Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:Spasmex

私はこれがほしい、私に価格を与える

活性物質:塩化トロスピウム

ATXコード

G04BD09塩化トロスピウム

薬理学グループ

M-Holinoblokator [m-抗コリン作動薬]

病因分類(ICD-10)は、

F98.0ユーレシス無機質

尿失禁、尿失禁病因、非ホルモン、尿失禁無機病因、機能的尿症、小児期尿

N30膀胱炎

尿道膀胱炎、再発性膀胱炎、線維性膀胱炎、膀胱炎、慢性膀胱炎の悪化、急性細菌性膀胱炎

N31.1反射神経障害性膀胱、他に分類されていないもの

反射亢進、過活動膀胱、排尿筋過反射、排尿筋過反射

N31.2神経原性膀胱の衰弱、他に分類されていない

ストレスのある状況での尿失禁、膀胱のアトニー、膀胱のアトニー(括約筋)(神経原性)、膀胱の括約筋の機能障害、神経原性膀胱障害、神経原性膀胱障害、神経原性膀胱、括約筋の機能不全膀胱、命令的失禁

N31.8膀胱の他の神経筋機能障害

特発性多動排尿筋、神経原性排尿筋機能亢進

N39.3不随意排尿

女性の尿失禁、アニスリヤ、尿失禁

N39.4他の特定のタイプの尿失禁

尿失禁、ベッドウェッティング、頻繁な夜間排尿、女性の尿失禁、アニスリヤ、初夏夜尿症、小児初乳夜尿症

R32尿失禁不明

特発性膀胱不安定性、尿失禁、夜間頻尿、膀胱括約筋機能障害、自発的排尿、混合失調症、排尿機能障害、機能性排尿障害、小児における機能性尿失禁、尿毒症

R35ポリ尿素

Pollakuria、夜間頻尿、夜間頻尿および夜間頻尿、夜間多尿、急性多尿症

R39.1排尿のその他の困難

頻尿、尿閉、奇形、尿の流れの妨げ、排尿の違反、排尿の違反、膀胱の排泄の違反、尿の流出の違反、頻尿、排尿の異常

構造と組成

タブレット1テーブル。

活性物質:

塩化トロスピウム5 mg

補助物質:ラクトース一水和物 - 170 mg; トウモロコシデンプン--55.5mg; ナトリウムカルボキシメチルデンプン - 15mg; ステアリン酸-3mg; ポビドン25,000-1mg; 二酸化ケイ素コロイド - 0.5mg

フィルムメンブレン1タブで被覆された錠剤。

活性物質:

塩化トロスピウム15 mg 30 mg

補助物質:ラクトース一水和物 - 100/100 mg; MCC-75 / 60mg; トウモロコシデンプン - 44 / 41mg; カルボキシメチルデンプンナトリウム - 10/10mg; ステアリン酸-2 / 5mg; ポビドン25,000-1 / 1mg; 二酸化ケイ素コロイド - 3 / 3mg

膜フィルム:ヒプロメロース-6.24 / 6.24mg; 二酸化チタン - 1.44 / 1.44mg; MCC-0.96 / 0.96mg; ステアリン酸0.96 / 0.96mg

剤形の説明

錠剤、5mg:丸型、両凹型、白色またはほぼ白色。

錠剤、15および30 mg:ラウンド、両凹面、フィルムコーティングされた白またはほぼ白く、リスクがある。

中断時(錠剤15および30mg用):コアおよびフィルムシェルは白色またはほぼ白色である。

薬理学的効果

薬理作用は鎮痙作用である。

薬力学

塩化トロスピウムは、第4級アンモニウム塩基であり、m-ホリノブロカトトロフ(m-holinoblokatorov)のグループに属する。 平滑筋のシナプス後膜の受容体上のアセチルコリンの競合的アンタゴニストである。 m1-およびm3-コリン作動性受容体に対して高い親和性を有する。 膀胱の排尿筋活動の増加を軽減します。 鎮痙作用といくつかの強直性脊椎炎効果を有する。 中央効果はありません。

薬物動態

摂取後Tmax - 4-6時間T1 / 2-5-18時間、累積しません。 血漿タンパク質への結合は50〜80%である。 1回の経口摂取量が20〜60mgの塩化トロスピウムの濃度は、投与量に比例する。 主な量の塩化トロピアは、エステル結合の加水分解の間に形成される、スピロアルコール代謝産物の形態のより小さい部分(約10%)で、腎臓によって未変化形態で排出される。

