Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:Sorbilact

私はこれがほしい、私に価格を与える

剤形:輸液のための溶液

活性物質: Kalii chloridum + Calcii chloridum + Magnii chloridum + Natrii lactas + Natrii chloridum + Sorbitolum

ATX

B05XA31他の薬剤と組み合わせた電解質

薬理学グループ

組み合わせの水と電解質バランスと酸 - 塩基バランスの調節剤

血漿および他の血液成分の組み合わせの代替品

病因分類(ICD-10)は、

A41.9不特定の敗血症:敗血症性疾患; 敗血症/菌血症; 毒性感染ショック; エンドトキシンショック; 細菌性敗血症; 重度の病気の細菌感染; 一般化された感染症; 全身性全身感染症;感染は一般化された。 創傷敗血症; 敗血症; 敗血性毒性合併症; 敗血症; 腐敗病; 敗血症性ショック; 敗血症状態; 敗血症ショック

E05.9甲状腺中毒症、不特定:甲状腺毒性反応; 甲状腺機能亢進症を伴う甲状腺腫脹; ヨウ素 - バセドフの現象。 甲状腺の過形成; 甲状腺機能亢進症の状態; 甲状腺の機能亢進; 甲状腺機能不全; 拡散性甲状腺機能低下症; 潜伏性甲状腺機能低下症; 甲状腺機能の増加。 甲状腺中毒症

E87その他の水 - 塩および酸 - 塩基状態の乱れ:酸 - 塩基バランスの違反; 水 - 電解質障害; 等張性ナトリウム欠乏の補償; 貯蔵されたKHSによる電解質の補充; 水と電解質の不足。 アルカリ性栄養素の枯渇; 水 - 塩バランスの違反。 水 - 塩代謝の違反; 水 - 電解質交換の違反。 KHSの違反。 電解質バランスの違反。 水 - 塩バランスの違反。 水 - 電解質状態の違反; 電解質バランスの違反。 下痢の塩や体液の喪失。 細胞外脱水

G93.2良性頭蓋内圧:脳内高血圧; 頭蓋内圧、 持続性脳高血圧; 増加した頭蓋内圧

G93.6脳浮腫:術中脳浮腫; 脳浮腫; 脳の外傷後の腫れ; 放射線療法に伴う脳浮腫; 頭部外傷に関連する脳浮腫; 心的外傷後の脳浮腫; 中毒における脳の浮腫

K56.6その他のおよび特定されていない腸閉塞:腸閉塞; 食い違いの機械的違反; 腸閉塞; S状結腸および盲腸ターン; 機能性腸閉塞; 腸開存性の侵害; 遠位腸閉塞の症候群; 腸閉塞機械

K65腹膜炎:腹部感染; 腹腔内感染; 腹腔内感染; びまん性腹膜炎; 腹部感染; 腹腔の感染; 腹腔の感染; 胃腸管の感染; 自発性細菌性腹膜炎

K72肝機能不全、他の分類されていないもの(肝性昏睡を含む):肝細胞不全; hepatic encephalopathy; 昏睡肝; 潜在性肝性脳症; 肝臓の不全; 肝性昏睡; 肝昏睡および前房; 肝性脳症; 肝障害の発症; 肝臓の脳症; 炎症性肝疾患; Gepatargy; 脳症ポート系; 肝細胞不全; 肝臓の前胸部および昏睡; 門脈全身性脳症

K76.9肝疾患、不特定:心不全における肝機能の変化; 肝機能障害の回復; 重度の肝機能障害; 肝炎; 肝炎; 肝障害; 肝機能不全; 肝臓の病気; 肝機能障害; 肝臓の機能不全; 肝臓の炎症病因の機能の侵害; 機能性肝不全; 肝機能障害 慢性肝疾患; 慢性びまん性肝疾患; 胆嚢および肝臓の腸内発生の病気

