Best deal of the week
DR. DOPING

指示

Logo DR. DOPING

使用のための指示:Seebri Breezhaler

私はこれがほしい、私に価格を与える

活性物質:臭化グリコピロニウム

ATX コード

A03AB02臭化グリコピロニウム

薬理学グループ

Mホリノブロカトトロフ[m-Cholinolytics]

病因分類(ICD-10)は、

J44その他の慢性閉塞性肺疾患

アレルギー性気管支炎、気管支炎、喘息、喘息気管支炎、気管支炎喘鳴、気管支炎は閉塞、気管支疾患、急性および慢性の呼吸器疾患における喀痰の息切れ、肺や気管支の炎症性疾患、リバーシブル気流閉塞、リバーシブル閉塞性気道疾患で、咳、閉塞性であり、気管支炎症、閉塞性肺疾患、閉塞性気管支炎、痙性気管支炎、慢性肺疾患、慢性非特異性肺疾患、慢性閉塞性肺疾患、慢性閉塞性気管支炎、慢性閉塞性気道疾患、慢性閉塞性肺疾患、拘束性肺病変

組成
吸入用粉末入りカプセル1袋。

活性物質:

グリコピロニウム塩基50mcg

(63mcgの臭化グリコピロニウムに相当)

賦形剤:ラクトース一水和物 - 24.9mg; ステアリン酸マグネシウム0.037mg

カプセルシェル:ヒプロメロース-45.59mg; 水 - 2.7mg; カラギーナン--0.42mg; 塩化ナトリウム0.18mg; 染料「夕焼け」黄色(E110)-0,12mg; ブラックインク(シェラック、黒色酸化鉄着色剤、プロピレングリコール、水酸化ナトリウム)

薬剤の形態

カプセル:透明な蓋とボディーオレンジ、蓋の黒いストライプでマークされた固体のš3と、ボディーの黒いストライプの黒いインキのŤGPL50ťの刻印? カプセルの内容 - 粉末白またはほぼ白色。

薬理学的効果

気管支拡張、m-ホリノリチェスコエ。

薬力学

SeebriŽBreezhalerŽ吸入長期作用薬。 気管支拡張作用をもたらす気道の平滑筋細胞に対するアセチルコリンの気管支収縮作用を遮断することに基づく臭化グリコピロニウム(ホリノブロッカー-m)の作用機構。 ヒトにおいて、ムスカリン受容体(M1-5)の5つのサブタイプを同定した。 M1-3のサブタイプのみが呼吸器系の生理機能に関与することが知られている。 臭化グリコピロニウムは、ムスカリン受容体アンタゴニストとして、高親和性受容体サブタイプM1-3を有する。 したがって、臭化グリコピロニウムは、M2受容体サブタイプと比較して4〜5倍大きい選択性およびM1〜M3サブタイプ受容体を有する。 これは、薬物の吸入後の治療効果の急速な出現につながり、これは臨床研究によって確認される。 肺における薬物の治療濃度の長期的維持による吸入後の薬物の作用持続時間であり、これは、吸入適用後の薬物のより長いT1 / 2によって、導入と比較して/確認される。 COPD患者のグリコピロニウムブロマイドによる治療は、肺機能を有意に改善した(1分で強制呼気量を変化させることによって評価した(FEV1):吸入後最初の5分以内に治療効果が現れ、有意なベースラインからのFEV1の上昇が0,091〜0,094リットルの範囲であり、臭化グリコピロニウム吸入の気管支拡張効果が24時間以上持続していることを示唆している臨床研究によれば、本剤の気管支拡張効果に対するタキフィラキシーは、 52週間。