適応症

尿失禁を伴う膀胱機能亢進、排尿の強制的な衝動および排尿頻度の増加(特発性多動性排尿筋の非ホルモンおよび無機病因);

尿失禁の混合形態;

膀胱機能の痙性神経原性障害(神経原性多動性/反射性排尿筋:多発性硬化症、脊髄外傷、先天性および後天性脊髄疾患、脳卒中、パーキンソニズム);

断続的カテーテル症に対する排尿筋括約筋 - 解離症;

ポルカキ尿症、夜間頻尿;

夜間および夜間の夜間尿路;

膀胱炎の複雑な治療では、不可欠な症状を伴う。

禁忌

薬物の成分に対する過敏症;

狭角および閉塞緑内障;

頻拍性不整脈、重症筋無力症;

尿の保持;

胃からの食物の排出が遅れ、その発症の素因がある。

透析が必要な腎不全(C1クレアチニン<10 ml /分/1.73 m);

ガラクトースに対する不耐性、ラクターゼの欠乏、グルコース - ガラクトース吸収不良、

子供の年齢(14歳まで)。

心房細動、頻脈、慢性心不全、冠状動脈性心疾患、僧帽弁狭窄症、高血圧、急性出血などの心拍数の上昇が望ましくないSSS疾患; 甲状腺中毒症(恐らくは、頻脈を強化する); 上昇した体温(汗腺活動の抑制のために依然として増加する可能性がある); 逆流性食道炎、横隔膜の食道ヘルニアと逆流性食道炎(食道および胃の運動性の低下および下部食道括約筋の弛緩)は、胃排出の減速および機能低下を伴う括約筋による胃食道逆流の増加に寄与する。 胃腸疾患 - 閉塞 - 失神および幽門の狭窄(モータおよびトーンの低下があり、閉塞および胃内容の遅延をもたらすことがある); 高齢患者または弱体化した患者(腸閉塞の発生が可能)、麻痺性腸閉塞(閉塞の可能性がある)における腸のアトーニー; 眼圧が上昇した開放隅角緑内障(散瞳効果は眼内圧の上昇を引き起こすことがあり、治療の補正が必要になることがある)、40歳以上(診断されていない緑内障のリスク)。 潰瘍性大腸炎(高用量は、腸の蠕動を阻害し、麻痺性の腸閉塞の可能性を高め、おそらく重篤な合併症の症状または悪化を有毒なメガコロンとして増加させる可能性がある); 口渇(長時間使用すると口腔乾燥症のさらなる激化を引き起こす可能性があります)。 腎不全(排泄の減少による副作用のリスク); 慢性肺疾患、特に小児および弱体化患者(気管支分泌の減少は、気管支の肥厚および鬱血の形成につながる可能性がある); 重症筋無力症(アセチルコリンの作用の阻害により症状が悪化することがある); 自律神経(自律神経)ニューロパチー(尿失禁および調節の麻痺が増強されることがある)。 尿路の閉塞を伴わない前立腺の過形成、尿滞留またはその素因、または尿路の閉塞を伴う疾患(前立腺肥大による膀胱頸部を含む)。 妊娠中毒症(高血圧は可能です); 子供の脳疾患(中枢神経系からの影響が強まることがある)。 ダウン症(おそらく異常な拡張瞳孔と心拍数の増加); 小児における中枢性麻痺(抗コリン作用薬に対する反応が最も顕著である可能性がある); 肝不全。

