ワセリン-9.342g、 水60.579g; エタノール96体積% - 9.335g

筋肉内および関節周囲の投与のための溶液ホメオパシー1アンプ。 (2.2ml)

活性物質:

アルニカモンタナ(アルニカ)(アルニカモンタナアルニカ)D22.2μl

カレンデュラオフィシナリス(カレンデュラ)(カレンデュラオフィシナリス(カレンデュラ)D22.2μl

Hamamelis virginiana(Hamamelis)(ハマメリス・ヴィルギナナー(魔女))D1 0.22μl

Achillea millefolium(Millefolium)(Achillea millefolium(millefolium))D32.2μl

アトロパ・ベラ・ドナ(ベラドンナ)(アトーラ・ベル・ドナ(ベルラドンナ))2.2μl

アコニタムナペラス(Aconitum napellus)(アコニタム(aconitum napellus)(アコニタイト)D21.32μl

Mercurius solubilis Hahnemanni(mercurius solubilis Hahnemanni)D61.1μl

ヘパール硫酸(ヘパール硫酸カルシウム)(gepar sulfuris(gepar sulfuris calcareum))D62.2μl

Chamomilla recutita(Chamomilla)(カモミラレシータ(ハモミラ)D32.2μl

Symphytum officinale(Symphytum)(symphytum officinale(symphytum))D6 2.2μl

Bellis perennis(Bellis Pernis)D21.1μl

エキナセア(Echinacea)D20.55μl

エキナセア・パプリュア(エキナセア・パプリュア)D20.55μl

Hypericum perforatum(Hypericum)(ハイパークラム穿孔(D2)0.66μl

補助物質:アイソトニア測定のための塩化ナトリウム - 約9mg / ml; 注射用水 - 最大2.2 ml

再吸収ホメオパシー1タブレット。

活性物質:

アルニカモンタナ(アルニカ)(arnicaモンタナ(arnica))D2 15 mg

カレンデュラオフィシナリス(カレンデュラ)D2(カレンデュラ)D2 15 mg

Hamamelis virginiana(ハマメリス)(ハマメリス・ヴィルジーナナ(ダニエル))D2 15 mg

Achillea millefolium(ミレフォリアム)(Achillea millefolium(millefolium)D3 15 mg

アトロパ・ベラ・ドナ(ベラドンナ)(アトロパ・ベル・ドナ(ベルラドンナ))D4 75 mg

アコニタムナペラス(Aconitum napellus)(アコニタム(aconitum napellus(aconitum)D3)30 mg

Mercurius solubilis Hahnemanni(mercurius solubilis Hahnemanni)D8 30 mg

ヘパール硫酸(Hepar sulfuris calcareum)(gepar sulfuris(heparar sulfuris calcaeum))D8 30 mg

チャモミラレシータ(Chamomilla)(カモミラレクチタ(ハモミラ)D3)24 mg

Symphytum officinale(Symphytum)(symphytum officinale(symphytum))D8 24 mg

ベリスペレニス(Bellis Pernis)D2 6 mg

エキナセア(エキナセア)D2 6 mg

エキナセア・パプリュア(エキナセア・パプリュア)D2 6mg

Hypericum perforatum(Hypericum)(精細嚢(hypericum)D2 3mg

補助物質:ステアリン酸マグネシウム-1.5mg; ラクトースを0.302gの錠剤

剤形の説明

経口投与のためのホメオパシー液滴:エタノールの臭いを伴う透明で無色または淡黄色の液体。

外用の軟膏はホメオパシーです。白色から黄色またはピンク色の白色から弱い特有の匂いがあります。 嫌な臭いはないはずです。

筋肉内および関節周囲への投与のための解決策は、ホメオパシーである:無色で、透明で、無臭の液体。

吸収ホメオパシーのための錠剤:丸い、平らな円筒形の形で、小面、白または黄色がかった白色、時には黄色、橙色または灰色のパッチ。 臭いは事実上存在しません。

薬理学的効果

薬理作用 - ホメオパシー。

薬力学

多成分ホメオパシー製剤で、その効果は組成物を構成する成分によるものです。

適応症

すべての剤形

様々な器官および組織の炎症性疾患の複雑な治療において:

筋骨格系(腱嚢炎、滑液包炎、扁平上皮炎、上顆炎、関節周囲炎);

外傷後の状態(手術後の軟部組織の腫脹、脱臼、捻挫)。

ホメオパシーの筋肉内および関節周囲の投与のための溶液に加えて

関節炎;

骨の骨折。

禁忌

すべての薬用形態

薬物の成分(ヤロウ、カモミール、爪、デイジー、多年生、エキナセア、アルニカまたは家畜の他の植物に対する過敏症として知られる)に対する個々の感受性の増加。

結核;

白血病;

コラーゲン症;

多発性硬化症;

エイズ、HIV感染を含む自己免疫疾患;

12歳未満の小児(臨床データの不足のため) - 再吸収錠剤、/ mおよび経周的投与のための溶液および経口投与のための滴剤。

3歳までの子供の年齢(臨床データが不十分なため) - 外部ホメオパシー使用のための軟膏の場合。

さらに、ホメオパシー再吸収錠

ラクターゼ不耐性、ラクトース不耐性、グルコース - ガラクトース吸収不良。

さらに、経口投与用のホメオパシー液剤

注意:肝疾患、アルコール依存症、頭蓋脳症、脳疾患。

妊娠と泌乳

母親の期待利益が胎児と赤ちゃんの潜在的なリスクを上回る場合、この薬の使用が可能です。 医師の相談が必要です。

副作用

経口投与のためのホメオパシーおよびホメオパシー液滴の筋肉内および関節周囲投与のためのホメオパシー溶液の再吸収のための錠剤

アレルギー反応は可能です。 まれに、薬を服用した後に過剰な唾液分泌が可能です。 副作用の発症により、薬剤の服用をやめ、医師に相談する必要があります。

ホメオパシーの外用軟膏用

場合によっては軟膏の適用により、感受性の増加した反応(皮膚アレルギー反応)が存在する可能性がある。 副作用が見つかった場合は、 指示に記載されていない場合は、薬の服用をやめ、医師に相談してください。