COPD患者では、SeebriŽBreezhalerŽを200mcg投与した場合、QTc間隔の心拍数および期間に変化は見られませんでした。

薬物動態

吸収。 グリコピロニウムの吸入後、臭化物は全身循環に急速に吸収され、5分後に血漿中Cmaxに達する。 約40%の適用後の臭化グリコピロニウム吸入の絶対生物学的利用能。 全身曝露の約90%が臭化グリコピロニウムで肺に吸収され、10%が胃腸管で吸収される。 臭化グリコピロニウムの経口投与後の絶対生物学的利用能は、5%と推定される。 通常の吸入(1日1回)の背景に対して、臭化グリコピロニウムの平衡状態は1週間以内に達成される。 平衡状態のCmaxグリコピロニウム臭化物(1回吸入50g /日)および次の投与直前の血漿中の臭化グリコピロニウム濃度はそれぞれ166および8pg / mlであった。 平衡状態での排泄の最初の投与と比較して、全身蓄積は25-200μgの用量範囲において用量とは無関係であることを示唆している。

分布。 Vssグリコピロニウムブロマイドのオン/イン後には、83Lであり、末端相ではVdであり、376lであった。 吸入後の終末相における見掛けのVdは、7310リットルであり、吸入後の薬物のより遅い除去を反映している。 ヒト血漿タンパク質とのインビトログリコピロニウムブロミド連結は、1〜10ng / mlの濃度で38〜41%であった。 これらの濃度は、1日1回50mgの用量で薬物を用いた治療中に血漿中で達成されるべき平衡状態のものより少なくとも6倍高い。

代謝。 ヒドロキシル化グリコピロニウムブロマイドは異なるモノおよびビスヒドロキシル化代謝物の形成をもたらし、直接加水分解はカルボン酸誘導体(M9)の形成をもたらすことが注目された。 インビトロでの研究は、CYP酵素が酸化的生体内変化臭化グリコピロニウムに寄与することを示している。 酵素のファミリーによって明らかに触媒されるM9への加水分解、コリンエステラーゼ。 インビトロでの研究は、肺における活性物質の代謝を示さず、M9は、導入後/循環中に有意に(CmaxおよびAUCグリコピロニウム臭化物の4%)寄与しないので、M9は、胃腸管から吸収されて形成される(吸入後)画分は、加水分解によって前処理物質および/または肝臓を最初に通過する間に作用する。 吸入後、またはM9の最少量では、尿中でのみ検出された(注入用量≦0.5%)。 グルクロン複合体および/または硫酸塩グリコピロニウムブロミドは、用量の約3%の量の反復吸入後にヒト尿中に見出された。 CYP2C6、SYP2D6、CYP2E1およびCYP3A4 / 5、トランスポーターMDR1、MRP2およびMXR、ならびにトランスポーターOATR1V1、OATR1V3、OAT1、OATR1V3の阻害に有意に関与しないグリコピロニウムブロミドが、 OAT3、OST1、またはOST2を含む。 試験管内酵素誘導試験では、試験したシトクロムP450アイソザイムのいずれか、ならびにUGT1A1およびトランスポーターMDR1およびMRP2のいずれについてもグリコピロニウムブロミドの有意な誘導は示されなかった。

引退。 グリコピロニウムブロミドの腎臓を全血漿クリアランスの60〜70%を撤回すると、胆汁中または代謝によって30〜40%が他の方法で排泄される。 単回および反復吸入に続いて、健康なボランティアおよびCOPD平均腎クリアランスを有する患者に対して、1日1回50~1200mgの範囲の臭化グリコピロニウムが17.4~24.4l / hの範囲内であった。 活性型管状分泌は、臭化グリコピロニウムの腎排泄に寄与する。 変化のない形態で尿中に見出される用量の最大20%。 グリコピロニウムブロマイドの血漿濃度は、多相で減少する。 平均最終T1 / 2は、i / v注射(6.2時間)および経口投与(2.8時間)後よりも、吸入投与経路(33~57時間)後の方が長い。 自然は、全身循環および吸入後24時間において、肺における吸収の延長および/またはグリコピロニウムブロミドの浸透を排除することを示唆している。 COPDの全身曝露ならびに平衡状態における臭化グリコピロニウムの総排泄量を有する患者は、50〜200マイクログラムの範囲の用量で比例して増加した。

