Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:Relium

私はこれがほしい、私に価格を与える

有効成分ジアゼパム*

ATX

N05BA01ジアゼパム

薬理学的グループ:

不安緩解薬

分類学的分類

nosological分類(ICD-10)は、

A35他の形態の破傷風:局所破傷風; 破傷風; 破傷風における筋痙攣; クロストリジウム症が負傷した。 破傷風; 疎水性嫌気(疎水性)

F10.2アルコール依存症の症候群:痴呆症 ; 酔っ払った酔っ払い; アルコール依存度; 慢性アルコール中毒症における精神有機症候群; アルコール依存症; アルコール中毒; 酔っている状態。 アルコールの乱用; アルコール依存症の理想障害; アルコールへの強迫観念。 アルコール依存症を伴う神経症症状; アルコールへの病理学的誘引; 慢性アルコール依存症;四半期ごとの飲酒; アルコール依存の欲求の減少

F10.4せん妄による禁酒状態:アルコール性せん妄; 白熱アルコール性; せん妄; アルコール依存症と麻薬中毒の精神状態

F10.5アルコール性アルコール:アルコール性幻覚; 慢性アルコール中毒症における精神有機症候群; アルコール性精神病; 白熱アルコール性; せん妄; アルコール依存症を伴うせん妄; 急性アルコール性精神病; アルコール中毒や薬物中毒の精神状態。 自律神経障害を伴う急性アルコール性精神病

F41他の不安障害:不安状態; 不安; 慢性警報; 不安感。 不安 - うつ病; アラームを停止します。 非精神病性不安障害

F48その他の神経障害:神経症; 神経学的疾患; 神経障害; 神経性疾患; 精神神経症; 不安神経症の状態; 慢性神経障害; 感情反応障害

G24ジストニア:筋緊張の違反

G47.0睡眠障害および睡眠障害[不眠症]:不眠症; 不眠症、特に眠りの難しさ。 脱同期化; 長期の睡眠障害; 眠りの難しさ; 眠りの難しさ; ; 不眠症; 短期および一時的な睡眠障害;短期および慢性睡眠障害; 短いまたは浅い睡眠; 眠りの外乱; 睡眠障害、特に眠っている段階での睡眠障害; 睡眠障害; 睡眠障害; 神経性睡眠障害

浅い浅い睡眠。 浅い睡眠。 不十分な睡眠の質; 夜の覚醒; 睡眠の病理; ポストモダン違反。 一時的な不眠症; 眠りの問題。 初期覚醒; 早朝の目覚め。 睡眠障害; 持続性不眠症; 眠りがつかない。 眠りの難しさ; 子供の中で寝るのが難しい。 眠りの難しさ; 持続性不眠症; 睡眠の悪化; 慢性不眠症; 頻繁な夜間および/または早朝の覚醒; 頻繁な夜間の覚醒と浅い睡眠の感情; 夜の目覚まし

O15子癇

R25.2痙攣および攣縮:破傷風における筋痙攣; 平滑筋攣縮を伴う疼痛症候群; 平滑筋攣縮(腎臓および胆道疝痛、腸痙攣、月経困難症)を伴う疼痛症候群; 内臓の平滑筋の痙攣を伴う疼痛症候群; 内臓の平滑筋の痙攣を伴う疼痛症候群(腎臓および胆道疝痛、腸痙攣、月経困難症); 痛い筋肉痙攣; 擬似痙攣; 筋肉痙性; 筋肉のけいれん; 中心的起源の筋肉痙攣;筋肉痙性; 筋肉のけいれん; 痙攣を伴う神経学的拘縮; 四肢の夜の痙攣 脚の中に夜間の痙攣があります。 夜は仔牛の筋肉を痙攣させる。 症状のある痙攣状態; ベスタ症候群; 平滑筋の痙攣; 滑らかな血管筋肉の痙攣; 筋肉の痙攣; 中枢神経系の有機性疾患による線条筋痙攣; 内臓の平滑筋の痙攣; 筋肉痙攣; 骨格筋痙攣; 横紋筋肉の痙攣状態; 痙攣性疼痛症候群; 平滑筋の痙攣状態; 骨格筋の痙性; 筋痙攣; 痙攣; ふくらはぎの筋肉の痙攣; 中央起源の痙攣; 痙攣状態; 痙攣性症候群; 子供の痙攣状態; トニック痙攣; 脳痙性症候群; フォールディングナイフの現象

