Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:Timolol-MEZ

私はこれがほしい、私に価格を与える

活性物質チモロール

ATXコードS01ED01チモロール

薬物療法グループ:

ベータ遮断薬

眼科用薬剤

病因分類(ICD-10)は、

H40.0疑いのある緑内障

眼圧上昇、高血圧症、高眼圧症、眼圧上昇、眼圧上昇、IOP上昇、眼圧上昇、眼圧上昇、眼圧上昇、眼圧上昇、眼に対する自発的遮断角、狭視野角チャンバ角、医原性、閉塞角反対の眼

H40.1原発性開放隅角緑内障

オープンアングル緑内障、原発性緑内障、偽葉緑内障、上昇IOP

H40.2原発性閉塞緑内障

閉塞緑内障、狭窄角を有する緑内障、アングル閉鎖緑内障、急性閉塞性緑内障、アングル閉鎖性緑内障の急性発症、眼内圧上昇閉塞緑内障、慢性閉塞性緑内障

H40.3二次外傷後緑内障

外傷後の二次緑内障、白内障手術後の緑内障

H40.4眼の炎症性疾患に続発する緑内障

緑内障、白内障の二次的緑内障

H40.5他の眼疾患に続発する緑内障

二次的な開放隅角緑内障、緑内障、緑内障

H40.6薬物を服用した二次的緑内障

先天性緑内障Q15.0

構造と組成

1mlの点眼剤は、マレイン酸チモロール0.00342または0.00684gを含有する。 バイアル瓶で5mlまで滴下キャップで、段ボールの束に1本の瓶またはチューブを入れ、厚紙の束5本のチューブで1.3mlを見る。

特性

透明で無色の液体。

薬理学的効果

抗緑内障。

β1-およびβ2-アドレナリン受容体を遮断する。 結膜嚢への点眼は、眼内液の形成を減少させて眼内圧を低下させ、その排液を改善する。 それは、内因性の交感神経刺激および膜安定化活性を有さない。

薬力学

点眼後20分以内に眼内圧の低下が始まり、最大効果は1〜2時間の持続時間(24時間)後に観察される。

適応症

先天性緑内障、先天性緑内障、外科手術の準備に必要な時間内の他の治療手段の効果がない、慢性開放隅角緑内障、二次緑内障(ブドウ、アファキシェスカヤ、外傷後)、高眼圧症、アングル閉鎖緑内障(ミオタカミと組み合わせて)

禁忌

喘息、慢性閉塞性気管支炎、洞静脈炎(1分あたり50以下の拍動)、AV遮断IIおよびIIIレベル、心不全、心原性ショック、重度の角膜ジストロフィー、鼻炎。

妊娠と授乳

お勧めしません。

副作用

局所反応:赤み、まぶたの皮膚、かゆみ、かゆみ、目の水分、光恐怖症、結膜充血、角膜上皮の断続的な腫脹; まれに - 表在点状角膜症(角膜透明度の低下)、複視、眼瞼下垂、角膜感受性の低下。

全身反応:徐脈、徐脈性不整脈、血圧低下、めまい、吐き気、頭痛、筋力低下、不眠、気管支痙攣。

インタラクション

すべての抗緑内薬に適合しています。 ピロカルピン、エピネフリン、アセタゾラミドは薬物の効果を増強する。 ベータブロッカーとチモロールを同時に使用すると、局所的に可能な相互補強効果が得られます。 カルシウムアンタゴニスト(corinfarら)の摂取は、ラウウォルフォリア薬が重度の低血圧、徐脈の可能性を高める。 末梢筋弛緩薬の効果を高める(薬物は麻酔の48時間前に中止すべきである)。

投与と投与

結膜嚢に1日1〜2回滴下する。 ソリューションの同じ行に0.5%の使用に切り替える0.25%のソリューションの効率の欠如。 有効性のモニタリングは1〜2週間以内に行われます。

治療は、眼内圧(少なくとも1ヶ月に1回)、視野および角膜(6ヶ月毎に1回)の定期的な制御下にあるべきである。

予防措置

未熟児を任命しないでください。

不安定な糖尿病の患者には注意が必要です。

特別な指示

バイアルを使用する場合は、1日1回ピペットをゆでてください。

保管条件

暗所では25℃以下の温度で

子供の手の届かないところに保管してください。

貯蔵寿命

2年。 ボトルを開けた後 - 14日間。

パッケージに記載された有効期限を超えて使用しないでください。

Someone from the France - just purchased the goods:
Visine Allergy eye drops 0.05% 4ml