特別な患者グループ

COPD患者のデータの集団薬物動態分析は、体重および年齢が薬物の全身曝露における個体間差異に影響を及ぼす要因ではないことを示した。 1日1回50mgの用量のSeebriŽBreezhalerŽは、あらゆる年齢および体重で安全に使用できます。

性行為、喫煙、ベースラインFEV1は、全身曝露グリコピロニウム臭化物に目に見える影響はない。

異常な肝機能。 肝障害患者の臨床試験は実施されていない。 臭化グリコピロニウムの排泄は、主に腎臓による排泄によるものである。 肝臓代謝の悪化は、臭化グリコピロニウムが全身暴露の臨床的に有意な増加をもたらさないと推定される。

腎機能障害。 全身暴露グリコピロニウムブロマイドは、腎機能の状態に依存する。 腎臓および軽度から中等度の重症度機能障害を有する患者では全身暴露(AUC)が1.4倍に中等度に上昇し、腎機能障害、重度または末期腎疾患患者では2.2倍まで観察された。 集団薬物動態分析を使用することにより、COPDおよび腎機能障害および軽度から中等度の重症度(糸球体濾過率(GFR≧30ml /分/1.73m 2)によって評価される)が推奨用量で使用できることが結論された。

SeebriŽBreezhalerŽの適応

慢性閉塞性肺疾患患者における気管支伝導障害の維持療法。

禁忌

臭化グリコピロニウムまたは薬剤の他の成分に対する過敏症;

他のm-ホリノボロカトリックを含む吸入薬との併用;

ガラクトース不耐性、ラクターゼ欠損またはグルコース - ガラクトース吸収不良(産物はラクトースを含む)。

18歳。

予防策:アングル閉鎖緑内障; 尿滞留を伴う疾患; 血液透析が必要な末期腎疾患を含む深刻な腎機能不全(糸球体濾過率30 mL / min / 1.73 m2以下)(SibriŽBrizhalerŽ投薬は、潜在的リスクが潜在的リスクを上回る場合にのみ使用する) 不安定な冠動脈疾患; 心筋梗塞の病歴; 心不整脈; 間隔QTcを長くする(QT補正> 0.44秒)。

妊娠と授乳

前臨床試験では、吸入適用後の薬物による催奇性作用は示されていない。 妊婦の医薬品SeebriŽBreezhalerŽの使用に関する臨床データが不足しているため、妊娠中に使用することができるのは、患者への利益の意図された使用が胎児への潜在的リスクを上回る場合のみです。

臭化グリコピロニウムがヒトの母乳中を通過するかどうかは知られていない。 薬物の使用SeebriŽBreezhalerŽ母乳育児は、母親への利益が乳児の潜在的なリスクよりも大きい場合にのみ考慮する必要があります。

生殖毒性試験は行われていないが、動物に関する他の研究では、この薬剤が男性または女性の妊孕性に影響を与える可能性はないと示唆されていない。

副作用

口腔乾燥症(2.2%)を含むm-抗コリン作動作用に関連する症状を特徴とする、胃腸管および泌尿器の兆候に対するその他の影響はまれであったが、薬剤の安全性プロファイルはSeebriŽBreezhalerŽである。

局所忍容性に関連する副作用(ADR)には、咽頭炎、鼻咽頭炎、鼻炎および副鼻腔炎が含まれた。 推奨用量では、薬剤SibriŽBrizhalerŽは血圧や心拍数に影響を与えません。

安全性と耐容性SeebriŽBreezhalerŽ製剤は、1353人のCOPD患者に推奨用量50 mgを1日1回投与した場合に試験されました。 これらのうち、842人の患者が少なくとも26週間治療され、351人が少なくとも52週間治療された。

ADRの頻度を評価するために、以下の基準が使用される:非常に一般的(≧1/10)。 一般的に(≧1/100、<1/10); 珍しい(≧1/1000、<1/100); 希少(≧1 / 10,000、<1/1000); 非常にまれである(<1/10000)。