T08-T14体幹・肢・体部の不特定部分の傷害

Z100.0 *麻酔学および前投薬:腹部手術; 腺腫切除術; 切断; 冠状動脈の血管形成術; 頚動脈血管形成術; 創傷の皮膚の消毒治療; 手の消毒治療; 虫垂切除術; アテローム切除術; バルーン冠動脈形成術; 膣の子宮摘出術; 静脈バイパス; 膣および子宮頸管の介入; 膀胱の介入; 口腔内の干渉; 再建 - 再建オペレーション; 医療従事者の手指衛生。 婦人科手術; 婦人科的介入; 婦人科手術; 手術中の血液量減少ショック; 化膿性創傷の消毒; 創傷の縁の消毒; 診断介入; 診断手順; 子宮頸管の毛細血管凝固症; 長期的な手術; fistulousカテーテルの交換; 整形外科的介入における感染; 人工心臓弁; Kistectomy; 短期外来手術; 短期的なオペレーション; 短期外科手術; 凍結切開術; 外科手術介入中の失血; 手術中および手術後の出血; レーザー凝固レーザー凝固; 網膜のレーザー網膜症; 腹腔鏡検査; 婦人科における腹腔鏡検査; Likvornayaフィステル; 小さな婦人科手術; 小さな手術介入; 乳房切除術およびそれに続く整形手術; 気管切開術; 耳に対する顕微手術; Mukinging operations; 縫合; マイナー手術; 脳神経外科手術; 眼科手術の眼球のEclipse; Orchiectomy; 膵切除術; 心房摘出術;手術後のリハビリ期間; 外科的介入後の再建; 経皮経管冠動脈形成術; 胸膜胸腔鏡; 術後および外傷後の肺炎; 外科手術の準備; 外科手術の準備; 手術前の外科医の腕の準備; 外科的介入のための結腸の準備; 脳神経外科および胸部手術における術後吸引性肺炎; 術後悪心; 術後出血; 術後肉芽腫; 術後ショック; 術後早期; 心筋血行再建術; 歯根の頂点の切除; 胃の切除; 腸切除術; 子宮の切除; 肝切除術; 小腸切除術; 胃の一部の切除。 操作された船舶の再閉鎖。 外科手術介入中の組織の接着; 縫合糸除去; 眼科手術後の状態; 鼻腔内手術後の状態;胃切除後の状態; 小腸の切除後の状態; 扁桃切除後の状態; 十二指腸の除去後の状態; 静脈切除後の状態; 血管手術; 脾摘出; 手術器具の滅菌; 手術器具の滅菌; 胸腔切開術; 歯科手術;歯周組織に対する歯科的介入; Strumectomy; 扁桃切除術; 胸腔鏡手術; 総胃切除術; 経皮血管内冠動脈形成術; 経尿道切除術; 胸腔切除術; 歯の除去; 白内障除去; シストの除去; 扁桃腺の除去; 筋腫の除去; 移動乳歯の除去; ポリープの除去; 壊れた歯の除去; 子宮の除去; 継ぎ目の除去; 尿道切開術; 管腔管の瘻孔; 前頭胸筋切開術; 外科感染; 四肢の慢性潰瘍の外科的処置; 手術; 肛門の手術; 大腸手術; 外科手術; 手術手順; 外科的介入; 消化管に対する外科的介入; 尿路に対する外科的介入; 泌尿器系の外科的介入; 泌尿生殖器系に対する外科的介入; 心臓に対する外科的介入; 外科処置; 手術手術; 静脈に対する外科手術; 外科的介入; 血管手術; 血栓症の外科的処置; 胆嚢摘出術; 胃の部分切除; 腹腔内子宮全摘術; 経皮経管冠動脈形成術; 経皮経管脈管形成術; 冠動脈バイパス移植; 歯の摘出; 幼児の歯の摘出; パルプの滲出; 体外循環; 歯の抽出; 歯の抽出; 白内障の抽出; 電気凝固; 内視鏡的介入; エピソトロミー; 恥骨切開術; 歯の抜去後の合併症

組成および放出形態

ジアゼパムでコーティングされた1錠は5mgを含有する。 段ボール箱1のブリスター中に20個のブリスター中に入れた。

注射用溶液1ml - 5mg; 2mlのアンプル中、50枚の段ボール箱に入れた。

薬理学的効果

行動様式 - 抗けいれん薬、抗不安薬、筋弛緩薬、睡眠薬。

脳と脊髄の小脳であるベンゾジアゼピン受容体と相互作用する。 中枢神経系に対するGABAの阻害効果を増大させる。

Reliumの適応

Neuroses、不安状態、incl。 体性疾患(癌、心不全、動脈性高血圧、胃および十二指腸の消化性潰瘍)で; 癲癇、てんかん状態、中枢筋痙攣、外傷後状態および運動リハビリテーション(骨格筋緊張を減少させる)、破傷風、子癇、不眠症、嘔吐、前投薬などが挙げられる。