K81.9胆嚢炎、不特定:胆嚢および胆管の感染; 胆嚢と胆管の感染

N19腎不全、不特定:高血圧。 尿素; 中毒の腎不全

R57.8.0 *火傷ショック:火傷の痛みショック; 燃焼ショック

R57.9ショック、不特定:痛みショック; 溶血性ショック; 神経因性ショック; ショック; ショック状態。 ショック状態

T79.4外傷性ショック:出血性ショック; クラッシュ症候群; 出血性ショック; 術後ショック; 外傷後のショック; 外傷後のショック; 外傷性ショック; 出血性ショックおよび脳症の症候群

T81.1手技中または手技後のショック、他に分類されていないショック: 術後ショック; 操作ショック

Z100 *クラスXXII外科手術:腹部手術; 腺切除術; 切断; 冠動脈形成術; 頸動脈の血管形成術; 創傷のための消毒皮膚治療; 消毒ハンド; 虫垂切除術; アテレクトミー; バルーン冠動脈形成術; 膣子宮摘出術; 冠動脈バイパス; 膣および子宮頸管内の介入; 膀胱の介入; 口の介入; 修復および再建手術; 医療従事者の手指衛生。 婦人科手術; 婦人科介入; 婦人科手術;手術中の血液量減少ショック; 化膿性創傷の消毒; 創傷端の消毒; 診断介入; 診断手順; 子宮頸部の凝固異常症; 長時間手術; 瘻カテーテルの交換; 整形外科手術における感染; 人工心臓弁; 膀胱摘除術; 短期外来手術; 短期間のオペレーション; 短い外科処置; クリコテイロトミヤ; 手術中の失血; 手術中および術後の出血; Kuldotsentez。 レーザー光凝固; レーザー凝固; 網膜レーザー凝固; 腹腔鏡検査; 婦人科における腹腔鏡検査; CSF瘻; 小さな婦人科手術; 小さな外科手術; 乳房切除およびその後のプラスチック; 縦隔切開術; 耳に対する顕微手術; Mukogingivalnye操作; 縫合; マイナー手術; 脳神経外科手術; 眼科手術における眼球の固定化; 睾丸切除術; 膵切除術; Perikardektomiya; 手術後のリハビリの期間。 手術後の回復期; 経皮経管冠動脈形成術; 胸膜胸腔; 術後および外傷後の肺炎; 外科手術の準備; 手術の準備; 手術前の外科医の手の準備; 外科的処置のための結腸の準備; 神経外科および胸部手術における術後吸引性肺炎; 術後悪心; 術後出血; 術後肉芽腫; 術後ショック; 術後早期。 心筋血行再建術; 放射線摘出; 胃切除術; 腸切除術; 子宮切除; 肝切除; enterectomy;胃の一部の切除。 操作された船の再閉鎖; 手術中に組織を結合する; 縫合糸の除去; 眼科手術後の状態; 手術後の状態; 鼻腔内手術後の状態; 胃切除後の状態; 小腸の切除後の状態;扁桃摘出後の状態; 十二指腸の除去後の状態; 静脈切除後の状態; 血管手術; 脾摘出; 手術器具の滅菌; 手術器具の滅菌; 胸骨切開術; 歯科手術; 歯周組織における歯科的介入; 椎間板切除術; 扁桃切除術; 胸腔鏡手術; 胸腔鏡手術; 総胃切除術; 経皮血管内冠動脈形成術; 経尿道切除術; Turbinektomiya; 歯の除去; 白内障手術; 嚢胞の除去; 扁桃切除術; 子宮筋腫の除去; 可動の一次歯を取り外す。 ポリープの除去; 壊れた歯を取り除く。 子宮体の除去。 縫合糸の除去; 瘻孔likvoroprovodyaschih方法; Frontoetmoidogaymorotomiya; 外科感染症; 慢性四肢潰瘍の外科的処置; 手術; 肛門部の手術 結腸手術; 外科手術; 外科的処置; 外科的介入; 胃腸管の外科手術; 尿路に関する外科処置; 泌尿器系の外科的処置; 泌尿生殖器系の外科的介入; 心臓の手術手技; 手術操作; 手術; 静脈の手術; 外科的介入; 血管手術; 血栓症の外科的処置; 手術; 胆嚢摘出術; 部分胃切除術; 子宮摘出術; 経皮経管冠動脈形成術;経皮経管脈管形成術; 冠動脈バイパス; 歯の摘出; 乳歯の摘出; 切開術; 拍動性心肺バイパス; 抜歯; 歯抽出; 白内障抽出; 電気凝固; 泌尿器科の介入; 切開切開術; エトモイドトミヤ;歯の抽出後の合併症