筋肉内および動脈周囲のホメオパシー投与のための溶液に加えて。 非常にまれに - 発赤、腫れ、注射部位のかゆみの出現。

インタラクション

ホメオパシー薬の使用は、他の薬物の治療を排除するものではありません。

投与と投与

経口投与のためにホメオパシーを落とす。 投薬と管理内部では、10滴を食べる前に15分(水で1分、摂取前には1〜2分)、1日3回、柔らかい組織が腫れる - 1日3回30滴。 治療の経過:外傷後の状態 - 2週間以上; 炎症性疾患 - 少なくとも3〜4週間。

外用の軟膏はホメオパシーです。 局所的には、特に規定がない限り、3歳以上の子供および成人は、体の痛みを伴う領域の皮膚に充分な量の軟膏を与え、1日2〜3回軽くこすります。 おそらく軟膏包帯の適用。 外傷後の状態の治療コース - 2週間以上; 炎症性疾患 - 少なくとも3〜4週間。

筋肉内および関節周囲への投与のための解決策は、ホメオパシーである。 / mでは、周縁部:1〜2アンペア。 1週間に1〜3回。 治療の経過 - 4-5週間。 申請の多重度とコースの期間は、医師によって規定されています。

注:複数の剤形の同時投与が推奨される(例えば、錠剤または点滴剤と軟膏剤および注射剤)。

アンプルを開く。 色付きの点は一番上になければなりません。 アンプルヘッド内の内容物は軽いタップで振り落とされるべきです。 その後、着色されたポイントを押してアンプルの上部を外します。

ホメオパシーのための錠剤。 通常は1タブで口に溶けます。 食事の前に1日3回15分間、錠剤は完全に再吸収されるまで口中に保持される。 治療の経過:転位および捻挫を伴う - 2週間以上; 炎症性疾患 - 少なくとも3〜4週間。 医師に相談した後、8週間以上使用することが可能です。

過剰摂取

過量投与の例はこれまで登録されていない。

特別な指示

すべての薬用形態

ホメオパシー薬を摂取すると、既存の症状が一時的に悪化することがあります(一次劣化)。 この場合、投薬を中止して医師に相談してください。 医学的指示に記載されていない副作用が発生した場合は、医師または薬剤師に知らせてください。

治療の有効性を改善するには、薬物の様々な剤形、例えば、軟膏、滴剤または錠剤および注射用溶液の使用が推奨される。

車両を運転し、機械で作業する能力に影響する。 影響を与えません。

経口投与のためのホメオパシー液滴用

薬物の最大単回用量(30滴)は約0.49グラムの無水エタノール(エタノール)を含み、薬物の最大1日用量(90滴)は約1.47グラムの無水エタノール(エタノール)である。

滴剤および軟膏の形態の薬物は、過熱から保護されるべきである。

薬剤を服用した直後にボトルとチューブを閉めてください。

さらに、ホメオパシー再吸収錠

糖尿病患者のための情報:炭水化物の内容は1つのテーブルにあります。 薬物の0.025 XEに相当します。

湿気から保護する必要があります。

鉛筆ケースは、申請直後に閉じなければなりません。

問題の形式

経口投与のためにホメオパシーを落とす。 暗いガラスの加水分解クラスIIIのボトルに30mlを入れ、PEからの滴下器を内蔵し、ポリプロピレンの最初の開口を制御したスクリューキャップを付ける。 各ボトルは段ボール箱に入れられます。

外用の軟膏はホメオパシーです。 プロピレン製のスクリューキャップ付きのアルミニウム管内で50または100g。 各チューブは厚紙パッケージに入れられています。

筋肉内および関節周囲への投与のための解決策は、ホメオパシーである。 2mlの加水分解クラスIの無色ガラスのアンプルで2.2ml。各ノッチはノッチと着色されたドットでマークされる。 5アンペア時。 開いたプラスチック輪郭メッシュパッケージ内に置かれる。 1または20個の開いたプラスチックの輪郭メッシュパッケージ(5または100アンペア)。ダンボールのパックに入れます。

ホメオパシーのための錠剤。 50テーブル。 ポリプロピレン製の蓋を有するポリプロピレンの白色の場合。 各ケースについて、ラベルが貼られ、厚紙パックに入れられる。

薬局からの休暇の条件

経口投与のためにホメオパシーを落とす。 レシピなし。

外用の軟膏はホメオパシーです。 レシピなし。

筋肉内および関節周囲への投与のための解決策は、ホメオパシーである。 処方せん。

ホメオパシーのための錠剤。 レシピなし。

保管条件

乾燥状態では、暗所は15〜25℃の温度である。

子供の手の届かないところに保管してください。

賞味期限

筋内および動脈周囲ホメオパシー投与のための溶液 - 5年間。

ホメオパシー吸収錠 - 5年。

外用ホメオパシー用軟膏 - 3年。

ホメオパシー - 5年間の摂取のためのドロップ。

Someone from the Japan - just purchased the goods:
Montevizin eye drops 0.05% 10ml