伝染性および寄生虫性疾患:しばしば - 鼻咽頭炎; まれに - 鼻炎、膀胱炎。

代謝と栄養の部分では、めったに - 高血糖症。

精神障害:しばしば - 不眠症。

神経系から:頻繁に頭痛; まれに - hypoesthesia。

心臓から:まれに - 心房細動、動悸。

呼吸器系、臓器、胸部および縦隔の疾患:珍しい - 洞の鬱血、生産的な咳、喉の炎症、鼻出血。

消化器系から:しばしば口が乾燥し、胃腸炎; まれに - 消化不良、虫歯。

皮膚および皮下組織障害:まれな皮膚発疹。

筋骨格系および結合組織障害の部分では、まれに - 手足の痛み、胸骨の骨格筋の痛み。

腎臓および尿路の部分で:しばしば - 尿路感染症; まれに排尿困難、尿滞留。

一般的な障害および投与部位:まれに - 疲労、無力症。

プラセボと比較してシブブリ(登録商標)ブリザード(登録商標)を使用した場合、より多くの頻度で遭遇する以下の追加有害事象の12ヶ月間の臨床試験において、鼻咽頭炎(9対5,6%)、嘔吐(1.3対0.7% (1.1対0.7%)、頸部痛(1.3対0.7%)、糖尿病(0.8対0%)のいずれかであった。

NLR、その詳細は市販後の研究中および文献に従って得られた。 データは、不確実なサイズの母集団から自発的に報告されるため、その頻度を決定することはできません。 血管浮腫(頻度は不明)。

特別な患者グループ

75歳以上の高齢者では、SeebriŽBreezhalerŽを使用したときの尿路感染症および頭痛の発生率は、プラセボ群よりも高かった(それぞれ3対1.5%および2.3対0%)。

上記の指示または副作用のいずれかが、指示に記載されていないその他の副作用に気づいた場合は、医師に連絡してください。

インタラクション

グリコピロニウムブロミドとインダカテロール吸入アゴニストβ2-アドレナリン受容体の併用は、両方の薬物の薬物動態に影響しない。

健康な志願者の臨床試験では、臭化グリコピロニウムの腎クリアランスに影響を及ぼす有機カチオンの輸送体の阻害剤であるシメチジンは、総曝露量(AUC)を22%増加させ、腎クリアランスを23%減少させた。 これらの数値に基づいて、シメチジンまたは他のカチオンの輸送体の阻害剤による薬剤Seebri(登録商標)Breezhaler(登録商標)の使用の間に、臨床的に有意な相互作用は期待されない。

インビトロでの研究は、Sibri(登録商標)Breezhaler(登録商標)がおそらく他の薬物の代謝に影響を与えないことを示している。

臭化グリコピロニウムの代謝の阻害または誘導は、薬物の全身曝露に有意な変化をもたらさない。

投与と投与

吸入。

製剤は、吸入用粉末を含むカプセルであり、パッケージに入っている吸入用Breezhaler(登録商標)用の特別な装置を用いて吸入用にのみ使用されるべきである。 この薬は経口で服用することはできません。 ブリスター中の粉末を吸入するためのカプセルは、使用直前にそれから保管して回収する必要があります。

推奨される用量SeebriŽBreezhalerŽは1日1回50mcg(1カプセルの内容量)です。 吸入薬は、同じ時間に1日1回毎日投与される。 吸入スキップの場合は、できるだけ早く次の用量を摂取すべきである。 患者は、1日1回(50mcg)を超えないように指示する必要があります。

薬物の開始前に、SeebriŽBreezhalerŽ患者は、吸入器を適切に使用するように指示されなければなりません。

患者が呼吸器機能を改善するために薬物を使用するかどうかが不明な場合は、正しい。 薬は息を吐き、飲み込まないでください。

特別な患者グループ

腎不全。 腎機能障害が軽度から中等度の患者では、医薬品SeebriŽBreezhalerŽの推奨用量を使用することができます。 腎機能障害、血液透析が必要な重度または末期腎疾患の患者では、期待される効果が潜在的なリスクを上回る場合にのみ、SeebriŽBreezhalerŽを推奨用量で使用する必要があります。