妊娠と泌乳

妊娠中および母乳育児中に、母親への意図された利益が胎児または乳児への潜在的なリスクを超える場合には、薬物を使用すべきである。

副作用

発生頻度(症例数:観察数):頻繁に1:100以上; まれに - 1:100-1000; まれに - 1:1000未満。

CCCから:まれな頻脈; まれに - 胸の痛み、失神、頻脈性不整脈、高血圧の危機。

胃腸管から:しばしば口が乾燥し、消化不良、便秘、吐き気、腹痛; まれに - 下痢、鼓脹; まれに - 胃炎。

神経系から:まれに - 混乱、幻覚。

筋骨格系の側から:めったに - 骨格筋の急性壊死。

ビジョンの器官の側面から:まれに - 宿泊施設の違反。

泌尿器系の部分で:まれに - 膀胱を空にするの違反; まれに尿溜まり

肝胆道系から:ほとんどトランスアミナーゼの活性のわずかなまたは中程度の増加。

免疫システムの部分では:まれに - 皮膚発疹; まれなアナフィラキシー反応、スティーブンス・ジョンソン症候群。

インタラクション

塩化トロスピウムを同時に使用することで、アマンタジン、三環系抗うつ薬、キニジンとジソピラミド、抗ヒスタミン剤、β-アドレナミン作動薬の陽性のクロノトロピック効果(禁忌参照)のmコリンブロック効果が向上します。

塩化トロスピウムは、動態学(メトクロプラミドおよびシサプリド)の効果を弱める。 消化管の運動機能と分泌機能に影響を与え、同時に使用される薬物の吸収を変化させる。

グアー、コレスチラミンおよびコレスチポールのような物質を含有する薬物の同時投与では、塩化トロスピウムの吸収の減少が可能である。

塩化トロスピウムは少量しか代謝されず、その代謝の主な方法はエステルの加水分解であるため、塩化トロスピウムとシトクロムP450アイソザイム(CYP1A2,2A6,2C9,2C19,2D6,2E1,3A4)との間には相互作用はなかった。

投与と投与

内部、食べる前に、噛むことなく、十分な水を絞った。

錠剤、5mg

14歳以上の成人および小児は、臨床像および疾患の重症度に応じて、個々に投与されます。

薬物は2〜3錠に服用します。 1日3回(30〜45mg)、8時間間隔で投与する。 毎日45mgの用量では、朝に30mg、夕に15mgを摂取してもよい。

錠剤、フィルムコーティング、15mg

薬は1つのテーブルに入れられます。 1日3回(45mg)、8時間間隔で投与する。

錠剤、フィルムコーティング、30mg

薬は1/2の表で取られます。 1日3回または1つのテーブル。 朝と1/2錠の夕方(45mg)。

腎不全(C1クレアチニン10-30 ml / min / 1.73 m2)の患者では、薬物の1日量は15 mgを超えてはならない。

平均して、治療期間は2〜3ヶ月です。 より長い治療が必要な場合、継続治療の問題は3〜6ヶ月ごとに医師の診察を受けます。

過剰摂取

症状:視覚障害、頻脈、口渇、皮膚の充血などの抗コリン作用の増加。

治療:胃洗浄および吸着剤(活性炭を含む)の摂取、緑内障患者におけるピロカルピンの点滴、尿中遅延による膀胱のカテーテル挿入。 重篤な症例では、コリン様薬(ネオスチグミンメチル硫酸塩)を投与する。 不十分な効果、重度の頻脈および/または血液循環の不安定性の場合、静脈内β-アドレナリン遮断薬は、ECGおよびADの制御下で投与される。

特別な指示

膀胱の尿道または排尿筋の内括約筋機能に違反した場合に薬剤を服用するには、カテーテル挿入による完全な釈放を伴うべきである。 膀胱の栄養障害では、治療前に機能不全の原因、頻尿、夜間頻尿、尿失禁、多渇症、尿路感染症および膀胱癌の可能性などの失禁の有機的原因を特定する必要があります。 それらは異栄養療法の任命を必要とする。

車両を運転し、動く機械で作業する能力に影響する。 治療開始時には、薬物の投与量の増加に伴って、薬物の置換、アルコールとの相互作用において、視覚障害が可能であり、これは車両の駆動および移動機構の操作の際に考慮されるべきである。

リリースフォーム

錠剤、5mg; 錠剤、フィルムコーティング、15mg。 10個用のPVC /アルミ箔のブリスターで。 段ボール箱に3または5の水ぶくれがあります。

錠剤、フィルムコーティング、30mg。 10個用のPVC /アルミ箔のブリスターで。 段ボール箱に3つの水ぶくれがあります。

薬局の供給条件

処方せん。

保管条件

乾燥状態では、暗所は15〜25℃の温度である。

子供の手の届かないところに保管してください。

賞味期限

5年。

パッケージに記載されている有効期限が過ぎてから使用しないでください。

Someone from the Australia - just purchased the goods:
Posterisan forte ointment 25gr