Z98.8他の指定された術後状態:術後期間における膿胸合併症; 手術の化膿性合併症; 術後肝機能障害; 術後嘔吐; 術後合併症; 術後期間; 術後初期

組成および放出形態

輸液用溶液1 ml

活性物質:ソルビトール200 mg

乳酸ナトリウム19 mg

塩化ナトリウム6 mg

塩化カルシウム(乾物換算)0.1 mg

塩化カリウム0.3 mg

塩化マグネシウム(乾物換算)0.2 mg

賦形剤:注射用水 - 最大1 ml

調製物のイオン組成物:

Na + 6.395mg / ml(278.16mmol / L)

K + 0.157mg / ml(4.02mmol / L)

Ca ++ 0.036mg / ml(0.9mmol / L)

Mg ++ 0.051mg / ml(2.1mmol / L)

Cl-3.995mg / ml(112.69mmol / L)

CH 3 CH(OH)COO-15.635mg / ml(175.52mmol / L)

理論上のモル浸透圧濃度:1670mOsm / l

200または400 mlのガラス瓶で; 段ボール1瓶のパックで。

剤形の説明

透明な無色の液体。

薬理学的効果

行動のモード - 利尿、抗ショック、解毒、エネルギー代謝の刺激、腸の蠕動刺激、血液のアルカリ化。

薬力学

主要な薬理活性物質は、ソルビトール(高張濃度で)および乳酸ナトリウム(等張濃度で)である。 肝臓では、まずソルビトールをフルクトースに変換し、フルクトースをグルコースに変換し、グリコーゲンに変換します。 ソルビトールの一部は緊急のエネルギー需要に使用され、他の部分はグリコーゲンの形で予備として貯蔵される。

高血圧のソルビトール溶液は、大きな浸透圧および顕著な利尿能力を有する。

重炭酸塩溶液とは異なり、乳酸ナトリウムによる代謝性アシドーシスの是正は、代謝に含まれるように、pHの急激な変動を伴わずに、よりゆっくりと進む。 乳酸ナトリウムの効果は、投与後20〜30分後に現れる。

塩化ナトリウム - plazmozameschayuscheeは、さまざまな病理学的状態におけるナトリウムおよび塩素イオンの欠乏を解消し、解毒、再水和効果を示す。

塩化カルシウムはカルシウム欠乏症を解消する。 カルシウムイオンは、神経インパルスの伝達、骨格および平滑筋の減少、心筋活動、骨組織の形成、および血液凝固のプロセスの実施に必要である。 細胞や血管壁の透過性を低下させ、炎症反応の発症を防ぎ、感染に対する体の抵抗力を高め、食作用を有意に高めることができます。

塩化カリウムは水 - 電解質のバランスを回復させる。 これは、高用量で陰性の外来性、色素性および中等度の利尿作用を示す陰性のクロノバクテリアおよびバットモトロピック効果を示す。 神経インパルスを実行するプロセスに参加します。 アセチルコリンの含量を増加させ、自律神経系の交感神経部分の興奮を引き起こす。 重症筋無力症である筋ジストロフィーの骨格筋収縮を改善します。