肝不全。 肝障害患者の特別な臨床試験は実施されていない。 主に腎排泄によって排出される医薬品SeebriŽBreezhalerŽは、肝障害患者の暴露の有意な増加は期待されていません。 肝機能障害患者では、SeebriŽBreezhalerŽの推奨用量を使用することができます。

高齢者の患者。 75歳以上の患者では、SibriŽBreezhalerŽを推奨用量で使用することができます。

吸入デバイスの使用説明書BreezhalerŽ

各薬剤パックにはSeebriŽBreezhalerŽが含まれています:

- 1 BreezhalerŽ吸入装置;

- カプセルに吸入用粉末が入ったブリスター。

吸入用粉末の入ったカプセルは経口摂取できません。

包装内のBreezhalerŽ吸入装置は、薬物のカプセルとの併用のみを目的としています。

パッケージに入っている吸入用カプセルは、BrizhalerŽ吸入器でのみ使用できます。

他の吸入装置に薬物カプセルを使用しないでください。また、BrizhalerŽは吸入に他の薬物を使用しません。

30日間の使用後、BreezhalerŽは廃棄しなければなりません。

吸入器の使用

1.カバーを取り外します。

2.BreezhalerŽを開く:吸入器を開くには、しっかりとベースを持ち、マウスピースを傾ける必要があります。

3.カプセルを準備する:1gを分離する。 穿孔に沿って引き裂くことによってブリスター包装を行う。 1つのブリスターを取り、カプセルを解放するために保護フィルムを除去する;保護フィルムを通してカプセルを圧迫しないでください。

4.カプセルカプセルをブリスターに保存し、使用直前にのみ取り出します。 手を乾燥させて拭き取り、ブリスターからカプセルを取り除く。 カプセルを飲み込まないでください。

5.BreezhalerŽにカプセルを挿入します。カプセルをカプセルチャンバーに入れます。 直接マウスピースにカプセルを入れないでください。

6.BreezhalerŽを閉じます:密閉式吸入器。 終了するまで終了するときは、クリックする必要があります。

7.ピアスカプセル:BrizhalerŽは、マウスピースが上向きになるように直立姿勢に保持します。 同時に2つのボタンの終わりまで押す。 カプセルを穿刺することによってクリックされなければならない。 カプセルを2回以上穿孔するためのキーは押されていない。

8.ボタン式吸入器BreezhalerŽを両側から完全に解放します。

9.吐き出す。 あなたの口にマウスピースを挿入する前に、完全な呼気をする。 私はマウスピースに吹き込むことはありません。

10.薬を注射する:BreezhalerŽは、ボタンが左右に(そして上下にならないように)手で保持する。 あなたの口にBreezhalerŽ吸入口マウスピースを入れ、彼の周りをしっかりと絞る。 できるだけ迅速かつ安定した深呼吸を行います。 穿刺器具のボタンを押さないでください。

11.注意してください。 吸入器を通って吸入すると、チャンバー内のカプセルの回転によって発生する特徴的なはね返り音と粉体スプレーが聞こえるはずです。 患者は薬の甘い味を感じるかもしれません。 がたつき音が聞こえる場合は、カプセルが吸入器のチャンバー内に張り付いていることを意味する可能性があります。 この場合、吸入器を開き、デバイスの底面を軽くたたいてカプセルを慎重に外します。 カプセルを穿孔するために、カプセルを解放するためにボタンを押してはいけません。 必要に応じて、手順9と手順10を繰り返します。