禁忌

重度呼吸不全、めまい、意識障害、緑内障、重症筋無力症、自殺傾向を伴う抑うつ状態、バランス障害などの重篤な障害を有する。

妊娠および授乳期における適用

禁忌(特に妊娠第1期)。 治療の期間は、母乳育児を中止する必要があります。

副作用

眠気、疲労、衰弱、めまい、運動失調、記憶力の低下、反応の集中力の低下、骨格筋緊張の低下、性欲の低下、低血圧、徐脈、虚脱、スピーチ、ビジョン、錯乱および向きの逸脱、意識の喪失、逆説的IV導入後の反応(精神運動の攪拌、痙攣、不安、不穏、不眠、筋震動、攻撃性)、皮膚アレルギー反応、血栓症、静脈炎、レイノー病の症状。

インタラクション

抗てんかん薬、抗ヒスタミン薬、麻薬性鎮痛薬、抗精神病薬、三環系抗うつ薬、交感神経遮断薬、抗コリン作用薬、アルコール、筋弛緩薬(d-ツボクラリンなど)、弱いニコチンによって強化されます。 シメチジン、ジスルフィラム、イソニアジド - 延長(遅くなくす); リファンピシン、フェノバルビタール - 効果を低下させる(生体内変換を刺激する)。

投与と投与

錠剤:内部、5〜20mgを短時間に分割して投与する。

アルコール離脱:10mgを1日3回。 必要であれば、用量を60mg /日に増やすことができる。

不眠症:短時間、就寝前に30分5〜10mg。

筋肉の痙攣状態:数回のレセプションで5〜15mg /日。 必要であれば、用量を60mgに増やすことができる。

小児:2〜3年 - 2〜5mg /日2〜3回、4〜7年 - 4〜6mg 2〜3回、8〜18年 - 5〜8mg 2回に分けて投与する。

注射用溶液:IM(大きな筋肉の深部)またはIV、成人 - 2〜20mg。

不安と不安の急性のケース:IMまたはIV、2-5 mg、必要に応じて3-4時間後。

重度の恐怖症:IMまたはIV、5-10mg、必要なら3-4時間後に繰り返す。

アルコール禁断症候群:IMまたはIV、 - 10mgを1回、次いで必要であれば3-10時間後に5-10mg。

前投薬:IV、ゆっくりと、通常10mg(最大20mg、患者が同時に麻薬性鎮痛薬を受けなければ)またはIM、処置の30分前に5-10mg。

破傷風、アテトーシス、筋痙攣:IMまたはIV、 - 5〜10mg(破傷風で、用量を増やすことが可能)。

てんかん状態および重度の反復痙攣性発作:IVまたはIM、最初に5-10mg、場合によっては再び10-15分、2-4時間、最大-30mg。

電気パルス療法:IV、処置の5-10分前、5-10mg。

子供。 破傷風:IMまたはIV(ゆっくり)、5週間の生命 - 1-2mg、5歳以上 - 5-10mg、必要なら3-4時間後に再び。

てんかん状態および重度の再発性痙攣性発作:呼吸機能の制御下で、静脈内にゆっくりと5週間の生存期間および最大5年間 - 0.2〜0.5mgを2〜5分間(最大5mg); 5歳以上ではIVをゆっくり、1〜2分間5〜5分(最大10mg)。 必要であれば、2〜4時間後に投与を繰り返す。

静脈内投与のための溶液を調製するために、アンプルの内容物を生理食塩水または5%グルコース溶液で10mlに希釈し、毎分4ml(4mg)までの速度で投与する。 静脈内点滴注入のために - 10アンプル(100mg)の内容物を500mlの生理食塩水または5%グルコース溶液で希釈し、40ml /時間(活性物質8mg)の速度で静脈内投与する。

予防措置

ショック、昏睡、急性アルコール中毒および頭部外傷の状態では、非経口的に投与しないでください。 肝臓や腎臓に違反して投与量を減らす必要があるとき。 高齢者または衰弱した患者は、通常の用量の1/2を使用することが推奨される。 慎重に、慎重に薬物依存のリスクが高い人を、幼児(おそらく呼吸機能障害)に任命してください。 治療期間中、および1日の終わりから5日前までは、車を運転したり、動いている機械器具を使用したり、アルコールを飲んだりしないでください。

Reliumの保管条件

乾燥した暗所で、25℃未満の温度で

子供の手の届かないところに保管してください。

Reliumの賞味期限

3年。

パッケージに記載されている有効期限が過ぎても使用しないでください。

Someone from the United Kingdom - just purchased the goods:
Glauprost eye drops 0.005% 2.5ml