薬物動態

ソルビトールはすぐに一般的な代謝に入る:80-90%が肝臓で利用され、グリコーゲンの形で蓄積し、5%が脳組織に蓄積され、心筋および骨格筋は6-12%が尿中に排泄される。 乳酸ナトリウムの血管床に導入されると、二酸化炭素および水と相互作用し、重炭酸ナトリウムを形成し、これは血液のアルカリ性の貯蔵を増加させる。 注射された乳酸ナトリウム(異性体L)の半分だけが活性であると考えられ、残りの半分(異性体D)は尿中で代謝され排泄されない。

塩化ナトリウムは血管床から迅速に排泄され、一時的に血液循環量が増加するのみである。 利尿をする。

薬物ソルビラストの適応

中毒を軽減するために、微小循環を改善し、酸 - 塩基バランスの補正、外傷、手術、溶血および熱傷ショックにおける血行動態を改善する。

腹膜炎および腸閉塞(術前および術後);

異なる病因の急性腎不全;

甲状腺中毒症、敗血症;

各種肝疾患(肝炎、胆嚢炎、急性および亜急性肝ジストロフィー、肝性昏睡);

脳浮腫の場合の頭蓋内圧の上昇。

禁忌

薬物の成分に対する個々の過敏症;

多量の液体の注入が禁忌(脳出血、血栓塞栓症、心臓血管代償不全、第3度の動脈性高血圧)している場合と同様に、

慎重に:肝臓、消化性潰瘍、出血性大腸炎の違反。

妊娠と授乳

妊娠中および授乳中のデータは入手できません。

副作用

アルカロシスまたは脱水(溶液の高浸透圧に起因する)、アレルギー反応(皮膚発疹、かゆみ)の現象があるかもしれません。

インタラクション

Sorbilact®はリン酸塩と炭酸塩を含む溶液と混合してはいけません。 他の薬剤のキャリアー溶液として使用しないでください。

投薬および投与

外傷性、熱傷、術後および溶血性ショックを有する成人 - 200〜400および600 ml(3〜10 ml / kg体重)、一回、最初にストリームで、次いで点滴法で;

肝疾患の場合 - 200ml(3.5ml / kg体重)の用量で1回、繰り返し、毎日または隔日に点滴する。

急性腎不全で - 200〜400ml(最高2.5〜6.5ml / kg体重)のドリップまたはジェット(再び8〜12時間後)の単回用量で。

術後腸の麻痺を予防するために、一回の注射で150〜300ml(2.5〜5ml / kg体重) 手術後最初の2〜3日の間に12時間ごとに反復注入が可能です。

術後の麻痺の治療のために、腸の運動性の正常化の前に、毎回200~400ml(3.5~6.5ml / kg体重)のドリップ量で投与する。

脳の最初のジェットを腫脹させ、5〜10ml / kg体重の量で滴下する(毎分60〜80滴)。

Sorbilact(登録商標)の注入中/注入中に著しい脱水を伴う場合、ドリップ(1日あたり200ml以下の溶液)のみを実施すべきである。

6歳未満の小児は、成人の半分の用量で、6〜12年間、10ml / kg体重の用量で薬物を服用することが推奨される。 12歳以上の小児 - 用量は大人の場合と同じ。

過剰摂取

症状:アルカロシス現象(速やかに独立して、すぐに中止された場合)。 脱水が起こるとき、対症療法。

特別な指示

この薬物は、酸 - 塩基バランスパラメータ、および血液電解質、ならびに肝臓の機能状態の制御下で使用される。 結石性胆嚢炎に罹患している患者には注意が必要です。 この薬剤は、酸と塩基のバランスだけでなく、血液と尿の浸透圧を考慮して使用されます。 糖尿病患者へのsorbilact®の導入は、血中の糖含量の制御下で行う必要があります。

薬局の供給条件

処方せん。

薬剤の貯蔵条件ソルビラクト

乾燥した暗所で、2〜25℃の温度で

子供の手の届かないところに保管してください。

薬剤の貯蔵寿命Sorbilact

2年。

パッケージに印刷された有効期限を超えて使用しないでください。

Someone from the Spain - just purchased the goods:
Ocumethyl eye drops 10ml