12.あなたの息を止めてください:吸入しても独特の音が聞こえる場合は、できるだけ長く息を止めて(不快感を感じないように)、マウスピースを口から引き出します。 次に吐き出す。 BreezhalerŽを開き、そこにカプセルパウダーにとどまらないようにしてください。 粉末がカプセル内に残っていれば、Breezhaler(登録商標)を閉じ、ステップ9〜12を繰り返す。 ほとんどの人はカプセル1または2の吸入を空にすることができます。 薬物吸入後の短時間のうちに咳をしている人にとっては、興奮してはいけません。 カプセル内の粉末が残っている場合、患者は薬物の全量を受けた。

13. 1日量を摂取した後にカプセルを取り出し、マウスピースを取り出してSeebriŽBreezhalerreを吸い、空のカプセルを吸入器で軽く叩いて取り除き、捨てます。 吸入器SeebriŽBreezhalerのマウスピースを閉じ、ふたを閉じます。 カプセルを吸入器に保管しないでください。SeebriŽBreezhaler

次のことを覚えておく必要があります。

吸入用粉末を飲まないでください。

パッケージに入っているBreezhalerŽのみを使用してください。

カプセルは、使用直前にブリスターパックに保管して回収する必要があります。

カプセルを吸入器BreezhalerŽのマウスピースに絶対に入れないでください。

穿刺装置を複数回押してはいけません。

吸入器BreezhalerŽのマウスピースには絶対に吹かないでください。

吸入する前に必ずカプセルを突き刺してください。

BreezhalerŽを洗わないでください。 それを乾燥状態に保ちます(BreezhalerŽの清掃方法を参照)。

BreezhalerŽを分解しないでください。

吸入カプセル用医薬品の新しいパッケージングは、常にパッケージに入っている新しいBreezhalerŽを使用します。

カプセルを吸入器BreezhalerŽに保管しないでください。

常にブリスターをカプセルやBreezhalerŽと一緒に乾燥した場所に保管してください。

追加情報

非常にまれなケースでは、少量のカプセル内容物が口に入ることがあります。

薬物を吸入したり飲み込んだりしても心配しないでください。

カプセルを2回以上穿刺すると、破損の危険性が増す。

BreezhalerŽをクリーンにする方法

1週間に1回BreezhalerŽを清掃してください。 マウスピースを清潔な乾いた布で内側と外側を拭きます。 吸入器SeebriŽBreezhalerŽの清掃に水を使用しないでください。 それは乾燥してください。

過剰摂取

薬物過多に関するデータはSeebriŽBreezhalerŽはありません。

COPD患者、定期的な吸入投与製剤SeebriŽBreezhalerŽは、1日1回、総量100,200 mgを28日間投与しても耐容性が良好であった。

カプセル製剤であるSeebriŽBreezhalerŽを飲み込んだ場合に急性中毒になることはありません。グリコピロニウムブロマイドの経口投与(約5%)時のバイオアベイラビリティが低いためです。

健康な志願者における150μgグリコピロニウムブロミド(120μgグリコピロニウムに相当)のオン/オフ後のCmax血漿レベルおよび全身曝露は、Cmax血漿レベルより約50倍および6倍高く、定常状態での全身曝露はSeebriŽBreezhalerŽを推奨用量(1日1回50mg)で吸入すると達成されます。 過剰摂取の徴候は検出されない。

特別な指示

SeebriŽBreezhalerŽ薬は、急性気管支痙攣症状の軽減にはお勧めできません。

過敏反応

SeebriŽBreezhalerŽのタイプの直後に、過敏症反応の症例が報告されています。 血管浮腫(呼吸困難や嚥下困難、舌の腫れ、唇や顔の腫れを含む)、蕁麻疹、皮膚発疹などのアレルギー反応の発症がある場合、薬剤は中止して代替療法を選択する必要があります。

逆説的な気管支痙攣

吸入療法の他の場合と同様に、SibriŽBrizhalerŽを使用すると、生命を脅かす可能性のある逆説的な気管支痙攣が起こる可能性があります。 逆説的な気管支痙攣治療薬の場合、シーブリBreezhalerŽは直ちに中止

Someone from the Switzerland - just purchased the goods:
Vitamin B1 (Thiamine) Injection 50mg 10 vials